HOME> ニュース> 『イケニエノヨル』学生たちを襲う悲劇の連鎖

『イケニエノヨル』学生たちを襲う悲劇の連鎖

ゲーム Wii
神に生け贄を捧げていたという伝説が残る地を訪れた若者たちに、つぎつぎと襲い掛かる惨劇を描いたホラーアドベンチャーゲームが登場。

●5人の大学生と“あなた”に襲い掛かる恐怖

ev3501_comp.0534
ev4502_comp.1821
01_k5.avi_000324490
02_mb2.avi_000019919
ev1301_comp.0421
ev2500_comp.0218

 かつて生け贄の風習があったと噂される地“憑夜見渓谷(ツクヨミ)渓谷”。そこを訪れた大学生たちに降りかかる惨劇を描いた、ホラーアドベンチャーゲームが登場。

 <物語> 止まらない、悲劇の連鎖

 

憑夜見(ツクヨミ)渓谷。
そこは、神に生け贄を
捧げていたという伝承が残る地。

とある大学の仲間5人が、
この渓谷に建つ館に
集まることになっていた。
楽しい想い出になるはずの小旅行。

しかし、運命は残酷だった。

“オネエチャンヲ タスケテ”
少女の囁きが聴こえたとき、
シズカに、惨劇のマクガアガル。
5人はカクジツに ノロイに 死ニチカヅいテイく

事件カラ24時間後
ツクヨミ渓谷ヲオトずレタ“アナた”
“アナタ”ハ、ジケンノナゾヲトキアカセルノカ?

w

 登場人物たちを左から紹介。本作の舞台となる、憑夜見渓谷に建つ父親の屋敷に仲間を招待したブラック、心やさしく正義感の強いブルー、育ちがよく天然なイエロー、はきはきと意見を言うピンク、やや乱暴な性格だがさびしがりやでもある5人のうちのリーダー格レッド、この上記の5人と、屋敷を訪れた“あなた”によって物語は進行していく。
 プレイヤーは、ブラック、ブルー、イエロー、“あなた”の4人の視点で、物語を体験することとなる。

1118122750.avi_000002952
1118122750.avi_000013396

●懐中電灯の灯りを頼りに探索せよ

 訪れた屋敷内や、渓谷の各所を、懐中電灯に見立てたWiiリモコンを使って探索しよう。ときには、異形のものに襲われることもあるが、彼らを倒すことはできないので、出会ってしまえば後は逃げるしかない。
 また、本作はふたりでのプレイが可能で、2P側のWiiリモコンで襲ってくる敵を足止めすることが可能。さらに、バランスWiiボードにも対応しており、ボードの上を実際に歩行することで、ゲーム中のキャラクターが進むぞ。

02_mb2.avi_000049616
02_mb2.avi_000030597
01_k1.avi_000040240
01_k2.avi_000056322
01_k3.avi_000063463
01_k1.avi_000048181
ev3401_comp.0063

▲携帯に謎のメールが届く、その文面は……。

▲生け贄の儀式では、目玉と口をくりぬいて神に捧げていたという噂もあるのだが……。

●謎の少女

 プレイヤーの行く先々に出没する、謎の少女。5人の大学生の中でも、とくにイエローに対して接触してくるようだ。その哀しみに満ちた目は、何を訴えているのか……?

ev2201_comp.0000
ev2301_comp.0078
01_k5.avi_000329362
ev4502_comp.0781
01_k5.avi_000068501
ev2201_comp.0107

●軽はずみなひと言が……

 すべてはレッドの「肝試ししようぜ」という軽いひと言からスタートしている。5人の運命は、もうもとには戻らない……。

02_mb1.avi_000047514
02_mb1.avi_000036269
02_mb1_2.avi_000144711
02_mb3.avi_000550616
ev3200_comp.0107
イケニエノヨル
メーカー マーベラスエンターテイメント
対応機種 Wii
発売日 2011年3月24日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル アドベンチャー / ホラー
備考 バランスWiiボード対応
(C)2011 Marvelous Entertainment Inc. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』 二迅の烈風、来たる!

アークシステムワークスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、人気対戦格闘ゲーム最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』 の最新情報を公開した。

スクウェア・エニックスの完全新規RPGプロジェク ト『Project OCTOPATH TRAVELER』が始動

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『Project OCTOPATH TRAVELER』の最新情報を公開した。

『いけにえと雪のセツナ』懐かしの王道RPGが鮮やかに紡がれる

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『いけにえと雪のセツナ』の最新情報を公開した。

『魔界戦記ディスガイア5』Nintendo Switchのローンチタイトルとして登場

日本一ソフトウェアは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『魔界戦記ディスガイア5』の最新情報を公開した。

サービス15年目に突入する『ラグナロクオンライン』2017年の方針は「MMORPGらしさの提案」、運営のキーパーソンにインタビュー

PC用MMORPG『ラグナロクオンライン』は2017年12月に正式サービス15周年を迎える。そんな記念すべき今年はどんな施策を打ち出すのか。運営チームのキーパーソン3人に話を伺った。

『みんなでワイワイ! スペランカー』あの最弱(?)主人公が帰ってきたよ!!

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『みんなでワイワイ! スペランカー』の最新情報を公開した。

【ファミ通ch】FFの生みの親・坂口博信氏が『FFIII』のクリスタルタワーに挑戦!(2017年1月21日21時から)

本日(2017年1月21日21時から)、週刊ファミ通のニコニコ公式生放送"ファミ通チャンネル"にて、『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親である ミストウォーカーの坂口博信氏が、『ファイナルファンタジーIII』(ミニファミコン版)をプレイします。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年01月09日〜2017年01月15日

『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』が首位を獲得、『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』が僅差で追う

『モンスターハンター フロンティアZ』辿異種リオレウスがついに狩猟解禁!! 初登場イベントが開催!

カプコンがサービス中のオンライン専用タイトル『モンスターハンター フロンティアZ』において、2017年1月18日より“辿異種 リオレウス”のクエストが配信となった。