携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> PC・ブラウザゲーム> 記事

『ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション』の発表会でグラビアアイドル杏野はるなが春麗の衣装で登場

2008/7/8

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●メディア対抗トーナメントでファミ通チームが優勝

 

 2008年7月8日、ダレットの『ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション』の発表会、”Go Like Go カウントダウン”が開催された。この発表会でメディア対抗トーナメント戦が行われ、週刊ファミ通とファミ通.comの合同チームが優勝に輝いた。なお、同タイトルは2008年7月9日に正式サービス開始を迎える。
 

▲発表会の司会をグラビアアイドルの杏野はるなが務めた。『ストリートファイター』シリーズを含めて、普段からゲームに親しんでいる彼女は春麗の衣装で登場。キックのポーズまでしてくれた。

 

▲プロデューサーの内田洋平氏が新しくなったロゴを披露。

 

▲発表会の協賛企業NVIDIAから応援に駆けつけたモデル。これは、『ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション』推奨PCに関係したアバターをイメージした水着で、推奨PCなどの詳細は後日発表されるとのこと。内田プロデューサーから、この件に関して「ふたつのものが3つになる」という謎の言葉が発せられた。

 

  発表会では、メディア対抗トーナメント戦が行われた。参加メディアは8つ。基本的に3戦中2勝したほうが勝ちとなる。ファミ通.comからも、記者と豊泉三兄弟が参加。これに週刊ファミ通の負け犬童を加えたチームで参加した。記者はともかく、豊泉三兄弟と負け犬童は、ファミ通グループでも指折りの格闘ゲーム巧者。ふたりとも事前に訓練を積んでおり、自信ありげな様子で勝負に臨んだ。
 

▲1回戦はファミ通チームの圧勝。豊泉三兄弟、負け犬童ともにほとんどダメージを受けずに勝利した。2回戦はお互いに”ガマン”を上手く使い、勝負が長引く接戦となったが、ここでも豊泉三兄弟、負け犬童ともに勝利。

 

  ファミ通チームは1回戦、準決勝と順当に駒を進め、決勝戦に進んだ。ところがこの決勝戦で波乱が起こった。相手はインターネットTVの”アキハバラTV”で、何と出場者はおろか、応援に駆けつけたスタッフも含めて、全員がメイド服で参加するという異色のチームだった。
 

▲先鋒の豊泉三兄弟は、テイランを使う相手の”毒針撃ち”を食らっていたが、”波動拳”を上手く使って勝利。

 

 この”アキハバラTV”チームは、対戦している相手よりもむしろ、周りで応援しているメンバーが曲者で、「やめて〜」とか「いじめないで〜」、「やだ〜」などと訴えかけてくる。神経の太い豊泉三兄弟は冷静に対応していたが、負け犬童は動揺したのか、まさかの敗北を喫してしまった。ファミ通チームにとってはこの日初めての敗北で3戦目に突入。再び豊泉三兄弟がマウスを手にした。
 

 

 豊泉三兄弟は、再び降りかかる「いじめないで〜」という声の嵐に動揺することなく、終始冷静に操作。対戦に勝利し、ファミ通チームの優勝が確定した。

 

 ところが、優勝を決めたファミ通チームに最大の敵が待っていた。プロデューサーの内田氏が”ラスボス”として、優勝チームとの対戦を申し込んできたのだ。内田洋平氏は「空気読む気ないんで。フルボッコにします!」と強気のコメント。豊泉三兄弟も「さっき(杏野はるなに)負けているところを見たので、たいしたことないですよね」と返し、緊張感は一気に高まった。
 


 その内田氏はさすがに強かった。内田氏は、サンギエフをベースに、ほかのキャラクターのパーツを組み合わせたキャラクター使い、空中を含めたすべてのスペースを動き回る戦法。会場から「動きが違う!」とう声が上がっていたが、とにかくひとつの場所に止まらない。その動きに翻弄され、先鋒の豊泉三兄弟がこの日初めての敗北。

 

 負け犬童も内田氏に押され、体力ゲージが残りわずかとなった。ところが、ここで意外な応援が。トーナメント決勝戦でファミ通チームに敗れた”アキハバラTV”チームのメイドさんたちが「がんばれ!」、「負けないで」と、負け犬童を応援してくれたのだ。これに発奮したのか、負け犬童は必殺技の”真空波動拳”を発動。これが見事にヒットし、大逆転となった。

 

 ところが、さすがに「空気読む気ない」と宣言した内田氏。再び対した豊泉三兄弟に容赦ない攻撃を浴びせ、再び勝利。ファミ通チームを2対1で下した。会場に「優勝は内田さんです!」というアナウンスが流された。
 

▲ファミ通チームに勝利した内田氏は、じつはトーナメントの開始前に行われた見本の試合で杏野はるなに負けている。ということは杏野はるなが最強?


 そして午後7時からはカウントダウン第2部として、ブロガーを中心に招待された一般へのお披露目イベントが行なわれた。チームSFOを統括するダレット戦略局局長の波多氏の挨拶のあと、デモンストレーションとしてふたたび内田氏と杏野はるなとの勝負が再現。しかし、一般のお客さんの目の前ということもあり、さすがに負けられない内田氏が見事リベンジを果たした。
 そんな経緯(!?)を経て最後に開催されたのが、“プロデューサーに挑戦!SFO組手大会”と題された、内田氏と抽選で選ばれたブロガー10名との連戦だ。やはり“空気を読まない”ことを宣言する内田氏が相手ということもあり、仮に負けてもくじを引けばもれなくロジクール製『G5 Laser Mouse』やメイドさんの肩叩き券などが当たるという、損のない仕組み。
 それでもひとたび戦いが始まればプレイヤーも観戦者も熱中し、大技が決まるたびに歓声があがり、内田氏に勝利したプレイヤーが出たときには拍手も自然に起こるなどの『ストリートファイター』シリーズにふさわしい盛りあがりを見せていた。

▲第2部の会場の様子は“ニコニコ動画”でライブ中継され、会場からも確認することができた。“ニコ動”らしい無茶なツッコミに、司会者が思わず「それ読み上げられないよ!」と言ってしまうシーンも。

 

▲第2部では春麗の同キャラ対決(?)も行なわれた。しかし杏野はるなが使用したのはザンギエフ。なぜだ……。

▲試遊時間は盛況。操作がわからなくなったときはメイドさんが丁寧に教えていた。なかにはいきなりコンボを繰り出す人も。


※『ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション』の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

PC・ブラウザゲーム関連ニュース

ムービーもあります! 『MHF』シーズン8.0情報第3弾を公開

『モンスターハンター フロンティア オンライン』のシーズン8.0“氷撃、デュラガウア”の新情報第3弾が公開された。新ムービーとともに追加要素をチェックしよう。

RTSでオンラインRPG? アエリアの新作『バトルコロジー』がクローズドβテスターを募集開始

アエリアが4月1日に発表した新作『Soul Master』を『バトルコロジー』と改題し、クローズドβテスターの募集を開始した。

『MHF』期間限定クエストは剛種ラオシャンロン撃退

カプコンのオンライン専用ハンティングアクション『モンスターハンター フロンティア オンライン』において、2010年4月7日〜14日のあいだに行われる期間限定クエストが発表された。

立ち見が出る満員! 『AVA』大会リポート

ゲームオンのオンラインアクションシューティング『Alliance of Valiant Arms』のオフラインイベント“AVAれ祭り2010 ヒルズの陣”の模様をお届けする。

『MHF』シーズン8.0情報第2弾を公開、新モンスター“デュラガウア”の攻撃を警戒せよ!

『モンスターハンター フロンティア オンライン』の時期大型アップデート“氷撃、デュラガウア”新情報第2弾が公開された。怒り状態のデュラガウアの攻撃は要注意!

アエリア、新作はアニメ風のキャラクターデザインがかわいい『Soul Master』

アエリアが新作『Soul Master』の日本での独占配信権を獲得したことを発表した。日本での先行サービスが予定されている。

ゲームオン、『Luvinia Online』の日本運営権獲得を発表

ゲームオンが『Luvinia Online』の日本での独占ライセンス契約を締結したことを発表した。

『MHF』で新サービスとして“MHF リアンキット”が発売

カプコンの『モンスターハンター フロンティア オンライン』で、新サービスとして“MHF リアンキット”が発売されている。

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS