豪華キャスト陣が勢揃い、『二ノ国』完成披露会詳報

ゲーム DS
レベルファイブが、スタジオジブリと作曲家の久石譲氏とともに手掛けたニンテンドーDS用ソフト『二ノ国 漆黒の魔導士』の完成披露会が都内で開催。豪華キャスト陣が勢揃いする盛大な催しとなった。

●個性的なキャスト陣のトークショーは爆笑の内容に

YOS_6878

 レベルファイブが、スタジオジブリと作曲家の久石譲氏とともに手掛けたニンテンドーDS用ソフト『二ノ国 漆黒の魔導士』(以下、『二ノ国』)が、いよいよ2010年12月9日に発売される。それを記念して、前日に都内で完成披露会が開催。事前応募で選ばれた1000人のユーザーを招き、ソフトの発売を盛大に祝った。

 冒頭に登壇したレベルファイブの日野晃博代表取締役社長は、「このプロジェクトが発足されてから2年半から3年の月日が流れましたが、本当にいい作品ができました」と挨拶。レベルファイブの新規タイトルでは過去最高となる初回60万本の受注が入っていることを明かし「今後これが、100万、200万本のタイトルに育つことをスタッフ一同期待しております」と意気込みも語った。ゲームのプレゼンテーションでは、チーフディレクターの本村健氏と、本作に同梱される魔法の本“マジックマスター”でディレクターを務めた丸屋教子氏が登場。船に乗って訪れる島を舞台に、マジックマスターの使いかたを実機プレイで紹介した。

YOS_6910

 マジックマスターは『二ノ国』をプレイするうえで必要不可欠な存在。たとえば今回のデモプレイの舞台となった島の位置も本の中には描かれており、さらにそこに生息するモンスターたちの特徴や弱点まで記されているのだ。丸屋氏は「新しい土地に来たときは、マジックマスターで周囲の環境をチェックしながら進むのがオススメです」と話し、さらに深い利用方法にも言及。マジックマスターには世界地図だけでなく、各エリアの詳細なマップも描かれており、さらにそこから秘密の宝箱のポイントまで読み取ることができるのだ。また、そうやって手に入れたアイテムなどを合成するためのレシピも記載。デモプレイでは、秘密の宝箱で見つけた“ゆでたま”、“ソーセージ”とすでに持っていたサンドウィッチを合成して、より効果の高いハンバーガーを作る手順が披露された。ちなみに本村氏いわく「食べ合わせがよさそうなものなら、だいたい合成できます」とのこと。

KO3_0158
KO3_0223

 デモプレイに続いては、ゲームの楽曲を手掛けた久石譲氏からのメッセージを上映された。アイルランド地方の民族音楽をベースにしつつ、「懐かしくて未来につながる世界観を目指した」と語り、すべての楽曲をわずか7日間で制作したと語る久石氏。「これは調子がいいときの傾向ですし、作曲家として作品に臨む姿勢がまったくブレなかったので、いい作品ができました」とみずからその仕上がりに太鼓判を押した。また、「いつかコンサートをやってもいんじゃないでしょうか」という気になる発言が。日野氏も「ぜひ実現させたいなと思っております」と前向きなコメントを残した。

YOS_6933

 『二ノ国』と言えば、映画顔負けの豪華なキャスト陣も見どころのひとつ。完成披露会ではその中から主人公の“オリバー”を務める多部未華子、ヒロインの“マル”を務める長澤まさみを始め、“シズク”役の古田新太、“ジャイロ”役の大泉洋、“ニャンダール14世”役の八嶋智人、“カウラ”役の渡辺えり、“ブヒーデン”役の溝端淳平、アリー役の黒田知永子が、そしてアニメーション監督を務めたスタジオジブリの百瀬ヨシユキ氏が登場し挨拶を行った。しかし、主役とヒロインこそとどこおりなく進んだもの、大泉洋、八嶋智人という個性的な面々の順番になると話はあらぬ方向へ。大泉は「収録が若干前だったので、正直内容をあまり覚えておらず……」とぶっちゃければ、八嶋も「ニャンダール14世はすごい大きな体で……」とザックリとしたコメント。さらに大泉は「ジャイロにはどこか、英国紳士的な要素もありまして」となぜか『レイトン教授』の話を始める始末で、これには日野氏が思わず笑いながら突っ込みを入れることに。客席はもちろん、登壇者も腹を抱えて笑ってしまうキャスト挨拶となった。一方百瀬氏は、開発時の状況に触れ「ゲームであることを考えずおおむね、いつものスタイルで作りました」しっかりとしたコメント。また「僕らが作った絵をニンテンドーDS上であれだけキレイに再生するのはたいへんだったと思います」とレベルファイブ開発陣に向けて労いの言葉を贈っていた。この言葉を受けて日野氏は、『二ノ国』のデータはニンテンドーDS用ソフトでは過去に例がないほどの大容量であると説明。「画質的はニンテンドーDSソフトの中でも最高峰だと思います」と胸を張った。

YOS_6939
YOS_6986

多部未華子(主人公・オリバー役)
「初めてアニメーションの声を担当したのですごく緊張しましたが、スタジオジブリさんの壮大なスケールや久石さんのすばらしい音楽が展開される作品の中に、私も携わることができてとても光栄です」

長澤まさみ(マル役)
「小さいころから見ていたスタジオジブリさんのアニメーションを見ながらの収録でしたので、ものすごいテンションが上がりました。自分も物語を楽しみながら収録させていただきました」

YOS_7000
YOS_7173

古田新太(シズク役)
「妖精の役ということで、ゲームをプレイしていただければわかると思いますが、私の声がぴったり合っています。とてもいい仕事ができたと思っていますので、ゲームを楽しんでください」

大泉洋(ジャイロ役)
「収録したのが1年半ぐらい前になるので、どんなキャラクターだったかあまり覚えていません(笑)。ゲームをプレイしてジャイロがどんな男なのか教えてください(笑)」

YOS_7203
YOS_7051

黒田知永子(アリー役)
「ちょっとせつないお母さんと子どもの物語が展開されるところでは、娘のことを想いながら演じさせていただきました。ご家族で楽しんでいただけたらいいなと思います」

八嶋智人(ニャンダール14世役)
「1世から14世まで役作りを重ねてきました。14世重ねてきた重みを楽しんでいただきたいと思います(笑)」

YOS_7086
YOS_7270

渡辺えり(カウラ役)
「スタジオジブリの作品に出演したいという夢が叶いました。本当におもしろいゲームなのでみなさん楽しんでください。私も楽しみたいと思います」

溝端淳平(ブヒーデン役)
「ゲームもアニメも大好きで、とくにニンテンドーDSとジブリ作品で育ってきたので、そのふたつが合体したプロジェクトに参加できて光栄です」

YOS_7010
YOS_7250
YOS_7139

▲大泉を中心にトークはいい感じに脱線し、ステージ上ではまるでお笑いライブのような状況に。

▲しっかりとしたコメントでトークショーを締めた百瀬氏。

 檀上では多部、長澤、古田、大泉という主要キャスト陣でのトークショーも実施。4人は今回のイベントに向けて事前にソフトをプレイしており、それぞれが作品の感想や見どころなどを語った。ちなみにさきほどの挨拶で会場を笑わせた大泉は、ここでも再び爆笑を巻き起こすことに。「かなりやりましたよぉ!」と自信満々に話し始めた大泉は、現在“滝の回廊”というところまで進み、さらにそこで超強力なボスを撃破したと鼻息荒く説明。すると、これを聞いたほかの出演者たちからは“失笑”という言葉がピッタリな反応が。じつは大泉が苦労して辿り着いたという滝の回廊はゲーム最序盤に訪れるエリアで、さらに超強力なボスはバトルの練習用的な存在だったという。痛いところを突かれた大泉は「倒したときの達成感は何物にも変えがたかった!」、「攻略本を買わなければ倒せないと思ったんですよ!」とまくし立てるが、日野氏から「なんだか大泉さんが主役っぽくなっていますけど、違いますよね(笑)」と冷静な突っ込みを受け、素直に引き下がることに……。そのほかトークショーでは全員、オープニングがすばらしかったとコメント。多部は「始めから悲しいから、どうしようかと思いました……」と収録に向かうときの気持ちの置きどころについて語った。

YOS_7324
YOS_7389
YOS_7343

 トークショーに続いては、先日よりスタートした『二ノ国』のテレビCMに出演している人気子役の芦田愛菜がステージに登場。3種類のCM映像をスクリーンで上映し、日野氏は「『二ノ国』は親子をテーマにしたストーリーなので、“親子でも遊べる”というメッセージを込めました」とCMのコンセプトを紹介し、芦田の演技について「とても子どもとは思えない」と絶賛した。芦田はCM映像がスクリーンで流れることに「ちょっと恥ずかしいです」と照れながらも「とってもかわいいキャラがいっぱい出てくるので、みなさん『ニノ国』を買って楽しんでください!』と大人顔負けの挨拶を披露していた。

YOS_7478
YOS_7511

 完成披露会のフィナーレは、『二ノ国』エンディングテーマ『心のかけら』を歌う麻衣による生ライブ。じつは麻衣は作曲をした久石氏の娘で、さらに作詞は鈴木敏夫氏の娘である鈴木麻実子氏が手掛けている。日野氏はここでもゲームのテーマである親子が関係していると説明し「この曲ができたとき、この作品がいい作品になることを確信できました」と感慨深げに話していた。また麻衣は「歌えたことをうれしく思います。この曲が『ニノ国』とともに皆さんへ広がってくれることを願って歌います」とコメント。心を込めた歌声で、ソフトの船出を祝した。

KO3_0290
YOS_7582
KO3_0297
YOS_7623
YOS_7639
YOS_7650

▲日野氏は最後の挨拶で、「『二ノ国』はレベルファイブが『レイトン教授』、『イナズマイレブン』に続いて打ち出すビッグタイトルだと考えています。また、本を使ったシステムも斬新なものとなっており、今後もこのような何か新しいものを追い求めながら作り続けていこうと思います」と、次回作への意欲も見せた。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『エルソード』“超越”でバトルのありかたが一変! 秋季アップデートの詳細が判明

NHN ハンゲームが運営するPC用オンラインアクションRPG『エルソード』の今秋のアップデート計画をご紹介。三次職に導入される超越スキルの秘密や、英雄ダンジョンに追加されるヘルモードの詳細など、注目の新情報をご覧あれ!

新キャラ、エースは可能性の塊……!? 『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送#5 詳細リポート!

2016年9月26日に、ニコニコ生放送にて放送された“DFF公式生放送#5 エース参戦&シアトFF AC稼働直前 SP”。5回目となる公式生放送では、『DFF』に新規参戦するキャラクター・エースの紹介や既存キャラクターの調整情報、公式全国大会の優勝チーム“@rumblePlaza”をゲストに、盛りだくさんの内容となった。本記事ではその詳細リポートをお届け!

国内配信の遅さは計画通りだった!? 『ポケモンGO』開発者が明かす“リリースまでの歩み”

『ポケモンGO』を手掛けるナイアンティックとポケモン両社のキーマンに制作秘話とこれからの展望を聞いた 

リオ競泳メダリストの松田丈志さんが“東京ジョイポリスVR大使”に就任! VRアトラクションの魅力を伝えるイベントを開催

セガ・ライブクリエイションが運営する東京・台場の屋内型テーマパーク、東京ジョイポリスにて、セガサミーグループ所属のリオ競泳メダリスト・松田丈志さんが、“東京ジョイポリスVR大使”に就任。2016年9月27日に、VRアトラクションの楽しさを伝えるイベントが開催された。

【先出し週刊ファミ通】『モンスターハンター ストーリーズ』発売直前! 南国風の“クプニ村”をチェック!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、 いよいよ発売が目前に迫った『モンスターハンター ストーリーズ』の最新情報をボリューム増の8ページのお届け。

『ファイナルファンタジーXIV』Patch 3.4“魂を継ぐ者”が公開 “ダブルクロスホットバー”機能などが追加

スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』において、大型アップデートとなるPatch3.4“魂を継ぐ者(Soul Surrender)”を公開開始した。

【先出し週刊ファミ通】『RPGツクール フェス』自分だけの冒険を作って配信しよう!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、『RPGツクール フェス』の最新情報をお届け。

【先出し週刊ファミ通】東京ゲームショウ2016来場者の期待作は? よかったブースは? TGS来場者に聞く、“ゲームファン意識調査”特集(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、特集“東京ゲームショウ2016来場者に訊いた! ゲームファン意識調査”をお届け! 

週刊ファミ通の誌面企画用にプレイステーション VR(PS VR)を体験してくれる方を募集!

週刊ファミ通2016年10月27日号(2016年10月13日発売)でプレイステーション VR発売記念特集を掲載予定。この特集記事の中で、老若男女さまざまな世代のユーザーの皆さんにプレイステーション VRを実際に体験していただき、その感想コメントとお写真を掲載させていただく企画を行います。こちらの企画にご協力いただける方を募集!

『大航海時代 Online』がYahoo!ゲームでサービス開始! 初回半額キャンペーンも

コーエーテクモゲームスは、サービス中の海洋冒険オンラインRPG『大航海時代 Online』について、ヤフーが運営するオンラインゲームサービス“Yahoo!ゲーム”にて、2016年9月27日よりWindows版のサービスを開始したことを発表した。