『TERA』エリーン専用新クラス“ソウルリーパー”はゴスロリっ娘!? 2014年4月までのロードマップが発表

2014年1月8日、NHN PlayArtはMMORPG『TERA』においてニコニコ生放送で“TERAの歩き方 特別編”を配信し、エリーン専用の新クラス“ソウルリーパー”新クラスや2014年4月までのロードマップを発表した。

●ついに新クラス“ソウルリーパー”情報が解禁!

01

 2014年1月8日、NHN PlayArtはMMORPG『TERA』においてニコニコ生放送で“TERAの歩き方 特別編”を配信し、エリーン専用の新クラス“ソウルリーパー”新クラスや2014年4月までのロードマップを発表した。

 日本の『TERA』でロードマップが発表されるのは今回が初めて。放送に先駆けて、開発元のbluehole studioで日本Liveチームマネージャーを務めるキム・ナキョン氏と日本運営プロデューサーの鈴木貴宏氏によるメディア向けの説明会が開催。本稿では説明会の内容を中心にお伝えする。

※本稿のスキル名やダンジョン名などは開発中のものです。今後、変更となる可能性もあります。


02a 02b

▲bluehole studio 日本Liveチームマネージャー キム・ナキョン氏

▲日本運営プロデューサー 鈴木貴宏氏

03_ソウルリーパー 原画

▲これは武器が決定する前のデザイン画。“エリーン+ゴスロリ”というコンセプトは最初からあったようだ。

■エリーン専用新クラス“ソウルリーパー”

 新クラス“ソウルリーパー”は、少女のような外見のエリーン種族専用として2014年3月中旬に実装される。いわゆる“ゴスロリ”的な衣装に身を包んだ外見が特徴的で、一般的なドレスのほか、甲冑を模したドレスも登場するようだ。

 戦闘では鎖につながれた剣や鎌のような武器を振るい、強力な暗黒魔法で敵を混乱に陥れる。キム氏によると、いままでの『TERA』になかったトリッキーさや新鮮さを提供するため、中距離のダメージディーラーとして開発されたとのこと。


04
05_闇の障壁 06_反撃

▲【闇の障壁】戦闘不能になる大ダメージを一時的に無効化するスキル。

▲【反撃】敵の攻撃にタイミングを合わせて使用すると、その攻撃を無効化しつつ反撃する。いわゆる“当て身技”。

07_瞬間跳躍 08_位置交換

▲【瞬間跳躍】ソウルリーパーの基本的な回避スキル。2回連続で使用可能。

▲【位置交換】敵と自信の位置を入れ替える。

 ソウルリーパーの実装に合わせて、エリーン種族に新規ヘアスタイルと外見が追加される。“強さ”を表現するため、ドラゴンとライオンがモチーフになっている(ドラゴンモチーフの外見にすると、尻尾はトカゲ風になるらしい)。これらはほかのクラスでも使用可能だ。


09
10_専用コスチューム1

 ソウルリーパーの作成には“Lv40以上のキャラクターを保有するアカウントであること”という条件があり、作成するとLv50の状態からスタートする。

 これまでの『TERA』にはない特性を持つソウルリーパーだが、気になるのは“なぜエリーンだけなのか?”という点。キム氏は「複数の種族(※)での新クラス実装を目指して開発をスタートさせました。ですが、開発を進めているうちに莫大なリソースが必要になることが判明しました」と述べた。グラフィックに大きなこだわりのあるタイトルということもあり、ひとつのクラスの開発に6ヵ月ほどかかってしまうのだとか。

(※:“全種族”ではなく“複数の種族”ということは、この時点では検討されなかった種族もある模様。一応、確認はしましたが、ここではどの種族とは言いません)


11 12

 実装までのスピードを重視するか、全種族ぶんの開発を終えたうえで実装するか、苦渋の決断を迫られたbluehole studio。熟慮の結果、今回は人気のあるエリーンを優先的に実装させることになった。こういった言いにくいことを正直に話してくれることについては好感が持てる。ほかの種族にもソウルリーパーを入れるか、それとも新規のクラスにするかは、ユーザーの反応を見てから判断するようだ。なお、キャラスロットの拡張も検討中だが、時期は未定とのこと。



■1月下旬 “忍者アバター”が日本先行実装

 以前から和服系のアバターを実装してほしいという声が多く、『TERA』の世界観にマッチした和風のものを検討した結果、“忍者”に行き着いたようだ。

 衣装だけでなく、武器アバターも実装。武器の抜刀・納刀時に桜の花びらが舞うという憎い演出が施されている。


13_忍者エリーンスカート 14_忍者エリーンズボン

▲エリーンはスカートタイプとパンツタイプの2種類が実装。鈴木プロデューサーは「この時点ですでに下着のデザインも考えられています」と強調していた。ニコ生の配信では「ズボンのほうは下着の紐ないほうがいい」というコメントも。筆者もそう思います。

15_忍者男 16_忍者女

▲エリーン以外の種族は近代忍者風。北米などでも人気が出そうだ。

17_忍者双剣 18_忍者槍 19_忍者大剣 20_忍者斧
21_忍者法環 22_忍者弓 23_忍者僧杖 24_忍者霊杖

■2月下旬 下着スロット開放


25

 オープン当初から装備ウィンドウに合った下着スロットがついに開放。それほど高くはないが、性能やオプションも付与されるので、これからは見えない部分のおしゃれも重要になりそうだ。


■4月中旬 エクストラボイス変更券実装


26

 エクストラボイス変更券とは、プレイヤーキャラクターのボイスを日本の人気声優の声に変更できるチケットのこと。第1弾~第3弾までで10人の声優を起用し、声の種類はひとりにつき2役ぶん。合計20種が実装。戦闘時の掛け声のほか、ロビーやエモーションにも日本語のセリフが追加される。性別さえ合っていれば、どの種族でも使用可能(ここではポポリとバラカは男性扱い)。販売形態は定額販売を予定している。

 ニコニコ生放送では水橋かおりさん、沢城みゆきさん(2タイプ)、今野宏美さん、中井和哉さんなどの録り下ろしボイスが公開された。


27 28 29

▲中井和哉さんボイスが大人気。

▲ハンゲ太郎さんが即興アテレコに挑戦したら、淡々と仕事をしていた通訳さんも笑いをこらえていた。

●サーバーが統合され、ルーキー用を含む3つに

 キャラクター関連以外の要素については、時系列に沿って紹介していく。

■1月中旬 成長区間用ソロインスタンスダンジョンを追加


30

 『TERA』のおもしろさの本質はパーティープレイにあるという見方もある一方で、同レベル帯のプレイヤーと出会いにくく、パーティーが組みにくいという現状もある。その不満を解消するために、既存のインスタンスダンジョンをソロ用にカスタムして実装。まずはここでレベルを上げ、高レベルになってからパーティープレイを楽しんでほしいとのこと。

 ソロ用にカスタムされるのは、“秘密基地”、“ヴァンピールの屋敷”、“邪教徒の神殿”、“死霊術研究所”、“黄金の迷宮”、“黒紋塔”の6種類。攻撃力の低いヒーラーでもソロでクリアできるバランスになっているという。


■2月12日 サーバー統合


31

 シャラ、ヴェリック、エリーヌの3つがエリーヌサーバーに統合され、以降はエリーヌ、ユリアン、ルーキーサーバー(後述)の3つで運用していく。

 シャラサーバーは日本唯一のPKサーバーだが、日本ではPK自体の人気があまり高くない。これまでのデータをデータを見ていても人口の増加が見込めないため、統合に踏み切ったとのこと。

 サーバー統合によって重複してしまうキャラクター名、ギルド名についての扱いも発表された。キャラクター名は総ログイン時間が長いもの、ギルド名は作成日が古いものが優先される予定だ。キャラクター名を確保するため、一定期間(現時点では1年を想定)ログインしていないキャラクターは削除、もしくは一律の名前変更対応を予定しているので注意しよう。サーバー統合の詳細や各種対応については、後日公式サイトで公開される。


32 33

■2月19日 ルーキーサーバーOPEN


34

 ソウルリーパーの作成条件である“Lv40達成”のサポートを目的とした新規サーバーがオープン。獲得経験値が2倍になるバフが常時かかるため、レベル上げがしやすい。このサーバーでのLv上限は58で、到達後はほかのサーバーに移転できる。

 期間限定でのオープンを予定しているが、現時点では終了時期は未定。終了時期はプレイヤーの動向を見ながら判断し、クローズの1ヵ月前には公式サイトで告知するとのこと。


■4月上旬 新規インスタンスダンジョン&15段階装備追加
 4月中旬 最上級難度のインスタンスダンジョン 暴悪なキーズルガルの洞窟実装


35

 ソロで挑戦できるものから特殊なギミックが用意されているものまで、6種類のインスタンスダンジョンが実装される。

 ユーザーから「パーティーで難しいダンジョンに挑戦するのが『TERA』の醍醐味なのに、最近のダンジョンは簡単になっている」という声が届いたことがきっかけになっているという。当然、「いまのままでも十分に難しい」という声もあるので、すべてを満たすためにさまざまな難易度のダンジョンを実装することにしたようだ。

 なかでも注目は4月下旬に実装される“暴悪なキーズルガルの洞窟”。現時点での最高難度ダンジョン“シャンドラ・マナイア”をしのぐ仕上がりになっているようだ。報酬として優秀な装備が手に入るのはもちろん、最高難度ダンジョンをクリアした名誉を誇れるような報酬も用意されているとのこと。


36 37 38
39 40
41

●ニコニコ生放送“TERAの歩き方 特別編”

42

 ニコニコ生放送“TERAの歩き方”は2013年12月24日の放送でいったん終了したが、今回は特別編として復活。MCのハンゲ太郎さんと山下まみさんに加え、鈴木プロデューサーとキム氏も登場。番組は和やかな雰囲気で進行し、配信現場は終始笑いが絶えなかった。


43 44

▲席替えのときは手で“すいません”とやりながら堂々と前を横切る。このゆるさがユーザーの支持を得ているポイントのひとつ。

▲ハンゲ太郎さんは番組内でよくコスプレをする。前回は体操服&ブルマだったので、それを超えるにはスクール水着しかないのかもしれない。

45 46

▲番組後半にはクス玉を割って重大発表……になる予定が、クス玉が落下。笑いの神が降りてきた瞬間である。重大発表は“TERAの歩き方 シーズン2”決定のお知らせでした。

 ハンゲ太郎さんは番組内で1月10日に兵庫県の西宮神社で行われる神事“十日戎開門神事福男選び”に参加すると宣言。昨年はタイで開催された『スペシャルフォース』世界大会に帯同したため参加できなかったものの、ここ数年は積極的に参加している。

 10日00:00現在、ハンゲ太郎さんは現地でスタート位置を決めるくじ引きの行列に並んだが、あと少しのところでくじを引けなかったようだ。Twitterでは「4時に並びなおす」とつぶやいていた。ソウルリーパーの実装ももちろんだが、ハンゲ太郎さんがオンラインゲーム業界に福を運んでくれることにも期待したい。

(※10日16:10追記 ハンゲ太郎さんは残念ながら一番福にはなれなかったものの、ニュース番組にはたくさん映ったそうです。夕方以降の番組でも見られるかも)




Published by NHN PlayArt Corp.
Copyright (C) Bluehole Studio Inc. All rights reserved.

新着記事(サイト全体)

0 コメント

Twitterログインしてコメントする

コメント投稿した場合は利用条件に同意したものとみなします。ヘルプはこちら

 残り140文字

@でログイン中

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク