HOME> ニュース> コーエーテクモホールディングスが平成23年3月期 第2四半期決算を発表、売上高は前年同期比27.5%マイナスに

コーエーテクモホールディングスが平成23年3月期 第2四半期決算を発表、売上高は前年同期比27.5%マイナスに

ニュース
コーエーテクモホールディングスが、平成23年3月期 第2四半期決算を発表した。売上高は前年同期27.5%マイナスの110億6900万円。

●主力タイトルの発売を第3四半期以降に控えていることから、先行投資による営業損失が発生

 コーエーテクモホールディングスが、平成23年3月期 第2四半期決算を発表した。それによると、売上高は前年同期27.5%マイナスの110億6900万円(前年同期は売上高152億6400万円)、営業損失は16億5600万円(前年同期は営業損失6億4100万円)、経常損失は10億9700万円(前年同期は経常損失3億4900万円)となっている。

 主力となるゲームソフト事業は、売上高63億3000万円で営業損失は16億2300万円。任天堂と共同開発したWii用ソフト『METROID Other M』は奥深いストーリーとシンプルな操作性の融合により高い評価を受けたものの、さらなる品質向上のためプレイステーション3用ソフト『トリニティ ジルオール ゼロ』の発売を第3四半期に延期したこと(2010年11月25日)、「及び主力タイトルの発売を第3四半期以降に控えていることから、先行投資による営業損失が発生」したとのこと。コーエーテクモホールディングスでは、「当社グループでは機能的かつ効率的な業務遂行と経費削減の徹底などを通じ、収益改善に向けた取り組みを強化してまいりました。この結果、営業損失につきましては当初の予想から改善いたしました」(平成23年3月期 第2四半期決算短信より)としている。

 なお、既報のとおり(→記事はこちら)コーエーテクモホールディングスでは、2010年11月8日付けをもって、襟川陽一氏が代表取締役社長に就任するとの人事発表をしている。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』 二迅の烈風、来たる!

アークシステムワークスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、人気対戦格闘ゲーム最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』 の最新情報を公開した。

スクウェア・エニックスの完全新規RPGプロジェク ト『Project OCTOPATH TRAVELER』が始動

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『Project OCTOPATH TRAVELER』の最新情報を公開した。

『いけにえと雪のセツナ』懐かしの王道RPGが鮮やかに紡がれる

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『いけにえと雪のセツナ』の最新情報を公開した。

『魔界戦記ディスガイア5』Nintendo Switchのローンチタイトルとして登場

日本一ソフトウェアは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『魔界戦記ディスガイア5』の最新情報を公開した。

サービス15年目に突入する『ラグナロクオンライン』2017年の方針は「MMORPGらしさの提案」、運営のキーパーソンにインタビュー

PC用MMORPG『ラグナロクオンライン』は2017年12月に正式サービス15周年を迎える。そんな記念すべき今年はどんな施策を打ち出すのか。運営チームのキーパーソン3人に話を伺った。

『みんなでワイワイ! スペランカー』あの最弱(?)主人公が帰ってきたよ!!

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『みんなでワイワイ! スペランカー』の最新情報を公開した。

【ファミ通ch】FFの生みの親・坂口博信氏が『FFIII』のクリスタルタワーに挑戦!(2017年1月21日21時から)

本日(2017年1月21日21時から)、週刊ファミ通のニコニコ公式生放送"ファミ通チャンネル"にて、『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親である ミストウォーカーの坂口博信氏が、『ファイナルファンタジーIII』(ミニファミコン版)をプレイします。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年01月09日〜2017年01月15日

『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』が首位を獲得、『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』が僅差で追う

『モンスターハンター フロンティアZ』辿異種リオレウスがついに狩猟解禁!! 初登場イベントが開催!

カプコンがサービス中のオンライン専用タイトル『モンスターハンター フロンティアZ』において、2017年1月18日より“辿異種 リオレウス”のクエストが配信となった。