【動画あり】カプコンが放つ完全新作アクション『ドラゴンズ ドグマ』電撃発表【CAPTIVATE 2011】

プレイステーション3 Xbox 360 ゲーム インタビュー
カプコンのプライベートイベント“CAPTIVATE 2011”で、カプコン初のオープンワールドとなる新作アクションゲーム『ドラゴンズ ドグマ』が電撃発表!

●これがカプコンの本気! アクションゲームの集大成となる作品

 2011年4月6日〜7日、アメリカ有数のリゾート地・マイアミで、カプコンのプライベートイベント“CAPTIVATE 2011”が開催された。カプコンが毎年行っているこのイベントでは、欧米のメディア向けに数々の新作タイトルのプレゼンテーションが実施される。全世界をターゲットにタイトルを開発しているカプコンならではの本イベントに、ファミ通.comが日本のメディアとして単独取材を敢行! その模様をリポートする。

▲小林プロデューサー(左)と伊津野ディレクター(右)。

 本イベントのオープニングで電撃発表されたプレイステーション3・Xbox 360用完全オリジナルタイトル『ドラゴンズ ドグマ』。プレゼンテーションには、小林裕幸プロデューサーと伊津野英昭ディレクターのふたりが登壇し、本作の特徴である“ポーン”と呼ばれるNPCについてや、“つかむ”というアクションについての説明が行われた。

「『ドラゴンズ ドグマ』は、剣と魔法のあるハイファンタジー。プレイヤーが大きなフィールド――オープンワールドで冒険できるアクションゲームです」(小林)

「本作は、私が中学生の頃から夢に描いていたゲームです。現代の向上した技術のおかげで、やっと作ることができました。アクションゲーム作りに秀でた、最高にとんがったスタッフを集めることができましたので、ご注目ください」(伊津野)

 剣、魔法、ドラゴンと、これでもかというぐらいファンタジーを詰め込んだ本作。「物語は、何十年かぶりにドラゴンが復活し、田舎の漁師町を襲うところから始まります。その町にいた主人公は、ドラゴンに選ばれ、心臓を奪われてしまうんです。その後、「心臓を返してほしければ自分のもとへ来い」と、ドラゴンが自分に語りかける声が聞こえるようになります。なぜドラゴンは復活したのか? なぜ主人公は選ばれたのか? ということを探るのが冒険の目的です。ちなみに、“ドグマ”というのは、“教え、考え”という意味です」(伊津野)

 ここで、トレーラーでも目を引いた巨大な敵・グリフィンとのバトルのデモプレイが行われることに。本作では、攻撃に秀でたファイター、魔法に秀でたメイジ、身軽さが特徴のストライダーという3つのクラスが選べる(外見や性別も選択可能)が、ここではストライダーでのプレイが披露された。バトルは最大4人パーティーで、主人公以外の3人(“ポーン”と呼ばれる)はAIで動くようになっている。主人公は、GO、HELP、COMEという3つの命令を彼らに出すことができるのだ。ポーンは非常によく喋り、時に協力を要請してくることもある。また、敵に関する情報を持っているポーンがいれば、有効な攻撃法を教えてくれるという。

 また、思うがままのプレイを可能にする“つかむ”アクションについても解説が。このアクションを使えば、小さな敵は羽交い絞めにすることができ、グリフィンのような大きな敵にはしがみつくことができる。もちろん、しがみついたまま移動や攻撃も可能。「これまでの巨大ボスと戦うゲームでは、足元に集って攻撃することしかできませんでしたが、つかめることにより、プレイヤーの望むとおりに攻撃できるようになります」(伊津野)とのことだ。

 このほか、200人以上のNPCが独自の行動テーブルを持って生活している巨大な街(住民とはフルボイスでの会話が可能だとか)や、再生する多数の首(もちろんしがみつける)を持つモンスター・ハイドラとのバトルの映像が公開。これでも、圧倒的なスケールのほんの一部だというのだから驚きだ。また、メディアとの質疑応答では、まったく新しい形でのマルチプレイ要素を用意していることや、プレイ時間は普通に遊べば約30時間、やり込み要素を含めれば100時間であること、レベルアップのシステムがあることなどが明らかに。今後の続報に期待したい!

「本作はカプコン ジャパンの最大数のスタッフで制作しています。それだけでも本気なのがわかっていただけると思います。構想3年、作り始めて2年。やっとこの場で発表できてうれしいです。どうぞよろしくお願いします」(伊津野)

「『ドラゴンズ ドグマ』を発表できて本当にうれしく思います。伊津野と僕は、『デビル メイ クライ4』を作った後、「何を作っているのだろう?」と思われていたと思いますが、じつはこんなすごいゲームを着々と作っていたんです。伊津野が「こういうゲームを作ろう」と最初に言ったとき、最初は「本当にやるの?」と思ったのですが(笑)、本気なのだとわかり、いっしょにがんばろうと決意してここまで来ました。今回のプレゼンでお見せしたのは、本作のほんの一部です。発売の2012年初頭まで、本作の魅力をどんどん出していきますのでご注目ください!」(小林)

●とにかくダイナミックなグリフィン戦を体験!

 このグリフィン戦については、別室に置かれていた試遊台で実際にプレイすることができたため、記者もさっそく触ってきた。

 ゲームは広大な草原からスタート。まずは目の前にいるゴブリンの群れを退治しながら操作を覚えることに。弓とダガーを駆使しながら戦っていると、グリフィンが襲来! そのスケール感に驚きつつも攻撃を開始。

 ここで驚いたのは、とにかく仲間であるポーンがよく喋り、よく助けてくれるということ。攻撃のチャンスを教えてくれたり、主人公の武器に炎の魔法をかけてくれたり、グリフィンにつかまれるようにぶん投げてくれたりする。また、ピンチになったら“HELP”で助けを求めれば、メイジが回復魔法を使ってくれるので、アクションが上手とはいえない記者も安心して戦えた。

 また、醍醐味である“つかむ”も体験。うっかり間違えて、ポーンを担ぎあげてしまったりもしたが、無事にグリフィンの前足にしがみつくことに成功。そのまま攻撃したり、よじのぼってグリフィンの頭のほうに行くこともできる。ただ、空を飛んだ気持ちになって調子にのっていると、振り落とされてダメージを食らうので要注意だ。(実際、記者は落下し、あやうく死にかけた)

 その後、ポーンの協力もあり、無事に討伐に成功。グリフィンが力尽き、炎に包まれて落ちたときの達成感は格別だった。ほかにはどんな敵と戦うことができるのか、楽しみにしながら続報を待ちたいと思う。

●小林プロデューサー、伊津野ディレクターにインタビュー!

――ついに『ドラゴンズ ドグマ』が発表されましたが、海外メディアの反応などを見てどう思われましたか?
伊津野 おおむねよかったと思います。日本のユーザーの皆さんには嫌われないだろうということは、僕らも日本人なのでわかっていたのですが、海外の皆さんの反応は予想できなかったので、好評でよかったですね。ただ、日本人がファンタジーを作るということが不思議がられていたのは意外でした。昔からカプコンはファンタジーのゲームを作っていたんですけど。

小林 本当はもっと前に発表したかったのですが、なかなかできなかったので、ついに発表できてよかったです。

伊津野 僕、今日の朝は涙が出てきましたもん(笑)。やっと発表できるんだ、って。

――海外を意識して作られているんでしょうか?
小林 海外向け、というわけではなく、世界中の人が遊べるアクションゲームを作りたいと思って作っています。

伊津野 ユーザーさんに嫌われるような要素は、できるかぎり排除するようにはしています。ただ、海外向けとか、日本向けというのは意識していませんね。

――今回は試遊台も設置されていますが、実際に海外メディアの皆さんがプレイされているのを見てどう思いましたか?
伊津野 うまい人はサクっとグリフィンを倒してましたね。

小林 ポーンがアドバイスしてくれるのですぐにわかったようですね。

――試遊版のバランスは少し甘めにしていた?
伊津野 ええと、誤解されているようですが、僕らは『デビル メイ クライ』を作っていたからといって、難しいゲームを作っているわけではありません(笑)。良質なアクションゲームを作りたいと思って作っています。

小林 ファンタジーが好きなんだけども、アクションが苦手という人でも楽しめるようにはしています。ポーンが敵に関する情報を持っていて助けてくれたりとか、仲間のポーンのレベルが上がっていて頼りになったりとか。とにかく間口はすごく広くしていますよ。

――ポーンがよく喋ってよく助けてくれるので、驚きました。ポーンはそれぞれ個性があって、ボイスも違うんですよね?
小林 はい、そうです。ポーンはすごく苦労して動かしているんです。それぞれに特徴を持たせ、どうやってプレイヤーを助けるか、などを細かく設定しています。

伊津野 AIにはかなり力を入れて、本格的に作っています。

――基本的にはポーンがいるシングルプレイが前提で、その先にマルチプレイが?
小林 まだあまり言えないのですが……。今回のグリフィン戦についていえば、ストライダーの主人公に対し、ファイター・メイジ・ストライダーのポーンがいかに助けてくれるかという遊びを体験できるようにしていました。ですが、違うバトルでは、違うパーティで遊ぶことができるし、それによって違う体験ができます。

伊津野 同じ敵相手でも、以前と違う倒し方を覚えてきたポーンとパーティを組むと、また違う戦いかたができるようになっています。グリフィン戦でも、今回のメイジは炎の魔法を覚えていましたが、別の魔法を覚えている場合は戦いかたが変わってきます。また、ポーンといっしょにグリフィンに飛びつけば、魔法の力を借りずともグリフィンを落とすことができます。

――本作はアクションゲームという位置づけなのでしょうか。RPG要素もあるようですが。
小林 何を持ってRPGというのか、というのは人によって違うと思うんです。レベルアップの要素や、クエストをこなしていったりという要素をRPGと呼ぶのなら、その要素は入っています。

伊津野 ファンタジーの世界で、主人公が自由に行動するゲームを作ろうと思って、それがいまの形になったので。ジャンルを意識してはいないんです。

小林 ただ、ある程度の区分けがないとわかりにくいと思いますので、アクションゲームと言っているだけなんです。僕らがいちばん伝えたいと思う部分が“アクション”だったので。当然RPGの要素も入っています。

――注目ポイントとメッセージをお願いします。
小林 今回はアクションの部分に絞ってご紹介したので、ストーリーはどうなのか、とか、ポーンは何者なのか、トレーラーで出てきた人物はだれなのか、という点についてはこれから情報を出していきます。本当に本作は要素がもりだくさんで、これはまとまるのかという不安が出るぐらい(笑)、すごい作品なんです。応援してください。

伊津野 これからどんどん情報がでてくると、「あれもできるの、これもできるの!?」という状況になるはずです。ご期待ください。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【朝刊】祝1500万DL&単行本発売!

昨日(2014年10月24日)のニュースをまとめておさらい。新作アプリ情報やアップデート情報に加え、チェックしておきたいさまざまなニュースを、まとめてご紹介します。

【第113回】原由実の○○ラジオ:今日は歌をいっぱい歌う日

人気声優・原由実さんのWebラジオ『はらまる』。第113回の配信をお届けします。

【ドラポ部】部長×うすいのズッコケ実況プレイ動画#03“亡霊の森の魔女 真・竜王級”編

ドラポ部部長とノーペアうすいの実況プレイ動画。今回はやはり登場した“亡霊の森の魔女”の真・竜王級に挑戦します。

【ドラポ部】ノーペアうすいのデッキ相談室#19 亡霊の森の魔女・竜級

『ドラポ』運営に太いパイプを持つというノーペアうすいによるデッキ相談室。第19回のテーマは、亡霊の森の魔女・竜級。

【ポコロンダンジョンズ攻略】“妖艶魔女降臨!”ハロウィンウィッチ(超上級)

『ポコロンダンジョンズ』で2014年10月24日から開催されている、新高難度降臨イベント“妖艶魔女降臨!”。

ことば発見RPG『ことこと』攻略のススメ〜初級入門編〜 ユニット選びはこれでバッチリ!

フィールズとフューチャースコープが手掛けることば発見RPG『ことこと-ラセツとコトダマの国-』。バトルで重要なユニット編成における、武器や式神の選びかたについてお届け。

【これ、知ってる?】マックスむらいVS大塚角満 ニコ生カートGPの裏側

2014年10月14日にニコニコチャンネル“マックスむらい部”で放送された“マックスむらいカートGP in ハーバーサーキット千葉”の裏側をお届けしていきます!

【ホリ伝説ドットコム第15回】高密度・集中的に闘うためのトレーニング法を公開!【sako回】

ホリの商品を一歩踏み込んで紹介するブログ。今回はプロゲーマーsako氏のトレーニング方法に迫る。

『チェインクロニクルV』モノクマ襲来イベントが開催!

2014年10月24日より『チェインクロニクルV』で開催される“モノクマ襲来”イベント。ワラワラと襲いかかるモノクマを撃退し、豪華な報酬を手に入れろ!



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS