あの男が帰ってきた『デッドライジング2:オフ・ザ・レコード』【CAPTIVATE 2011】

ゲーム Xbox 360 プレイステーション3 PC インタビュー
カプコンのプライベートイベント“CAPTIVATE 2011”で、人気シリーズの最新作『デッドライジング2:オフ・ザ・レコード』が発表された。

●ファンのための新作『デッドライジング2:オフ・ザ・レコード

 2011年4月6日〜7日、アメリカ有数のリゾート地・マイアミで、カプコンのプライベートイベント“CAPTIVATE 2011”が開催された。カプコンが毎年行っているこのイベントでは、欧米のメディア向けに数々の新作タイトルのプレゼンテーションが実施される。全世界をターゲットにタイトルを開発しているカプコンならではの本イベントに、ファミ通.comが日本のメディアとして単独取材を慣行! その模様をリポートする。

 CAPTIVATE2日目の朝、海外メディア全員の前で公開された映像。最初に画面に映し出された男、フランク・ウエストを見て、「これは『デッドライジング2:CASE WEST』(Xbox 360用ダウンロードコンテンツ。フランクが登場)の続編か?」とささやく人もいたが……発表されたのは、なんと「もしフランクが『デッドライジング2』の舞台フォーチュン・シティにいたら?」という、ファンも驚くシチュエーションを実現した新作だったのだ!

 このPS3、Xbox 360、PC用ソフト『デッドライジング2:オフ・ザ・レコード』プレゼンテーションを行ったのは、『デッドライジング2』を開発したカプコン バンクーバースタジオのプロデューサー、ジェイソン・リー氏。本作の開発の経緯について、「多くのユーザーからの「フランクはどこにいった?」という声に応じるため」と解説。既存の枠にとらわれない『デッドライジング』シリーズであれば、フランクをフォーチュン・シティで活躍させることができる、と考えたそうだ。

 ここでリー氏が公開したのは、“ゾンビプロレス”のデモプレイ。悪趣味なテレビ番組“テラー・イズ・リアリティ”の競技として行われるゾンビプロレス。ゾンビ化を抑制する薬“ゾンブレックス”を買うお金を得るため、フランクは参加するのだ。映像では、プロレスラーの衣装に身を包んだフランクが映し出され、彼がゾンビを倒すごとに賞金が加算されていく様が確認できた。

 また、主人公がジャーナリストであるフランクということで、『デッドライジング』で好評だった、カメラを使ったシステムも復活。重要キャラクター・TKが何やら企んでいるところをフランクが撮影している場面が公開され、リー氏が詳細を解説。証拠品や重要人物、そのほか周囲にちりばめられた面白おかしいオブジェなど(被写体は“SPECIAL”、“HORROR”、“EROTICA”などの豊富なカテゴリーに分類される)を撮影すればPP(経験値に相当)を得られるのだ。写真を撮った後のフランクのコメントも、かなりのバリエーションが用意されているようだ。さらに、『2』の主人公チャックの娘・ケイティーのバッグを撮影する場面もあったが、これはどういうことなのか……!?

 「ファンの声をかなり反映した」という本作では、前作からさまざまな改良がされていることも明らかに。ゾンビの密度アップ、ロード時間の短縮、アクションや武器・サイコパスの種類の追加、リトライが可能な“チェックポイント”などの実装だ。このほかにも、まだまだ隠されている要素はあるようで、リー氏によれば「モールでもカジノでもない、新しいエリアが登場します。また、シリーズ1作目『デッドライジング』の頃から熱望されていたモードをついに実装します」とのこと。どんなモードなのか、予想しながら発表を待とう!

●リー氏にインタビュー!

――ファンの声に応えるためフランクを主人公にしたということですが、『CASE WEST』の反響も影響しているのでしょうか?
リー 『2』の主人公であるチャック・グリーンのキャラクターも立っていたのですが、ユーザーの方からは、フランクを望む声が非常に多かったんです。『CASE WEST』が出る前に、すでに本作の開発は決まっていたのですが、『CASE WEST』が好評でしたので、この方向性で間違っていなかった、と確信することができました。

――今回のスト―リーは、『2』のパラレルワールドなのでしょうか?
リー はい。「チャックが行動している裏にフランクがいた」というストーリーではなく、「チャックがフランクだったら?」というストーリーが展開します。ただ、前作の世界とまったく無関係というわけではありません。それは続報にご期待ください。

――ゾンビプロレスには驚かされました。
リー フランクには、チャックのようにバイクを乗り回す技術はありません。ではフランクといえば何かというと、格闘だろうと。それから、おもしろ半分でゾンビにプロレス衣装を着せるなどして開発を進め、いまの形になりました。

――ゾンビプロレスに出ることは、フランクの本意ではないんですよね。
リー はい。かつて有名人だったフランクですが、いまは忘れられてしまい、お金もなくなってしまいました。そこで、感染者であるフランクはゾンブレックスを手に入れるためにもお金が必要なことと、「また有名になれるのでは」という思いから出場するんです。

――1作目の『デッドライジング』から5年の時を経てどのようにフランクが変わったのかが描かれているのですね。
リー そうですね、少しおでこが広くなっていますが、パワフルさはまだ衰えていません。

――カメラの機能が復活しましたが、注目してもらいたいポイントは?
リー “DRAMA”や“EROTICA”など多数のカテゴリーを用意しています。フォーチュン・シティは歓楽街。写真を撮れるチャンスが豊富なので、いろいろ撮って遊んでみてほしいですね。

――今回も72時間という時間制限があるのでしょうか?
リー はい、前作同様、72時間の中で行動することになります。

――最後にメッセージをお願いします。
リー 現在、開発チームは情熱を持って本作を作っています。フランク・ウエストとフォーチュン・シティという、ひねりの効いた組み合わせのゲームを作れることに熱中しています。ご期待ください。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【BRZRKのうるせー洋ゲーこれをやれ】最凶銃乱射ゲーム『Postal』がリマスターになって復活! したけど……。

お脳がアレな男が街中で銃乱射するゲーム『Postal』がリマスター版『Postal Redux』となって復活! 少し綺麗に、遊びやすくなった……が、しっくりこないふたりがクロストーク。

アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE(クロスビーツレヴ サンライズ)』の稼動記念イベント開催! 多くのゲストとファンが駆けつけた

2016年5月21日に行われた、アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE』の稼動記念イベントの模様をリポートする。

【先出し週刊ファミ通】『オーバーウォッチ』21人のヒーローのワンポイントレッスンをお届け(2016年5月26日発売号)

世界同時発売&サービスが開始されたオンライン専用のチーム対戦型アクションシューティング『オーバーウォッチ』。21人のヒーローの特徴をわかりやすく解説。

『オーバーウォッチ』コミュニティページ公開! 発売記念キャンペーンも実施

スクウェア・エニックスは、米国ブリザード・エンターテインメント社が制作し、本日発売日を迎えた『オーバーウォッチ』日本語版の公式ホームページにて、コミュニティページを公開。また、同ページにて発売記念キャンペーンを実施する。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で、『プロ野球 ファミスタ リターンズ』と『モンスターハンター フロンティアG』のお役立ちアイテムをお届け!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『オーバーウォッチ』がついに全世界同時発売! 本日20時から急遽ニコニコ生放送を実施【ファミ通EE】

ブリザード・エンターテイメント社のチーム対戦型シューター『オーバーウォッチ』(PS4向け日本語吹替版はスクウェア・エニックスが発売)が本日(2016年5月24日)全世界同時発売! 本日20時からはニコニコ生放送、YouTubeのスクウェア・エニックスチャンネルでライブ配信も行われる。

【先出し週刊ファミ通】ビビも登場!『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の世界をおびやかすバハムート軍とは?(2016年5月26日発売号)

グリモワルと呼ばれる世界を冒険する『ワールド オブ ファイナルファンタジー』。さまざまな『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターが参戦する本作に、『IX』よりビビが登場! また、主人公たちの前に立ちはだかるバハムート軍の情報もお伝えしよう。 

『ドラゴンクエストX』中国でのサービスが決定、日本サーバーとは別でサービス予定

スクウェア・エニックスよりサービス中のオンラインRPG『ドラゴンクエストX オンライン』について、中国でのサービスが決定したことが発表された。

【先出し週刊ファミ通】『クラシックダンジョン 戦国』で有名武将と探索しよう!(2016年5月26日発売号)

ドット絵のグラフィックとレトロなサウンドが特徴の『クラシックダンジョン』シリーズ。最新作の序盤のポイントをチェックしよう。

【先出し週刊ファミ通】編集者が選ぶ思い出のゲーム 第3弾はここ10年に出たハードから!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)では、ファミ通30周年企画がスタート。編集者が選ぶ思い出のゲームを紹介します。