『ファイナルファンタジーXIII-2』で立ち寄るふたつの拠点【画像追加】

プレイステーション3 Xbox 360 ゲーム
『ファイナルファンタジーXIII』では語られなかった真実。世界の根幹に関わる謎が、続編『XIII-2』で解き明かされ、物語は真の決着を迎える! 今回は、ふたつの拠点とバトル画面を公開しよう。

●謎多き遺跡と、新しい居住地

 本作の舞台は、『ファイナルファンタジーXIII』で起こった出来事により、高度な文明が崩壊した世界。宙に浮かび、人類の楽園として栄華を誇った“コクーン”も、都市機能を失い、生活基盤が破壊されている。それでもコクーンに留まる者が多い一方、未開の大地“グラン=パルス”に移住する者たちもいた。今回は、本作のメインキャラクターであるノエルとセラが立ち寄ることになる、グラン=パルスの海岸線に作られた居住地“ネオ・ボーダム”と、コクーンにあるビルジ遺跡を紹介しよう。

01

前作に登場した“ノラ”の面々が暮らすネオ・ボーダム。突如現れたノエルは、ノラのメンバーに不審の目で見られる。しかし、その主要な原因は、ノエルが語った“受け入れがたい話”にある。ノエルはいったい、何を言ったのか?

02
03

旧時代の居住区が多数見られるビルジ遺跡。その周辺には、学術調査のために駐留する研究者や、彼らをモンスターから守る軍人たちの拠点がある。ここで発掘されたと思しき巨大な腕は、“アトラス”という巨人の一部らしい。

04
05

ビルジ遺跡にやって来たノエルとセラ。なぜかふたりは脅威と見なされ、コクーンの治安維持を担う“警備軍”に包囲されてしまう。注目は、セラの近くにいるモーグリ。本作では、旅の同行者として大活躍するという。

06

ノエルとセラが紡ぐ物語の裏側で、コクーンとも、グラン=パルスとも異なる雰囲気の場所に佇むライトニング。ここは“神殿”らしいが……?

●パーティーメンバーをパラダイムで制御する

 バトルでは、直接攻撃が得意な“アタッカー”や、回復のみを行う“ヒーラー”といった、キャラクターのロール(役割)を切り換えながら戦う。どのキャラクターがどのロールを担うかは、事前に設定しておく必要があり、その組み合わせのことを“パラダイム”と呼ぶ。リアルタイムで変動する戦況に合わせて、臨機応変にパラダイムを変更(=パラダイムシフト)することが、本作のバトルのキモとなるのだ。

07

“バスター&ジャム”は、属性魔法による攻撃が得意な“ブラスター”と、敵を弱体化する“ジャマー”で編成されたパラダイム。ジャマーで敵の耐性を下げ、ブラスターの属性攻撃の威力をアップ。

08

カウンター以外の攻撃手段は持たないが、敵からのダメージを最小限に抑えられる“ディフェンダー”。ふたりともこのロールだと、“デュアルシールド”という鉄壁のパラダイムになる。

●追加画像を以下で公開!

100027_movie01_RGB
100027_movie02_RGB
110714_event04_(JP)fix_RGB
110714_event05_(JP)fix_RGB
battle_100023_360(JP)fix_RGB
battle_100032_PS3(JP)fix_RGB
battle_100034_360(JP)fix_RGB
fleld02_bilge_RGB
fleld04_bilge_RGB

※詳しくは週刊ファミ通2011年7月28日号(2011年7月14日発売)をチェック!

ファイナルファンタジーXIII-2
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション3 / Xbox 360
発売日 2011年12月発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:鳥山求、キャラクターデザイナー:野村哲也、アートディレクター:上国料勇、シナリオ:渡辺大祐、ストーリー協力:映島巡、ムービーディレクター:生守一行、蒲原博、コンポーザー:浜渦正志、水田直志氏、鈴木光人氏、プロデューサー:北瀬佳範
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『スーパーマリオメーカー』にハローキティ&マイメロディのキャラマリオが登場!

任天堂より発売中のWii U用ソフト『スーパーマリオメーカー』に、キャラマリオ“ハローキティ”および“マイメロディ”が、2016年5月27日より配信されることが決定した。

『ロックマンX』の刺繍ワッペン5種とTシャツ3種が発売開始

カプコンは、『ロックマンX』をモチーフにした刺繍ワッペンとTシャツを、本日2016年5月25日より発売する。

『Splatoon(スプラトゥーン)』シオカラーズamiiboの発売にあわせて、シオカライブを再現できるジオラマキットの発売が決定!

2016年7月7日発売予定のシオカラーズamiiboの発売にあわせて、シオカライブを再現できる“amiiboジオラマキット スプラトゥーン【シオカライブ】”とナワバリバトルを再現することができる“amiiboジオラマキット スプラトゥーン【モズク農園】”の発売が決定した。

『Minecraft: Wii U Edition』パッケージ版が6月23日に発売決定、“スーパーマリオ マッシュアップパック”も同梱

Wii U用ソフト『Minecraft: Wii U Edition』のパッケージ版が、2016年6月23日、日本マイクロソフトより発売されることが決定した。価格は3888円[税込]。

『逆転裁判』のオリジナル小説が角川つばさ文庫から発売決定!

児童書レーベルの角川つばさ文庫から、カプコンの『逆転裁判』の小説が6月15日に発売されることが決定した。

『三極姫4 天華繚乱 天命の恋絵巻』5月26日DLC配信開始、制服姿の夏侯惇や関羽たちに会える!

システムソフト・アルファーは、2016年5月26日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『三極姫4 天華繚乱 天命の恋絵巻』について、発売と同日よりダウンロードコンテンツの配信を開始する。

『ミラーズエッジ カタリスト』国内向けローンチトレーラーが公開 フェイスたちが“走る”理由とは

エレクトロニック・アーツは、2016年6月9日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『ミラーズエッジ カタリスト』について、国内向けローンチトレーラーを公開した。

有野課長が『ポケットモンスター 赤・緑』ポケモン151匹のコンプリートに挑戦するゲームセンターCXが公開

レトロゲームのエンディングを目指す『ゲームセンターCX 有野の挑戦』にて、最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』発売までに、有野課長が『ポケットモンスター 赤・緑』のポケモン151匹をコンプリートすることに挑戦する企画がスタート。

『ちゃおイラストクラブ』体験版が配信開始

ハピネットは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『ちゃおイラストクラブ』の体験版を、本日2016年5月25日より配信開始する。