『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』の“DDFFバトルトーナメント+”東京大会の模様をリポート

ゲーム PSP
2011年5月21日、スクウェア・エニックスは、都内で『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』のゲーム大会“DDFFバトルトーナメント+”の東京大会を開催。

●スペシャルゲストやサプライズも

 2011年5月21日、スクウェア・エニックスは、都内で『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』のゲーム大会“DDFFバトルトーナメント+”の東京大会(予選・本戦を同時に実施)を開催した。
 本大会にエントリーされたのは、応募されたバトルリプレイ動画をもとに、バトルディレクターの鯨岡武生氏が選出した8人と、先日行われた大阪予選の優勝者、準優勝者の2名、さらに『ディシディア ファイナルファンタジー ユニバーサルチューニング』の“バトルトーナメント”の優勝者、準優勝者2名を合わせた計12名。トーナメントでは、大阪大会と『ディシディア ファイナルファンタジー ユニバーサルチューニング』“バトルトーナメント”の優勝者、準優勝はシードとなり、第1回戦は、東京大会に選ばれた8人による対戦からとなった。

WA3_3004
WA3_3010
WA3_3041

▲会場では、東日本大震災の義援金募集も行われていた。また、『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』のキャラクターデザインを手掛けた野村哲也氏の直筆イラストも。

WA3_3062
WA4_3375
WA4_3345
WA3_3141
WA3_3151
WA3_3222
WA3_3238
WA3_3215

「大阪予選には観客を入れなかったので、ちょっと緊張しています。出場者はもっと緊張されていると思いますけど、がんばってください」(バトルディレクター鯨岡武生)

「ファンの方々やプレイヤーの方々も楽しんで帰ってもらえたらと思っています」(プロデューサー間一朗)

「大会の開催は僕らがずっと希望していたので、今日を楽しみにしていました。会場の方々も楽しんでいただければと思います」(ディレクター高橋光則)

 本作のディレクターの高橋光則氏とプロデューサーの間一朗氏、バトルディレクターの鯨岡武生氏がバトルの解説役として登壇。高橋氏は、戦いの前に大会を勝ち抜くポイントとして「自分のスタイルをどこまで貫けるか」と「『ディシディア ファイナルファンタジー』シリーズの特徴である運の要素や召喚獣、アシストキャラの選択・使いどころ、不確定要素などに臨機応変に対応できるか」の2点を挙げた。

 トーナメント1回戦の第1〜4試合は、東京大会にエントリーされたプレイヤーたちによる熱い戦いがくり広げられた。1回戦からハイレベルな攻防が続く試合展開に鯨岡氏も「目に狂いがなくてよかった」と安堵した様子。本稿を担当する記者も『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』をプレイしているが、そのスピーディーな展開についていけないほど、めまぐるしい攻防が続き、どの試合も見どころ満載の1回戦となった。

1回戦 第1試合
Yoru 対 ふ〜迅 
○  皇帝 VS ジタン ●

1回戦 第2試合
CLOUDY WOLF 対 初
○ クラウド vs オニオンナイト ●

1回戦 第3試合
オメガ 対 FourMirror
●ティナ VS ウォーリア・オブ・ライト ○ 

1回戦 第4試合
diend 対 あるてま
● ガブラス VS フリオニール ○


 続く2回戦からは、いよいよシードとなった大阪予選の優勝者・準優勝者、『ディシディア ファイナルファンタジー ユニバーサルチューニング』“バトルトーナメント”の優勝者、準優勝が登場。シード選手はここまで緊張を維持したまま待機していた一方で、1回戦を勝ち進んだ選手は少し緊張がほぐれているはず。試合前「緊張を強いられたまま待っていたシード選手は、バトルの入りかたが重要になってくると思います」と高橋氏が語っていたとおり、シード選手は誰もが大苦戦。なんと、シード選手は全員ここで敗退という結果になってしまった。

2回戦 第1試合
カタパルト 対 Yoru 
● ゴルベーザ VS 皇帝 ○

2回戦 第2試合
CLOUDY WOLF 対 ★リュー★
○ クラウド VS オニオンナイト ●

2回戦 第3試合
AKKEY 対 FourMirror
●オニオンナイト VS ウォーリア・オブ・ライト ○

2回戦 第4試合
あるてま 対 ショウ 
○ フリオニール VS フリオニール ●

WA3_3373
WA3_3486

▲本大会の模様は、ニコニコ動画内のニコニコ生放送でストリーミング配信されていた。視聴したファンもかなり盛り上がっていた様子。

WA3_3178
WA3_3167
WA3_3263

■準決勝

 準決勝からは事前登録した3キャラクターを使用するパーティバトルとなる。まだ見せてないキャラクターの実力がポイントとなる。
 準決勝第1回戦は、Yoruさん対CLOUDY WOLFさんの対決。CLOUDY WOLFさんは、募集の際のタイムアタックのスコアが全応募者数でトップという実力者で、この日は、何度も不利な状況から逆転勝利を飾って勢いにも乗っていた。試合は接戦となったが、巧みな試合運びでYoruさんが勝利。第2試合のFourMirrorさん対あるてまさんの試合は、互いに1本を取り、3本目での勝負に。その3本目は序盤、FourMirrorさんのジェクトが怒涛の攻撃を見せ、一方的な展開になるかと思われたが、そこからあるてまさんのクジャが徐々に挽回。最後は、どちらも一撃で倒せるという超接戦となり、高橋氏も思わず「すばらしい!」と声を挙げるほど劇的な試合となった。「『ディシディア』は、どんな不利な状態であっても、状況の変化や召喚獣の選択がうまくいったりすると、大逆転もできるゲームです。そんな展開の試合が多くて、開発者冥利に尽きます」(高橋)

Yoru 対 CLOUDY WOLF
○皇帝 VS クラウド
○カイン VS セフィロス
 

FourMirror 対 あるてま
○ウォーリア・オブ・ライト VS フリオニール ●
●セシル VS スコール ○
○ジェクト VS クジャ ●

 
 3位決定戦では、CLOUDY WOLFさんが勝利。

■3位決定戦
CLOUDY WOLF 対 あるてま
●クラウド VS フリオニール○
○セフィロス VS スコール●
○ジェクトVS クジャ●

WA3_3323
WA3_3362
WA3_3376
WA3_3380
WA3_3409
WA3_3441

■決勝戦

 決勝戦は、YoruさんとFourMirrorさんという組み合わせに。Yoruさんのメインキャラは皇帝で、「一見なんで? という罠の張りかたをするけれど、それが計算されていることがわかります」(鯨岡氏)と、Yoruさんの実力を高く評価していた。一方のFourMirrorさんの印象については「ウォーリア・オブ・ライトの性能を熟知している。アシストの使いどころも上手い」(同)とコメント。
 また、この決勝戦の前にスペシャルゲストが紹介された。そのゲストとはなんとユウナ役の青木まゆこさん。決勝戦は青木さんの開始の合図によりスタートした。試合は3本目までもつれる接戦となり、3本目はYoruさんのエクスデス対FourMirrorさんのジェクト。守りのエクスデス対攻めのジェクトの戦いは期待どおりの名勝負となり、どちらが勝ってもおかしくない状況になったが、最後にデルタアタックを炸裂させたYoruさんが熱い戦いに終止符を打った。


Yoru 対 FourMirror
●皇帝 VS ウォーリア・オブ・ライト ○
○カイン VS セシル●
○エクスデス VS ジェクト●

WA3_3491
WA3_3515
WA3_3516
WA3_3525

▲ユウナ役の青木まゆこさんがスペシャルゲストとして登場し、決勝進出者の2名にメッセージを送った。

▲青木まゆこさんの登場にニコ生の視聴者もご覧の盛り上がり。

WA3_3540
WA3_3536
WA3_3542
WA3_3550
WA3_3586
WA3_3590
WA3_3595
WA3_3601
WA3_3614
WA4_3497
WA4_3503

「優勝しました!」と喜びのコメントをしたYoruさん。優勝の副賞として、液晶テレビが贈られた。

WA4_3473
WA4_3468

FourMirrorさんには、『DDFF』ロゴ入りのiPod touchが副賞として贈呈された。

 どの戦いも見どころばかりだった今大会を振り返って高橋光則氏は「今日はこんなにたくさんの方に来ていただいて、自分たちが実現したかったバトルを出場してくれた選手の方々が展開してくれ、それ見て盛り上がってくれている様子を目の当たりにすると、本当に僕ら開発者全員、幸せ者だなと思います。ありがとうございました」と挨拶。白熱のバトルばかりで観ている側も心地よい疲れを感じるほどの盛り上がりをみせた本大会。最後に、今後配信予定のダウンロードコンテンツも紹介された。

 また、大会後はサプライズとして『ファイナルファンタジー零式』のデモプレイがお披露目! そちらのリポートはこちら

WA4_3512
WA4_3517
WA4_3521

バッツ4thフォーム 踊り子

ティナの4thフォーム モノトーンストライプ

シャントット4thフォーム ウェディングドレス

WA3_3624

■プレイヤーのデータの集計を披露

 1回戦後には、“DDFF プレイヤーズ アナリシス”と題して、スクウェア・エニックスメンバーズの『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』ユーザー約12万人のデータ12万9341のデータから下記のような報告がされた。

調査内容は 2011年5月18日時点

メンバーズ総プレイ時間
373万2549時間59分02秒

いちばん遊んでいる人のプレイ時間
1606時間18分52秒(不眠不休で2ヵ月ほど遊んだ計算)

メンバーズ総バトル回数
 5億6191万4066回 

使用されているキャラ ワースト3!
29位 シャントット 2.52%
30位 アルティミシア 1.53%
31位 暗闇の雲 1.46%

使用されているキャラ ベスト3
1位 ウォーリア・オブ・ライト 16.18%
2位 クラウド 14.76%
3位 ライトニング 10.88%

使用されているアシストキャラ ワースト3

30位  エクスデス 0.77%
31位 ケフカ 0.73%
32位 皇帝 0.09%

使用されているアシストキャラ ベスト3
エアリス 6.05%
2位 セフィロス 5.19%
3位 ジェクト 5.15%

WA4_3385
WA4_3405
WA4_3413
WA4_3418
WA4_3421
WA4_3429
WA4_3433
WA3_3234

▲実績をすべて取得しているは20名とわずか。これを見ると、いかにハードルが高いかがわかる。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『バイオハザード』誕生20周年記念セッションにて、最新作『バイオハザード7 レジデント イービル』の新情報がポロリ!?【コミコン 2016】

コミコン開催2日めには『バイオハザード』20周年を記念してのセッション“Resident Evil's 20th Anniversary”が行われた。

『ポケモンGO』ゆるプレイ日記 第1回(ヴァニラ近藤)

ファミ通でおなじみの面々による『ポケモンGO』プレイ日記。第1回。

【緊急調査】『ポケモンGO』に関するファミ通のアンケート調査にご協力ください!!

世界的な大ブームとなっている超人気ゲームアプリ『ポケモンGO』がいよいよ日本配信! というわけで、ファミ通では、本作に関するアンケート調査を実施します。

【ポケモンGO攻略】ポケモン育成に必要な“ほしのすな”と“アメ”の集めかた

ポケモンの強化や進化に必要なほしのすなやアメの入手方法や集めかたを解説。

『ソニック』シリーズの完全新作が明らかに! 3Dソニックが駆け抜ける“プロジェクトSonic 2017”の1作【コミコン 2016】

会期に合わせて、7月22日に『ソニック』シリーズ25周年記念イベント“Sonic 25th Anniversary Party”が開催。さらなるソニックの新作が明らかにされた。

『ArcheAge』新種族は変身可能! 愛に憎悪をセット! 2016年ロードマップが発表

2016年7月22日、ゲームオンはPC用MMPRPG『ArcheAge』においてプレスカンファレンスを実施し、2016年内に実装予定のコンテンツ概要を発表した。

【ポケモンGO攻略】効率よくポケモンを育成する“進化”と“強化”のポイント

『ポケモンGO』で、手に入れたポケモンを強化、進化させる方法を解説。

この夏はあの冒険を“体感”しよう! 号泣必至の“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”観覧リポート

『ドラゴンクエスト』の世界に飛び込んだかのような体験が楽しめる“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”が開幕! さっそく観覧リポート&主要キャストによる記者会見の模様をお届け!

『Sonic Mania』が発表、完全新作となる2DソニックがPS4、Xbox One、PCでリリース決定【コミコン 2016】

会期に合わせて、7月22日に『ソニック』シリーズ25周年記念イベント“Sonic 25th Anniversary Party”が開催。同イベントにて、『ソニック』シリーズの最新作『Sonic Mania』が発表された。