HOME > ニュース > 熱血縦シュー『バレットソウル -弾魂-』2011年4月7日にいよいよ発売

熱血縦シュー『バレットソウル -弾魂-』2011年4月7日にいよいよ発売

ゲーム Xbox 360
2011年4月7日に発売予定の5pb.のXbox 360用ソフト『バレットソウル -弾魂-』。攻めて活路を見い出すアグレッシブなプレイスタイルの完全新作シューティングゲームだ。

●攻めに徹した完全オリジナル縦スクロールシューティング

 2011年4月7日に発売予定の5pb.のXbox 360用ソフト『バレットソウル -弾魂-』。攻めて活路を見い出すアグレッシブなプレイスタイルの完全新作シューティングゲームだ。敵弾をかいくぐる緊張感を楽しむ従来の弾幕系シューティングのシステムとは異なり、敵弾を無効化する“弾消しシステム”や、独特の得点システムを搭載。いかに“攻めプレイ”をしているかを判定し“魂(ソウル)ゲージ”が上昇し、得点倍率がどんどん上がっていく。攻めることがゲームクリアやハイスコア狙いに活きる超攻撃的システムなのだ。

bs02
bs01

■ゲームシステム

【弾幕無効化】
敵を倒せば、その敵が撃った弾はすべて無効となる。

【魂(ソウル)ゲージ】
画面横にある“魂ゲージ”は、プレイヤーのアグレッシブさを判定し貯まっていく。ゲージが貯まれば貯まるほど得点にかかる倍率があがっていくシステム。

【隠し要素】
左右から登場する敵を同時に倒すとボーナス点が加算されるなど、ステージ中にさまざまな隠し要素が用意されている。

 シューティングゲームが幅広い層に楽しまれ、隆盛を誇った1980年代。その当時のシューティングゲームに盛り込まれていた隠しキャラ、隠しボーナスなどの要素を現代風にアレンジ。オールドゲーマーには懐かしくも当時の熱さを、そして、若年層新規のシューターには新鮮な楽しさを提供する。

■熱いスタッフが集結!

 渡辺明夫氏の手による魅力的なキャラクター。アツい戦闘曲が定評のイトケンこと伊藤賢治氏&高橋コウタ氏のユニット“RESONATOR”。そしてベイシスケイプの上倉紀行氏が参加している豪華なサウンド。さらに5pb.代表志倉千代丸みずからが作詞したオープニング曲。ライブでのアツい盛り上がりに定評のあるAsrielによるエンディング曲。アツい魂を持ったクリエイター陣が集結しゲーム内容を彩る。

bs03
bs04
bs05

■メインキャラクター(自機)

 自機は、3種類の中から選択できる。攻撃方法は、広い範囲を攻撃する“ワイドショット”、前方集中型の“クロスショット”、敵の雑魚キャラや敵弾を一掃する“ボム”の3種類がある。

bsc03
bsc02
bsc01

■不倶戴天のゼンイチ
(声:星野貴紀)
父を殺され復讐を誓う孤独な宇宙海賊。性格は単純明快ですぐ熱くなる。愛機は“レッドホットスカル”。

■天馬行空のユン
(声:長谷川明子)
メッチャワール壊滅の大任を押しつけられることになった銀河ポリス。愛機は“FA-98 スティンガー”。

■王道楽土のサダハール
(声:石井康嗣)
自国領土を拡大するため無謀にもメッチャワールに宣戦布告した英雄王。臣下のメイドーズが駆る“ナヴォナ”の母船となる重量級攻撃機“タートル10000(テンサウザンド)”が愛機。

■初回製造分には“サウンドトラックCD”同梱

 本作の初回製造分には、特典としてサウンドトラックCDが同梱。収録内容は、オープニング(ショートバージョン)、全BGM、そして、ボーナストラックとして、SEコレクションやゲームプレイ音8bitアレンジバージョンなどが収録される。

バレットソウル-弾魂-
メーカー 5pb.
対応機種 Xbox 360
発売日 2011年4月7日発売予定
価格 7350円[税込]
ジャンル シューティング / SF
備考 Xbox LIVE対応、キャラクターデザイン:渡辺明夫、音楽:RESONATOR(伊藤賢治&高橋コウタ)&上倉紀行(ベイシスケイプ)
(C)2011 5pb.Inc. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『GRAVITY DAZE 2』“空へ落ちる”感覚と、グンと向上した操作性が快感! 総まとめ&インプレッション

PS4用ソフト『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』の情報を総まとめ! 前作経験者ならではの視点で新要素を解説。

舞台『BIOHAZARD THE Experience』製作記者発表会リポート! 日本を舞台にしたオリジナルストーリーが語られる

2017年1月18日、東京・新宿村スタジオにて、『バイオハザード』シリーズを題材にした舞台『BIOHAZARD THE Experience』の製作記者発表が行われた。その模様をリポートする。

『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』 二迅の烈風、来たる!

アークシステムワークスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、人気対戦格闘ゲーム最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』 の最新情報を公開した。

スクウェア・エニックスの完全新規RPGプロジェク ト『Project OCTOPATH TRAVELER』が始動

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『Project OCTOPATH TRAVELER』の最新情報を公開した。

『いけにえと雪のセツナ』懐かしの王道RPGが鮮やかに紡がれる

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『いけにえと雪のセツナ』の最新情報を公開した。

『魔界戦記ディスガイア5』Nintendo Switchのローンチタイトルとして登場

日本一ソフトウェアは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『魔界戦記ディスガイア5』の最新情報を公開した。

サービス15年目に突入する『ラグナロクオンライン』2017年の方針は「MMORPGらしさの提案」、運営のキーパーソンにインタビュー

PC用MMORPG『ラグナロクオンライン』は2017年12月に正式サービス15周年を迎える。そんな記念すべき今年はどんな施策を打ち出すのか。運営チームのキーパーソン3人に話を伺った。

『みんなでワイワイ! スペランカー』あの最弱(?)主人公が帰ってきたよ!!

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『みんなでワイワイ! スペランカー』の最新情報を公開した。

【ファミ通ch】FFの生みの親・坂口博信氏が『FFIII』のクリスタルタワーに挑戦!(2017年1月21日21時から)

本日(2017年1月21日21時から)、週刊ファミ通のニコニコ公式生放送"ファミ通チャンネル"にて、『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親である ミストウォーカーの坂口博信氏が、『ファイナルファンタジーIII』(ミニファミコン版)をプレイします。