HOME> ニュース> Kinect(キネクト)、PS Moveも遊べたGames Japan Festa 2010 in OSAKA

Kinect(キネクト)、PS Moveも遊べたGames Japan Festa 2010 in OSAKA

ゲーム
関西圏のゲームファンに向けた体験イベント“Games Japan Festa 2010 in OSAKA”が開催。Kinect(キネクト)、PlayStation Moveを始め注目の作品が多数出展された。

●発売直前のKinect(キネクト)は大々的に出展

 全国約1600店のテレビゲーム販売店が加盟する団体、日本テレビゲーム商業組合が主催する“Games Japan Festa 2010 in OSAKA”が、2010年11月13、14日の2日間にわたって大阪にあるATCホールで開催。関西圏のゲームファンに最新のゲームを体験してもらうことを目的に開催されている本イベントも9度目となり、同地域のユーザーにとってはすっかりおなじみとなった印象だ。今年の目玉は、プレイステーション3の新デバイス“PlayStation Move”、Xbox 360の新たなゲームシステム“Kinect(キネクト)”の出展。とくにKinectは2010年11月20の発売が目前に迫っているということもあってか、非常に力の入った出展となっていた。

AK3_0098

 Kinectタイトルは『Kinect アドベンチャー!』、『Kinect スポーツ』、『Kinect アニマルズ』といったファーストパーティーのものはもちろん、KONAMIの『DanceEvolution(ダンスエボリューション)』、バンダイナムコゲームスの『体で答える新しい脳トレ』、セガの『ソニック フリーライダーズ』、ハドソンの『デカスポルタ フリーダム』、ユービーアイソフトの『ユアシェイプ フィットネス・エボルブ』といったサードパーティーのものも複数出展。全部で10タイトルをプレイすることができたのだ。ブースは体験コーナーが円形に組まれた構成で、それを囲むようにプレイを待つ人、プレイの様子を眺める人でかなりの盛況ぶりに。また、Kinectらしい光景として、子どもやカップルの姿もチラホラ。比較的コアユーザー寄りのタイトルが多かった印象のXbox 360だが、Kinectの登場によってユーザーの幅はさらに広がっていきそうだ。

AK3_0246
AK3_0125
AK3_0145
AK3_0172
AK3_0109

▲Kinectを体験した人は抽選に参加することができ、Xbox 360特命課のTシャツや手ぬぐいをもらうことができた。

AK3_0022

▲「Kinectはゲームの世界に新しい分野を切り拓くものだと思います」と翌週に迫った発売への意気込みも語った泉水氏。

 また、関西圏でKinectが大規模出展されるのは今回が初ということで、会場にはマイクロソフト執行役常務 ホーム&エンターテイメント事業本部長の泉水敬氏の姿も。同氏は先週末より全国各地でスタートした体験会、そしてGames Japan Festaの会場を見て「触った方たちの声を聞くと“おもしろい”、“ぜひ買ってみたいという”といったものが多く、我々としても非常に心強いですね」とコメント。「Kinectの魅力は、触っていただことで、素早く、そして正確に伝えられると思います」と手応えを語った。また、「会場を見ていると、最初にお子様たちが盛り上がって、それにつられて親御さんも遊んでくれると、いった連鎖が起きている気がします」と体験する人たちの動きにも注目。「もちろん従来までのユーザー様も遊んでくれているようなので、確実に層は広がっていると実感していますね」と話していた。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStation Move対応タイトルは『肉弾』、『フリフリ!サルゲッチュ』、『スポーツチャンピオン』の3タイトルが出展。PS Move自体はすでに発売中だが、それでも体験コーナーはつねに待機列ができている状態で、同デバイスへの注目度の高さをうかがうことができた。また、先日ついに発売日が2010年11月25日に決定したプレイステーション3用ソフト『グランツーリスモ5』もプレイアブル出展。こちらもPS Move同様、終日列が途切れることはなかった。

AK3_0194
AK3_0179
AK3_0199

 ハードーメーカーのブースを続けてお届けしたが、もちろんソフトメーカーもそれぞれ年末年始にかけて発売予定の注目タイトルを用意している。レベルファイブは2010年12月19日の発売まで1ヵ月を切った、ニンテンドーDS用ソフト『二ノ国 漆黒の魔導士』を東京ゲームショウに引き続いて大々的に出展。プレイした人には特製トートバッグが贈られるということで、体験コーナー周辺には何重にもなる列ができていた。ソフトメーカーで、もっとも多くのタイトルを出展したのはセガ。なかでも『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』、『戦場のヴァルキュリア3』というPSP(プレイステーション・ポータブル)の2タイトルがとくに人気を集め、前者はなんと最大で180分待ちの行列を記録することに。来場者のうち、とくに男性陣からアツい視線を集めていたのはディースリー・パブリッシャーが出展したPSP用ソフト『ドリームクラブ・ポータブル』とXbox 360用ソフト『ドリームクラブ ZERO』。両タイトルの体験台横には、ゲームに登場するホストガールたちが大胆に描かれた“痛車”も展示されており、そちらもゲームに負けず劣らずの人気ぶりとなっていた。

AK3_0092
AK3_0093
AK3_0083

▲作品はもちろん、グッズも魅力的だった『二ノ国 漆黒の魔導士』。

AK3_0035
AK3_0031

▲恐らくナンバーワンの行列だったセガの『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』。

▲セガブースには、チュンソフトのニンテンドーDS用ソフト『ぞんびだいすき』も出展。ちなみにこれが初プレイアブルとなっていた。

AK3_0216
AK3_0067
AK3_0074
AK3_0078

▲『ドリームクラブ』は痛車も出展。

 そのほか、アイレムソフトウェアエンジニアリング、アスキー・メディアワークス、エレクトロニック・アーツ、スパイク、バンダイナムコゲームスもそれぞれ最新作を出展。全メーカー合わせて40本以上のタイトルを遊ぶことができたのだ。東京ゲームショウと比べて規模こそ小さいものの、選りすぐりのタイトルを比較的短い待ち時間で遊ぶことができるGames Japan Festa。冒頭でも述べたとおり、11月14日も開催されるので関西圏のゲームファンは足を運んでみてはいかがだろか。

AK3_0227
AK3_0043

▲アイレムソフトウェアエンジニアリングの『絶体絶命都市4 -Summer Memories-』は3D出展。

▲エレクトロニック・アーツは『FIFA11 ワールドクラスサッカー』、『メダルオブオナー』などゲーマー寄りのタイトルが中心。

AK3_0147
AK3_0202

▲期待のオリジナル作品『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』が人気を集めたスパイクブース。

▲バンダイナムコゲームスは、年明けに発売する『アナザーセンチュリーズエピソード ポータブル』を出展。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『チェンクロ』衝撃発表の詳細ほかセガネットワークス発表会の情報まとめ

2014年4月24日(木)に行われた、セガネットワークスの発表会の模様をリポート。

『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』が舞台化決定! 主演・苗木誠役に本郷奏多、演出はNON STYLEの石田明が担当

舞台“ダンガンロンパTHE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜”が、主役・苗木誠役に本郷奏多、演出にNON STYLEの石田明を迎え、日本青年館・大ホールで行われることが決定した。

『DQM スーパーライト』“悪魔カーニバル”に超級追加

2014年4月25日(金)より、悪魔カーニバルに超級が追加となった。これまでの最高難度の上級を凌ぐ、現段階でいちばん難しい難度ということになる。

ファンイベント 名古屋F.A.T.E.の詳細が発表に 『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』

 XIVの年である2014年の1年間にわたって日本全国の都市をめぐる『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』ファンイベントの第3回、“FINAL FANTASY XIV: Full Active Time Event in NAGOYA”の2014年5月24日開催が決定した。

無料コミック新連載! 新連載開始!『CODE OF JOKER』第0話

思考型デジタルトレーディングカードゲーム「CODE OF JOKER」コミカライズがプレ公開! あるモノを探して飛び回る探偵・緋神仁の活躍をぜひご覧ください!

無料コミック更新! 迷宮で待つもの『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』第2話

エトリアの街の人々を悩ます怪異、その原因を探るべく迷宮に足を踏み入れたファーン。魔物が闊歩する遺跡の中でファーンは謎の少女と出会う。

無料コミック更新! 夜会へのいざない――『天動のシンギュラリティ』第1話後編

高度な科学文明の中、「パドヴァ啓明魔導団」と自分たちを称し魔法の存在を提唱する天童カイト。弟子と共に「ほころび」でアイリスを待つ彼らの元にモンスターが現れる――。

無料コミック更新! 走り出したピアイ才節は止まらない!『デカ盛り閃乱カグラ ごっくんっ!』第3話前編

紅蓮隊の活躍を聞きつけた蛇女学園の面々は、悪忍に道を極めるため決起式(?)を開催! しかし、1本の「一回戦」なる飲料が決起式を混乱の渦へと巻き込んでいく!

無料コミック更新! 愛おしきこの世界で『まおゆう魔王勇者』第47話前編

人間界に戻った魔王を待っていたのはすさまじい激動とその渦の中のメイド姉、商人子弟、軍人子弟、貴族子弟――教え子たちの成長だった。

無料コミック更新!吹雪型、集合!『艦隊これくしょん -艦これ-』第37話

吹雪型の駆逐艦たちが集まって交流会を開催! 賑やかな艦娘たちに北上先輩もたじたじです。叢雲さんだって吹雪型なんです!



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS