『パイロットウイングス リゾート』プレイインプレッション

ニンテンドー3DS インプレッション
2011年4月14日にいよいよ発売されたニンテンドー3DS用ソフト『パイロットウイングス リゾート』。南国の島“ウーフーアイランド”では、どのような体験ができるのか気になっている人のために、週刊ファミ通編集部のででおがプレイインプレッションをお届けする。

●『パイロットウイングス リゾート』プレイインプレッション

 2011年4月14日にいよいよ発売されたニンテンドー3DS用ソフト『パイロットウイングス リゾート』。南国の島“ウーフーアイランド”では、どのような体験ができるのか気になっている人のために、週刊ファミ通編集部のででおがプレイインプレッションをお届けする。

●誰もが持ったことのある夢を叶えてくれるソフト

 「大空を自由に飛びたいな」。……子どものころに、そんな願いを持ったことのある人はいませんか? マンガの世界なら、猫型のロボットがすぐに叶えてくれますが、現実にはそうはいきません。空を飛ぶ乗り物は現実に存在するけれど、免許を取得するにはたくさんのお金と時間が必要となります。このことに気付いた人のほとんどは、夢をあきらめてしまったことでしょう。しかし、疑似的になら、アナタの夢が叶いますよ! そう、『パイロットウイングス リゾート』なら、空を飛んだ気分にさせてくれるのです!

●やり込み要素満点のミッションフライト

 プレイを開始すると、“ミッションフライト”と“フリーフライト”という、ふたつのモードを選択できます。これらはどちらも最初から選べますが、僕はまず操作に慣れるためにミッションフライトのクラス“トレーニング”を選択しました。ミッションフライトは、さまざまな競技に挑戦し、ハイスコアにチャレンジするというものです。

01

トレーニングは最初のクラスだけあり、一直線に並べられたリングをくぐったり、指定の場所へ着地するだけといった簡単なものばかり。「これなら楽勝だな〜」と、つぎつぎと競技をクリアーしていくと、ふたつ目のクラス“ブロンズ”がオープンになりました。じつは、各種目は点数に応じて★マークが最大3個まで表示され、★を多く獲得するとつぎのクラスに挑戦できる仕組みになっているのです。とにかく、ブロンズの種目に挑戦!

02

ブロンズは、飛行機で島を1周したり、ロケットベルトで橋の下をくぐり抜けるなど、手強いクラスが待ち受けていました。トレーニングはほとんど満点でクリアーできていたので、こっちも楽勝だろうと気楽に考えていたのですが、地形に激突したり、着地に失敗したりと、散々な結果に。どの種目も★が1〜2個止まりで、つぎのコース“シルバー”はオープンにならず……。うーん、くやしい! こうなったら、全種目を星3個で埋め尽くすまでやり込んでやる!!

●多彩な遊びかたが用意されているフリーフライト

 今度はフリーフライトにチャレンジ。こちらのモードは、好きな乗り物に乗って一定時間自由に飛べる、という内容ですが、単なるフリーフライトではありません。島内には、集めることで制限時間が伸びる“白風船”や、観光スポットの解説を読める“iリング”など、多くのアイテムが配置されています。アイテムは、橋の下や林の中などに配置されている場合もあり、収集欲がそそられました。

03

アイテムの中には、特定の乗り物に乗った場合にのみ出現するアイテムもあります。たとえば、飛行機に乗ると、Miiの顔が中央に描かれた“スタントリング”が登場。この顔は横向きのものや回転しているものなどがあり、Miiの向きに合わせてくぐり抜けると取得できるという仕組み。顔が回転しているスタントリングを取るには、機体をロール(横回転)させながらリングをくぐり抜ける必要があります。このリングを集めていけば、自然にアクロバティックな操縦テクニックが身に付くかも!?

●何よりも“飛ぶ”ことが楽しい!

 どのモードやどの乗り物をメインに楽しむかは人それぞれですが、“実際に空を飛んでいる感覚が得られる”ことが本作の最大の魅力だと思います。実際の飛行機やハンググライダーなどと違って、誰もがすぐに飛び立てるという、お手軽感もイイですね。そうそう、3D立体視による臨場感もスゴイんですよ! 画面写真では3D立体視による迫力は残念ながらお伝えできませんが、ぜひプレイして確かめてみてください。

■筆者紹介 ででお

週刊ファミ通編集部の編集者。翼の付いている乗り物は何でも好む。子どものころの夢は“パイロットになること”だったとか。いちばん好きな乗り物はハンググライダー。

パイロットウイングス リゾート
メーカー 任天堂
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 4月14日発売
価格 4800円[税込]
ジャンル アクション / スポーツ
備考
(C)2011 Nintendo ※ニンテンドー3DSの3D映像は、同本体でしか見ることができません。画面写真は2D表示のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

国内配信の遅さは計画通りだった!? 『ポケモンGO』開発者が明かす“リリースまでの歩み”

『ポケモンGO』を手掛けるナイアンティックとポケモン両社のキーマンに制作秘話とこれからの展望を聞いた 

リオ競泳メダリストの松田丈志さんが“東京ジョイポリスVR大使”に就任! VRアトラクションの魅力を伝えるイベントを開催

セガ・ライブクリエイションが運営する東京・台場の屋内型テーマパーク、東京ジョイポリスにて、セガサミーグループ所属のリオ競泳メダリスト・松田丈志さんが、“東京ジョイポリスVR大使”に就任。2016年9月27日に、VRアトラクションの楽しさを伝えるイベントが開催された。

【先出し週刊ファミ通】『モンスターハンター ストーリーズ』発売直前! 南国風の“クプニ村”をチェック!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、 いよいよ発売が目前に迫った『モンスターハンター ストーリーズ』の最新情報をボリューム増の8ページのお届け。

『ファイナルファンタジーXIV』Patch 3.4“魂を継ぐ者”が公開 “ダブルクロスホットバー”機能などが追加

スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』において、大型アップデートとなるPatch3.4“魂を継ぐ者(Soul Surrender)”を公開開始した。

【先出し週刊ファミ通】『RPGツクール フェス』自分だけの冒険を作って配信しよう!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、『RPGツクール フェス』の最新情報をお届け。

【先出し週刊ファミ通】東京ゲームショウ2016来場者の期待作は? よかったブースは? TGS来場者に聞く、“ゲームファン意識調査”特集(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、特集“東京ゲームショウ2016来場者に訊いた! ゲームファン意識調査”をお届け! 

週刊ファミ通の誌面企画用にプレイステーション VR(PS VR)を体験してくれる方を募集!

週刊ファミ通2016年10月27日号(2016年10月13日発売)でプレイステーション VR発売記念特集を掲載予定。この特集記事の中で、老若男女さまざまな世代のユーザーの皆さんにプレイステーション VRを実際に体験していただき、その感想コメントとお写真を掲載させていただく企画を行います。こちらの企画にご協力いただける方を募集!

『大航海時代 Online』がYahoo!ゲームでサービス開始! 初回半額キャンペーンも

コーエーテクモゲームスは、サービス中の海洋冒険オンラインRPG『大航海時代 Online』について、ヤフーが運営するオンラインゲームサービス“Yahoo!ゲーム”にて、2016年9月27日よりWindows版のサービスを開始したことを発表した。

【先出し週刊ファミ通】『ニューダンガンロンパV3』発売日&狛枝主役(?)のアニメ付き限定版発売決定。『V3』登場人物の才能&名前を公開!(2016年9月27日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』のキャラクターが持つ超高校級の才能と、彼らの名前を一挙公開!

【先出し週刊ファミ通】『グランブルーファンタジー』連載第4回は『アイドルマスター シンデレラガールズ』とのコラボを特集(2016年9月29日発売号)

PCやスマートフォンで遊べる本格ファンタジーRPG『グランブルーファンタジー』。週刊ファミ通にて月イチで連載している“『グランブルーファンタジー』情報局 グラ通”の第4回が、週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)に掲載される。