“THE LAST STORY プレゼンテーション〜新たなRPGを求めて〜”実況中継!

ゲーム Wii
多くの大作RPGを手がけてきたミストウォーカーの坂口博信氏と任天堂がタッグを組んで開発しているWii用の完全新作RPG『THE LAST STORY (ラストストーリー)』。本日、午後2時から坂口博信氏みずからが行う同作のプレゼンテーションの模様を実況中継します!

[13:49:38] 『THE LAST STORY』のプレゼンが始まります! 中継映像も公式サイトとUstreamで配信スタートした模様
[13:56:18] 開始5分前……。
[14:04:39] 始まりました。坂口氏・植松氏ら主要スタッフのクレジットが流れています。坂口博信氏氏登場
[14:05:04] ディレクターはFF5以来。体力を使うので大変でしたとコメント
[14:06:05] 自分たちの120%の力を出してダメならこれで最後の作品でもいいという決意で作った。純粋に(開発に)没頭する環境でできた。
[14:06:54] New Gameからプレイを披露。
[14:07:08] Chapter 1"Lizard's Cave"
[14:07:52] チュートリアル部分は動画で実際に動きを見られる。
[14:08:47] クォークとセイレンで進んでいきます。アクション性高い! TPSバリの隠れ動作もあります。
[14:10:03] 攻撃はオート。マニュアルで斬りつけることもできる。左のアナログスティックだけで基本攻撃中。Bでガード。
[14:11:33] エルザとユーリスでプレイ。Zボタンでオブジェクトに注目し、柱を崩して敵と遭遇せずに排除完了。
[14:12:22] ちなみに柱を崩すよう依頼したのに自分も突っ込むと死ぬそうです。
[14:12:53] なんかデカいのきたー!
[14:13:32] ユーリスが魔法を撃ったあとのサークルに入ると、剣に炎が。
[14:14:08] サクッと倒して、ムービーでも公開されていた酒場でのカットシーンへ。
[14:15:45] Zの注目モードからAでボウガンを撃てる。
[14:16:26] 地形との接触はなめらかに行えるように注力したとのこと。
[14:17:32] ここでちょっと飛びます。作っておいたセーブデータで洞窟をぬけたところから。
[14:18:15] “ギャザリング”という特徴的な技。Cボタンで発動。エルザが敵の注目を引きつけられる。
[14:19:01] 戦闘前には俯瞰視点から状況が把握できるっぽいです。
[14:19:24] ギャザリング発動で敵の注意をひきつけて、ユーリスが魔法発動。
[14:20:09] エルザがZボタンから仲間に指示出しをして直接狙わせました。
[14:20:26] 自分で敵を呼び出せる“サモンサークル”
[14:21:26] なんかさっきよりデカいのがきたー!
[14:22:06] スティックとAで回避行動。
[14:22:46] 弱点を探して頭を狙うことに。魔法サークルで剣に炎も足してます
[14:23:42] TPSの文法をすごい絶妙にRPGに取り込んでいる気がします。
[14:24:42] 誘いだして魔法で橋を破壊して、倒した!
[14:25:45] Ustreamの放送URLはこちらです。 http://www.ustream.tv/channel/the-last-story-presentation
[14:26:10] またちょっと進んで“神秘の森”に。ギャザリング使わずに戦闘してみますとのこと
[14:26:26] 魔道士に敵の攻撃が集中しています。
[14:26:50] あっというまに攻めこまれちゃいました。ここでやり直し。
[14:27:44] 「ヒゲはなんて下手なんだ」と言われないように(坂口氏)今度はギャザリングを使ってやり直し。
[14:28:32] 炎の魔法サークルを風で拡散させます。2次効果で敵の防御力を下げてます
[14:28:51] 魔法サークルを重ねあわせて複数の効果を狙うこともできます。
[14:29:32] ギャザリングで注意をひきつけて魔道士が魔法を撃つ、魔法サークルを駆使してサブ効果も狙う、と・・・
[14:29:56] アイテムドロップもあります。またシーン変わりました。
[14:30:46] 魔法を詠唱しているあいだは残り秒数が出ます。その間はギャザリングで注意を集めとけってことです。
[14:31:15] “ジャッカル”の魔法はサブ効果ですべるので、タコ殴りにしていきます。
[14:31:37] 敵の回復魔法のフィールドはエルザの風魔法で吹き飛ばします
[14:32:12] 船で戦うシーンへ。
[14:33:27] まずは普通に戦ってます。増援も来ちゃった。。
[14:35:14] やり直し。シーンスキップはA押した瞬間に飛ばしたり、一定時間後から飛ばせるようにしたり選択可能。連打しちゃって見てないの飛ばしちゃって困る人もコレで安心。
[14:35:25] 今度はおびき寄せて倒します。
[14:35:53] ボウガンでおびき寄せて“Alone”状態にし、一発で倒しました。増援は来ず。
[14:36:38] 宝箱はランダムとのこと。船を探索していきます。「1000回越えのデバッグしましたけど、ランダムなので楽しめます」
[14:37:07] カットシーン中にカメラを動かせることも。
[14:37:34] うわ、モンスターの攻撃でつかまった
[14:38:39] 十字ボタンの上でコマンドモードに。ホーリーでバリアはりました。
[14:39:19] このボス戦長いので……ということでメニュー画面に入って装備をかえました。
[14:40:42] 転がした敵に攻撃を叩き込んで倒し、またシーン変わりました。
[14:42:06] Chapter 3に。
[14:43:54] 酒場でも注目モード出せるとな。会話シーンをA連打して飛ばしまくる坂口氏。
[14:44:25] クォークとの会話でちょっとイベント発生。
[14:46:18] カットシーンの早送りは動きも早くなってますビデオを早送りした感じ。
[14:48:00] 看板に歩いてたら頭ぶつけました。町の人にぶつかると怒られたり、いろいろと細かいリアクションが。プラスボタンでマップ。
[14:48:50] イベントの早送りは途中で通常再生にもできるっぽいです。
[14:49:25] バナナ発射で町の人がコケたり、自分もコケたり。バナナアローは戦闘にも使えますとのこと。
[14:51:40] 防具屋に入って買い物。防具は上半身下半身。カラー変更も可能。パーツ単位で外して見栄えのカスタマイズ可能。街フィールド・戦闘・カットシーン全部反映されます。
[14:52:06] 裸プレイ可能。ぱんつは履いてます。
[14:52:47] セイレンにものすごいゴツゴツのアーマーを着せてます。
[14:53:04] 結局カナンのワンピースを着せました。
[14:54:13] 「ところでさー、オマエも男の子だから、体がうずいてたまらないときがあるだろー?」とセイレン。これ見せるためにエルザをパンツいっちょにしたのか!
[14:54:36] オチは闘技場でした。中盤以降の戦闘シーンへ。
[14:54:56] 古城にたまった水を泳いでます
[14:55:43] 古城じゃないですね、地下水路っぽいダンジョンです。
[14:56:43] 一旦ポーズしてコマンドモードで行動を指定していきます。
[14:57:46] メテオ撃った!
[14:58:31] 魔法フィールドとギャザリングをうまく使っていきます
[14:59:39] ありったけのスキルを叩き込んで倒しました。
[15:01:45] 坂口氏のプレゼン一旦終了、植松伸夫氏らが登壇
[15:02:48] 3曲提出したらボツを食らったと植松氏。「どこかで自分のパターン・クセが出来ちゃうんですよ。」
[15:03:43] 言ってくれる人はもうなかなかいない。(坂口氏は)これまでのRPGとは違うものをつくろうとしているんだと思った(植松氏)
[15:04:45] 自身で気に入っているのはメインテーマ。坂口氏はクォークとエルザが最初に出会ったシーンで流れていた曲「懐かしいようで、あれを聞いただけで泣ける」
[15:05:49] コンセプトアートの藤坂公彦氏。自分で気に入っているイラストはロゴと、エルザとカナンが出ているもの。
[15:06:46] パッケージの絵はしかけがあって、特製スリーブになっているらしい。スリーブをずらすとなにかあるとのこと。
[15:07:44] 制作の松本卓也氏。坂口氏と植松氏のやりとりを見ていて「これは本気だ……。大変なものに関わったぞ」と思ったらしい。
[15:10:13] 最初の1年の実験段階の話。FF7でどう3DCGを入れるかチームを組んで以来。
[15:11:03] Wifiを使ったマルチプレイの話へ。最大6人可能。今日は登壇している4人で。
[15:12:07] ちょっと書き忘れてましたが、構想とか含めると5年かかっているらしい。
[15:13:33] 闘技場で乱闘モード。
[15:14:36] 魔法なども放てます。
[15:15:02] フィールドに武器がおちていることも
[15:17:18] 魔法を放とうとしていた松本氏のユーリスを殴りまくる坂口氏
[15:18:20] 残り1分になるとポイントが倍になったり落ちてるアイテムが強くなったり。
[15:19:09] 戦前の評価が低かった植松氏が1位に。
[15:19:38] 任天堂の岩田社長が乱入!
[15:20:03] 「朝は京都にいたんですけど、来ちゃいました」と岩田氏
[15:20:55] 会うたびに坂口氏が確信していくのがわかったと岩田氏。
[15:21:29] 「来るなら来るって言ってくださいよ」と言い放つ坂口氏
[15:22:41] マリオクラブ(デバッグチーム)での作業はかなり長かった模様
[15:24:04] デバッグ期間は9ヶ月
[15:26:50] 松本氏「3年半かかりましたが、いまできる全力のもの。」
[15:28:11] 岩田氏「坂口さんの新しいチャレンジ。長い試行錯誤を経てできあがったものをぜひ皆さんの目で確認してもらいたいと思います」
[15:30:29] 坂口「いろんないい偶然が重なってここまで来れた気がします。僕らのためのものではなくて楽しんでもらう物。そのために丁寧に作りました。そういった意気込み・エネルギーを感じてもらえたらと思います」
[15:31:23] 登壇者がはけました。
[15:32:00] 歌手・カノンによるライブ。
[15:32:59] 曲は“翔べるもの”
[15:35:11] 終了です。配信も終わりました。
[15:36:26] 12月28日午後に録画配信が行われるそうです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

KADOKAWA・DWANGO経営統合記念会見が開催、新規キャンペーンやニコニコ久々の新サービス“ニコキャス”も発表!?

2014年9月30日、東京・ニコファーレにおいて、KADOKAWA・DWANGO経営統合記念会見が開催された。

『スーパーヒーロージェネレーション』新たなプレイアブルユニットやエネミーユニットが参戦決定!

バンダイナムコゲームスは、2014年10月23日に発売予定のプレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『スーパーヒーロージェネレーション』に関する新情報を公開した。

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第371回『出てきたのは、双子』

ゲームのプレイ日記を書き続ける大塚角満の『パズル&ドラゴンズ』ブログ“大塚角満の熱血パズドラ部 〜本日も斜め移動日和〜”平日はほぼ毎日更新予定!

『寄生獣』入門者向け展示イベント“寄生祭(パラサイトフェスティバル)”がコトブキヤ秋葉原館にて10月10日より期間限定で開催

 ホビーメーカー壽屋は、2014年10月放映のアニメや、実写映画2部作で話題の『寄生獣』から、入門者でも作品の世界を楽しめる展示イベント“寄生祭(パラサイトフェスティバル)”を、コトブキヤ秋葉原館5Fイベントスペースにて10月10日〜16日の期間限定で開催する。

『maimai ゴージャス★つめあわせ BOX』本日9月30日発売 サントラCD、手袋、ファンブックなど盛りだくさん!!

セガは、アーケード音楽ゲーム『maimai』のサウンドトラックCDにDVD、手袋、ファンブックなどを同梱した『maimai ゴージャス★つめあわせ BOX』を本日2014年9月30日より発売した。販売価格は5000円[税込]。

『艦これ』 陸奥と長門の1/8PVC完成塗装済フィギュアが登場! グットスマイルオンラインショップなどで予約受付開始

グッドスマイルカンパニーは、PC用オンラインゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』に登場する、 陸奥と長門の1/8PVC完成塗装済フィギュアの予約受付を、本日2014年9月30日(火)より開始した。

【先出し週刊ファミ通】『禁忌のマグナ』攻略に役立つポイントを紹介! はしもとよしふみ氏のインタビューも(2014年10月2日発売号)

週刊ファミ通2014年10月2日発売では、完全新作シミュレーションRPG『禁忌のマグナ』の第4章までの攻略ポイントを解説!

【先出し週刊ファミ通】マンガもアニメも電子書籍も! 今週の週刊ファミ通は『ログ・ホライズン』祭り!(2014年10月2日発売号)

2014年10月4日(土)よりテレビアニメ第2シリーズが始まる『ログ・ホライズン』。今週の週刊ファミ通は、『ログ・ホライズン』の情報がたっぷり!

【先出し週刊ファミ通】『新生FFXIV』フロントライン攻略・応用編&吉田P/Dのコラム第20回を掲載!(2014年10月2日発売号)

週刊ファミ通で毎号連載している、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』のファンページ“エオルゼア倶楽部”。週刊ファミ通2014年10月2日発売号では、PvP(対人戦)コンテンツの“フロントライン”攻略第2回[応用編]をお届け。隔週で連載中の吉田直樹プロデューサー兼ディレクターのコラム“吉田の日々赤裸々。”は、第20回を掲載。

【先出し週刊ファミ通】ついに発売となる『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』の魅力を、野村哲也氏のコメントを交えつつ総括!(2014年10月2日発売号)

HDリマスター化された『キングダム ハーツ』シリーズ3作品が一度に楽しめる『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』。2014年10月2日発売の週刊ファミ通では、本作の特徴と魅力を15ページの大ボリュームでナビゲートします!



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS