2010年度国内ゲーム市場規模は約4726億円――PSPがDSを、PS3がWiiを初めて上回る

ゲーム
エンターブレインは2011年4月1日、2010年度の国内家庭用ゲーム市場規模の速報を発表した。

●もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト

 エンターブレインは2011年4月1日、2010年度の国内家庭用ゲーム市場規模の速報を発表した。集計期間は2010年3月29日〜2011年3月27日までで、全体で4726億円という規模に。内訳はハード市場が1706億8000万円、ソフト市場が3019億2000万円となっている。昨年度と比較して、ともに縮小という結果になった。

【市場規模比較】(2009年度の集計期間は2009年3月30日〜2010年3月28日)
2010年度(52週)
ハード:1706億8000万円(前年比79.0%)
ソフト:3019億2000万円(前年比90.7%)
合計:4726億円(前年比86.1%)

2009年度(52週)
ハード:2161億8000万円
ソフト:3328億9000万円
合計:5490億7000万円

080821k

 2010年度もっとも売れたハードはPSPで、264万499台。つぎに売れたのはニンテンドーDSで252万3142台となっている。2月26日に国内発売された新型ケータイゲーム機のニンテンドー3DSは、約1ヵ月で80万1423台を売り上げた。据え置き機ではプレイステーション3が140万7126台でトップ。続いてWii、Xbox 360という並びになっている。

 なお、年度の集計でPSPがニンテンドーDSを、プレイステーション3がWiiの販売台数を上回るのはともに初めてのこと。

【各ハードの販売台数】(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2011年3月27日)
ニンテンドーDS(※1)
推定販売台数:252万3142台(累計:3259万8870台)

ニンテンドー3DS
推定販売台数:80万1423台

PSP(※2)
推定販売台数:264万499台(累計:1686万7853台)

Wii
推定販売台数:139万7498台(累計:1153万4590台)

プレイステーション3
推定販売台数:140万7126台(累計:634万1950台)

Xbox 360
19万5563台(累計:144万8665台)

※1.ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Lite、ニンテンドーDSiおよびニンテンドーDSi LLの合計値です。
※2.プレイステーション・ポータブル、PSP goの合計値です。

 ソフトではポケモンのニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスターブラック・ホワイト』が514万9022本を販売してトップ。2位はカプコンのPSP用ソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』で、販売本数は437万2182本となっている。

DnRr55oN1Mx2cp62Qr2nnY9c4o7PE9L6
SJRL8gU89kcN2doS12ZyX6Nvw1GgcbeX

【2010年度ソフト販売本数TOP5】
1位 ポケットモンスターブラック・ホワイト
機種:ニンテンドーDS/メーカー:ポケモン/発売日:2010年9月18日
推定販売本数:514万9022本

2位 モンスターハンターポータブル 3rd
機種:PSP/メーカー:カプコン/発売日:2010年12月1日
推定販売本数:437万2182本

3位 Wii Party
機種:Wii/メーカー:任天堂/発売日:2010年7月8日
推定販売本数:182万6857本

4位 ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/発売日:2010年4月28日
推定販売本数:128万3423本

5位 スーパーマリオギャラクシー2
機種:Wii/メーカー:任天堂/発売日:2010年5月27日
推定販売本数:95万6853本

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ブレイブルー』ブログ“諜報部調査報告書”【第79回】を更新

アークシステムワークスの人気対戦格闘ゲーム『ブレイブルー』シリーズを扱うブログ。バング使いのファミ通編集者、豊泉三兄弟(次男)がお届けします。

『モンスターハンター フロンティアG』でしか楽しめない新武器種“穿龍棍”が間もなく登場! 【前編】

4月23日に実装される大型アップデート『GG』で追加される新たな武器種に“穿龍棍(せんりゅうこん)”を、あらためて解説する。

『ロストディメンション』豪華クリエイター陣を起用した完全新作RPGが登場

フリューは、週刊ファミ通2014年5月1日号(2014年4月17日発売)にて、PS Vita・プレイステーション3用ソフト『ロストディメンション』を発売することを発表した。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』アニメの名シーンを自分の手で追体験

バンダイナムコゲームスは、週刊ファミ通2014年5月1日(2014年4月17日発売)にて、PS Vita用ソフト『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』の最新情報を公開した。

『アイドルマスター ワンフォーオール』シンデレラガールズとミリオンスターズが登場

バンダイナムコゲームスは、週刊ファミ通2014年5月1日号(2014年4月17日発売)にて、プレイステーション3用ソフト『アイドルマスター ワンフォーオール』の最新情報を公開した。

『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』バージョン2.1後期 最速情報

本日アップデート実施の“バージョン2.1後期”から追加される要素のうち、“スキル上限解放”と“スペシャルふくびき”について紹介。

『IA/VT -COLORFUL-(イア ビジュアルトラックス カラフル)』IAをカラフルに彩るゲームならではのオリジナル要素を紹介

マーベラスAQLは、週刊ファミ通2014年5月1日号(2014年4月17日発売)にて、2014年7月31日に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『IA/VT -COLORFUL-(イア ビジュアルトラックス カラフル)』の最新情報を公開した。

『inFAMOUS Second Son (インファマス セカンド サン)』善か悪か?行動の選択肢が超能力を変える

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、週刊ファミ通2014年5月1日号(2014年4月17日発売)にて、2014年5月22日に発売予定のプレイステーション4用ソフト『inFAMOUS Second Son(インファマス セカンド サン)』の最新情報を公開した。

『テイルズ オブ ゼスティリア』伝承はいつしか“希望”になる

バンダイナムコゲームスは、週刊ファミ通2014年5月1日号(2014年4月17日発売)にて、プレイステーション3用ソフト『テイルズ オブ ゼスティリア』の最新情報を公開した。

『CV 〜キャスティングボイス〜』声優&シナリオ名鑑を完成させよう――新たに10名の声優キャラクターを紹介

声優キャラクターとのコミュニケーションや、レコーディング時のミニゲームの結果によって、プロデューサーとしての評価が決定する『CV 〜キャスティングボイス〜』。“アルバムモード”では、プロデュース可能な声優や、キャスティングできるようになったシナリオを確認・閲覧できるのだ。

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS