『アーマード・コア V』オンラインプレイがアツい!

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360
本作の特徴は、プレイヤーどうしがオンラインでチームを組み、協力プレイでミッションを攻略したり、対戦などが行えることだ。

●チーム単位でくり広げる戦闘

 本作の特徴は、プレイヤーどうしがオンラインでチームを組み、協力プレイでミッションを攻略したり、対戦などが行えることだ。なかでもチームどうしがオンライン上で覇権を争う領地争奪戦は、白熱必至のおもしろさと言える。

■領地争奪戦

 本作のオンラインプレイでメインとなるのが、チーム間での領地争奪戦だ。ゲーム内の時間は“シーズン”ごとに区切られ、その中でそれぞれのチームは領地の奪取や、所有領地の維持拡大を目指すことになる。領地には“荒野”、“雪山”、“市街地”、“鉱山区”、“海上施設”などの種類があり、それぞれの種類の中でランク分けされている。プレイヤーは、より上位ランクの領地を、どれだけ多く所有できるかを賭けて、チーム単位で戦っていくことになるのだ。ちなみに、領地はかなりの数が用意されるとのこと。領地争奪戦に励めば、ほとんどのチームが領地を手に入れられるだろう。ただし、その領地を維持できるか、また領地を増やしていけるかは、各チームの活躍次第となっている。

ac07

■領地所有チーム

 領地を所有するチームのメンバーは、誰でも所有領地をカスタマイズすることが可能だ。そして、領地のランクに応じて、敵迎撃用の砲台やジャマーなどのトラップを設置した領地を“領地ミッション”として配信し、他チームがこのミッションをプレイすることになる。ちなみに、領地ミッションが行われる場合、配信する側のチームが直接防衛に参加することも可能。プレイヤーの参加、不参加に関わらず、敵の侵攻を阻止すると、チームポイントなどの報酬が得られる。反対に、領地ミッションを攻略され、領地の耐久力がゼロになると決戦ミッションを行なわなければならない。これに敗北すると、勝利した侵攻側チームに領地の所有権が移行してしまう。

ac11
ac09

■侵攻側チーム

 他チームが所有する領地への侵攻は、所有チームが配信する“領地ミッション”をプレイする形式で行われる。侵攻側がミッションをクリアーするたびに領地の耐久力が減り、ゼロになると領地の所有権を賭けた決戦ミッションが発生。決戦ミッションに侵攻側として参加するには、“チームポイント”を掛け金として支払う必要がある。このチームポイントは、チーム戦だけではなく、シングルプレイでも獲得できる。

ac05
ac06

■決戦ミッション

 侵攻側は勝てば新たな領地を入手できるが、負ければ大量のチームポイントを失う。領地所有側は、勝てば領地の維持だけではなく、大量のチームポイントが手に入る。決戦ミッションは、お互いにハイリスクハイリターンの戦いだ。なお、決戦ミッション開始のタイミングは防衛側が決められるが、シーズン内に行わないと領地が没収されてしまう。

ac08
ac10

■『アーマード・コア V』クローズドβテスト開催決定

 『アーマード・コア V』のクローズドβテストが、プレイステーション3版は2011年7月1日から2011年7月14日にかけて、Xbox 360版は2011年7月19日から2011年8月1日にかけて行われる予定(実施期間は変更になる可能性があります)。このクローズドβテストでは、本作の基本となる部分がプレイ可能。なお、βテスターの募集は、2011年6月16日(木)の24時00分まで。ペアで5000組(10000名)を超える応募があった場合は、抽選となる。ひとりで応募して当選した場合は、2名分の参加シリアル番号が発行される。なお、応募には“フロム・ソフトウェアメンバーズ”、および“アーマード・コア オフィシャルパートナーシップ”への登録が必要になるのでご注意を。プレイできる内容は、“製品版のごく一部”とのことだが、本作のおもしろさは十分堪能できるだろう。また、テスト報告として開発スタッフへ意見を伝えられるチャンスでもある。下記の公式サイトでエントリーしよう。

ac01
ac02
ac03
ac04
アーマード・コア V
メーカー フロム・ソフトウェア
対応機種 プレイステーション3 / Xbox 360
発売日 2011年10月20日発売予定
価格 各7800円[税込]
ジャンル アクション / SF・ロボット
備考 プロデューサー:鍋島俊文、プレイステーション3版はPlayStation Network対応、Xbox 360版はXbox LIVE対応
(C)2011 NBGI (C)1997-2011 FromSoftware, Inc. All rights reserved. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

もしゾンビサバイバルゲーム『DayZ』がスーファミ時代にあったら……。ファンプロジェクト『MINIDAYZ』が公式採用されて配信中

Bohemia Interactiveのオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『DayZ』。本作をスーファミテイストでブラウザゲームとして再現したファンプロジェクト『MINIDAYZ』が、公認を受けて配信中だ。

【アイドルマスター ワンフォーオール イラスト&コラム】PIECE OF PIECE Vol.21 八色

アイマスOFA、765プロアイドルの魅力についてイラストとコラムで綴る。本日は、星井美希の誕生日お祝いイラスト&コラム!

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その2 野手編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の野手編をお届け。

『ニンジャスレイヤー』のライブイベントが開催、人気アーケードゲームなどとのコラボ企画が続々発表!

2014年11月22日、東京・恵比寿にて、小説『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(上)』の発売を記念したライブイベントが開催。イベント中に、『ニンジャスレイヤー』とアーケードゲームなど4タイトルとのコラボ企画が発表された。

【モンスト家】イベクエ攻略“虹睨の妖刀―破邪の光”(超究極) 光刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】光刃ムラサメが出現するイベクエ"虹睨の妖刀―破邪の光"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

吉田氏「天野喜孝氏の“未公開のすごい絵”は物語で重要な意味を持つ」『新生FFXIV』G-STARステージイベント【G-STAR 2014】

 2014年11月22日、韓国・釜山で開催中のゲームショウ“G-STAR”のステージイベントに『新生FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登場。2015年サービス開始予定の彼の地にて、ファンから寄せられた質問に答える形で、作品の魅力を大勢の観衆にアピールした。

【モンスト家】イベクエ攻略“眠りから覚めし虹睨の妖刀”(究極) 闇刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】闇刃ムラサメが出現するイベクエ"眠りから覚めし虹睨の妖刀"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

【ファミ通App Android】『ファイナルファンタジー レコードキーパー』冒険のおともにミスリル&ギルをどうぞ!

2014年11月20日発売のファミ通App NO.019 Androidでは、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』をアイテム付きで紹介。

【高橋きの・ゲーム日記】『テラバトル』第4回「お役立ち秘蔵攻略テク」

坂口博信氏や植松伸夫氏ら豪華クリエイターが手掛けるRPG、『テラバトル』のプレイ日記をお届け。

【週間PVランキング】人気声優さんの新商品やまさかの『II』、『ポケモン』『妖怪ウォッチ』など年末に向けて大わらわ【11/15〜11/22】

ファミ通.comの週間PVランキング、今回は2014年11月15日〜11月22日までの集計結果を紹介します。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS