HOME > ニュース > 『フォトカノ』教師と教育実習生が判明!

『フォトカノ』教師と教育実習生が判明!

ゲーム PSP
学校。そう、それは青き果実たちの神聖なる学舎 。そんな青春の1ページに欠かせない要素といえば、教師! 今回、主人公たちの通う光河学園に勤める教師の情報が判明した。

●部活時の服装も公開

 学校。そう、それは青き果実たちの神聖なる学舎 。そんな青春の1ページに欠かせない要素といえば、教師! 今回、主人公たちの通う光河学園に勤める教師の情報が判明した。さらに、ヒロインの部活時の服装も公開する。制服姿とは違った、放課後の学舎でしか味わえない特別な輝きをその目に焼き付けよう。

photo07
photo08

■クールできれいな担任の先生
喜多川美紗
(声:世戸さおり)
主人公のクラスの担任教師で、担当は英語。教職が天職と自負し、きびしく、真面目に生徒を指導。恋の噂はない。

■生徒に人気の教育実習生
大谷桃子
(声:遠藤 綾)
新学期に光河学園へやってきた教育実習生。担当は数学。言動が先生らしくはなく、年上のお姉さんといった感じ。

■部活のときに輝く乙女心!

 本作に登場する女の子たちは、みんな特徴的な部活に所属している。部活に励む女子……。それは学園におけるオアシスと言えよう。そんな部活女子の姿を部活時の服装とともにお届け!

kano01
photo02

■テニス部 新見遥佳

■元水泳部 室戸亜岐

photo03
kano02

■料理研究会 柚ノ木梨奈

■ソフトボール部 間咲ののか

kano03
photo06

■新体操部 早倉舞衣

■フォト部 実原氷里

※詳しくは週刊ファミ通2011年4月7日号(2011年3月24日発売)をチェック!!

フォトカノ
メーカー 角川ゲームス
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年夏発売予定
価格 7140円[税込]
ジャンル シミュレーション / 恋愛・写真
備考 プロデューサー:杉山イチロウ、キャラクターデザイン・アートディレクター:ヤマザキマサハル(ディンゴ)、開発:ディンゴ
(C)2011 ENTERBRAIN, INC. Developed by DINGO Inc. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

SIEやマイクロソフト、バンダイナムコ上海など、注目ゲームメーカーのブースをリポート【ChinaJoy 2016】

日本のゲームファンにもなじみの深いゲームメーカーを中心に、注目ブースをリポート!

やわらか素材のスマホ用VRゴーグル『Merge VR Goggles』が7月30日からTSUKUMOで販売開始

2016年7月29日、リンクスインターナショナルはプレス向けの説明会を開催し、VRゴーグルを取り扱うMerge Labs社との国内総代理店契約を締結したと発表した。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第123回 提督と、吹雪の一撃

『艦これ』の世界を漫画で追体験! 順調に見えた友軍泊地奪還作戦は泥沼の様相に……行くか退くか、水本提督の決断は!?

『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』Twitter にて豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンが実施

セガゲームスは、2016年10月27日(木)発売予定のニンテンドー3DS『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』のゲーム紹介映像が公開されたことを記念して、ソニック委員会公式Twitterにて豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンを実施した。

『デモンゲイズ2』オープニングムービーと主題歌&3曲の挿入歌を初公開!

角川ゲームスは、2016年10月13日に発売を予定しているプレイステーション Vita用ソフト『デモンゲイズ2』のオープニングムービーと、主題歌&3曲の挿入歌を公開した。

“ペルソナストーカー倶楽部V(ファイブ)”第2回を本日配信!

アトラスは、『ペルソナ』シリーズの公式バラエティ番組“ペルソナストーカー倶楽部”の第2回を、2016年7月29日より配信開始した。

テレビアニメ『オカルティック・ナイン』の最新キービジュアルが公開! 制作発表会の開催も決定

2016年に放送予定のテレビアニメ『オカルティック・ナイン』の最新キービジュアルが公開された。また、2016年8月12日に都内某所にてキャスト陣が出演する制作発表会が開催されることも発表。

日本のインディーゲームシーンを追ったドキュメンタリー映画「Branching Paths(ブランチング・パス)」Steam、PLAYISMにて配信開始

PLAYISMは、日本のインディーゲームシーンを開発者の側から追ったドキュメンタリー映画「Branching Paths(ブランチング・パス)」を配信開始した。