HOME> ニュース> 『DRAGON AGE: ORIGINS(ドラゴンエイジ:オリジンズ)』世界的大ヒットRPGついに日本解禁!

『DRAGON AGE: ORIGINS(ドラゴンエイジ:オリジンズ)』世界的大ヒットRPGついに日本解禁!

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360
全世界で320万本以上を売り上げた、王道ファンタジーRPG『DRAGON AGE: ORIGINS』がついに日本でもリリースされる! そこで、壮大な世界観を誇る本作の情報をお届けしていくぞ。

●膨大なテキストを完全に日本語化!

DragonAgeLogo3D-WHT
DRAGNORgenKEYARTcmyk_forPre

 エルフやドワーフ、闇の軍勢といったおなじみのモチーフを活かした王道ファンタジーRPG『DRAGON AGE: ORIGINS』。本作は、練りこまれたシナリオと緻密な世界設定、個性的な登場人物、物語に影響を及ぼす無数の選択肢、戦略的なバトル、多彩なサブシナリオと、多くの要素が結合した、超大作と呼ぶにふさわしいRPGだ。本作の製作は、評価の高いSFアクションRPG『Mass Effect』の開発で知られるBioWare社が手掛けており、同社のハイセンスなゲームシステムが継承されている。そして日本版発売への何よりの弊害とされた、膨大なテキストの日本語化にも完全に対応。加えて、海外版の表現に手を加えることなく、過激な演出などもそのまま収録しているのだ。世界中のRPGファンが認めた作品が、ついに日本のRPGファンのもとに届けられる。

darkspawn02
battle04
greywarden02

●闇の軍勢と英雄たちの壮絶なる戦いを描くストーリー

Morrigan_ogre_close_forPres

 STORY

 

“教会”によれば、ダークスポーンは
人間の傲慢さが生み出したのだという。

その昔、世界を征服した賢者たちが、
強欲にも神の国に攻め入った。
やがて彼らは創造主の怒りに触れ、
みずから冒した罪に相応しい罰を受けた。

賢者たちは変わり果てた姿で戻ってきた。
それがダークスポーンだ。


ダークスポーンは世界を破滅へと導く恐怖であった。
まずドワーフの王国が標的となった。
地底回廊の奥底より、ダークスポーンは
人々を追いつめていった。
グレイ・ウォーデンが現れるその日までは。

種族や身分の垣根を越え、世界中から
勇敢な戦士や魔道士が集結した。
グレイ・ウォーデンは犠牲を厭わず闇と戦い、
ついに勝利した。

勝利から四世紀、我々はダークスポーンの
再来に備えて監視を続けてきた。
しかし一度は英雄と呼ばれた我々も、
長き歳月を経て人々から忘れ去られている。
いまやグレイ・ウォーデンの数は減り、
その警告に耳を傾けるものは少ない。

私はこの目で世界を見てきた。
抗うにはすでに手遅れなのだろうか。
主のご加護があらんことを。


(グレイ・ウォーデン指揮官ダンカンの語りより)

story01
story02
story03
story04
story05

【ダークスポーンとグレイウォーデン】

 物語の舞台である、セダス大陸を侵略しようとする闇の軍勢がダークスポーンだ。セダス最大の教派“アンドラステ教会”によると、ダークスポーンは人間の傲慢さの産物とされているが、その真偽は定かではない。彼らによる侵略行為“ブライト”は過去に渡って幾度もくり返されており、そのたびに人々は力を合わせて乗り越えてきた。そして、今回のブライトでは、ケイラン王率いる貴族たちが中心となって、その脅威を退けようとしている。

 グレイ・ウォーデンは、種族や身分の垣根を越え、ブライトを乗り越えるために組織された英雄たちの集まり。その誕生以来、グレイ・ウォーデンは犠牲をいとわず闇と戦い続けており、その偉業は伝説として語り継がれている。

darkspawn01
greywarden01

ダークスポーン

グレイ・ウォーデン

【冒険の舞台:フェレルデン王国】

dragon-age-world-map

 冒険の舞台となるフェレルデン王国は、セダス大陸のもっとも南東に位置する国。ケイラン・セイリン王の統治のもと、公爵、伯爵、男爵といった貴族によって支えられており、人間以外にも、エルフやドワーフなどさまざまな種族が暮らしている。

【王国の首都:デネリム】

Denerim
denerim_image

 フェレルデンの首都デネリムの歴史は、古代テヴィンター大帝国の前哨地として始まった。テヴィンター大帝国の魔道士たちが山あいに闇の塔を建て、大帝国の力の象徴としたのだ。やがて大帝国の権威が衰えると、塔の所有権は代わりにその地を治めるようになった公爵たちの手に委ねられていった。
塔はいまでもドラコン要塞としてデネリムにそびえ立ち、沿岸部にやってきた船乗りたちにとって目印となっている。長年の月日をかけ、周囲の山々に沿ってデネリムの街は徐々に肥大化してきた。竜の時代においては、その人口は街の許容量を完全に超えてしまっている。橋で繋がれた街の区画はとても窮屈で、人々はすし詰め状態である。桟橋周辺の狭い街路はまるで迷宮のように入り組んでいる。壁で仕切られたエルフの異民族区はあまりの人口密度のため、過去20年の間に何度も住民の追放が行われてきた。

 フェレルデン以外の地域において、デネリムはアンドラステの生誕地として有名だ。しかしフェレルデンに住む者にとっては、王宮地区に建立されたこの預言者の像は、平和というシンプルなメッセージとともに愛される気取らない石像でしかない。アンドラステの崇拝者はこの由緒ある石像に一度は触れようとわざわざ遠方からデネリムを訪れ、静かに祈りを捧げるという。これが今日のデネリムで、その住民にとっての日常である。

修道士ジェニティヴィ著
「知識を求めて: 教会学者の追想記」より

【廃墟と化した要塞:オスタガー】

Ostagar
ostagar_image

 古代テヴィンター大帝国が南東に広がる蛮族の地を侵略した際の終端地がオスタガーである。その要塞はウェイキング海の南を守る重要な役割を有していた。

 コーカリ荒野の端にそびえ、今日チェイスンドの蛮族と呼ばれる野蛮な民族の侵入に目を光らせ続けるオスタガーは、丘のあいだを抜ける狭い道をまたぐように建造され、北に広がる豊かな低地に通じる唯一の道を守るこの堅牢な要塞は、蛮族の攻撃に幾度となく耐えてきたのだ。
また、オスタガーは第1次ブライトによるテヴィンターの崩壊の後、南にある他の大帝国の砦と同様に放棄されてしまう。その後チェイスンドの蛮族によって破壊され、近代フェレルデン国家の成立によって蛮族が徐々に数を減らしていく中で、完全に廃墟と化してしまった。

 人が寄りつかなくなって4世紀、建造を命じた偉大なるテヴィンターの執政官にちなんで命名されたイシャルの塔とオスタガーの城壁の多くは、いまだに昔と同じ姿を残している。オスタガーは大帝国の魔法の力を現在まで誇示し続けているのだ。

【霧に包まれた森林地帯:コーカリ荒野】

Korcari
korcari_image

コーカリ荒野は南方に広がる静かな森林地帯で、どこまでがコーカリ荒野か明確な定義は存在しない。荒野に住むチェイスンドの蛮族によると、荒野のさらに南には雪と氷しかない不毛な地が広がり、そこで目にするものはツンドラの大地と流浪の野蛮人だけだという。

 しかし北に住むものはチェイスンドの話をすべて信じようとはしない。
フェレルデン人はチェイスンドを、迷信とシャーマンを信じる原始的な部族としか見ていないのだ。彼らは今でも高床式の住居に住み、子供をさらうという荒野の魔女の伝説におびえ暮らしているという。コーカリ荒野の霧に隠された秘密と危険は、セダス大陸に残されたまことの野生といえよう。

●自分のイメージ通りに英雄をカスタマイズ

Origin-Stories---human_nobl

 本作では、プレイヤーの操る主人公をみずからの手で作り出すことが可能。性別、種族、職業、を選択した後、40項目以上の顔のパーツを使って外見をカスタマイズしていこう。作り出したキャラクターの容姿は、ゲーム中のすべてに反映されるぞ。

character01
character02
character04
SS

●物語を変容させる無数の選択

 本作において、プレイヤーには幾度となく回答次第で周囲に影響を及ぼす選択肢が突きつけられることとなる。その内容は多岐に渡り、他愛もない質問から、殺人や虐殺、裏切りといった善悪を問われる難問となることも。しかし、そこでプレイヤーは自分らしい決断を下し、物語を進めなければならない。たとえそれがクエストの結末やともに戦う仲間との関係性を変化させるものだとしても……。

decision01
decision02
decision03

●巨大モンスターとの大迫力のバトルが展開!

 本作では、最大4人のパーティーでバトルに挑むこととなる。プレイヤーはパーティーのうちのいずれかのキャラクターを操作して、技や魔法をリアルタイムに使いながら敵と戦っていくのだ。また、それぞれのキャラクターにはあらかじめバトル時の戦術を設定しておくことも可能で、プレイヤーが操作していないキャラクターたちはAIで自動的に行動する。また、パーティー全員をAI行動にすることも可能だ。戦闘スタイルによって、100種類を超える技や魔法が用意されており、組み合わせて高度な戦術を生み出すことが可能だ。

battle01
battle02
battle05
battle03

●海外版のDLCをあらかじめ収録!

 海外ではすでに配信されているダウンロードコンテンツ6本を、あらかじめ収録することが判明。本編だけで80時間以上と言われている本作だが、クリアー後のシナリオ拡張などのダウンロードコンテンツがあれば、さらに満足度は高まるはず! ここでは、その内容を紹介するぞ。

日本版仮タイトル 海外版タイトル DLC内容
ブラッドドラゴンアーマー Blood Dragon Armor 追加アイテム
ウォーデンの要塞 Warden's Keep 本編シナリオ拡張
囚われし石像 The Stone Prisoner 本編シナリオ拡張
オスタガーへの帰還 Return to Ostagar 本編シナリオ拡張
レリアナの歌 Leliana's Song 新シナリオ
アムガラックのゴーレム Golems of Amgarrak 新シナリオ

DRAGON AGE: ORIGINS(ドラゴンエイジ:オリジンズ)
メーカー スパイク
対応機種 プレイステーション3 / Xbox 360
発売日 2011年1月27日発売予定
価格 各8190円[税込]
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 開発:BioWare
(C)2010 Electronic Arts Inc. EA and EA logo are trademarks of Electronic Arts Inc. BioWare, BioWare logo, Dragon Age and Dragon Age logo are trademarks of EA International (Studio and Publishing) Ltd. All other trademarks are the property of their respective owners. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝 極』別働隊のナゾに迫る! 特典DLC“雪女”&“わんぱく天狐3種セット”にも注目!(2014年9月4日発売号)

2014年9月4日発売の週刊ファミ通2014年9月18日号では、プレイステーション Vita&プレイステーション・ポータブル用ソフト『討鬼伝 極』を徹底攻略!

【先出し週刊ファミ通】ついにXbox One発売! 魅惑の発売同時タイトル30本を徹底解説!(2014年9月4日発売号)

ついに発売日を迎えるXbox One。何と言っても気になる発売同時(ローンチ)タイトル30本の魅力をお届けします!!

【先出し週刊ファミ通】“SCEJA Press Conference 2014”で発表された新作タイトルを早くも掲載!(週刊ファミ通2014年9月4日発売号)

2014年9月1日に開催された“SCEJA Press Conference 2014”で、国内メーカーの新作タイトルが多数発表。2014年9月4日発売号では、発表タイトルをまとめて掲載。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝 極』、『チェンクロV』、『P4U2』など、豪華DLC付録!(2014年9月4日発売号)

 週刊ファミ通9月18日・25日合併号(2014年9月4日発売)のダウンロードコンテンツ付録では、『討鬼伝 極』、『クイズバトル討鬼伝』、『チェインクロニクルV』、『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』、ファミ通のデジタル付録の5アイテムをプレゼント! 

【先出し週刊ファミ通】『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-( ギルティギア イグザード サイン)』新キャラクターのエルフェルトが公開!(2014年9月4日発売号)

2014年9月4日発売の週刊ファミ通に、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』の続報を掲載! 家庭用からの新キャラクター、エルフェルトを紹介。

【先出し週刊ファミ通】2号連続特集! バンダイナムコゲームスの新作タイトルを紹介!(2014年9月4日発売号)

2014年9月18日〜21日に幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2014(一般日は2014年9月20日〜21日)で、家庭用ゲーム機やスマートフォン用のアプリなど、数多くのタイトルを出展するバンダイナムコゲームス。週刊ファミ通では、今週から2号連続で、最新タイトルをガッツリ紹介!

【先出し週刊ファミ通】『バイオハザード リベレーションズ2』の詳細に迫る!!(2014年9月4日発売号)

2014年9月4日発売の週刊ファミ通では、2014年9月1日の“SCEJA Press Conference 2014”で発表された、サバイバルホラーのシリーズ最新作『バイオハザード リベレーションズ2』の開発者インタビューを独占公開!

『チェインクロニクルV』の『まおゆう魔王勇者』コラボイベントが本日9月2日より開催

セガネットワークスは、配信中のプレイステーションVita用ソフト『チェインクロニクルV』と、ライトノベル『まおゆう魔王勇者』とのコラボイベントを本日2014年9月2日からスタートした。開催期間は9月10日までとなっている。

“JAPAN GAMER’S LIVE”各大会の優勝者やオーディション合格者が発表

セガが2014年8月30日〜31日、東京ビックサイトTFTホールで開催したアーケードゲームのファンイベント“JAPAN GAMER’S LIVE”。そのイベント内で開催された大会やオーディションについて、結果が発表された。

『Sky・Lore(スカイ・ロア)』 本日9月2日よりトライアルテスト開始! 東京ゲームショウ 2014出展情報も【TGS 2014】

DMMゲームズは、新作MMORPG『Sky・Lore(スカイ・ロア)』において、本日2014年9月2日(火)より、トライアルテストを開始した。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS