『ICO』『ワンダと巨像』 の発売日が2011年9月22日決定、数量限定スペシャルボックスも登場

ゲーム プレイステーション3
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、プレイステーション3用ソフト『ICO』、『ワンダと巨像』の2作品の発売日が、2011年9月22日に決定したことを発表した。

●ソフト2作品と特典がセットのスペシャルボックス

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、プレイステーション3用ソフト『ICO』、『ワンダと巨像』の2作品の発売日が、2011年9月22日に決定したことを発表した。価格はどちらも3980円[税込]。また、『ICO』『ワンダと巨像』の2作品と、ここでしか手に入らない特典をセットにした数量限定スペシャルボックス『ICO/ワンダと巨像 Limited Box』も販売されることに。こちらの価格は6980円[税込]となっている。以下、詳細をリリースより抜粋。

PKG-ICO-RGB
ICO
PKG-WANDER-RGB
_


ICO/ワンダと巨像 Limited Box』には、ダイナミックカスタムテーマと“XMB”用アバターデータをPlayStation Store(※)からダウンロードできるプロダクトコードと、株式会社マガジンハウス BRUTUS編集部が企画・編集を手がけた豪華な特製ブックレット(約100ページ)が封入されています。特製ブックレットは、『ICO』『ワンダと巨像』の2作品のディレクターを務め、現在は最新作『人喰いの大鷲トリコ』(PS3専用アクション・アドベンチャー)の開発を手掛けるゲームクリエイター上田文人を、BRUTUSならではの視点と切り口で徹底解剖した豪華な一冊となっております。

「プレイステーション 2」(PS2)専用ソフトウェアとして発売された『ICO』(2001年発売)は、その静寂に満ちた世界観と“手をつなぐ”いう独特のゲーム性、プレイした人の心に深く残る作品性から、世界中のプレイヤー・クリエイターに支持されました。また、同じくPS2専用ソフトウェアとして発売された『ワンダと巨像』(2005年発売)は、『ICO』を彷彿させる独特の世界観を持ちつつも、登場する巨像達の圧倒的な存在感とその巨像を倒すというダイナミックなアクション性が話題となり、世界中の主要なゲーム賞を受賞するなど高い評価を受けました。

記憶に残る作品として発売から長い年月を経た今でも支持され続ける『ICO』『ワンダと巨像』の2作品が、満を持してPS3に登場します。オリジナル作品の雰囲気や風合いを残しつつも、グラフィックのフルHD(1080p)化、7.1chサラウンドや3D立体視へ対応するなど、PS3ならではの高精細かつ迫力ある作品世界に没入いただけるようになりました。さらに、フレームレートの安定やトロフィー機能への対応により、オリジナル作品とは一味違ったゲームプレイをお楽しみいただけるようになりました。

本ソフトウェア(『ICO』『ワンダと巨像』)ならびに数量限定ボックスを発売することにより、色褪せることのない作品世界と、PS3だからこそ実現したハイクオリティなゲームの喜びを多くのお客様に体感いただけることと期待しております。

集合カット白背景-統合RGB+0602
BRUTUS

▲『ICO/ワンダと巨像 Limited Box』パッケージ。

▲特製ブックレット
(※画像はイメージです。デザインおよびタイトルは変更される場合があります)

ico_DCM_JP
sotc_DCM_JP

『ICO』ダイナミックカスタムテーマ
「籠の中のヨルダ」

『ワンダと巨像』ダイナミックカスタムテーマ
「空中庭園」

(C)2001 Sony Computer Entertainment Inc.
(C)2005 Sony Computer Entertainment Inc.

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS