HOME> ニュース> 2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

ゲーム ビジネス
エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。

●市場規模は昨年対比91%

 エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。集計期間は2009年12月28日〜2010年12月26日となっている。

 2010年年間のハード・ソフトの合計市場規模は4936億6000万円で、昨年対比91%という結果に。エンターブレインではリリースで「2010年のハード市場は、2009年秋からの各機種の価格改定や、ニンテンドー3DSの発売を控えてプラットフォームが世代交代の時期に差し掛かっている影響などから減少したものの、ソフト市場は、下半期に発売となった『ポケットモンスターブラック・ホワイト』や『モンスターハンターポータブル 3rd』といった大型ソフトを含め、前年と同じくミリオンタイトルが7本となり、ほぼ昨年並みの市場規模となっています」としている。


【年間市場規模比較】
(2009年の集計期間は2008年12月29日〜2009年12月27日)

2009年(52週)
ハード:2164億9000万円
ソフト:3261億6000万円
合計:5426億4000万円

2010年(52週)
ハード:1755億9000万円(昨年対比・81.1%)
ソフト:3180億8000万円(昨年対比・97.5%)
合計:4936億6000万円(昨年対比・91.0%)


【各ハードの販売台数】
(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

ニンテンドーDS:296万3709台(累計:3212万4298台)
PSP:289万476台(累計:1627万6931台)
Wii:172万8293台(累計:1123万292台)
プレイステーション3:155万8480台(累計:594万9887)
Xbox 360:20万8790台(累計:140万6663台)

※ニンテンドーDSは、初代DS、DS Lite、DSiおよびDSi LLの合計値です。
※PSPはPSP goとの合計値です。


【ソフト年間販売本数TOP10】
(累計販売本数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

1位 ポケットモンスターブラック・ホワイト
年間販売本数:491万4813本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:ポケモン/2010年9月18日発売

2位 モンスターハンターポータブル 3rd
年間販売本数:348万989本
機種:PSP/メーカー:カプコン/2010年12月1日発売

3位 New スーパーマリオブラザーズ Wii
年間販売本数:159万9845本(累計:408万4995本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年12月3日発売

4位 Wii Party
年間販売本数:153万9228本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年7月8日発売

5位 ドラゴンクエストVI 幻の大地
年間販売本数:129万7344本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年1月28日発売

6位 ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2
年間販売本数:127万6303本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年4月28日発売

7位 トモダチコレクション
年間販売本数:119万6148本(累計:350万8096本)
機種:ニンテンドーDS/メーカー:任天堂/2009年6月18日発売

8位 スーパーマリオギャラクシー2
年間販売本数:90万539本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年5月27日発売

9位 イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク・ボンバー
年間販売本数:89万440本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:レベルファイブ/2010年7月1日発売

10位 Wii Fit Plus
年間販売本数:84万9664本(累計:214万8197本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年10月1日発売

▲2010年、もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』となった。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ファイナルファンタジーXI』2014年8月中旬のバージョンアップ続報! ジョブ調整の詳細を発表!

次回バージョンアップでは、一部の前衛ジョブに“HPmaxアップ”の特性が追加されるなど、大幅な調整が実施される。ここでは各ジョブの内容を確認するぞ。

【先出し週刊ファミ通】プレイしてわかった『フリーダムウォーズ』大型アップデート第1弾をリポート! 最強武器育成法も!?(2014年7月31日発売号)

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアから2014年6月26日に発売された、プレイステーション Vita用ソフト『フリーダムウォーズ』。週刊ファミ通2014年8月14日号(2014年7月31日発売)では、本作の大型アップデート第1弾を先行体験してわかった内容をリポートしている。

『大乱走 ダッシュ or 奪取!!』夏にぴったりな新Face“浴衣”が追加 

プラネットGは、配信中のプレイステーション Vita用ダウンロードソフト『大乱走 ダッシュ or 奪取!!』について、プレイヤーキャラの新しい衣装(ゲーム内呼称“Face”)を本日(2014年7月29日)追加した。

“10周年記念 モンスターハンター展”とのコラボメニューが“Cafe&Grill SIZZLe GAZZLe”にて提供決定、“リオレウスのブラックステーキ”など

2014年8月2日(土)から8月31日(日)まで、渋谷ヒカリエホールにて開催される“10周年記念 モンスターハンター展”とのコラボメニューが、渋谷ヒカリエ7F“Cafe&Grill SIZZLe GAZZLe(カフェアンドグリル シズルガズル)”にて提供されることが決定した。

『スーパー ロボット大戦OG サーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END』第2弾PVが公開、序盤の展開&迫力の戦闘アニメに注目

バンダイナムコゲームスは、2014年8月28日(木)発売予定のプレイステーション3用ソフト『スーパー ロボット大戦OG サーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END(コフィン オブ ジ エンド)』について、第2弾PVを公開した。

『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』データ世界で待つ新たな冒険『Re:コーデッド』の魅力を最新画像とともに紹介

スクウェア・エニックスから2014年10月2日発売予定のプレイステーション3用ソフト『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』。今回は映像作品となる『KH Re:コーデッド』の魅力を最新画像とともに紹介。

【先出し週刊ファミ通】『ロストディメンション』発売直前特集でゲームの概要を総ざらい! 裏切り者は見つけられるか?(2014年7月31日発売号)

フリューが贈る新作RPG『ロストディメンション』。世界滅亡を掲げた人物、ジ・エンドを倒すため、終末の塔“ピラー”を攻略していく作品だ。週刊ファミ通では、登場キャラクターを改めて紹介するほか、ゲームのシステムを詳しく解説している。

【先出し週刊ファミ通】『新生FFXIV』パッチ2.3の新ダンジョン攻略と吉田P/Dのコラム第16回を掲載!(2014年7月31日発売号)

週刊ファミ通で毎号連載している、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』のファンページ“エオルゼア倶楽部”。週刊ファミ通2014年7月31日発売号では、パッチ2.3で追加された新ダンジョン2ヵ所を攻略。また、隔週で連載中の吉田直樹プロデューサー兼ディレクターのコラム“吉田の日々赤裸々。”は、第16回を掲載。

【先出し週刊ファミ通】半年の沈黙を破って再始動! 『ブレイブリーセカンド』スペシャルインタビューを見逃すな!(2014年7月31日発売号)

スクウェア・エニックスから発売される、ニンテンドー3DS用ソフト『ブレイブリーセカンド』。週刊ファミ通2014年8月14日号(2014年7月31日発売)では、本作の最新情報をインタビューを交えて公開している。

【先出し週刊ファミ通】『ウルトラストリートファイターIV』で一番人気のキャラクターは誰だ!?(2014年7月31日発売号)

2014年7月31日発売の週刊ファミ通では、2014年8月7日にプレイステーション3とXbox 360で発売予定の対戦格闘ゲーム『ウルトラストリートファイターIV』を大特集!



もうすぐ発売!

  • 2014年7月31日

  • 魔女王

  • 6000円 [税抜]/6480円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS