『グランナイツヒストリー』ネットワークプレイの概要が判明

ゲーム PSP
マーベラスエンターテイメントとヴァニラウェアのタッグで開発が進められている本作。これまで謎に包まれていたネットワークプレイの概要が、ついに判明した。

●ネットワークプレイの内容がついに判明

 本作は、マーベラスエンターテイメントとヴァニラウェアが共同開発する新作RPG。3つの国が争う大陸リスティアを舞台に、覇権をめぐる戦いの物語が描かれる。プレイヤーは3国のいずれかに所属し、騎士団を率いて他国との戦争に臨むことになる。

 多人数が参加できるオンラインプレイを実装している本作だが、これまでオンラインに関する内容は不明だった。が、今回ついに詳細が判明した。ネットワークプレイの舞台となるのは、シナリオモードと同じくリスティア大陸。オンラインにつないだプレイヤーが3つの国に分かれて、領土の奪い合いを行う。なお、本作のネットワークプレイは、オンラインにつなぎっぱなしで遊ぶものではない。そのため、たとえば電車の中でもネットワークバトルを行うことが可能だ。

0616g01

プレイヤーが3国に分かれて領土を奪い合う。

●ネットワークバトル参戦方法1 騎士団を直接操作してバトルに“出撃”

 ネットワークバトルへの参戦方法は2種類。まずは、騎士団を直接操作して戦う“出撃”。4人編成の騎士団を操作してプレイする。マップの“BATTLE”と表示されたポイントに移動すると、他国に所属するプレイヤーの騎士団とのバトルに!

0616g02
0616g03
0616g04

参加プレイヤーたちのバトルの結果に応じて、3国の勢力図が変わる。自分の所属する国が他国を圧倒できるよう、積極的にバトルに参加しよう。

●ネットワークバトル参戦方法2 時間がないときはオートで“自動進軍”

 “自動進軍”を選ぶと、AIが操作する部隊を戦争に参加させることが可能。オートで戦いをこなしてくれるので、プレイする時間がないときなどに便利だ。なお、騎士団は“出撃”と合わせ、最大で3部隊まで同時に参戦できる。全部隊を自動進軍させることも可能だ。

0616g05
0616g06
0616g07

キャラクターの行動を事前に設定し、自動進軍を選択。すると、AIが傾向に沿った行動でバトルをこなしてくれる。また、自動進軍した部隊を呼び戻すと、どんな戦績を残してきたかを確認することができる。

●ひとつの戦いは数日で終了

 覇権を争う戦いは、数日で決着する。次回の戦争が行われる地域は、ユーザーの投票で決定される。各地の戦いに参加して、英雄として名を馳せよう。

0616g08

●戦場で活躍して褒章を狙え

 ネットワークバトルの合間に、兵士から支援物資がもらえる場合がある。また、戦場での活躍具合によっては、王様から直接“部隊旗”を授かることも。部隊旗は、ユーザープロフィール画面に設定できる。ほかのプレイヤーに自慢しよう。

0616g09
0616g10

●ほかのプレイヤーの戦績をチェック

 ほかのプレイヤーの戦闘履歴や、各種ランキングの閲覧も可能。また、気になるプレイヤーを“フォロー”すれば、相手の記録を簡単に確認できるので便利だ。活躍すれば、自分がほかのプレイヤーにフォローされるかもしれない?

0616g11
0616g12

●New Character エルフェス

 世界を股にかける、若い行商人。儲け話と財宝に目がなく、何事も勢い任せ。やや知恵に欠ける部分があるが、熱意と情の厚さにかけては誰にも負けない、どこか憎めない男だ。

0616g13
0616g14

エルフェスは、物語の要所で騎士団の任務に絡んでくる。ノリは軽いが、商人らしく儲け話には鼻が利くようだ。

※詳しくは週刊ファミ通2011年6月30日号(2011年6月16日発売)をチェック!

グランナイツヒストリー
メーカー マーベラスエンターテイメント
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年9月1日発売予定
価格 5229円[税込]
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ネットワーク対応、
プロデューサー:はしもとよしふみ、ディレクター:出口智彦、キャラクターデザイン:前納浩一、サウンドプロデューサー:崎元 仁、開発:ヴァニラウェア
(C)2011 Marvelous Entertainment Inc. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

RPG要素を取り入れたFPSの金字塔『System Shock』リメイク版がクラウドファンディングを開始。プレα版デモで試遊も可能

Night Dive Studiosが『System Shock』リメイク版のクラウドファンディングをKickStarterで開始した。

発売日決定からトリコの秘密、そしてVRの印象まで。上田文人氏インタビュー【E3 2016】

アメリカ・ロサンゼルスにて、世界最大のゲーム見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2016が開催。プレイステーション4用ソフト『人喰いの大鷲トリコ』について、ゲームデザイン及びディレクションを務める上田文人氏にインタビューをする機会をいただいた。

E3 2016記事のPVランキングを30位まで紹介! ファミ通.comで注目を集めたのは、どのタイトルのニュース?【E3 2016】

“E3 2016”関連のニュースの中で、PVが高かった30本の記事をランキング形式で紹介。

堀井雄二氏も大絶賛! “ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”の新たなモンスターや衣装が公開

2016年7月22日より順次、埼玉、福岡、名古屋、大阪、横浜にて上演予定のアリーナショー“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”。本公演に登場するモンスターや衣装の監修に堀井雄二氏が訪れた際のオフシャルリポートが到着。

『人狼パーティー』女流棋士、プロ雀士、AI研究科。人狼ゲーム愛好家だらけの先行体験会に参加

2016年6月28日、NHN ハンゲームは7月下旬のサービス開始を予定しているPC用ブラウザゲーム『人狼パーティー 〜believe or deceived〜』の関係者向け体験会を開催した。

『討鬼伝2』“ミタマの力 戦闘スタイル”紹介動画を公開!【動画あり】

コーエーテクモゲームスは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『討鬼伝2』について、英雄たちの魂“ミタマ”の11種類の戦闘スタイルついて紹介する動画を公開した。

ブロックを組み合わせてマシンを作り、未開の荒野を探索するマルチプレイゲーム『Pioneers』が発表

元Press Playの創設者たちによる新スタジオLightbulb Gamesが、第1弾タイトルとして『Pioneers』を発表した。

“E3 2016”の会場内で『FFXIV』吉田氏にパッチ3.35の全容を直撃!【E3 2016】

E3 2016の会場内で実施された、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの日本メディア向け合同インタビューの模様をお届け。次期アップデートのパッチ3.35で公開される“ディープダンジョン 死者の宮殿”のさらなる秘密を、今回のプロモーション活動の手応えとともに直撃した。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。