任天堂やSCE、スクウェア・エニックスなど、大手メーカーが自信作をお披露目【ジャンプフェスタ2011】

ゲーム
“ジャンプフェスタ2011”で出展されたゲームメーカーのブースリポートをお届け!

●ゲームメーカーのブースリポートをお届け

 週刊少年ジャンプやVジャンプ、ジャンプSQなど、集英社の人気雑誌のコンテンツが一堂に集うイベント“ジャンプフェスタ2011”が2010年12月18日、19日の両日、千葉県・幕張メッセにて開催。ここでは、ゲームメーカーを中心にブースリポートをお届けする。

■スクウェア・エニックス

 スクウェア・エニックスブースでは、試遊タイトルが充実。PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『ザ・サード バースデイ』(2010年12月22日発売)、『キングダム ハーツ バース バイ スリープ ファイナル ミックス』(2011年1月20発売)、『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』(2011年3月3日発売)、ニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル』(2011年3月31日発売)、『サガ3 時空の覇者 Shadow or Light』(2011年1月6日発売)、ケータイ電話のドコモiモード向け『ドラゴンクエストモンスターズ ウォンテッド!』(配信中)、そしてこちらの記事でもお伝えした、発売が発表されたばかりのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション』(2011年春発売)の試遊もすでに可能となっていた。
 メガシアターでは、発売間近の『ザ・サード バースデイ』をはじめ、『キングダム ハーツ バース バイ スリープ ファイナル ミックス』、『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』などの最新映像が公開。なお、今回は2011年1月18日に開催されるプレミアイベント“SQUARE ENIX 1st Production Department Premiere”が近いこともあってか、“ファブラ ノヴァ クリスタリス ファイナルファンタジーXIII”関連の映像出展はなし。
 また、同ブース内では、各タイトルの試遊やグッズを購入するとスタンプがもらえるスタンプラリーを実施。スタンプを2個もらうと2種類のポストカードセットのどちらかが、3個集めるとさらにおまけプレゼントが!

 こちらで、新しいミラージュアリーナのフィールドがプレイできた『キングダム ハーツ バース バイ スリープ ファイナル ミックス』と、試遊版では初となる新キャラクターが遊べた『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』のプレイリポートをお届け。

TN2_0877
TN2_0813
TN2_0831
TN2_0810
DSC01525
TN2_0874

▲ソラのオブジェの前は『キングダム ハーツ Re:コーデッド』のすれちがい通信コーナーに。

▲ツリーをよく見ると……。

TN2_0872
TN2_0864
TN2_0868

▲スライムタワーもサンタ帽をかぶってクリスマスムードもたっぷり。その横には『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』カラーコードが公開。限定おしゃれ着がゲットできるのだ。

▲『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル』と『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション』は初めての試遊版出展となる。

■カプコン

 既報のとおり(→こちら)、『モンスターハンターポータブル 3rd』が大賑わいだったカプコンブース。『モンハン』関連ではもう1タイトルPSP用ソフト『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』が4台で展開されこちらも人気を博していた。一方、プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『マーヴル VS. カプコン 3 フェイト オブ トゥー ワールド』は、6台の試遊台で展開されていた。現時点で30キャラ程度の登場キャラが発表されている『マーヴル VS. カプコン 3 フェイト オブ トゥー ワールド』だが、会場ではそのうちの18人が使用可能で、リュウを筆頭におなじみのキャラでプレイする姿が見られた。

TN2_0193
TN2_0183
TN2_0306

■バンダイナムコゲームス

 『ドラゴンボール』や『ワンピース』、『NARUTO-ナルト-』など、週刊少年ジャンプの看板タイトルのゲームを多数持つバンダイナムコゲームスは、全メーカーの中でもトップクラスの出展スペースで展開。ゲームタイトルも充実しており、アーケード向けゲームもあわせると全部で12タイトルを出展した。ゲーム大会が開催された、ニンテンドーDS用ソフト『ワンピース ギガバトル』、プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『ドラゴンボール レイジングブラスト2』、プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム2』の人気ぶりは相変わらずだったが、見逃せないのがPSP用ソフト『るろうに剣心・明治剣客浪漫譚・再閃』の初プレイアブル出展。往年の人気マンガがPSPで格闘ゲームとなって蘇るとのことで、3台設けられた試遊台は人が途切れることがなかった。一方で、バンダイナムコゲームスの看板RPGシリーズの2タイトル、PSP用ソフト『テイルズ オブ ザ ワールド レイディアント マイソロジー3』とプレイステーション3用ソフト『テイルズ オブ グレイセス エフ』も仲よく出展。2011年春発売予定のニンテンドーDS用ソフト『君に届け2(仮題)』の映像初出展などもあり、豊富なコンテンツを見せつけた。

TN2_0205
TN2_0214
TN2_0224

▲『テイルズ オブ ザ ワールド レイディアント マイソロジー3』(左端)や『るろうに剣心・明治剣客浪漫譚・再閃』(中央)などが出展。バンダイナムコゲームスのブースで見つけたサイバーコネクトツーの松山洋社長をパチリ!

■セガブース

 セガブースでは、PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』(2011年2月24日発売予定)、『シャイニング・ハーツ』(2010年12月16日発売予定)、アーケードゲームですでに稼働中の『初音ミク Project DIVA Arcade』の3タイトルの体験コーナーが設置。

初音ミク Project DIVA Arcade』と『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』は、当イベントのための特別バージョン仕様となっており、とくに『初音ミク Project DIVA Arcade』は多数の来場者が詰めかけたため、途中から同作の試遊には整理券が配布されるほど。3タイトルとも、当日体験プレイした人には、先着で関連アイテムも配布されていた。

 また、同ブースでは、こちらの記事で紹介しているとおり、『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』のUMD体験版がもらえる“ファンタシースターポータブル2 インフィニティUMD体験版 1万人プレゼントキャンペーン”の応募ハガキを配布、投函用の専用BOXが設置(セガブースのフタッフが専用BOXを持っています)されている。セガブースへ足を運んだ際は、ぜひ応募しよう。

TN2_0424
TN2_0439
TN2_0453

■コーエーテクモゲームス

 同ブースの注目は、初プレイアブル出展となったWii用ソフト『戦国無双3 猛将伝』とプレイステーション3用ソフト『戦国無双3 Z』。午後には“『戦国無双』スペシャルステージ”が実施され、ゲストに神谷浩史さん(浅井長政役)と前田愛さん(お市役)が登場した。ふたりが登場するや否や、ファンからは大歓声が。大多数が女性ファンということもあって、東京ゲームショウとはまた違った盛り上がり。ステージでは、神谷さんと前田さんが『戦国無双3 猛将伝』と『戦国無双3 Z』収録時のエピソードや、ステージで実際に浅井長政とお市のやり取りなどが披露された。また、サイン入りポスターが当たるジャンケン大会も開催され、イベントは歓声や笑いが絶えない賑やかなものとなった。“『戦国無双』スペシャルステージ”は2010年12月19日(日)にも実施される。19日のゲストは草尾毅さん(真田幸村役)と緑川光さん(明智光秀役)の予定。ちなみに、同日午後1時からは文化放送で放送中の“コーエーテクモPresents 小野坂昌也・竹本英史のネオロマ&無双”のステージも行われる。

TN2_0465
TN2_0459
DSC01564
DSC01574

▲神谷さんは『2』から演じている浅井長政について、「まっ直ぐな青年で演じていて気持いいんですが、その性格を長時間演じると気持ちの維持が難しくなってくるんです」とコメント。前田さんは、お市を『1』のときは高いトーンで演じていたということだが「『2』以降は少し大人っぽくしました。シリーズを重ねるごとに役作りが難しいキャラクターですね。『4』があるなら、それまでに役作りのための引き出しを増やしておきたいです」と、今後の意欲を語った。

■ハドソン

 ハドソンの注目株は、“ジャンプフェスタ2011”唯一のKinect対応タイトルとなる『DECA SPORTA FREEDOM(デカスポルタフリーダム)』。海外ではすでに2010年11月末に発売され、スマッシュヒットを記録した同作だが、日本ではちょうど2010年12月16日に発売されたばかり。会場では、全10種類収録されたスポーツの中から、“フィギュアスケート”、“アーチェリー”、“モーグル”の3種目がプレイ可能。Kinectの魅力を遺憾なく披露していた。そのほかでは、発売中の2タイトルWii用ソフト『パーティーゲームボックス100』とニンテンドーDS用ソフト『テトリスパーティー』を出展。家族連れが仲よく楽しむ姿が印象的だった。

TN2_0244
TN2_0250

■タカラトミー

 タカラトミーが出展したのは、ジャンプを原作に持つ発売中の2タイトル、Wii用ソフト『NARUTO-ナルト-疾風伝 激闘忍者大戦!』とニンテンドーDS用ソフト『家庭教師ヒットマンREBORN!DS フレイムランブルXX 超決戦!真6弔花』。とくに家庭教師ヒットマンREBORN!DS フレイムランブルXX 超決戦!真6弔花』は、2010年12月9日には全国大会の決勝大会が行われるとのことで、ひと際盛り上がりぶりを見せていた。

TN2_0234
TN2_0241

■マーベラスエンターテイメント

 同社ブースで遊べたのは、Wiiおよび、プレイステーション3用ソフト『ルーンファクトリー オーシャンズ』(2011年2月24日発売予定)、PSP(プレステーション・ポータブル)用ソフト『勇者30 SECOND』(2011年2月10日発売予定)、PC向けブラウザゲーム『みんなで牧場物語』の3タイトル。ゲームをプレイすると、特製ステッカーとクジ引きによるグッズプレゼントも実施されていた。『ルーンファクトリー オーシャンズ』の体験コーナーでは、PlayStation Moveを使った直感的な操作で同作が試遊でき、武器を使う際や犬を撫でたりといった行動時にモーションコントローラを振って操作する内容となっていた。

TN2_0480
TN2_0486

■ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン

 同社ブースには、現在発売中のプレイステーション3用ソフト『ドラゴンボール レイジングブラスト2』や『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2』(いずれもメーカーはバンダイナムコゲームス)、PlayStation Move専用ソフト『Beat sketch!』などの試遊コーナーが設置。ブース中央には“PlayStationスタジオ”と題されたイベントステージが用意され、声優と一般参加者がチームとなってクイズやゲームにチャレンジするイベントが実施されていた。また、ブース内では“PlayStationスタジオ”の号外が配布されており、この号外には『BLEACH ソウル・イグニッション』(2011年発売予定)の体験版『地獄篇 特別体験版』を先行入手できるプロダクトコードが記載されている。ぜひ、ブースへ足を運んで号外を入手しよう。

DSC01558
TN2_0506

▲声優といっしょにチャレンジできるステージイベントの出場者は、実技(ゲーム)試験、筆記(クイズ)試験の条件を満たした人の中から抽選で選ばれる。ちなみに、19日は3回ステージイベントが予定。

▲『BLEACH』の48巻や『バクマン。』11巻など、最新刊の冒頭の1話がダウンロード配信。これらはPSP(プレイステーション・ポータブル)で読むことができる。

TN2_0510
TN2_0515
TN2_0523

■任天堂

 カラフルなデザインが印象的な任天堂ブースは、発売中のWii用ソフト3タイトルをお披露目した。『ドンキーコングリターンズ』と、『MARIO SPORTS MIX(マリオスポーツミックス)』、そして『毛糸のカービィ』だ。取材した時点でどのタイトルも軒並み30~40分の待ち時間を作り、さすがの人気ぶりを見せていた任天堂ブースだが、いちばん力が入っていたのは2010年12月9日に発売されたばかりの『ドンキーコングリターンズ』。通常の試遊のほかにタイムアタックを楽しめるモードなどもプレイ可能で、子どもたちを喜ばせていた。さらに『ドンキーコングリターンズ』では、“TVCM撮影セット”も展示。こちらは、嵐のテレビCMの撮影セットを会場で再現するというもの。来場者は、それぞれ嵐の松本潤と櫻井翔になりきって、記念撮影を楽しんでいた。

TN2_0260
TN2_0267
TN2_0281
TN2_0278
TN2_0292

▲『マリオ』25周年を記念しての出展も。

▲『ドンキーコングリターンズ』の“TVCM撮影セット”。お友だちでパチリ。ステキな思い出になりそう。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

【超速報】第1回『ぷよクエ』公式ニコ生で公開された最新情報まとめ

2014年10月31日(土)午後8時から放送された、“ぷよクエ公式ニコ生#1”で公開となった最新情報まとめをお届け。

『モンスターハンター』プレイまんが“モンでき。” 『MH4G』第1回

『モンスターハンター4G』プレイまんが、第1回!

『ファイナルファンタジーXV』は新生Luminous Studioで開発、広大すぎるダスカ地方も公開された“田畑Dのアクティブ・タイム・レポート”

2014年10月31日、東京ゲームショウ 2014を皮切りに2回行われた“FF零式HD緊急トークショウ”がタイトルを新たに“田畑Dのアクティブ・タイム・レポート”として、SQUARE ENIX PRESENTS JAPAN(スクウェア・エニックスのさまざまな情報を発信するオンライン・ストリーミング・チャンネル)で生放送された。

『DQM スーパーライト』で『DQV』イベント開催 リボンを付けた子ネコといえば……

『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』で、新イベント“DQカーニバル ドラゴンクエストV”の序章“子ネコとの出会い”が開催となった。

『FFXI』 11月上旬のバージョンアップにてジョブの調整とNPC“リンクシェル・コンシェルジュ”の追加を実施

スクウェア・エニックスは、MMORPG『ファイナルファンタジーXI』について、2014年11月上旬に実施するバージョンアップにてジョブ調整と、NPC“リンクシェル・コンシェルジュ”追加についてのトピックスを公開した。

舞台『戦国BASARA4』の公演がいよいよスタート! 島左近や柴田勝家ら新キャスト参戦でますますパワーアップした戦国群像劇の公開通し稽古の模様をお届け

カプコンのアクションゲーム『戦国BASARA4』を原作とした“舞台『戦国BASARA4』”の公開通し稽古の模様を、写真たっぷりでお届け!

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第56回 提督と残存艦隊総力戦

期間限定イベント『AL作戦/MI作戦』も最終ステージ。総力戦で敵を退けることができるか!?

【話題】ハロウィン

本日(2014年10月31日)公開された記事の中で、特に話題の記事をコメントとともにまとめてご紹介します。

『信長の野望・創造 with パワーアップキット』は『創造2』と呼ぶにふさわしい大ボリューム──コーエーテクモゲームス小笠原プロデューサーにインタビュー

コーエーテクモゲームスよりプレイステーション4、プレイステーション3、PC用ソフトとして発売されるシミュレーションゲーム『信長の野望・創造 with パワーアップキット』。今回は、コーエーテクモゲームスの小笠原賢一プロデューサーに、本作の強化点についてうかがった。

『FFXIV』 エオルゼアカフェの来店者が5000人突破! レベル1グランドカンパニー解放が11月16日より開始

スクウェア・エニックスは、MMORPG『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』とパセラリゾーツがコラボレーションしたコンセプトカフェ“ファイナルファンタジー エオルゼアカフェ”について、来場者数が5000人を突破したことを発表した。また、これにともない、2014年11月16日(日)より、レベル1のグランドカンパニーを解放し、スタンプラリーを実施。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS