『忍道2 散華』PS Vitaで夜闇に忍ぶ

ゲーム PS Vita
2005年にプレイステーション2で発売されて人気を博した忍者ステルスアクションゲーム『忍道 戒』に、ファン待望の最新作が登場。

●『忍道』がPlayStation Vitaで登場

 2005年にプレイステーション2で発売されて人気を博した忍者ステルスアクションゲーム『忍道 戒』に、ファン待望の最新作が登場。日本特有の色彩に満ちたオープンワールドの世界は、PlayStation Vita(以下、PS Vita)の表現力を駆使することで、より情緒豊かで、妖しいまでに雅やかに描かれている。美しく表現された闇の中を、忍者ならではのステルスアクションで駆け回り、ときには剣戟で血の華を咲かせながら、さまざまな任務を遂行していく。

■ものがたり

shinobi04

 時は室町後期。一条家の統べる小国・宇高多(うたかた)を巡り、隣国の赤目家(あかめけ)、新興寺社勢力の阿無璃他(あむりた)により引き起こされた“宇高多の乱”。その後、つかの間の平穏を取り戻したかに見えた宇高多は、新たな戦火に包まれようとしていた。一条家の譜代である風天家の家督を継いだ風天寅三郎久秀(ふうてんとらさぶろうひさひで)が、東の大国・芳穣家を後ろ盾として謀反に及び、それに呼応するかのように、阿無璃他も再び決起したためである。時を同じくして、ひとつの忍びの里が消滅した。風華忍者同胞の裏切りにより、一夜にして消えた忍衆。その業火に、すべてが焼失したと思われた中、ただひとり、辛くも一命を取り留めた者がいた。その忍、名を“火祭のゼン”という。

■忍者ステルスアクション

 忍者であるゼンは、ある目的のために、敵の目を盗んで暗殺や届け物といった任務を遂行することになる。闇を利用し、壁走りなどの多彩なステルスアクションを駆使して、見張りの死角を突いて潜入する。

shinobi01
shinobi08

■血華を散らす

 敵にまったく見付からずに進められるなら、それに越したことはないが、ときにはジャマ者を消し去る必要が生じることもある。ただし、ひとりの見張りが上げた叫び声が多数の敵を呼び、望まぬ乱戦を招くことにもなりかねない。音もなく忍び寄り、気付かれぬうちに一撃で仕留めてこそ、一流の忍と言える。

shinobi03
shinobi02

■一撃必殺の血祀殺法

 主人公のゼンは、特有のステルスキル技“血祀殺法”によって、敵を一斬のもとに始末することが可能。敵に気付かれずに忍び寄り、タイミングを逃さず△ボタンを押すと、殺傷能力の高い一撃を放ち、音もなく敵を仕留められる。隠密の任務を成功させるためには必須となる、重要なテクニックである。

shinobi05
shinobi06
shinobi07

※詳しくは週刊ファミ通7月28日号(2011年7月14日発売)をチェック!

忍道2 散華
メーカー スパイク
対応機種 PlayStation Vita
発売日 発売日未定
価格 価格未定
ジャンル アクション / 忍者
備考 開発:アクワイア、プロデューサー:渡辺一弘、ディレクター:阿部康弘
(C)Spike/ACQUIRE All Rights Reserved. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『Destiniy(デスティニー)』クローズドβテスト、ほぼ毎日プレイインプレッション!!【その9】

新作アクションシューティング『Destiniy(デスティニー)』のクローズドβテストの模様をお届けします!

『鉄拳7』の原田勝弘氏を直撃 “最終決着”は開発陣の決意の現れ【Comic-Con International 2014】

ファミ通.comではセッション直後の『鉄拳』シリーズディレクターの原田勝弘氏を直撃。『鉄拳7』の進捗について、がっつりと話をうかがった。

『Far Cry 4』の舞台となる架空の山岳地帯“キラット”は、いかにしてリアリティーを獲得したか?【Comic-Con International 2014】

開催初日にあたる24日には、ユービーアイソフトによるパネルディスカッション“The Inspiration that Brought FarCry 4’s Kyrat to Life and the Quest for Everest”が行われた。

“『ログ・ホライズン』ラジオ 〜エルダー・テイル通信〜”第8回が配信スタート

『ログ・ホライズン』の原作・アニメに関する最新情報はもちろん、さまざまな『ログホラ』の魅力をお届けするWebラジオ“『ログ・ホライズン』ラジオ 〜エルダー・テイル通信〜”の第8回が配信開始。

【レポートマンガ】ドット絵+パズルRPG+高い戦略性『Tales of the Adventure Company』

マスをタップで開けて冒険するパズルRPG『Tales of the Adventure Company』のレポートマンガをお届け。

女性テンプラーと共闘? 『アサシン クリード ユニティ』コミコン版トレイラーには思わせぶりなシーンが。鬼才ロブ・ゾンビ版アニメーショントレイラーも公開【Comic‐Con International 2014】

Comic‐Con International(コミコン)でユービーアイソフトが開催したパネルディスカッションで、『アサシン クリード ユニティ』の2本のトレイラーが公開された。

【週間PVランキング】発売迫るあのタイトル&始動が決まったこのタイトルが上位に【7/19〜7/25】

今週も気になるニュースとともに、ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2014年7月19日(土)〜7月25日(金))をお届け!

『ストリートファイター』のセッションで小野義徳氏がヒューゴー姿で暴れまくる【Comic-Con International 2014】

開催2日目にはカプコンによるプログラム“Street Fighter!”が実施。『ストリートファイター』シリーズの最新動向が紹介された。

本格ローグライクRPG『ドラゴンファング』のリリースが7月31日に決定!

それまでのヨコ持ちのプレイスタイルから、突如としてタテ持ちへの変貌を遂げた『ドラゴンファング』。日本に本格的なローグライクゲームを定着させようとする話題作のリリースが7月31日に決定した。

【第100回】原由実の○○ラジオ:皆さんのご愛顧で祝100回!

『原由実の○○ラジオ』、略して『はらまる』が、ついに100回! リスナーとともに収録された第100回は、いつもよりにぎやかな内容となっています! お楽しみにー♪



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS