HOME> ニュース> 『真・三國無双6』プレイインプレッション

『真・三國無双6』プレイインプレッション

ゲーム プレイステーション3 インプレッション
2011年3月10日発売のプレイステーション3用ソフト、『真・三國無双6』のプレイインプレッションをお届け。

●「いつまでもプレイしていたい」と思わせてくれるストーリーモード

 こんにちは、北口徒歩2分です。2011年3月10日、『真・三國無双6』がついに発売となりました! そこで、シリーズを『1』から『5』まで味わってきた僕が、僭越ながら、本作のインプレッションをお届けしたいと思います。

 ……と、出だしこそ冷静ですが、じつは僕、『6』にかなり期待していたんです。なぜかって? それは本作のシステムが、従来から大幅に変更されているから。これまでのシリーズでは、武将ごとに決められた武器を使用していましたが、本作では36種の武器カテゴリーの中から、好きなものを自由に装備できるシステムに変わったんです。しかも、2種類の武器を同時に装備し、いつでも切り換えながら戦えるんですよ! 「早く! 新しい『無双』を堪能させて!」と逸る気持ちを抑えつつ、ストーリーモードをスタート。

 本作のストーリーモードは、これまでのように武将ごとのストーリーが展開する形式ではありません。魏、呉、蜀、そして新勢力の晋という4勢力の歴史を、それぞれのステージで異なる武将を操りながら追体験していくことになります。三国時代の後期に成立した晋以外の3勢力は、三国時代突入のきっかけとなった動乱“黄巾の乱”からのスタート。おっと、さっそく劉備(蜀のリーダー)の前に、黄巾党に襲われて困っている民がやってきました。なるほど、黄巾党に襲われている村を助けてほしいと。わかりました。僕(劉備)が助けてあげましょう! って、え!? もうゲームが始まってんの!? どうやら、これが本作が謳う“シネマティック一騎当千”のようです。詳しくは、下の画面(晋のストーリーモード)をご覧ください。

01
02
03

 従来のシリーズでは、ステージ選択時のインターミッションやイベントシーンから始まり、戦闘準備画面を経て、ロードを挟みつつバトルへと移行する、という形でした。ところが、本作ではインターミッション→イベントシーン→バトルという流れが、継ぎ目なく続きます。具体的に言うと、イベントシーン終了後にカメラが操作キャラクターの背後にぐぐっと回り込み、そのままバトルが始まるんです。しかも、バトル中のイベントも暗転などを挟むことはなく、極めてスムーズに移行します。いやー、スゲエ。
 
 こうして演出面が強化されたことで、本作はいままで以上にゲームに没入しやすくなっています。これまでのシリーズだと、戦闘終了後のリザルト画面で一度流れが切れていましたが、バトル終了後もそのままインターミッション→バトルと続くので、ずっとストーリーに乗り続けている感じがするんです。端的に言うと、やめどきが見当たらない、という感じ。つぎのストーリーはどうなるだろう? つぎのステージはどんな仕掛けがあるんだろう? と考えながらプレイをしているうちに、気付けば何時間もプレイしていた、なんてこともザラです。このあたりの“気持ちよくプレイさせてくれる仕組み”は、シリーズでも随一のデキと言えるでしょう。

●従来のよさを残しつつ、新たに生まれ変わったアクション

 さて、いよいよお待ちかね、アクションのお話です。『5』では攻撃のシステムが大きく変わっていましたが、本作は『4』までのアクションに近く、□ボタンの通常攻撃と△ボタンのチャージ攻撃を組み合わせて戦うようになっています。このシステムは、シリーズを経験してきた人にはなじみ深いものでしょう。ただボタンを連打するだけでも敵を倒せるし、うまく攻撃をくり出せば、コンボを決めることもできる。初心者から慣れた人まで、万人が楽しめるシステムです。僕はプレイしてみて、懐かしさを感じました。自分の攻撃で、敵兵がバッタバッタと倒れていく。しかも、本作はどうも敵兵の体力が低いようで、お手軽に“一騎当千感”を堪能できます。コレですコレ! 撃破数が増すたびに脳内から何かが分泌されるこの感じこそが『無双』なんです!

04
05

 しかも、本作では武器を自由に装備できるようになったことで、ゲームの自由度が大きく増しています。いままでだと、「武器が使いにくいから典韋はちょっと……」なんてことも個人的にはありましたが、本作ではその心配はありません。すべての武将がほぼすべての武器を装備できるので、いかつい大男の典韋を操り、鉄扇を振るって戦う、なんてこともできるんです。しかも、本作から新たに加わった、“ヴァリアブル攻撃”と“EX攻撃”がこれまた秀逸!

 ヴァリアブル攻撃は、武器を切り換える際にくり出す攻撃。ヴァリアブル攻撃を発動すると、いま持っている武器で攻撃した後、もう片方の武器に持ち換えます。ヴァリアブル攻撃のモーションは武器種ごとに決まっていますが、どれも武器の個性が際立っています。これは、武器の組み合わせを考える、という新たな楽しみにつながるわけです。

06
07

 もうひとつの新アクションであるEX攻撃は、武将固有の攻撃です。武将ごとに扱いに長けた武器と不得手な武器が決まっており、もっとも得意な武器を装備しているときにだけ、EX攻撃をくり出すことができます。EX攻撃のバリエーションは多彩で、なかには強力なEX攻撃を持っているものもおり、それが武器選びにおいて大きな意味を持っているのです。EX攻撃を活かすために得意な武器を装備するのか、あくまで自分が扱いやすい武器を選ぶのか。好みによって、さまざまなチョイスのしかたができますよ。

08
09

●クロニクルモードはやり込み度満点!

 本作にはストーリーモードのほかにも、もうひとつメインとなるゲームモードが用意されています。それが、クロニクルモードです。中国全土が小さなマス(ステージ)に分かれており、ステージをクリアーすると、つぎに進めるようになります。このモードの目的は、200以上もあるステージを制覇すること。バトルのシチュエーションはさまざまで、たとえば“列伝”と呼ばれるステージでは、ストーリーモードでは味わえない武将ごとの物語を楽しむことができます。

10
11

 いままで『無双』シリーズのサブモードは、料理で言うなら副菜的な位置付け(あくまで僕の観点です)だったことが多いように思います。ですが、本作のそれは、まぎれもなくメインディッシュと言える完成度。本作の鈴木亮浩プロデューサーいわく、全制覇には35時間程度かかるとのことですが、「これだけで、ゲームとして独立させられるんじゃない!?」という充実のボリュームです。ほかの無双武将(操作可能な武将)との絆を強めていっしょに戦ったり、500問もの『三国志』クイズに挑戦できるなど、このモードだけの要素も満載。そして当然のように、超強力な武器を入手する、という楽しみも用意されています。『6』は、肉料理(ストーリーモード)と魚料理(クロニクルモード)が両方出てきちゃうような最高級のフルコースなんです。

●ちょっとでも気になるなら遊んで損なし!

 これまで述べてきたように、本作は圧倒的なパワーアップを遂げています。それだけでもうれしいのに、16人もの新キャラクターの追加や、新勢力“晋”の登場というスパイスが加えられているわけです。『6』は、従来の『無双』シリーズファンも、新たに『無双』の世界に飛び込んでみようという人も、必ず満足できるデキだと思います。ω-Force(本作の開発チーム)という極上の料理人によって作られた至高の一品、ぜひともご賞味あれ。

■筆者紹介 北口徒歩2分

週刊ファミ通編集者。『無双』シリーズは『1』〜『5』までプレイ済み。キャラクターは見た目と手触りで選ぶ。今回のイチオシは星彩(ほぼ見た目)。

真・三國無双6
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 プレイステーション3
発売日 2011年3月10日発売
価格 7560円[税込]
ジャンル アクション / 歴史
備考 TREASURE BOXは16590円[税込]
プロデューサー:鈴木亮浩、開発:ω-Force
(C)2011 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ファイナルファンタジーエクスプローラーズ』先行無料版のフィードバックを受けてアップデートが決定

スクウェア・エニックスから2014年12月18日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『ファイナルファンタジーエクスプローラーズ』を隅々まで紐解いていくWeb番組“初心者の館”の第5回が2014年11月27日に放送された。

無料コミック更新! 天童カイトの反撃がはじまる!?『天動のシンギュラリティ』11話

圧倒的な力でカイトを追い込んだイレヴン(第十一賢者)。しかし、カイトは逃げまわるふりをして、ある反撃のチャンスを仕込んでいた。今、そのチャンスが訪れる!

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『デジモンストーリー サイバースルゥース』 野心家の才女“岸部リエ”&実世界に脅威をもたらす“ロイヤルナイツ”などを紹介

バンダイナムコゲームスは、2015年春発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『デジモンストーリー サイバースルゥース』の最新情報を公開した。

美少女だらけの忠臣蔵ノベルゲーム『ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- V』がPS Vitaで発売決定

dramatic createは、プレイステーション Vita用ソフト『ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- V』を、2015年に発売する。

『DARK SOULS II(ダークソウルII) SCHOLAR OF THE FIRST SIN(ダークソウルII スカラー オブ ザ ファースト シン)』ディレクター谷村氏インタビュー

『DARK SOULS II(ダークソウルII)』に新展開! フロム・ソフトウェアの谷村唯(たにむらゆい)ディレクターにインタビューを行ったので、その内容を掲載しよう。

『魔法科高校の劣等生 Out of Order』第4弾キービジュアルと、4人でのアドホック対戦などの最新情報が公開!

バンダイナムコゲームスは、2014年12月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『魔法科高校の劣等生 Out of Order』について、第4弾キービジュアルを公開した。また、4人対戦、特別授業内容、カスタマイズ追加情報を公開。

テレビアニメ『トリニティセブン』とコラボレーション! 『原由実の○○ラジオ』第118回のゲストは内田彩さん

人気声優・原由実さんがパーソナリティーを務めるWebラジオ『はらまる』。2014年11月29日配信の第118回は、テレビアニメ『トリニティセブン』とのコラボ回!

『サガ』シリーズアンケートの締切は本日2014年11月28日! ぜひご参加ください【週刊ファミ通】

週刊ファミ通12月25日発売号で掲載予定の、スクウェア・エニックスの『サガ』シリーズ生誕25周年記念特集のアンケートにご協力ください。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS