ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



NVIDIAとカプコンがPC版『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』の共同開発を発表

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●2007年6月に北米、欧州で先行発売

 

 NVIDIAとカプコンはPC版『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』の発売に向け提携を結び、ただいま共同開発中であることを発表した。開発にあたりNVIDIAは同社が誇るグラフィックス・ノウハウとグラフィックス・プロセッサを提供。その結果DirectX 10に対応、また2560×1600ドットという超高精細度画像(XHD:エクストリーム・ハイディフィニション)をさらに超える解像度のサポートに成功したという。

 

 『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』のプロデューサーである竹内潤氏は「『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』は、NVIDIA GPUを活用することで圧倒的なゲーム体験を実現します。NVIDIA GeForceグラフィックス・プロセッサの凄まじいレンダリング能力によって、ユーザーの皆様は、『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』の実現する驚異的なディテールすべてをお楽しみいただくことができます」とコメントしている。

 

 発売日は2007年6月に北米、欧州で先行リリースされ、その後各地域で順次発売されていく。PCゲームファンは日本での正式発表を楽しみに待っていよう。

 

ロスト プラネット エクストリーム コンディション

▲Xbox 360版は2006年12月に発売され、全世界で100万本以上の売り上げを記録した(画面写真はXbox 360版のものです)。

 

※『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』公式サイトはコチラ

※NVIDIA公式サイトはコチラ

※カプコン公式サイトはコチラ

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

PC関連最新ニュース

ファミ通.com PCトップページへ