『鉄拳×(クロス)ストリートファイター』がついに始動!? EVO2011会場で原田氏を直撃!

ゲーム ニュース
アメリカのラスベガスで開催中の世界最大規模の格闘ゲーム大会“EVO 2011 in Las Vegas”。大会会場で『鉄拳』プロジェクトディレクターの原田氏を直撃。

●原田氏がついに『鉄拳×(クロス)ストリートファイター』に言及!

アメリカのラスベガスで開催中の世界最大規模の格闘ゲーム大会“EVO 2011 in Las Vegas”の会場にてバンダイナムコゲームスのパネルディスカッションも開催された。ディスカッションを終えた『鉄拳』プロジェクトディレクターの原田氏にインタビューを敢行したぞ。

harada

――パネルディスカッションではどういった発表を行ったのでしょうか?

原田 『鉄拳』はできるだけ多くの方に遊んでもらいたいので、向こう3年はさまざまな展開を考えていますといった内容です。

――なるほど、マルチに展開していくんですね。

原田 はい。これまではゲーム開発に注力してグッズなどに手が回らなかったのでキャラクターグッズを始めとした関連商品にも力を入れていきたいと考えています。たとえば、いまコトブキヤさんと、イラストレーターの山下しゅんやさんのイラストをもとに立体化した“TEKKEN美少女”シリーズというフィギュアをやらせていただいています。現在はクリスティとアリサを発表しているのですが、ファンからの好評をいただいたので今後どんどんシリーズ化したいと、コトブキヤさんと話しているところです。じつは、すでに山下しゅんやさんには全キャラクターのイラストを描いていただいているので、その中から人気の高いキャラクターをチョイスしてフィギュア化したいと思います。

――映画『鉄拳 ブラッド・ベンジェンス』とゲームを同梱した『鉄拳 ハイブリッド』についてお話を聞かせていただけないでしょうか?

原田 先日、ロサンゼルスでプレミア上映をさせていただいのですが、「バトルシーンの迫力がすごい」など、高評価をいただいので、日本のファンのみなさんには期待してほしいですね。ゲームのほうは、『鉄拳タッグトーナメント HD』と『鉄拳タッグトーナメント2』のプロローグ版が同梱される予定です。また、『鉄拳タッグトーナメント2』のプロローグ版には“3D モデルビューア―”という新しい機能を入れようと思っています。これは立体視で角度を変えながらモデルを鑑賞できるというものです。立体視でプレイすると「ポリゴンの格闘ゲームってこんな感じになるんだよ」というのを楽しんでもらいたいと考えています。この機能をしっかり搭載して発売できるように鋭意制作中です。

――そのほかの展開については?

原田 完全無料でiPhone/iPod touch向けアプリ『TEKKEN BOWL』を配信させていただきました。『鉄拳タッグトーナメント』に収録されていた懐かしのミニゲームです。じつは、アプリ中に“鉄拳コミ二ティ―”というボタンがついていまして、これは『鉄拳』の最新情報が得られるポータルサイトの役目も果たしているのでぜひ利用していただきたいです。また、『TEKKEN BOWL』に関しては追加で課金するということもなくずっと無料で提供し続けたいと考えています。

――タイトルだけ発表されている『ストリートファイター×(クロス)鉄拳』についてはいかがですか?

原田 カプコンで開発中の『ストリートファイター×(クロス)鉄拳』とは別にバンダイナムコゲームス側で開発予定の『鉄拳×(クロス)ストリートファイター』ですが、これまでは冗談も交えて「開発進行度は0%です」と答えてきました。しかし、『鉄拳タッグトーナメント2』の業務もあって忙しいなかですが、ついに研究、検証に着手しました。キャラクターラインナップについては、まだファンのみなさんの意見をフィードバックできると思いますので、「このキャラクターを登場させてほしい」というのがあったら僕のツイッターにでもご意見をください。

――EVOに来られての感想をお聞かせください。

原田 会場でQ&Aセッションを開催させていただいたのですが、格闘ゲーム大会の会場ということもあって、ひとりひとりが本当にコアな格闘ゲームファンで、話していてすごく楽しかったです。ファンと直接対話をする形式のイベントがあってもいいなと思いました。機会があれば日本でも行いたいですね。また、EVOはここ数年で、ゲーム会社とファンコミ二ティーがいい形で連携して盛り上げられてるなと実感しました。会場でもファンから応援の声をもらって勇気づけられたので、自分自身も得るものが多かったです。こういったイベントを日本でも作れるといいですね。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

E3 2016記事のPVランキングを30位まで紹介! ファミ通.comで注目を集めたのは、どのタイトルのニュース?【E3 2016】

“E3 2016”関連のニュースの中で、PVが高かった30本の記事をランキング形式で紹介。

堀井雄二氏も大絶賛! “ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”の新たなモンスターや衣装が公開

2016年7月22日より順次、埼玉、福岡、名古屋、大阪、横浜にて上演予定のアリーナショー“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”。本公演に登場するモンスターや衣装の監修に堀井雄二氏が訪れた際のオフシャルリポートが到着。

『人狼パーティー』女流棋士、プロ雀士、AI研究科。人狼ゲーム愛好家だらけの先行体験会に参加

2016年6月28日、NHN ハンゲームは7月下旬のサービス開始を予定しているPC用ブラウザゲーム『人狼パーティー 〜believe or deceived〜』の関係者向け体験会を開催した。

『討鬼伝2』“ミタマの力 戦闘スタイル”紹介動画を公開!【動画あり】

コーエーテクモゲームスは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『討鬼伝2』について、英雄たちの魂“ミタマ”の11種類の戦闘スタイルついて紹介する動画を公開した。

ブロックを組み合わせてマシンを作り、未開の荒野を探索するマルチプレイゲーム『Pioneers』が発表

元Press Playの創設者たちによる新スタジオLightbulb Gamesが、第1弾タイトルとして『Pioneers』を発表した。

“E3 2016”の会場内で『FFXIV』吉田氏にパッチ3.35の全容を直撃!【E3 2016】

E3 2016の会場内で実施された、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの日本メディア向け合同インタビューの模様をお届け。次期アップデートのパッチ3.35で公開される“ディープダンジョン 死者の宮殿”のさらなる秘密を、今回のプロモーション活動の手応えとともに直撃した。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『世界一長い5分間』、『グランブルーファンタジー』、『Caligula -カリギュラ-』などのコンテンツをゲット!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』追加シナリオ第2弾“覇堂高校編”が配信開始

KONAMIは、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』について、追加シナリオ“覇堂高校編”を本日2016年6月28日より配信開始した。