HOME > ニュース > 『俺の屍を越えてゆけ』12年の時を越えてPSPに!

『俺の屍を越えてゆけ』12年の時を越えてPSPに!

ゲーム PSP
“世代交代”をテーマに、プレイヤーそれぞれが自分だけのドラマを紡ぐことができる伝説のRPG『俺の屍を越えてゆけ』。このプレイステーションの名作RPGが12年の時を越え、オリジナル版の制作スタッフの手によって蘇る。

sikabane001

●12年の時を越え生まれ変わる!

 “世代交代”をテーマに、プレイヤーそれぞれが自分だけのドラマを紡ぐことができる伝説のRPG『俺の屍を越えてゆけ』。このプレイステーションの名作RPGが12年の時を越え、オリジナル版の制作スタッフの手によって蘇る。今回は、最新のスクリーンショットと併せてゲーム概要を紹介。さらに、オリジナル版にはなかった本作だけの新要素についても触れていくぞ。新たな解釈で大幅に生まれ変わる世代交代のドラマが、再び幕を開ける!

●一族にかけられたふたつの呪いを解け

 京の都を滅ぼさんと人々に襲いかかる鬼の頭目“朱点童子”。主人公の一族は、朱点童子に“短命の呪い”と“種絶の呪い”をかけられてしまう。一族には神々より救いの手が差し伸べられ、人とは子を残せないものの神と交わることで血を残せるようになった。能力を子孫へと受け継ぎながら朱点童子を討ち果たし、一族の呪いを解いて京の都に平和をもたらせ。

C

●グラフィックは劇的に一新

 2D画面の味わいを継承しつつ、16対9のワイド画面に対応! 解像度や色彩はより美しく華やかになり、キャラクターグラフィックもリファインされているぞ。

sikabane002

●表情豊かなフィールドデザイン

京の町を拠点として、鬼が巣食う迷宮を探索することになる本作。3Dのクォータービューで再現されている迷宮の一部には、オリジナル版にはなかった四季の変化が加わっているのだ。

map04
map05
map07
map02

●進化した戦闘システム

 最大4名の出撃隊で敵に挑む戦闘シーン。戦闘では、剣士、薙刀士、弓使いといった職業ごとの攻撃や、術や奥義などの豪快な技を駆使して戦うことになる。また、本作では新たに“一族オリジナル武器”の作成が行えるぞ。それを代々引き継ぐことで強化できる“形見システム”や、複数人による奥義の併せ技といった要素も追加されている。従来以上に戦術性の高いバトルが楽しめるようになっているのだ。

btl23
btl30

※詳しくは週刊ファミ通2011年4月14日号(2011年3月31日発売)をチェック

俺の屍を越えてゆけ
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年秋発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / 和風
備考 企画・ゲームデザイン・シナリオ:桝田 省治、キャラクターデザイン:佐嶋真実、音楽監督:樹原涼子、
開発:アルファ・システム
(C)Sony Computer Entertainment Inc. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【パズドラ】“星天からの贈り物”のプレゼントBOXの判別方法

期間限定で出現している“星天からの贈り物”。本ダンジョンに出現するプレゼントBOX(から進化するノエルドラゴン)の見分けかたをご紹介。

『しろくろフェス2014』イベントレポのはずが旅レポになってしまった件

パシフィコ横浜で開催されたブシロードによるTCG(トレーディングカードゲーム)イベント『しろくろフェス2014』のリポートをするはずが……、

“文化庁メディア芸術祭”審査の裏側が公開 審査員自らが語る、受賞のコツとは?【CEDEC 2014】

2014年9月2日から4日まで、神奈川県・横浜にあるパシフィコ横浜にて開催される日本最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2014”(コンピューター エンターテイメントデベロッパーズカンファレンス)にて、“文化庁メディア芸術祭”についてのセッション“「ゲーム」が文化庁メディア芸術祭に参加するということ”が行われた。

『艦これ』の過去の軌跡と未来への布石/【艦これ】に関するエトセトラ【CEDEC 2014】

2014年9月2日〜4日の3日間、パシフィコ横浜にて日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2014”が開催。ここでは『艦隊これくしょん』のキーパーソンである、田中謙介氏(角川ゲームス)と岡宮道生氏(DMM.com)によるセッションの模様をお届けする。

最先端のテレビはここまで進化している! “スーパーハイビジョンとゲームコンテンツ”リポート【CEDEC 2014】

2014年9月2日〜4日の3日間、日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2014”が開催。2日に行われたセッション“スーパーハイビジョンとゲームコンテンツ”のリポートをお届けしよう。

ファミ通ドットコムに“Xbox One”が到着! セットアップ体験記

いよいよ2014年9月4日に発売が迫った新ハード・Xbox One。ファミ通ドットコム編集部にも、ひと足早く待望の国内版1号機が到着した! 編集部有志はさっそくセットアップ作業を開始。“開封からメニュー画面が表れるまで”をインプレッションを交えながら体験記風にまとめてみたぞ!

『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』週刊ファミ通で先行入手できる追加BGMは“時価ネットたなか”!?

週刊ファミ通2014年9月18・25日合併号(9月4日発売)では、ダウンロードコンテンツ付録として特別なBGMが先行ダウンロードできるぞ!

【ファミ通App調べ】人気アプリユーザーランキングTOP30(仮) 集計期間:2014/08/18〜08/24

集計期間:8月18日〜8月24日のファミ通Appアプリ人気TOP30(仮)を発表。

これまでのスマゲPVを凌駕する『ケイオスIII』オフィシャルPVが公開

『ケイオスリングスIII』。同作のオフィシャルPVが公開された。

世界を牽引する日本のゲームアプリ市場 売上は米国の2倍【CEDEC 2014】

CEDEC会場でApp Annieの桑水悠治氏が「日本と海外のモバイルアプリ、ゲームのトレンド」というテーマで講演。日本国内市場とグローバル市場とのデータを比較し、現在市場がどのような動きを見せているかを解説した。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS