HOME> ニュース> 【写真20点追加】PSPの後継機、NGP(Next Generation Portable)の詳細が公開

【写真20点追加】PSPの後継機、NGP(Next Generation Portable)の詳細が公開

ゲーム
本日、2011年1月27日に開催されたソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンの“PlayStation Meeting 2011”で、次世代携帯型エンタテインメントシステム(コードネーム:NGP)が発表。

●3G回線、背面タッチパッドなどさまざまな機能が満載

 本日、2011年1月27日に開催されたソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンの“PlayStation Meeting 2011”で、次世代携帯型エンタテインメントシステム(コードネーム:NGP)が発表。そのスペックなどが明らかに。

以下、リリースより。

 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、本日、究極のポータブルエンタテインメント体験を提供する次世代携帯型エンタテインメントシステム(コードネーム:NGP)を発表いたしました。NGPは、2011年末に発売する予定です。
 NGPは、今までにないインタラクティブなエンタテインメントの世界を「プレイステーション」上で実現するために開発された専用のシステムです。NGPは、PSP 「プレイステーション・ポータブル」および「プレイステーション 3」プラットフォーム上で実現してきた最先端のエンタテインメント体験をさらに進化させ、高品質なゲームの世界を現実に取り込みつつ、現実の体験と連動するような革新的な遊びを可能にします。
 最先端の携帯型エンタテインメントシステムとして、NGPは、「プレイステーション」のDNAの核である、深くて、没入感のあるゲーム体験をユーザーの皆様にお届けします。PSPで採用したWi-Fi方式に加えて、NGPは新たに3Gネットワークへのアクセスにも対応、さまざまなアプリケーションとの連動により、ユーザーの皆様は、日常生活の中で他のユーザーの皆様との新たな「出会い」、「つながり」、「発見」、「共有」、「遊び」といった無限の可能性を、NGPを通じてお楽しみいただけます。加えて、NGPは、最先端の次世代携帯型エンタテインメントシステムとして、以下の様々な特長を備えています。


■美麗な有機ELディスプレイと革新的なユーザーインタフェース

 NGPの本体前面には、マルチタッチに対応した5インチの美麗な有機ELディスプレイを採用しました。高性能なCPUおよびGPUに加えて、大型有機ELディスプレイを組み合わせることにより、携帯機器では最高クラスのゲーム描写を実現するほか、各種デジタルエンタテインメントの楽しみをさらに拡げます。また、本体背面にマルチタッチパッドを搭載し、本体前面のマルチタッチスクリーンと組み合わせて使用することで、ゲームプレイに「触る・つかむ・なぞる・押し出す・引っ張る」といった立体的な感覚を取り込むことができ、NGP上で展開されるゲームの世界を直接触る新しい体験が可能になります。


■スーパーオーバルデザインとデュアルアナログスティック
 NGPの本体形状には、PSPの特徴的なシルエットを継承しながら、より手に馴染みやすいスーパーオーバルデザインを採用しました。また、PSPのユーザーの皆様から大変ご好評いただいているアナログパッドをさらに進化させ、NGPには2つのアナログスティックを本体前面の左右に搭載、究極のポータブルエンタテインメントシステムに相応しいゲームの操作性を実現します。


■ LiveArea(ライブエリア)
 ゲームの楽しさを多くのユーザーと共有し、より活発なコミュニケーションを可能にする場「LiveArea」を全てのゲームに提供します。ユーザーの皆様は、ネットワークを通じて自社およびソフトウェアメーカー各社様から提供されるゲームの最新情報を取得できます。また、「LiveArea」では、同じゲームを楽しんでいる他のユーザーの達成状況が“Activity(アクティビティ)”として常に更新されるなど、リアルタイムでのインタラクティブ・コミュニケーションが可能になります。

■ Near(ニア)
 NGPでは、PlayStation Networkの基本サービスとしてユーザーの皆様の位置情報を活用した新たなサービスを提供、本サービス向けに開発したアプリケーション「Near(ニア)」をNGPに標準搭載します。「Near」は、ユーザー本人の現在の位置情報をもとに、周辺にいる他のユーザーが今どのようなゲームを楽しんでいるのか、あるいは、ユーザー本人の足跡をNGP上でたどり、同じ場所にいた他のユーザーがどのようなゲームを遊んでいたのかといった情報を入手することができます。ユーザーの皆様のゲーム情報が時間と距離を超え共有されることで特定のゲームジャンルにとらわれることなく、新たなゲームや他のユーザーとの出会いが拡がります。

■ NGP専用カード
 NGPは、新たなゲームメディアとして“NGP専用カード”を採用いたします。フラッシュメモリーベースの小型カードで、将来の大容量化も可能です。また、フラッシュメモリーの特性を活かし、ゲームのセーブデータや追加コンテンツなどを直接保存することもできます。
 さらに、NGP本体は、前面と背面にそれぞれカメラを搭載するほか、ジャイロ、加速度、電子コンパスの各センサーを内蔵、これらの機能を組み合わせて使用することで現実世界におけるユーザーの皆様の姿や動きなどを取り込むような遊びもお楽しみいただけます。
 また、NGPは、本日発表したPlayStation Suite「プレイステーション スイート」(PS Suite)とも連携します。アンドロイドOS搭載携帯型端末向けに新たに開発されるコンテンツも、NGPでお楽しみいただくことが可能です。NGPで最先端のコンテンツにアクセスしていただけるのに加え、PS Suiteが提供するカジュアルな楽しみを発見することができます。

 SCEは、今後も、2011年末の発売に向け世界各地で開催されるイベント等を通じ、皆様にNGPの魅力を訴求していくとともに、携帯ゲーム機市場のさらなる拡大を強力に推進してまいります。

110117a
110117b
110117c
110117d
110117e
110117f
110117g
110117h
110117i
110117j
110117k
110117l
110117m
110117n
110117o
110127a
110127b
110127c
110127d
110127e

<次世代携帯型エンタテインメントシステム(コードネーム:NGP)>
CPU:ARMR Cortex-A9 core (4 core)
GPU:SGX543MP4+
外形寸法:約182.0 x 18.6 x 83.5mm (幅×高さ×奥行き) (予定、最大突起部除く)
スクリーン(タッチスクリーン):5インチ(16:9)、960 x 544、約1677万色、有機ELディスプレイ マルチタッチスクリーン
背面タッチパッド: マルチタッチパッド(静電容量方式)
カメラ:前面カメラ、背面カメラ
サウンド:ステレオスピーカー内蔵、マイク内蔵
センサー:6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸電子コンパス機能
ロケーション:GPS内蔵、Wi-Fiロケーションサービス対応
キー・スイッチ類 :PSボタン、電源ボタン、方向キー(上下左右)、アクションボタン(△、○、×、□ボタン)、Lボタン、Rボタン、左スティック、右スティック、STARTボタン、SELECTボタン、音量+ボタン、音量−ボタン
ワイヤレス通信機能:モバイルネットワーク通信機能(3G)
IEEE 802.11b/g/n (n = 1x1)準拠(Wi-Fi) (インフラストラクチャーモード/アドホックモード)
Bluetooth 2.1+EDR準拠(A2DP/AVRCP/HSP対応)

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【インタビュー追加】前回大会優勝者が貫録を見せつけた! 『Splatoon(スプラトゥーン)』全国大会“第2回Splatoon甲子園 2017”九州地区大会リポート

本日2016年12月3日に福岡県のイオンモール大牟田にて開催された、『Splatoon(スプラトゥーン)』全国大会“第2回Splatoon甲子園 2017”の予選、九州地区大会をリポート

『ストリートファイターV』公式世界大会“カプコンカップ2016”TOP8に日本人選手6人が進出! かずのこ選手は2連覇の可能性を残す【PSX 2016】

人気対戦格闘ゲーム『ストリートファイターV』の公式世界決勝大会“Capcom Cup 2016(カプコンカップ2016)”の1日目をリポート。

【ウォッチドッグス2特設サイト】『ウォッチドッグス2』プレイインプレッション――舞台サンフランシスコ・ベイエリアのふたつの顔

ユービーアイソフトのシリーズ最新作『ウォッチドッグス2』の特設サイト“インサイド ウォッチドッグス2”を更新。

PlayStation Experience 2016が間もなく開幕! どんな新情報が飛び出すのか?【PSX 2016】

2016年12月3日〜4日(現地時間)にアメリカ・カリフォルニアで開催されるゲームイベント“PlayStation Experience 2016”が、もう間もなく開幕となる。

いよいよ公開間近! 映画『バイオハザード・ザ:ファイナル』の公開を記念した展示ブースが東京コミコン会場に登場

2016年12月2日〜4日の期間、千葉・幕張メッセにて開催される“東京コミックコンベンション”(通称コミコン)に、映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』のブースが登場。普段見ることのできない小道具などが大量に展示されているブースの模様をお届け。

日本よ、これが真のエンタメだ! 天野喜孝氏が描く“火の鳥”のイラストも初公開されたコミコン会場のリポートをお届け

2016年12月2日〜4日まで、千葉・幕張メッセにて開催される“東京コミックコンベンション”(通称、東京コミコン)。ここでは、会場内のブースや展示品などをまとめて紹介していこう。

アメコミ界のレジェンドも降臨! 世界最大のポップカルチャーイベント“コミコン”が日本初上陸!! オープニングリポート

2016年12月2日〜4日の期間、千葉・幕張メッセにて開催される“東京コミックコンベンション”(通称、東京コミコン)。会場ではマンガ、アニメ、ゲーム、映画など、さまざまなエンターテインメントに関する展示やイベントなどが行われていた。ここで、開催初日のプレビューナイトの模様をお届けする。

『とびだせ どうぶつの森 amiibo+ ずっとずっと遊ぶ本』お詫びと訂正

2016年12月1日発売の『とびだせ どうぶつの森 amiibo+ ずっとずっと遊ぶ本』につきまして、「オートキャンプ場データ( 144〜148ページ)」に掲載しているキャラクターの“来訪条件amiibo”と“ミュージック”の記載に誤りがございました。