HOME> ニュース> パブリッシャー業務を開始するイメージエポックが新作“JRPG”を発表

パブリッシャー業務を開始するイメージエポックが新作“JRPG”を発表

ゲーム プレイステーション3 PSP PC ブラウザゲーム ソーシャルアプリ
2010年11月24日、都内にある日本橋三井ホールで、イメージエポックが“新作発表会2010兼JRPG宣言決起会”と題した発表会を開催。イメージエポックは、これまでデベロッパーとして『ルミナスアーク』シリーズや『セブンスドラゴン』、『ラストランカー』などの開発を担ってきたが、当発表会ではパブリッシャーとして業務を展開していくことや、同社が開発していく“JRPG”の新作タイトルなどが発表された。

●RPGを中心にさまざまな新作が発表

WA3_7477

 2010年11月24日、都内にある日本橋三井ホールで、イメージエポックが“新作発表会2010兼JRPG宣言決起会”と題した発表会を開催。イメージエポックは、これまでデベロッパーとして『ルミナスアーク』シリーズや『セブンスドラゴン』、『ラストランカー』などの開発を担ってきたが、当発表会ではパブリッシャーとして業務を展開していくことや、同社が開発していく“JRPG”の新作タイトルなどが発表された。また、それら同社の“JRPG”の情報を発信するポータルサイトJRPG公式サイトの立ち上げも併せて公開された。

 まず、イメージエポックが定義する“JRPG”、そして同社がパブリッシャーに参入する理由として「JRPGとは海外で生まれた言葉で日本製のRPGのことを指していう言葉です。その独特の感性から、海外ユーザーで広く受け入れられているとは言い難く、日本製RPGを揶揄する言葉として広まりつつあります。しかしながら、イメージエポックはJRPGを愛し、日本生まれのJRPGを、より魅力的に、より大勢の方々に遊んでほしいと願っています。イメージエポックはJRPGメーカーとして、パブリッシャー事業に参入いたします」と発表。この日、各新作のプレゼンのため壇上に上がったイメージエポック代表取締役の御影良衛氏自身もJRPGが大好きで、それがゲーム業界に入った理由のひとつだと語るが、最近のゲーム業界は「元気がない。新作RPGが少ない」と言われている現状を憂慮。「自分たちが新しいRPGを模索していきたい」と意気込みを語り、新作のプレゼンに移った。

WA4_0669

 イメージエポックがパブリッシャー第1弾として発表したのが『最後の約束の物語』。これはダークジュブナイルファンタジーとされ、“黄金の騎士の最後の一日”を描いた作品で2011年4月28日にPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフトとして発売予定。ここで、ゲストに同作の登場キャラクター、リゼット役を務める声優の喜多村英梨が登場。喜多村は、ゲーム中のナビゲートボイスを担当している。同作の印象を問われ、「消耗が激しいです」といったような悲痛なセリフが多く、物語もバトルもシビアな作品との感想を抱いたという。リゼットという役柄については「凛とした女性。女の子らしいというよりは、淡々とした感じのキャラクターです」と印象を述べた。また、御影氏は『最後の約束の物語』のシステムについて、コマンド式のRPGということを明かし、キャラクターが死んでしまっても生き返らないため、何人が生き残ってエンディングを迎えられるかが、ポイントのひとつだとした。

WA4_0640
WA4_0644
WA4_0645
WA4_0657
WA4_0676
WA4_0696

 つぎに紹介されたのがニコニコ動画などで発表され、人気を博しているデジタルコンテンツ『ブラック★ロックシューター』の初のゲーム化『ブラック★ロックシューター THE GAME』。この作品の発表では、『ブラック★ロックシューター』に登場するhuke氏による少女キャラクターをフィギュア化して発売しているグッドスマイルカンパニーの代表取締役、安藝貴範氏が登壇。御影氏と安藝氏が『ブラック★ロックシューター』の概要や魅力を語り、ゲーム化にいたる経緯などが語られた。ゲーム化に当たって御影氏は、物語の設定が生き残った人類が12人であることなど、オリジナルの『ブラック★ロックシューター』とは違う新しい世界観を提供していくことなどを明らかにした。また、会場でPVされた映像には、ディレクターに新納一哉氏(おもな作品は『Fate/EXTRA』や『ラストランカー』など)、シナリオに野島一成氏(おもな作品は『ファイナルファンタジーVII』や『ラストランカー』など)、声優陣も豪華な顔ぶれが名を連ねており、かなりの大作になりそうな印象だ。発売は2011年の夏を予定。『ブラック★ロックシューター THE GAME』も『最後の約束の物語』と同様にPSP用ソフトということで、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのプレジデント、河野弘氏も会場に駆け、イメージエポックの企画力、クオリティーの高さ、JRPGへの高い志に共感していると述べ、「何かやってくれそうな期待感を抱いている」とコメントした。

WA4_0711
WA4_0714
WA4_0719
WA4_0727
WA4_0740
WA4_0755
WA3_7641
WA4_0770
WA4_0768

▲河野氏はプレイステーションファミリーの新たな一員となるイメージエポックの御影氏に「いっしょにやっていきましよう!」と固く握手を交わした。

WA3_7683

▲セガの国内リージョン統括本部 国内CS事業部 事業部長 野本章は「イメージエポックの作品はユーザーの評価が高い。エポックメイキングな作品を海外に向けても発信していってほしい」とコメント。

 発表会の後半では、イメージエポックの作品の流通をセガが担当することや、オンラインとモバイル事業の発表も行われた。オンライン事業については、2011年夏にNHNジャパンが運営するオンラインゲームコミュニティサイト、ハンゲームで『シュヴァリエ サーガ タクティクス』というシミュレーションRPGを展開することが明らかに。この作品はPCとプレイステーション3、さらにはスマートフォンでも展開するとし、この3つのフォーマットで連動する作品は、おそらく世界初になるだろうとしている。

 また、ドワンゴ取締役の夏野剛氏が登壇し、ニコニコ動画で展開するゲームについて発表も行われ、夏野氏は2010年12月からにニコニコ動画が新たに展開するニコニコアプリ『ぷちっと★ロックシューター』の説明を行った。同作の基本プレイ料金は無料で発売は2011年春を予定。タイトルからもわかるとおり、『ブラック★ロックシューター』のキャラクターがぷちキャラとして登場する「ゆる〜い」感じのゲームになるという。

WA4_0795
WA4_0797
WA3_7719

▲NHNジャパン代表取締役社長の森川亮氏は、『シュヴァリエ サーガ タクティクス』のウリとして、次世代型ブラウザゲームを目指していること、ソーシャルゲームの要素などをポイントに挙げた。

WA4_0815
WA3_7733

▲ドワンゴ取締役夏野剛。『ぷちっと★ロックシューター』についての詳細はニコニコ動画で続報を公開するという。

WA4_0876

 さらに、現在進行中で2012年に発売を予定しているイメージエポックのプロジェクトが4つ発表。

・TYPE-MOON×イメージエポックプロジェクト
イメージエポックとともに『Fate/EXTRA』を開発した作ったTTYPE-MOONと再びタッグを組み、新作を開発するという。開発には3年くらいかかりそうだという。

・ARKプロジェクト
オリジナルシミュレーションRPGプロジェクト。現在、制作中。
 
・MARSプロジェクト
JRPGクリエイターとの共同プロジェクト。

・REMUS プロジェクト
伝統あるシリーズのJRPG化プロジェクト。

 続いて、弦楽4重奏でタイトル不明の一曲が生演奏された。御影氏は、その曲がセガから発売されるある作品の音楽であることを明かし、イメージエポックはパブリッシャーとしてだけではなく、デベロッパーとしても引き続き業務を請け負うことをアピールした。本作品についてはイメージイラストのみが公開され、詳細は不明。発売は2011年を予定。ただ、イメージエポックが開発し、セガが発売した『ワールド・デストラクション』や『セブンスドラゴン』とは違う作品になるということだ。

 最後にステージの中央に立った御影氏は、「いつか“イメージエポックのゲームで感動した”と言っていただけるように、成長を止めない会社でありたいと思っています。また、これまでたくさんの先輩に支えていただき、ゲームを作らせていただきました。そんな先輩方の愛をいただきながら、いまこの場に立たせていただいていると思っています。イメージエポックが成長できれば、その愛をこれから出てくる人たちに与えられればと思っています」と述べ、発表会を締めくくった。

WA4_0891

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝 極』別働隊のナゾに迫る! 特典DLC“雪女”&“わんぱく天狐3種セット”にも注目!(2014年9月4日発売号)

2014年9月4日発売の週刊ファミ通2014年9月18日号では、プレイステーション Vita&プレイステーション・ポータブル用ソフト『討鬼伝 極』を徹底攻略!

【先出し週刊ファミ通】ついにXbox One発売! 魅惑の発売同時タイトル30本を徹底解説!(2014年9月4日発売号)

ついに発売日を迎えるXbox One。何と言っても気になる発売同時(ローンチ)タイトル30本の魅力をお届けします!!

【先出し週刊ファミ通】“SCEJA Press Conference 2014”で発表された新作タイトルを早くも掲載!(週刊ファミ通2014年9月4日発売号)

2014年9月1日に開催された“SCEJA Press Conference 2014”で、国内メーカーの新作タイトルが多数発表。2014年9月4日発売号では、発表タイトルをまとめて掲載。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝 極』、『チェンクロV』、『P4U2』など、豪華DLC付録!(2014年9月4日発売号)

 週刊ファミ通9月18日・25日合併号(2014年9月4日発売)のダウンロードコンテンツ付録では、『討鬼伝 極』、『クイズバトル討鬼伝』、『チェインクロニクルV』、『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』、ファミ通のデジタル付録の5アイテムをプレゼント! 

【先出し週刊ファミ通】『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-( ギルティギア イグザード サイン)』新キャラクターのエルフェルトが公開!(2014年9月4日発売号)

2014年9月4日発売の週刊ファミ通に、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』の続報を掲載! 家庭用からの新キャラクター、エルフェルトを紹介。

【先出し週刊ファミ通】2号連続特集! バンダイナムコゲームスの新作タイトルを紹介!(2014年9月4日発売号)

2014年9月18日〜21日に幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2014(一般日は2014年9月20日〜21日)で、家庭用ゲーム機やスマートフォン用のアプリなど、数多くのタイトルを出展するバンダイナムコゲームス。週刊ファミ通では、今週から2号連続で、最新タイトルをガッツリ紹介!

【先出し週刊ファミ通】『バイオハザード リベレーションズ2』の詳細に迫る!!(2014年9月4日発売号)

2014年9月4日発売の週刊ファミ通では、2014年9月1日の“SCEJA Press Conference 2014”で発表された、サバイバルホラーのシリーズ最新作『バイオハザード リベレーションズ2』の開発者インタビューを独占公開!

『チェインクロニクルV』の『まおゆう魔王勇者』コラボイベントが本日9月2日より開催

セガネットワークスは、配信中のプレイステーションVita用ソフト『チェインクロニクルV』と、ライトノベル『まおゆう魔王勇者』とのコラボイベントを本日2014年9月2日からスタートした。開催期間は9月10日までとなっている。

“JAPAN GAMER’S LIVE”各大会の優勝者やオーディション合格者が発表

セガが2014年8月30日〜31日、東京ビックサイトTFTホールで開催したアーケードゲームのファンイベント“JAPAN GAMER’S LIVE”。そのイベント内で開催された大会やオーディションについて、結果が発表された。

『Sky・Lore(スカイ・ロア)』 本日9月2日よりトライアルテスト開始! 東京ゲームショウ 2014出展情報も【TGS 2014】

DMMゲームズは、新作MMORPG『Sky・Lore(スカイ・ロア)』において、本日2014年9月2日(火)より、トライアルテストを開始した。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS