HOME> ニュース> 2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

ゲーム ビジネス
エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。

●市場規模は昨年対比91%

 エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。集計期間は2009年12月28日〜2010年12月26日となっている。

 2010年年間のハード・ソフトの合計市場規模は4936億6000万円で、昨年対比91%という結果に。エンターブレインではリリースで「2010年のハード市場は、2009年秋からの各機種の価格改定や、ニンテンドー3DSの発売を控えてプラットフォームが世代交代の時期に差し掛かっている影響などから減少したものの、ソフト市場は、下半期に発売となった『ポケットモンスターブラック・ホワイト』や『モンスターハンターポータブル 3rd』といった大型ソフトを含め、前年と同じくミリオンタイトルが7本となり、ほぼ昨年並みの市場規模となっています」としている。


【年間市場規模比較】
(2009年の集計期間は2008年12月29日〜2009年12月27日)

2009年(52週)
ハード:2164億9000万円
ソフト:3261億6000万円
合計:5426億4000万円

2010年(52週)
ハード:1755億9000万円(昨年対比・81.1%)
ソフト:3180億8000万円(昨年対比・97.5%)
合計:4936億6000万円(昨年対比・91.0%)


【各ハードの販売台数】
(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

ニンテンドーDS:296万3709台(累計:3212万4298台)
PSP:289万476台(累計:1627万6931台)
Wii:172万8293台(累計:1123万292台)
プレイステーション3:155万8480台(累計:594万9887)
Xbox 360:20万8790台(累計:140万6663台)

※ニンテンドーDSは、初代DS、DS Lite、DSiおよびDSi LLの合計値です。
※PSPはPSP goとの合計値です。


【ソフト年間販売本数TOP10】
(累計販売本数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

1位 ポケットモンスターブラック・ホワイト
年間販売本数:491万4813本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:ポケモン/2010年9月18日発売

2位 モンスターハンターポータブル 3rd
年間販売本数:348万989本
機種:PSP/メーカー:カプコン/2010年12月1日発売

3位 New スーパーマリオブラザーズ Wii
年間販売本数:159万9845本(累計:408万4995本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年12月3日発売

4位 Wii Party
年間販売本数:153万9228本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年7月8日発売

5位 ドラゴンクエストVI 幻の大地
年間販売本数:129万7344本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年1月28日発売

6位 ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2
年間販売本数:127万6303本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年4月28日発売

7位 トモダチコレクション
年間販売本数:119万6148本(累計:350万8096本)
機種:ニンテンドーDS/メーカー:任天堂/2009年6月18日発売

8位 スーパーマリオギャラクシー2
年間販売本数:90万539本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年5月27日発売

9位 イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク・ボンバー
年間販売本数:89万440本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:レベルファイブ/2010年7月1日発売

10位 Wii Fit Plus
年間販売本数:84万9664本(累計:214万8197本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年10月1日発売

▲2010年、もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』となった。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【愛美】「シェリーの意外な姿が見られます」PS Vita『プラスティック・メモリーズ』キャストインタビュー第3弾

2016年10月13日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『プラスティック・メモリーズ』。同作に登場するキャラクターを演じる声優陣に、ファミ通.comが独占インタビューを敢行。9回にわたって、そのインタビューをお届けしていく。第3弾は、シェリー役の愛美さんだ。

【津田健次郎】「どんなゲームになっても、悲しいお話になるんじゃないかと思っていました(笑)」PS Vita『プラスティック・メモリーズ』キャストインタビュー第2弾

2016年10月13日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『プラスティック・メモリーズ』。同作に登場するキャラクターを演じる声優陣に、ファミ通.comが独占インタビューを敢行。9回にわたって、そのインタビューをお届けしていく。第2弾は、縹ヤスタカ役の津田健次郎さんだ。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第98回)  占い師のデッキが完成間近! 証と必殺技、4獄も楽しみ!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第98回(通算198回)。

ガンダムヘッドが500円玉サイズの食玩で精密立体化、通常ver.とクリアver.で外装と内部構造を楽しめる!

バンダイ キャンディ事業部は、アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツの頭部を、500円玉サイズで立体化した食玩フィギュアコレクション“機動戦士ガンダム MACHINE HEAD”を、2016年8月30日(火)より発売する。

プレイステーション VRで1ランク上の体験を提供するためのテクニックとチャレンジ【CEDEC 2016】

“CEDEC 2016”“8月24日にVR体験向上チャレンジ!:VRの体験を上げるためのテクニックとチャレンジ”と題して行われた、ソニー・インタラクティブエンタテインメントによるセッションを紹介する。

PC版『シュタインズ・ゲート ゼロ』、DMMで独占配信が本日8月26日よりスタート!

5pb.の人気タイトル『シュタインズ・ゲート ゼロ』のwindows PC版が、本日2016年8月26日より、DMMにて独占配信が開始された。

海辺や砂浜をリアルに体験できる『屋内砂浜 海の子』の魅力とは?【CEDEC 2016】

“CEDEC 2016”8月25日に開催された“子供とバーチャルリアリティー 『屋内砂浜 海の子』による遊具とデジタル技術をミックスしたゲームデザインの新たな方向性について”をリポート。

『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』最新トレーラーは“アントノフ”の最新プレイ動画を公開!

SNKプレイモアは、2016年8月25日発売予定のプレイステーション4用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』について、チーム紹介トレーラー第17 弾を公開した。

VR空間でのサウンド演出とは? “VR ZONE Project i Can”での研究成果を報告【CEDEC 2016】

CEDEC 2016で行われたセッション“仮想世界はここにある!『VR ZONE Project iCan 』におけるVR立体サウンド演出”をリポート。

8月26日を“パワプロの日”として記念日登録! これを祝し、KONAMIの野球ゲーム内でキャンペーン開催

KONAMIは、パワ(8)プ(2)ロ(6)の語呂合わせから、毎年8月26日を“パワプロの日”として記念日登録したことを発表した。