HOME> ニュース> 『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』最速の男は誰だ? “Extreme VANQUISH Battle match”大会リポート

『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』最速の男は誰だ? “Extreme VANQUISH Battle match”大会リポート

ゲーム Xbox 360 プレイステーション3
セガのアクションシューティング『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の大会“Extreme VANQUISH Battle match”が東京都内で行なわれた。

●トップランカーによる紙一重の激闘!

ONI_5178

 2010年11月20日、セガのアクションシューティング『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の大会“Extreme VANQUISH Battle match”が東京都内で行なわれた。“TACTICAL CHALLENGE”モードの最速タイムを競う“Extreme VANQUISH”と“Extreme VANQUISH 2”の上位ランカー9名が集結し、その腕を競い合った。

 大会は9名のプレイヤーを3グループに分けてリーグ戦を実施、各グループのトップが決勝を戦うことに。解説役として登場したプラチナゲームズの稲葉敦志プロデューサーいわく、TACTICAL CHALLENGEは「いかにまともに戦わないで敵を倒すかというモード」。本作の多彩なアクションを駆使して、どんな倒しかたで敵を片付けていくのか、正確さ以外にも戦略性が重要となる。

 リーグ戦ではTACTICAL CHALLENGE 1を使って各試合が行われたのだが、最速タイムを狙うためには敵の攻撃を逃げ隠れするのではなく、積極的に全面に出て戦う必要があり、あらゆるゲージをギリギリまで活用するため、瀕死のダメージを受けて各選手の画面はしばしば真っ赤に。スレスレで切り抜けていくプレイに稲葉氏が「これはスゴいプレイですね……」と感心したと思いきや次の瞬間ゲームオーバーになっているなど、紙一重の戦いがくり広げられていた。

 なんせ緊張のあまり、1度はクリアーしたステージを2度目の試合で落としてしまったり、トップランカーにも関わらず両者クリアーできずということも。一試合終わるたびに各選手の消耗具合が見て取れるほどだった。

ONI_5034
ONI_5053
ONI_5103

 試合の合間には稲葉氏から、敵キャラクターBogeyを担当していたプログラマーが、チーム内でハメて倒す方法が発見されるたびにたちまちその穴を塞いでいた(稲葉氏いわく「頑固なんですよ。ちょっと残しておけばいいのに」)といった、ちょっとしたエピソードも披露された。また、TACTICAL CHALLENGE 6は開発チームでもひとりしかクリアーしておらず「クリアーした人は尊敬しますね」との言葉も。

 さて、9試合を終えて決勝に進出したのは稲葉氏もそのプレイにうなっていたオポッサム選手、テル選手、へもん選手の3人。決勝は3人同時にTACTICAL CHALLENGE 2をプレイすることになったのだが、どうやらテル選手以外は別の試合形式を想定していたようで、このステージの練習が足りていない様子。それでも試合がスタートすると、へもん選手が切れのいい動きを披露し、みるみる敵を倒していく……も、あえなくダウン。3分を切る自己記録を持つというテル選手が3分29秒のタイムを叩きだし、見事優勝した。

 「汗ばむくらいに楽しんじゃいましたね」と稲葉氏が振り返ったほど、緊張感に満ちた今大会。あと一歩で涙をのんだ選手はもちろん、機材トラブルで機種変更を余儀なくされた選手もいたので、もし次回大会があったらぜひリベンジを挑んでほしい。

ONI_5148
ONI_5169
ONI_5185
ONI_5182
VANQUISH (ヴァンキッシュ)
メーカー セガ
対応機種 プレイステーション3 / Xbox 360
発売日 2010年10月21日
価格 7,980円[税込]
ジャンル アクションシューティング
備考
(C)SEGA

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)』ティザーサイト&ムービーが公開 志倉千代丸氏率いる“千代丸スタジオ”初の単独作品!

5pb.は、志倉千代丸氏率いる“千代丸スタジオ”初の単独作品『アノニマス・コード』について、ティザーサイトと、先日開催された“Live 5pb.2016”にて公開されたティザームービーを公開した。

台湾のゲームユーザーは、情熱的に『World of Tanks』や『World of Worships』をプレイしている【台北ゲームショウ2016】

台北ゲームショウにて、ウォーゲーミングの『World of Tanks』マーケティングプロダクトマネージャーのマックス・チュバロフ氏と台湾 カントリーマネージャーのスカイ・リン氏に、台湾市場における同社タイトルの現状を聞いた。

『今井麻美のニコニコSSG』特番が本日21時より配信――ゲストは長谷川明子さん! ゲームは『Five Nights at Freddy’s』をプレイ!!

ニコニコ生放送で配信中の『今井麻美のニコニコSSG』が、早くも特番を放送! 今回は、ゲストに長谷川明子さん、中村天佑さん(ギター)、yuanさん(ヴァイオリン)をお迎えして、いつもどおり“歌”と“ゲーム”をテーマにお届けしていきます!!

アウトドアプロダクツ×タイトーのコラボアイテム第2弾“スペースインベーダー デイパック”が2月13日より発売

タイトーは、全国のタイトーアミューズメント施設(フランチャイズ等系列店舗含む)29店舗で、アウトドアプロダクツ×タイトーのコラボアイテム第2弾“[OUTDOOR PRODUCTS×TAITO]スペースインベーダー デイパック”を2016年2月13日より発売する。

Steamで旧正月セールが開始。2月13日午前3時まで数千タイトルのPCゲームがセール

ValveのPCゲーム配信プラットフォームSteamで、旧正月を記念したセールが開始。

GDCアワードの生涯功労賞に『フォールアウト』、『エルダースクロールズ』シリーズの開発を率いるトッド・ハワード氏が選ばれる

ベセスダ・ゲームスタジオで『フォールアウト』シリーズや『エルダースクロールズ』シリーズを手掛けてきたトッド・ハワード氏が、第16回GDCアワードの生涯功労賞を受賞することが発表された。

ラムザ丸見せ&立花慎之介さんの濃いトークに加え『シアトリズム』シリーズの新作ポロリもあった『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送♯2リポート

2016年2月3日に配信された公式生放送、『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#2 ラムザ参戦SP』。そちらの模様を、視聴者のコメントにも注目しつつ、ニコニコ生放送から切り出した画像とともに振り返っていこう。

【緊急アンケート】俺に(私も)語らせろ! “ファミリーコンピュータ ディスクシステム”徹底調査!

週刊ファミ通2016年3月10日号(2月25日発売)では、今年で生誕30周年を迎える“ファミリーコンピュータ ディスクシステム”(以下、ディスクシステム)を大特集。そこで、ディスクシステムの魅力を振り返るアンケートを実施します。ぜひとも皆さんの声をお聞かせください!