『NO MORE HEROES RED ZONE Edition』超先行ブロガー体験会Zが開催

ゲーム プレイステーション3
マーベラスエンターテイメントは2011年5月15日、プレイステーション3用ソフト『NO MORE HEROES RED ZONE Edition(ノーモア★ヒーローズ レッドゾーン エディション)』の“超先行ブロガー体験会Z”を開催した。

●ローディング時間は前作の半分以下に

 マーベラスエンターテイメントは2011年5月15日、プレイステーション3用ソフト『NO MORE HEROES RED ZONE Edition(ノーモア★ヒーローズ レッドゾーン エディション)』(2011年7月21日発売予定、開発AQインタラクティブ)の“超先行ブロガー体験会Z”を開催した。

DSCF3745
DSCF3751
DSCF3753

 CEROのD指定で発売されていたプレイステーション3版『ノーモア★ヒーローズ』に、過激演出と新要素を追加して、Z指定版となって再登場する本作。そのほかにも、“PS Moveモーションコントローラ”への対応、『ノーモア★ヒーローズ2 デスパレート ストラグル』から5人のボスキャラ参戦、新規ミニゲームの収録など、さまざまな面がパワーアップしている。今回の体験会はそれらの要素を、抽選で選ばれたブロガーたちにいち早くお披露目し、自身のブログを通じてファンに伝えてもらおうというもの。午前と午後の2回実施され、ブロガーは各回5人ずつ出席。ゲームの冒頭から約2時間ぶっ続けでプレイすることができた。操作形態は通常のコントローラーと“PS Moveモーションコントローラ”の両方を用意。それぞれの操作方法を確かめるようにしてプレイする姿が印象的だった。

DSCF3748
DSCF3750

 体験会の途中では、プロモーション担当による新要素のプレゼンタイムも設けられていた。まず紹介されたのは新たに収録されるふたつのミニゲーム“人間ボーリング”と“殺戮満員電車”。前者はWii版のときからアイデアはあったものの、いろいろな事情があって実現できなかった、といういわくつき(?)のミニゲームとなっている。内容は人間をピンに見立てて、主人公“トラヴィス”が運転するバイクで倒すというもの。人間をピンにだなんて残酷! などと思うなかれ。彼らは究極のマゾヒストであり、轢かれることによって快感を得ているのだ。人助けをする気分でプレイしてあげよう。もうひとつの“殺戮満員電車”は名前がすべてを物語っているミニゲーム。電車車両にいるターゲットたちを、いかにす速く殺戮できるかを競うのだ。乗車率は120%くらいといった印象で、ビームカタナでバサバサと斬っていく爽快感はかなりのもの。ストレスを発散したいときに遊ぶのもいいだろう。

DSCF3763
DSCF3770

 プレゼンでは『2』のボスキャラと戦うまでの流も紹介された。『ノーモア★ヒーローズ』ではトイレがセーブポイントとなっているのだが、一定条件を満たすとこのトイレ内で居眠りすることが可能になる。そして目を覚ますとそこには『2』のボスキャラが……といった具合に、夢の中で戦う設定なのだ。戦うフィールドは全ボス共通だが、フィールド内の各種仕掛けなどは個別に用意。これによって、『2』とほぼ同じ環境下でバトルを楽しむことができるのだ。ちなみに、『2』のボスキャラたちの能力はかなり高め。夢の中では負けてもゲームオーバーにはならないので、玉砕を恐れずに積極的に挑戦していきたいところだ。

DSCF3775
DSCF3779

 そのほかQ&Aタイムも設けられ、ブロガーたちの質問にプロモーション担当が回答。この中で、ローディングについての質問が飛び出した。と言うのも、『NO MORE HEROES 英雄たちの楽園』ではローディングの長さおよび頻度に関して、ユーザーから不満が出ていたのである。プロモーション担当によれば今回は「平均して半分以下」のローディング時間を実現し、さらに場面によってはローディングの挿入自体を廃しているという。ブロガーからの質問も「ローディングが短くなりましたよね?」という確認に近いもので、前作との違いはプレイしていてハッキリとわかるレベルのようだ。

 なお、出席したブロガーたちによる体験リポートなどは2011年5月22日までを目処に掲載されていくそうなので、興味がある人は探してチェックしてみてはいかがだろうか。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

みんなのアニキ・竹内力氏がニコ生でも大暴れ! 『龍が如く0 誓いの場所』の体験会リポート その(2)

2014年12月22日、大阪・道頓堀のとんぼりリバーウォークにて、『龍が如く0 誓いの場所』(以下、『龍0』)のスペシャル体験イベントが開催された。当日は試遊台のプレイのみならず、スペシャルゲストで『龍0』で阿波野大樹を演じる人気タレント、竹内力氏が登場。イベント参加者との撮影会、さらにニコニコ生放送の“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”の出演も果たした。以下では、その模様をお伝えする。

【新作】タイプ? 何それ? 前衛も後衛もこなしてなんぼのRPG『プリンセスラッシュ』Android版先行配信

Android版がリリースされたばかりのRPG『プリンセスラッシュ』をプレイしたので、感想も添えつつ、本作のゲームの流れや魅力をお届けする。

『モンスターハンター』プレイまんが“モンでき。” 『MH4G』第16回

『モンスターハンター4G』プレイまんが第16回。超えられるか、ウカムルバス!

【ホリ伝説ドットコム第21回】4期TOPANGA Aリーグ応援感謝!激闘プレイバック【sako回】

ホリの製品を一歩踏み込んで紹介するブログ。今回はチームホリのプロゲーマーsako選手が登場し、TOPANGA Aリーグを振り返ります。

『新生FFXIV』「音の“静と動”」ファンフェス2日間のスペシャルライブをリポート 〜エンディングでは吉Pも涙

2014年12月20日から21日の2日間、東京ビッグサイトで行われた“ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル 2014”。本稿では、両日のラストに行われたスペシャルライブをリポートする。

みんなのアニキ・竹内力も登場! 『龍が如く0 誓いの場所』大阪体験会リポートその(1)

2014年12月22日、大阪・道頓堀のとんぼりウォークにて、『龍が如く0 誓いの場所』のスペシャル体験イベントが開催された。その場には、本作の出演者である竹内力氏も登場!

“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition/真島吾朗 Edition”がソニーストア限定で発売決定 アナタはどちらを選ぶ?

『龍が如く0 誓いの場所』のプレイステーション4版の発売を記念して、“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition”と、“PlayStation 4 龍が如く0 真島吾朗 Edition”が、ソニーストア限定で発売されることになった!

【先出し週刊ファミ通】あなたの1票が2014年のナンバーワンのゲームを決める! “ファミ通アワード2014”ただいま投票受付中!(2014年12月25日発売号)

2015年12月15日発売の週刊ファミ通で、2014年のナンバーワンのゲームを決める“ファミ通アワード2014”の投票を受付中!

【話題】新オフィスとその周辺

本日(2014年12月22日)公開された記事の中で、とくに話題の記事をコメントとともにまとめてご紹介します。

今回のプレゼントは……? 原由実さん5thシングル『Crossover』発売記念握手会&お渡し会リポート

2014年11月23日に5thシングル『Crossover』の発売を記念して行われた、原由実さんの握手会&お渡し会の模様をリポート。



もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS