HOME> ニュース> 2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

ゲーム ビジネス
エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。

●市場規模は昨年対比91%

 エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。集計期間は2009年12月28日〜2010年12月26日となっている。

 2010年年間のハード・ソフトの合計市場規模は4936億6000万円で、昨年対比91%という結果に。エンターブレインではリリースで「2010年のハード市場は、2009年秋からの各機種の価格改定や、ニンテンドー3DSの発売を控えてプラットフォームが世代交代の時期に差し掛かっている影響などから減少したものの、ソフト市場は、下半期に発売となった『ポケットモンスターブラック・ホワイト』や『モンスターハンターポータブル 3rd』といった大型ソフトを含め、前年と同じくミリオンタイトルが7本となり、ほぼ昨年並みの市場規模となっています」としている。


【年間市場規模比較】
(2009年の集計期間は2008年12月29日〜2009年12月27日)

2009年(52週)
ハード:2164億9000万円
ソフト:3261億6000万円
合計:5426億4000万円

2010年(52週)
ハード:1755億9000万円(昨年対比・81.1%)
ソフト:3180億8000万円(昨年対比・97.5%)
合計:4936億6000万円(昨年対比・91.0%)


【各ハードの販売台数】
(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

ニンテンドーDS:296万3709台(累計:3212万4298台)
PSP:289万476台(累計:1627万6931台)
Wii:172万8293台(累計:1123万292台)
プレイステーション3:155万8480台(累計:594万9887)
Xbox 360:20万8790台(累計:140万6663台)

※ニンテンドーDSは、初代DS、DS Lite、DSiおよびDSi LLの合計値です。
※PSPはPSP goとの合計値です。


【ソフト年間販売本数TOP10】
(累計販売本数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

1位 ポケットモンスターブラック・ホワイト
年間販売本数:491万4813本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:ポケモン/2010年9月18日発売

2位 モンスターハンターポータブル 3rd
年間販売本数:348万989本
機種:PSP/メーカー:カプコン/2010年12月1日発売

3位 New スーパーマリオブラザーズ Wii
年間販売本数:159万9845本(累計:408万4995本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年12月3日発売

4位 Wii Party
年間販売本数:153万9228本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年7月8日発売

5位 ドラゴンクエストVI 幻の大地
年間販売本数:129万7344本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年1月28日発売

6位 ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2
年間販売本数:127万6303本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年4月28日発売

7位 トモダチコレクション
年間販売本数:119万6148本(累計:350万8096本)
機種:ニンテンドーDS/メーカー:任天堂/2009年6月18日発売

8位 スーパーマリオギャラクシー2
年間販売本数:90万539本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年5月27日発売

9位 イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク・ボンバー
年間販売本数:89万440本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:レベルファイブ/2010年7月1日発売

10位 Wii Fit Plus
年間販売本数:84万9664本(累計:214万8197本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年10月1日発売

▲2010年、もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』となった。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】『オーバーウォッチ』21人のヒーローのワンポイントレッスンをお届け(2016年5月26日発売号)

世界同時発売&サービスが開始されたオンライン専用のチーム対戦型アクションシューティング『オーバーウォッチ』。21人のヒーローの特徴をわかりやすく解説。

『オーバーウォッチ』コミュニティページ公開! 発売記念キャンペーンも実施

スクウェア・エニックスは、米国ブリザード・エンターテインメント社が制作し、本日発売日を迎えた『オーバーウォッチ』日本語版の公式ホームページにて、コミュニティページを公開。また、同ページにて発売記念キャンペーンを実施する。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で、『プロ野球 ファミスタ リターンズ』と『モンスターハンター フロンティアG』のお役立ちアイテムをお届け!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『オーバーウォッチ』がついに全世界同時発売! 本日20時から急遽ニコニコ生放送を実施【ファミ通EE】

ブリザード・エンターテイメント社のチーム対戦型シューター『オーバーウォッチ』(PS4向け日本語吹替版はスクウェア・エニックスが発売)が本日(2016年5月24日)全世界同時発売! 本日20時からはニコニコ生放送、YouTubeのスクウェア・エニックスチャンネルでライブ配信も行われる。

【先出し週刊ファミ通】ビビも登場!『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の世界をおびやかすバハムート軍とは?(2016年5月26日発売号)

グリモワルと呼ばれる世界を冒険する『ワールド オブ ファイナルファンタジー』。さまざまな『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターが参戦する本作に、『IX』よりビビが登場! また、主人公たちの前に立ちはだかるバハムート軍の情報もお伝えしよう。 

『ドラゴンクエストX』中国でのサービスが決定、日本サーバーとは別でサービス予定

スクウェア・エニックスよりサービス中のオンラインRPG『ドラゴンクエストX オンライン』について、中国でのサービスが決定したことが発表された。

【先出し週刊ファミ通】『クラシックダンジョン 戦国』で有名武将と探索しよう!(2016年5月26日発売号)

ドット絵のグラフィックとレトロなサウンドが特徴の『クラシックダンジョン』シリーズ。最新作の序盤のポイントをチェックしよう。

【先出し週刊ファミ通】編集者が選ぶ思い出のゲーム 第3弾はここ10年に出たハードから!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)では、ファミ通30周年企画がスタート。編集者が選ぶ思い出のゲームを紹介します。

【先出し週刊ファミ通】『プラスティック・メモリーズ』がプレイステーション Vitaでリリース決定(2016年5月26日発売号)

2015年に放送されたテレビアニメ『プラスティック・メモリーズ』がプレイステーション Vita用ソフトとなってリリースされることが明らかになった。

【先出し週刊ファミ通】『Caligula -カリギュラ-』やり込みプレイヤー必見のハック&スラッシュ要素も明らかに(2016年5月26日発売号)

フリューが贈り出す、プレイステーション Vita用の完全新作RPG『Caligula -カリギュラ-』。2016年5月26日発売の週刊ファミ通では、プレイヤーに用意されたやり込み要素のひとつ“スティグマ”や、新たに判明したキャラクターについて紹介している。