【独占動画配信】『FF零式』試遊版[ナツビ]のプレイ動画を公開――ディレクター田畑端氏の解説付き!

ゲーム PSP
“お台場合衆国2011〜ぼくらがNIPPON応援団!〜”の“スクウェア・エニックスお台場 EXPO2011”に出展された『ファイナルファンタジー零式』の初プレイアブルバージョン[ナツビ]のプレイ動画ダイジェストを同作ディレクター田畑端氏のコメント付きで公開!

●“作戦[其ノ一]”に挑戦

 2011年7月16日(8月31日まで)からお台場のフジテレビでスタートしたイベント“お台場合衆国2011〜ぼくらがNIPPON応援団!〜”。こちらの記事でリポートしたとおり、同イベントでは、スクウェア・エニックスが“スクウェア・エニックスお台場 EXPO2011”というブースを展開し、2011年発売予定のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『ファイナルファンタジー零式』のプレイアブルバージョンが初出展している。

 ここでは、出展されたプレイアブルバージョン[ナツビ]のプレイ動画ダイジェストを同作ディレクター田畑端氏のコメント付きで公開! 『FF零式』のバトルの特徴や魅力が垣間見える内容になっているので、“お台場合衆国2011〜ぼくらがNIPPON応援団!〜”に行けない人はぜひチェックしよう。 

 なお、[ナツビ]では、“作戦[其ノ一]”をクリアーしてサロンに戻ると、モーグリが新しいミッションが追加されたことを教えてくれる。現状では試遊時間内にすべてのミッションを遊び切ることはできないが、いずれ追加ミッションも遊べるようになるかも!?

 また、魔法のカスタマイズやシヴァの詳細は週刊ファミ通2011年8月11日号(2011年7月28日発売)で公開するので、そちらをチェックしてほしい。

ファイナルファンタジー零式
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年発売予定
価格 未定
ジャンル アクション・RPG / ファンタジー
備考 無線LAN機能(アドホックモード)対応
ディレクター&シナリオ原案:田畑端、クリエイティブプロデューサー&キャラクターデザイナー:野村哲也、アートディレクター:直良有祐、コンポーザー:石元丈晴、プロデューサー:北瀬佳範
(C)SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

SIEやマイクロソフト、バンダイナムコ上海など、注目ゲームメーカーのブースをリポート【ChinaJoy 2016】

日本のゲームファンにもなじみの深いゲームメーカーを中心に、注目ブースをリポート!

やわらか素材のスマホ用VRゴーグル『Merge VR Goggles』が7月30日からTSUKUMOで販売開始

2016年7月29日、リンクスインターナショナルはプレス向けの説明会を開催し、VRゴーグルを取り扱うMerge Labs社との国内総代理店契約を締結したと発表した。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第123回 提督と、吹雪の一撃

『艦これ』の世界を漫画で追体験! 順調に見えた友軍泊地奪還作戦は泥沼の様相に……行くか退くか、水本提督の決断は!?

『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』Twitter にて豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンが実施

セガゲームスは、2016年10月27日(木)発売予定のニンテンドー3DS『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』のゲーム紹介映像が公開されたことを記念して、ソニック委員会公式Twitterにて豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンを実施した。

『デモンゲイズ2』オープニングムービーと主題歌&3曲の挿入歌を初公開!

角川ゲームスは、2016年10月13日に発売を予定しているプレイステーション Vita用ソフト『デモンゲイズ2』のオープニングムービーと、主題歌&3曲の挿入歌を公開した。

“ペルソナストーカー倶楽部V(ファイブ)”第2回を本日配信!

アトラスは、『ペルソナ』シリーズの公式バラエティ番組“ペルソナストーカー倶楽部”の第2回を、2016年7月29日より配信開始した。

テレビアニメ『オカルティック・ナイン』の最新キービジュアルが公開! 制作発表会の開催も決定

2016年に放送予定のテレビアニメ『オカルティック・ナイン』の最新キービジュアルが公開された。また、2016年8月12日に都内某所にてキャスト陣が出演する制作発表会が開催されることも発表。

日本のインディーゲームシーンを追ったドキュメンタリー映画「Branching Paths(ブランチング・パス)」Steam、PLAYISMにて配信開始

PLAYISMは、日本のインディーゲームシーンを開発者の側から追ったドキュメンタリー映画「Branching Paths(ブランチング・パス)」を配信開始した。