『DEAD OR ALIVE Dimensions』プロデューサーに会場でインタビュー!【ニンテンドー3DS体験会】

ゲーム DS インタビュー
任天堂が、2011年1月8日から10日まで幕張メッセで“NINTENDO WORLD 2011 ニンテンドー3DS体験会”を開催中。コーエーテクモゲームスが出展している『DEAD OR ALIVE Dimensions』について、早矢仕洋介プロデューサーに話を聞いた。

●シリーズのファンも、一度3D格闘ゲームを離れた人も楽しめるゲームへ

TN2_7025

 任天堂が、2011年1月8日から10日まで幕張メッセで“NINTENDO WORLD 2011 ニンテンドー3DS体験会”を開催中。コーエーテクモゲームスが出展している『DEAD OR ALIVE Dimensions』について、早矢仕洋介プロデューサーに話を聞いた。

――今回ニンテンドー3DSでリリースするにあたり、注力した点を教えてください。
早矢仕 もともと携帯ゲーム機で3D格闘ゲームを出したかったのですが、なかなか満足できるスペックのハードがありませんでした。ニンテンドー3DSは、3D立体視というのももちろん重要なんですが、しっかりとした3D格闘ゲームを作れるスペックの初めての携帯ハード機なんじゃないかなと思っています。ですので、まずそこ(携帯ゲーム機での3D格闘ゲームということ)に注力しました。

――『デッドオアアライブ』シリーズですとキャラクターの個性や魅力の部分も強いと思うのですが、ストーリーを追っていく“クロニクルモード”のシネマティックカットシーンですとか、バトルの前のキャラクターのアピールといった部分は、3D立体視になっていかがでしょうか。
早矢仕 キャラクターの存在感がより増して見えると思うので、やっぱりそういった部分は注力しましたね。ニンテンドー3DSには立体視のほかにもいろいろデバイスが入っているので、それを使った仕掛けもしたいなと考えています。

――下画面にコマンド表が出ているというのも特徴的ですね。
早矢仕 携帯ゲーム機でなぜ出したかったかと言うと、格闘ゲームから一度離れてしまった人に、また触ってもらえるチャンスじゃないかなと思っていたんです。でも3D格闘ゲーム、とくにウチの『デッドオアアライブ』なんかだと、技が豊富というのはいいことでもあるんですが、裏を返すとコンボが覚えられない、覚えないと本当の攻防が楽しめないというのがあったので、そこに敷居を感じるかたでもプレイしていただけるようにしたかったんです。アーケードでインストカード(技表)ってありましたよね? あれを下画面に出して、デジタルなんだから状況に応じて表示を切り替えたり、もうタッチしたら技が出ちゃえばいいじゃないかと。作り始めたころはなかったのですが、ニンテンドー3DSらしい機能になったんじゃないかと思います。

――今回出展されているデモでは、ストーリーを追っていく“クロニクルモード”のほかに、対戦を進めていく“アーケードモード”がありますが、全部で20人選べて、“?”で伏せられているキャラクタースロットが5つありましたね。
早矢仕 ビデオなどでもいろいろ出していますが、『デッドオアアライブ』の歴史を全部体験していただきたいと思っていたので、出てきたキャラクターたちのことを思い出してもらえれば、あとなんのキャラクターが新しくプレイヤブルになるか想像していただけると思います。

――クロニクルモードでかすみとあやねが戦うシーンをプレイできましたが、あれはキャラクターごとのストーリーがあるんですか?
早矢仕 全キャラクターから選んで遊ぶのはアーケードモードで、クロニクルモードはひとつのストーリーのなかでいくつものキャラクターを使っていきます。
――たとえば、クロニクルモードで遊んでいて、キャラクターに魅力を感じたらアーケードモードを遊ぶとか?
早矢仕 そうですね。クロニクルモード自体が格闘ゲームのチュートリアルにもなっていて、進めるに連れて戦いかたを学べるようになっています。格闘ゲームをやるのが久しぶりの方が一番最初に遊ぶなら、まずクロニクルモードで戦って、「こうやって遊ぶんだ」と把握していただければと。格闘ゲームっていままで投げっぱなしで“負けて学べ”って世界だったんですけど、今回はストーリーを楽しみながら戦いかたが学べます。それでお気に入りのキャラクターが見つかったら、違うモードで使い込んでいただければなと思います。

――格闘ゲームですと対戦というのが当然重要な要素だと思いますが、その辺りは。
早矢仕 インターネットプレイで遠くの人と戦うこともできますし、ローカルで近くの人とも戦えます。それとローカルのモードで、タッグサバイバルというモードがあるのですが、格闘ゲームって、友達と遊んでも強い人がずっと勝っちゃうじゃないですか。
――そうですね。明らかにわざと負けゲームを作られたりして、それも微妙な空気になったり(笑)。
早矢仕 実力が異なる友達同士でも遊べるように、コンピューターを相手に友達とタッグで戦えるっていうモードが入っていて、敵の体力が大きいですから、うまく交換したり、コンボを繋いだり、投げを出したりしないと勝てないようになっているんですね。もうひとつ、すれ違い通信にも対応していて、プレイヤーの動きを普段学習しているのですが、それっぽい戦いかたをするキャラクターをばらまいて交換していき、それと戦って勝つとアイテムが貰えます。いつのまに通信にも対応したいなと思っていて、たとえばスタッフのひとりの挑戦者のデータを配信して、皆さんに戦っていただくとか。
――まだ確定ではないのでしょうか?
早矢仕 いえ、そういう仕組みにはなっているのですが、どういったイベントを体験していただくかを考えているところですね。

――では最後に、明日以降に来場する方に「ここを見て欲しい」という部分を教えてください。
早矢仕 グラフィックも相当がんばっていますし、通信などいろんな機能を体験してもらえるゲームになっているので、そこを触ってもらいたいですね。それともうひとつだけ。3D立体視の状態ではゲームは30フレームで起動しているんです。「30フレームかよ」と思う人もいるかもしれませんが、3D立体視をオフにすると60フレームで遊べるようになっています。ですので、3D立体視で迫力のある戦いを遊びたいという人はオンにしていただいて、格闘ゲームとして本格的に遊びたいという人はオフにしてもらえれば。初めて遊ぶかたも、これまで『デッドオアアライブ』を支えてきたかたも遊べるようになっています。体験台もこの仕様になっていますので、3Dを体験する体験会なんですけど、オフにしてもらえれば60フレームで遊べます(笑)。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『モンスト』の劇場版長編映画『モンスターストライク THE MOVIE』が12月10日上映決定!

世界累計利用者数3500万人を突破したゲームアプリ『モンスターストライク』が、Youtubeオリジナルアニメを経て遂に劇場版長編映画として2016年12月10日(土)より全国ロードショーすることが決定した。

『ポケモンGO』各チーム リーダーのビジュアルがサプライズ公開【コミコン 2016】

コミコンで実施されたナイアンティックのセッションにて、『ポケモンGO』の各チームのリーダーのビジュアルが公開された!

『Gears of War 4』出演声優が勢揃いで生アフレコを披露 気になる“JD”の正式名も判明【コミコン 2016】

開催初日にThe Coalitionのスタジオヘッド、ロッド・ファーガソンらが参加してのパネル“Gears of War 4: Creators, Characters and Cast”が行われた。その模様をお届け!

『ソニック』25周年を飾る“Sonic 25th Anniversary Party”が開催 新作2タイトルのサプライズ発表など大盛り上がりのイベントを詳細リポート【コミコン 2016】

会期に合わせる形で、『ソニック』シリーズ25周年を飾るイベント“Sonic 25th Anniversary Party”が開催された。その模様をお届けしよう。

公開録音イベントはまさかの2ndライブに! “THE IDOLM@STER STATION!!! Summer Night Party!!!”リポート

2016年7月24日(日)、神奈川県・横浜ベイホールにて、『アイドルマスター』のラジオ番組である“THE IDOLM@STER STATION!!!”の公開録音イベントが開催された。

“ワンダーフェスティバル2016[夏]”一般ディーラーのゲーム関連作品を100枚超の写真でリポート!

ガレージキットの祭典“ワンダーフェスティバル2016[夏]”一般ディーラーブースを写真でリポート!

【速報】『討鬼伝』シリーズのスマートフォン用新作アプリ『討鬼伝 モノノフ』が発表

コーエーテクモゲームスは、2016年7月24日に東京の秋葉原UDXにて開催した“ゲーム発売直前記念イベント『討鬼伝2』体験会”において、『討鬼伝』シリーズのスマートフォン用新作アプリ『討鬼伝 モノノフ』を発表した。

コジマプロダクションのロゴムービーが公開 ルーデンスが未踏の地を歩む

コジマプロダクションのロゴムービーが公開された。

『ポケモンGO』ゆるプレイ日記 第2回(ヴァニラ近藤)

ファミ通でおなじみの面々による『ポケモンGO』プレイ日記。第2回。