HOME> ニュース> 『ファイナルファンタジー零式』最新画像を公開――若者たちは、みずからの手で運命を綴る

『ファイナルファンタジー零式』最新画像を公開――若者たちは、みずからの手で運命を綴る

ゲーム PSP
『ファイナルファンタジー アギトXIII』がタイトルを変更し、『ファイナルファンタジー零式』という新たな作品として登場。3人パーティーで戦うアクションRPGであることや、マルチプレイが可能なこと以外、詳細は明らかにされていなかった。しかし今回、その世界観やシステムの一端がついに判明! 

●クリスタルを巡る熾烈な戦争が描かれる

 祖国を守るため、命を懸けて戦う若者たちの物語が紡がれる『ファイナルファンタジー零式』。2011年1月18日の“SQUARE ENIX 1st Production Department Premiere”で公開された映像では、彼らの祖国である朱雀領ルブルムが、ミリテス皇国に侵略されるさまがドキュメンタリー映画のように描かれていた。凄惨さすら感じさせるイベントシーンや、魔法が飛び交い、召喚獣が猛る衝撃的なシーンの数々。総勢12人の主人公たちの生き様がここにある! 

 なお、マルチプレイなどの情報は、のちほどアップするスタッフインタビューを参考にしてほしい。

01
02

▲ルブルムは、"ぺリシティリウム朱雀"と呼ばれる魔導院を中心に栄えている。ミリテス皇国の狙いは、ぺリシティリウム内にあるクリスタル。新兵器によって魔力の源であるクリスタルを無力化された朱雀領側は、圧倒的不利な状況に陥る。

03

▲本作の主人公は、魔導院に通う12人の訓練生たち。プレイヤーは彼らの中から3人を選んでパーティーを組み、戦場に赴く。誰かが倒されたら、控えの訓練生がパーティーに加わる仕組みだ。任務達成が先か、訓練生が全員倒されるのが先か!?

04

▲訓練生たちは、魔導院からさまざまな任務を受けて戦場へ向かうことになる。それぞれ得意とする武器があり、その特性を活かせるかがバトルの鍵を握っている?

05

▲機械文明が発展しているミリテス皇国は、兵士に銃火器を装備させているほか、戦艦や魔導アーマーなどを実戦投入している。モンスターとの戦闘もあるようだが……。

※詳しくは週刊ファミ通2011年2月10・17日合併号(2011年1月27日発売)をチェック!

ファイナルファンタジー零式
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年夏
価格 未定
ジャンル RPG(ロールプレイング) / ファンタジー
備考 ディレクター:田畑端、クリエイティブプロデューサー&キャラクターデザイナー:野村哲也、アートディレクター:直良有祐、コンポーザー:石元丈晴、プロデューサー:北瀬佳範
(C)SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『ZODIAC(ゾディアック)』制作発表会リポート 開発陣の根底にあるのはJ・RPGへのリスペクト【TGS 2014】

千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ 2014に出展している、フランスのメーカー“Kobojo”が開発を進めているマルチプラットフォーム向けRPG『ZODIAC(ゾディアック)』。同作に参加している野島一成氏や崎元仁氏らも出席した制作発表会の模様をお届けしよう。

『World of Tanks Blitz』のAndroid版が初のお披露目【TGS2014】

『World of Tanks Blitz』のAndroid版が初のお披露目となった。

『The World II』が気になったのでプロデューサーに聞きました【TGS 2014】

インディーゲームコーナーの一画で、ひときわ目立っていた『The World II』。どんなゲームか、プロデューサーにあれこれ聞いてきました。

復興支援を目的とする福島Game Jamに注目【TGS 2014】

IGDA日本と呼ばれる特定非営利活動法人の国際ゲーム開発者協会が、“30時間で50作品以上”のゲームを製作に挑戦。

『レゴ』シリーズ最新作や新作ゾンビゲームの情報も! ワーナーエンターテイメントのメディア発表会をリポート【TGS 2014】

東京ゲームショウ 2014の開催に合わせ、ワーナー エンターテイメントによる新作プレゼンテーションが行われた。

群馬旋風再び!? レトロ風シューティングでご当地巡礼【TGS 2014】

ご当地ゲームとして一部巷を騒がした株式会社ヒューガの『群馬から来た少女』。その改訂版『群馬から来た少女・改』がついに登場。

回線落ちも怖くない! 最大4人の共闘アクション『プロジェクト・ブラックペッパー』【TGS 2014】

光星が開発中の本格ボスハンティング『プロジェクト・ブラックペッパー』をプレイ。

雪をも溶かす? ペンギンたちの熱き戦い【TGS 2014】

2014年9月24日にリリースが決まっているLink Kitのタワーディフェンスゲーム、『SNOW WORLD』をインディーゲームコーナーで発見。

元ワープのメンバーが開発した『スゴロクネコランド』がトランスコスモスに出展【TGS 2014】

トランスコスモスブースでは、『戦国ディフェンス』のアップデートデータの先行体験や、開発中タイトル『スゴロクネコランド』がプレイアブル出展。

スクエニ新サービス”DIVE IN”で『FFXIII』がスマホでなめらかに動いた!【TGS 2014】

東京ゲームショウ2014のスクウェア・エニックスブースに展示されている、DIVE INをプレイしてみた。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS