キャスト陣の『デレステ』の腕前は? “シンデレラガールズステージ~リズムにノッてみた~”をリポート【ニコ超2016】

“ニコニコ超会議2016”内、“超アイドルマスターJAPAN”で行われた“シンデレラガールズステージ~リズムにノッてみた~”をリポート!

●4thライブの開催も発表!

 2016年4月29日・30日、千葉県・幕張メッセにて開催されたニコニコ動画最大のイベント“ニコニコ超会議2016”。ここでは30日に同イベントの“超アニメエリア”内“超アイドルマスターJAPAN”で行われた、“シンデレラガールズステージ~リズムにノッてみた~”をリポートする。

 同ステージには、『アイドルマスター シンデレラガールズ』より、大橋彩香さん(島村卯月役)、福原綾香さん(渋谷凛役)、松嵜麗さん(諸星きらり役)、大空直美さん(緒方智絵里役)が出演し、イベントを盛り上げた。


01 02

▲ステージ後方のパネルには、キャスト陣のサインが書き入れられた。

 声優陣がステージに登場すると、会場に集まったプロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)のテンションも一気に上昇。順番に挨拶をした後、「超アイドルマスター」(声優陣)、「JAPAN」(プロデューサー)と会場全員で協力してタイトルコールを行い、イベントがスタート!


03

 さっそく、最初のコーナー“『デレステ』極めてみた”へ。同コーナーでは、大橋さん&福原さんチームと松嵜さん&大空さんチームに分かれて『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』で対決。勝敗はチームふたりの合計スコアで決め、勝利チームには、なんとiTunesカード1万円分がプレゼントされるとのことで、キャスト陣も真剣モードに。
 曲や難易度などは、各自が自由に選択していいということで、福原さんが『Never say never』(PRO)、松嵜さんが『DOKIDOKIリズム』(PRO)、大橋さんが『Tulip』(PRO)、大空さん『おねだり Shall We ~?』(MASTER)に挑戦。ゲームプレイ中の客席のコールが、ふだんのイベントなどに比べて控えめだったことに声優陣は「気遣いを感じました」とうれしそうにコメントしていた。また、大空さんが挑戦しようとしたときに、スタミナが足りなかったため、躊躇なくジュエルを使ってスタミナを回復すると、客席から笑いが起きていた。勝負の結果は大橋さん&福原さんの勝利。大空さんが罰ゲームとして“高速で走り去るはっしー(大橋)さん”という一発芸を披露するという一幕もあった。


04 05

 つぎは、2日間にわたって展開される“超アイドルマスターJAPAN”の横断企画、“チーム対抗『アイマス』選手権”を実施。これは“超アイドルマスターJAPAN”に出演する各ユニット(765プロ、SideM、シンデレラガールズ、ミリオンライブ)で、同じゲームで競うというもの。ニコニコ静画の検索機能を活用し、出演者がそれぞれのタイトルのセンターアイドルのパーツを描いていき、目的のアイドル(今回は島村卯月)がヒットするまでの時間がいちばん短かったチームの優勝となる。描いていくパーツは、くじを引いて出たものを書くということで、くじを福原さん、描き手を大橋さんが担当し、28秒という高タイムを記録! 勝負の結果は、“超アイドルマスターJAPAN”ブースの最後のステージ“デレラジ&ミリラジ~赤青で混ぜてみた~”にて発表される。


06 07

 続いて“演奏を聴いてみた”のコーナーでは、2016年に開校したネットの高校“N高等学校”生徒たちのバンド“N高バンド”によるパフォーマンスが行われた。『アイドルマスター』シリーズの楽曲より『TOWN』、『お願い! シンデレラ』、ボーカロイド曲より『1925』、『世田谷ナイトサファリ』の計4曲が披露され、会場のプロデューサーはもちろん、声優陣もサイリウムを振ってライブを盛り上げた。


08 09

 そして最後のコーナー“N高バンドのファンファーレで重大発表してみた”で、『アイドルマスター シンデレラガールズ』4thライブが発表されると、割れんばかりの歓声が会場に響き渡り、その盛り上がりのままステージは終了となった。

[関連記事]
『アイドルマスター シンデレラガールズ』4thライブが神戸、埼玉で開催決定!


11 10

 なお、今回の“シンデレラガールズステージ~リズムにノッてみた~”は、ニコニコ生放送でタイムシフト視聴が可能となっているので、ぜひチェックしてみよう。(視聴ページはこちら