HOME> ニュース> 【イラスト追加】『FF』シリーズのイメージイラストなどを手掛ける天野喜孝氏が劇場用SFアニメを監督

【イラスト追加】『FF』シリーズのイメージイラストなどを手掛ける天野喜孝氏が劇場用SFアニメを監督

アニメ
天野喜孝氏が総監督を務める作品『DEVA ZAN』の記者発表会の模様をリポート。

●「誰もが見たことがない映像を創り上げたい」(天野喜孝)

TN2_1580

 こちらの記事でお伝えした、『ファイナルファンタジー』シリーズのイメージイラストなどで知られる、イラストレーター天野喜孝氏が総監督を務める作品『DEVA ZAN』。2010年12月16日に突如オープンした公式サイトでは作品の形態などは明らかにされていなかったが、本日2010年12月21日に行われた記者発表会で、その作品が劇場用SFアニメであることが明らかになった。

 天野氏はこの春、みずからの工房“スタジオ・デバロッカ”(造語:神々の集う場所の意)を設立し、自身が初めて監督として手掛ける映画『DEVA ZAN』プロジェクトをスタートさせたという。過去にテレビシリーズ『昆虫物語みなしごハッチ』や『新造人間キャシャーン』、『ガッチャマン』、『タイムボカン』シリーズの作画を手掛けていた天野氏だが、世界的アーティストとなったいま、なぜアニメの監督を? 発表会の壇上で天野氏は「神話というモチーフを、真正面から描いてみたかったんです。世界に神話はいろいろとありますが、自分が描くなら東洋の神話を描きたかった。これまで絵画や造形物など、いろいろとやってきましたが、その集大成になるような作品、新たな挑戦として誰も見たことがない映像を創り上げたいと思っています」とコメント。発表会のためだけに作られたという映像では、実写のような、または水墨画のようなタッチのアニメ作品となっており、「天野さんのイラストをそのままアニメで描くことがテーマ」(アニメーション監督:河原真明)の言葉どおり、かなり斬新な印象を受けるファンタジックな作品になりそうだ。

 気になる公開は、2012年春、全世界公開予定。これまで、ゲームでも多くのファンタジー作品に関わってきた天野喜孝氏が描く、東洋のファンタジーに期待したい。

【天野喜孝氏コメント】
 これまでに自分自身が続けてきたアート活動の新しいステップとして、絵画や造形で表現していたものを映像化することに挑戦してみたい。そんな思いで『DEVA ZAN』のプロジェクトをスタートさせました。『DEVA ZAN』は東洋の宇宙的神秘がモチーフとなっている物語であり、その背景に隠されたメッセージや世界観を、映像ならではの表現である“時間”と“音”を活用して伝える作品にしたいと思います。

 世界中の人々に新しい東洋の神秘であり、エンターテインメントである作品、『DEVA ZAN』を見てもらいたいと思います。(報道資料より。原文まま)

【作品概要】
遥かな太古の宇宙、闇のさらに闇の中、突如として飛び散る閃光があった。

それは――BIG BANG!

光の渦の中、真理宇(シリゥ/光の守護神)を護る十二神率いる光帝群(コウテイグン)と、喪魔(ソウマ/闇の支配神)率いる闇壊帝群(ヤミカイテイグン)の戦闘が開始された!

やがて闇は勢いを増し、神将たちは敗れ、時空の彼方へと姿を消していくのだった。世界は人々の記憶とともに色あせ、混沌へと化していく。

――戊辰戦争の時代、戦場を彷徨うひとりの侍がいた。ZAN(斬)である。

彼は記憶を失い、何かから逃れるように、そして何かに導かれるように山の深奥へと分け入って行った。

突如としてZANの前に現れる仁王門とその衛将・仁王(ベア)!

ZANはみずからを導いた少女を守ろうと闘うが、さらに仁王門の奥の銀河の滝に封印された黒豹・パンサーの声を聞き、ZANは自分の使命を悟る。

解散したパンサーから、ベアとともに自分がかつて神将であり、転生した者であることを教えられ、ZANたちは太古の大戦で封印された神将を解散し、光帝群を再興させるため、時空を超えた旅に出るのだった。

時間や空間を超え、仲間を集めるZANたち。鞭を操るマリア。忍術を操るサンフー、闇に堕ちた神将・ダークと対峙し、マリアの愛のチカラによりダークを闇より救済し、光の神将はひとりまたひとりと復活していくのだった。

数々の戦いを通し成長したZANたちだったが、世界の混沌は色を増していく!

再び対峙する喪魔の闇壊帝群とZANら神将たち、旅と転生により力をつけた神将は闇壊を圧倒する。

――しかし、再び現れた喪魔の力により、やがてすべての時空が闇に引きこまれていき絶体絶命、すべての空間を悪意が支配する!

ZANは喪魔を倒すため、みずからが暗黒の力へ足を踏み入れることを決意する。すべての力を使い、空間ごと闇を切り裂くZAN!

――やがて暗黒へ堕ちていく彼が、その目で見たものとは――!?


【スタッフ】
総監督・原作・原案:天野喜孝
アニメーション監督:河原真明(ラピス)
脚本:豊陽子/土橋郁哉(実相寺LLP)
制作:スタジオ・デバロッカ
エグゼクティブ・プロデューサー:柳田康友(ライトキャピタル)
ゼネラル・プロデューサー:鈴木真理子(スタジオ・デバロッカ代表取締役社長)、諸岡哲秀
アソシエイト・プロデューサー:野村信慈(スタジオ・デバロッカ)
制作・チーフプロデューサー:福岡正次(スタジオ・デバロッカ)
制作・プロデューサー:北越基樹(スタジオ・デバロッカ)
共同・プロデューサー:長谷川義晃(スタジオ・デバロッカ)
音楽/宣伝・プロデューサー:横田利夫(フォーライフ ミュージックエンタテインメント)
プロデューサー:佐々木塁(ラピス)
プロダクション・スーパーバイザー:公野勉(実相寺LLP)

TN2_1525
TN2_1671
TN2_1673
TN2_1675
TN2_1677
TN2_1678
TN2_1612
TN2_1667

▲写真右からゼネラル・プロデューサー:鈴木真理子、総監督・原作・原案:天野喜孝、エグゼクティブ・プロデューサー:柳田康友、ゼネラル・プロデューサー:諸岡哲秀(敬称略)

▲迫力満点のパンサーの立体物。もちろん、天野氏の作品だ。

A3
20101028214926_00003
V
20101028214926_00007のコピー
(C)YOSHITAKA AMANO / ST DEVALOKA

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

RPG要素を取り入れたFPSの金字塔『System Shock』リメイク版がクラウドファンディングを開始。プレα版デモで試遊も可能

Night Dive Studiosが『System Shock』リメイク版のクラウドファンディングをKickStarterで開始した。

発売日決定からトリコの秘密、そしてVRの印象まで。上田文人氏インタビュー【E3 2016】

アメリカ・ロサンゼルスにて、世界最大のゲーム見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2016が開催。プレイステーション4用ソフト『人喰いの大鷲トリコ』について、ゲームデザイン及びディレクションを務める上田文人氏にインタビューをする機会をいただいた。

E3 2016記事のPVランキングを30位まで紹介! ファミ通.comで注目を集めたのは、どのタイトルのニュース?【E3 2016】

“E3 2016”関連のニュースの中で、PVが高かった30本の記事をランキング形式で紹介。

堀井雄二氏も大絶賛! “ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”の新たなモンスターや衣装が公開

2016年7月22日より順次、埼玉、福岡、名古屋、大阪、横浜にて上演予定のアリーナショー“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”。本公演に登場するモンスターや衣装の監修に堀井雄二氏が訪れた際のオフシャルリポートが到着。

『人狼パーティー』女流棋士、プロ雀士、AI研究科。人狼ゲーム愛好家だらけの先行体験会に参加

2016年6月28日、NHN ハンゲームは7月下旬のサービス開始を予定しているPC用ブラウザゲーム『人狼パーティー 〜believe or deceived〜』の関係者向け体験会を開催した。

『討鬼伝2』“ミタマの力 戦闘スタイル”紹介動画を公開!【動画あり】

コーエーテクモゲームスは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『討鬼伝2』について、英雄たちの魂“ミタマ”の11種類の戦闘スタイルついて紹介する動画を公開した。

ブロックを組み合わせてマシンを作り、未開の荒野を探索するマルチプレイゲーム『Pioneers』が発表

元Press Playの創設者たちによる新スタジオLightbulb Gamesが、第1弾タイトルとして『Pioneers』を発表した。

“E3 2016”の会場内で『FFXIV』吉田氏にパッチ3.35の全容を直撃!【E3 2016】

E3 2016の会場内で実施された、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの日本メディア向け合同インタビューの模様をお届け。次期アップデートのパッチ3.35で公開される“ディープダンジョン 死者の宮殿”のさらなる秘密を、今回のプロモーション活動の手応えとともに直撃した。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。