HOME> ニュース> 『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』開発スタッフインタビュー――【完全版その4】

『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』開発スタッフインタビュー――【完全版その4】

ゲーム ニンテンドー3DS
週刊ファミ通2011年2月10・17日合併号(2011年1月27日発売)に掲載されたスクウェア・エニックス第1制作部スタッフインタビュー。同インタビュー記事で割愛された部分も掲載する【完全版その4】では、『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』をお届け。※【その1】は『FFXIII-2』、【その2】は『FF零式』、【その3】は『ディシディア デュオデシム FF』。

●『キングダム ハーツIII』を見据えた開発

 こちらの記事で紹介している通り、ソラとリクが主役を務めるシリーズ最新作、『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』。『キングダム ハーツ』シリーズは、毎回アクションやシステムに趣向が凝らされているだけに、今回はどのようなコンセプトで開発されているのか気になるところ。そこで、シリーズの生みの親である野村哲也氏に、現段階で公表できるアレコレを、根掘り葉掘り聞いてみた。そもそも、この謎めいたタイトルの正しい読みかたとは!?

01

■野村哲也

『キングダム ハーツ』シリーズや『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』のディレクター。また、クリエイティブプロデューサーとして、多数の作品に参加している。

●『キングダム ハーツ』シリーズの進化の方向性が見える『3D

――タイトルが正式発表されました。読みかたは、“キングダム ハーツ 3D(スリーディー) ドリーム ドロップ ディスタンス”ですか?

野村哲也(以下、野村) いえ、“キングダム ハーツ ドリーム ドロップ ディスタンス”です。サブタイトルの部分を略して、 “キングダム ハーツ 3D(スリーディー)”と呼んでいただいてもいいと思います。

――“ドリーム ドロップ ディスタンス”というサブタイトルが意味深です。これはどういう意味なのでしょうか?

野村 “夢に落ちる距離”というイメージです。英語の文法としては正しくないのですが、響きを重視して付けました。なかでも“ドロップ”という単語は、システムにも関わってきます。また、3つの単語の組み合わせで、色々な意味を持ちます。

――公開されたトレーラーは、従来の『キングダム ハーツ』(以下、『KH』)シリーズにないようなアクションが盛りだくさんの内容になっていましたね。

野村 『KH』シリーズをベースに、『ファイナルファンタジー』(以下、『FF』)らしく進化させたものが『ヴェルサスXIII』で、『KH』らしさをさらに進化させたものが『KH3D』になります。『ヴェルサスXIII』は“『FFXIII』の対を成す存在”ではありますが、システムとして対になるのは、『KH3D』を始めとする今後の『KH』シリーズです。どちらも根幹のシステムは似ていますが、『ヴェルサスXIII』では『KH3D』の宙を舞うような大ジャンプやポールで回転するようなアクションはありませんし、ふたつの進化の形は大きく違うんです。こういった派手で大胆なアクションが、『KH』らしい気持ちよさ、楽しさを含んだ進化の方向性を示すもので、『KHIII』を見据えた未来像が垣間見えるものになっています。

――なるほど。では、『KH3D』のコンセプトについて教えてください。

野村 いまお話した“大胆なアクション”がコンセプトです。『KH』シリーズでは、ナンバリングタイトルが2作品出ていますが、そちらは正統な進化を行うべきなので、ナンバーのない作品は大胆で挑戦的なことを、と考えています。とくに『3D』は『KH バース バイ スリープ』(以下、『BbS』)以上に割り切った大胆なものにする予定です。『KHIII』を念頭に置いた進化ですので、これを遊んでいただければ、『KHIII』がどのように進化するかがわかるかもしれません。

――ソラの挙動を見ると、『KHII』のフォームチェンジ時のアクションに似ている部分があったようにも見えました。

野村 そうですね。フォームチェンジのようなダイナミックなアクションを、通常のアクションでも味わえるようにしたいと考えています。

――ソラがポールの周囲を回転したり、リクが壁から壁へジャンプしたりとさまざまなアクションがありましたが、操作は難しくないのでしょうか?

野村 現在は壁ジャンプの判定がシビアで、そのプログラムを組んだ担当者にしかできないという難しい状態になっているのですが(笑)。まだ調整中ですので、最終的には遊びやすくなるように仕上げますよ。

02
03

▲ソラとリクでは、同じ場所でも現れるボスが異なる。過去に撃破しているはずの彼らが現れる理由とは?

●突如切り換わるソラとリクの操作

――以前、今回の物語でソラとリクのマスター承認試験が描かれると伺いましたが?

野村 全編にわたって試験が描かれるわけではありませんが、試験の部分もあります。

――ソラとリクの切り換えはどのように行うのでしょうか?

野村 プレイ中に強制的に切り換わります。街を歩いているときでもバトルの途中でも、状況に関わらず、突如切り換わるシステムになっています。ロクサスとソラなど、従来は物語の区切りに合わせて操作するキャラクターが変わりましたが、今回は物語の進行度とは関係しません。

――それは今回加わった“ドロップゲージ”に関わってくるものですか?

野村 どうでしょう(笑)。このゲージにもいろいろ秘密があります。キャラクターの切り換えは、つねにカウントダウンイベントが起きているようなものと考えてもらえると、わかりやすいかもしれません。

――そのようなシステムにしようと思った理由が気になります。

野村 いちばんの理由は“驚き”ですね。予定調和で「ここまで来れば切り換わる」という安心感を奪うことで、スリルが生まれるんです。もっと続けたい、もう切り換えたいという欲求に対して、突然操作キャラクターが変わる。となれば、いかに自分の思惑通りに進めるかという、個人ごとで攻略法を考える楽しみが生まれると思ったんです。

――なるほど。攻略のしがいがありそうです。ところで、ソラとリクは、ふたりとも同じ場所を目指しているのでしょうか?

野村 いえ、ふたりとも物語の展開が違いますし、戦うボスも違います。じつはふたりはアクションだけでなく、操作方法も違うんです。まだお見せしていない新システムが関係するのですが……『KH チェイン オブ メモリーズ』でソラはカードデッキを自由に組めたのに対し、リクは決まったデッキを使って戦ったような違いがありましたが、今回もそれくらいの違いがあります。

――たとえば、ソラのアクションが得意な人は、ソラだけで進んでいくこともできるのでしょうか?

野村 システムの理論上は可能ですが、ほぼ不可能です。

――ソラとリクで、訪れるワールドが違ったりは……?

野村 訪れるワールドは同じです。ただ、ふたりは違う場所にいるので、訪れる順番が異なります。ふたりはつねにすれ違っている状態で、今回の映像のようにふたりが同じ場所にいることは珍しいですね。

――新しいワールドにも、行くことができるんですよね。

野村 数はまだ言えないのですが、もちろん、新しいディズニーのワールドをご用意しています。目新しいものになると思いますよ。

――トレーラーで、鐘が並んでいる場所から風船の飛ぶ広場へ落ちるシーンがありましたが、あれは『ノートルダムの鐘』のワールドですか?

野村 詳細は続報をお待ちいただきたいのですが、以前から出してほしいという要望の多かったワールドです。今回の“大胆なアクション”というコンセプトにも合う仕掛けが可能だと思っています。

――風船が飛んでいる広場は、3Dでの演出が効果的に使えそうですね。今回、3Dを意識した演出は積極的に取り入れているのでしょうか?

野村 あれは3Dを意識したわけではなく、広場で風船が飛ぶシーンが原作にあったので、それを入れてもらっただけなんです。3Dでの演出はある程度計算して入れる予定ではありますが、わざとらしい演出を入れることはしません。ニンテンドー3DSの3Dは、飛び出すというよりは奥行きがあるという印象ですので、それを活かしたものとして、今回の“ドロップ”……“落下”というキーワードがあります。

――発表当時から、たくさんのソラが落下してくるシーンを公開されていましたね。

野村 落下するソラが“ドロップ”を表し、それを“ドリーム”というキーワードに合わせてたくさん出しています。あれは夢というわけではなく、作品を象徴するイメージ映像です。

04

▲タイトルにある“ドロップ(落下)”と、“ドリーム”を現わすイメージシーン。空から大勢のソラが落ちてくる先には、空を見上げるリクの姿が。

――今回、映像のほかに、ソラとリクがキーブレードを手にして立っているイメージCGが公開されています。これはどのようなイメージのビジュアルなのでしょうか? 野村さんの描かれるイラストなどの公表は?

野村 ディズニーアニメのパッケージを意識したものですね。イラストは、今回は第1報ということで、まだ専用のものは描いていません。まだ検討中の段階ではあるのですが、ソラとリクの服のデザインを変えようというアイデアも出ていますし……。

――それはなぜでしょう? 『KH』当時の姿でソラやリクが登場するのは、物語上必然というお話でしたよね。

野村 『KH Re:コーデッド』もそうでしたが、同じ衣装だと従来作のリメイクと思われる方もいらっしゃるみたいです。でも、おっしゃった通り、ソラやリクがこの恰好で登場する必要もある。ですので、冒頭はこの姿で出てきて、途中で着替えるという流れも考えています。

――新しい衣装が実現するなら、それも楽しみのひとつになりますね。では、最後にファンの方々へメッセージを。

野村 『KH3D』は鋭意開発中ですが、まだ発売時期をお伝えする段階にはないので、まずは『BbS ファイナル ミックス』や『ディシディア デュオデシム FF』などのタイトルにご注目いただければと思います。さらに、まだ今回発表していないタイトルもありますので、楽しみにお待ちください。

05
キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 未定
価格 未定
ジャンル RPG(ロールプレイング)
備考 ディレクター:野村哲也、Co.ディレクター:安江泰、プロデューサー:西理江、エグゼクティブプロデューサー:橋本真司
(C)Disney. Developed by SQUARE ENIX
※画面は開発中のものです。
※ニンテンドー3DSの3D映像は本体でしかご覧いただけません。画面写真は2D表示のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『戦国乙女』ファン感謝祭が開催決定、声優トークショーやゲーム大会などの激熱イベントを多数実施!

ゲームやアニメ、パチンコなどで展開中のコンテンツ『戦国乙女』のさまざまなステージ企画が実施されるイベント“戦国乙女ファン大感謝祭@秋葉原”が2016年10月23日に東京のベルサール秋葉原にて開催される。

『白猫プロジェクト』新キャラ“看板の人&マフユ&ヴィンセント”の職業は!?“しろニャま!”新情報リポート※随時更新

2016年9月26日20時から、『白猫プロジェクト』の公式生放送“しろニャま!”が放送。新情報を随時まとめていきます。

“日本ゲーム大賞 アマチュア部門 大賞”を受賞したHAL大阪 Project Trailチームに聞く チームワークのよさが受賞の一因【TGS 2016】

東京ゲームショウ 2016の会期3日目の9月17日に、“日本ゲーム大賞 アマチュア部門 大賞”の発表授賞式が行われた。大賞を受賞した『Trail(トレイル)』を開発した、HAL大阪 Project Trailチームに話を聞いた。

【実況パワフルプロ野球特設サイト】月2学園パワプロ部 第15回放送まとめ

人気モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』の特設サイトが更新。

『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』公式生放送が配信決定、明日27日20時からのプレ放送では初代『トゥームレイダー』をプレイ!

PS4版『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』日本語版の公式生放送“ライズ オブ ザ トゥームレイダー 発売直前スペシャル”が、10月4日(火)と10月11日(火)の2回に分けて放送。その本放送に先駆け、9月27日(火)の20時よりプレ放送が配信される。

『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- F 2nd』と『セブンスドラゴンIII』のお買い得版が発売決定!

セガゲームスは、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- F 2nd』とニンテンドー3DS用ソフト『セブンスドラゴンIII code:VFD』について、“お買い得版”を11月22日に発売する。

『ZOIDS(ゾイド)』新プロジェクト始動! 謎のティザーサイトを公開!!

タカラトミーは、2016年9月26日に公式ホームページにて『ZOIDS(ゾイド)』新プロジェクトに関する謎のティザーサイトを公開した。

『マクロスΔスクランブル』ビジュアルアーティスト・天神英貴氏の腕前やいかに!? 新プレイ動画&テレビCM到着

バンダイナムコエンターテインメントは、2016年10月20日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『マクロスΔスクランブル』について、新たなプレイ動画とCM動画を公開した。

『三國志12 対戦版』3周年記念キャンペーンで自軍デッキを大きく強化できるチャンス!

コーエーテクモゲームスは、サービス中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『三國志12 対戦版』にて、2016年9月26日から10月9日まで3周年記念キャンペーンを開催する。

AI研究の第一人者、医学、ゲームなど各分野の研究者による人工知能に関する講義が10月22日に東京工科大学 八王子キャンパスにて開催!

東京工科大学は、開学30周年を記念して、国内を代表する研究者らを招いた公開講座“AIによって変わる未来”を、2016年10月22日に八王子キャンパスにて開催する。