HOME> ニュース> 2010年度上半期ゲーム市場規模は1865億円、もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』

2010年度上半期ゲーム市場規模は1865億円、もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』

ゲーム
エンターブレインは2010年9月30日、2010年度上半期(3月30日〜9月27日)の国内家庭用ゲーム市場に関するデータの速報を発表した。

2010-09-30

●ハードの売れ行きトップはニンテンドーDS

 エンターブレインは2010年9月30日、2010年度上半期(3月30日〜9月27日)の国内家庭用ゲーム市場に関するデータの速報を発表した。市場全体の規模は、約1865億6000万円で昨年度比87.3%という数字に。内訳はハード市場が約611億5000万円(昨年度比75.6%)、ソフト市場が約1254億円(昨年度比94.3%)となっている。


【上半期市場規模比較】
2010年度上半期(26週)
・ハード/611億5000万円(昨年対比75.6%)
・ソフト/1254億円(昨年対比94.3%)
・合計/1865億6000万円(昨年対比87.3%)

2009年度上半期(26週)
・ハード/808億6000万円
・ソフト/1329億1000万円
・合計/2137億8000万円
(2009年度上半期の集計期間は2009年3月30日〜2009年9月27日)

【各ハードの販売台数】

 期間中もっとも売れたハードはニンテンドーDSで、販売台数は112万8964台。以下、各ハードの販売台数はつぎのとおりとなっている。

【各ハードの販売台数】
(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2010年9月26日)
■ニンテンドーDS(2004年12月2日発売)
112万8964台(累計3120万4692台)

■PSP(2004年12月12日発売)
85万876台(累計1507万8230台)

■Wii(2006年12月2日発売)
54万9834台(累計1068万6926台)

■プレイステーション3(2006年11月11日発売)
60万2821台(累計553万7645台)

■Xbox 360(2005年12月10日発売)
10万8973台(累計136万2075台)

※ニンテンドーDSは、ニンテンドーDS Lite、ニンテンドーDSiおよびニンテンドーDSi LLとの合計値です。
※PSPはPSP goとの合計値です。

【ソフト販売本数TOP5】

 ソフトでは、ポケモンのニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスターブラック・ホワイト』が340万9457本を販売して2010年度上半期のトップを獲得。2位はスクウェア・エニックスのニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2』で、販売本数は126万2895本。ミリオンセールス超えは、この2タイトルのみとなっている。ちなみに、3位はWiiの『Wii Party』、4位はニンテンドーDSの『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク・ボンバー』、5位はWiiの『スーパーマリオギャラクシー2』で、トップ5を任天堂ハードのタイトルが占める結果となった。

【ソフト販売本数TOP5】
1位 ポケットモンスターブラック・ホワイト(ポケモン)
機種:ニンテンドーDS/発売日:2010年9月18日/販売本数:340万9457本

2位 ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2(スクウェア・エニックス)
機種:ニンテンドーDS/発売日:2010年4月28日/販売本数:126万2895本

3位 Wii Party(任天堂)
機種:Wii/発売日:2010年7月8日/販売本数:97万1006本

4位 イナズマイレブン3 世界への挑戦!!スパーク・ボンバー(レベルファイブ)
機種:ニンテンドーDS/発売日:2010年7月1日/販売本数:83万6341本

5位 スーパーマリオギャラクシー2(任天堂)
機種:Wii/発売日:2010年5月27日/販売本数79万3623本

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『エルソード』“超越”でバトルのありかたが一変! 秋季アップデートの詳細が判明

NHN ハンゲームが運営するPC用オンラインアクションRPG『エルソード』の今秋のアップデート計画をご紹介。三次職に導入される超越スキルの秘密や、英雄ダンジョンに追加されるヘルモードの詳細など、注目の新情報をご覧あれ!

新キャラ、エースは可能性の塊……!? 『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送#5 詳細リポート!

2016年9月26日に、ニコニコ生放送にて放送された“DFF公式生放送#5 エース参戦&シアトFF AC稼働直前 SP”。5回目となる公式生放送では、『DFF』に新規参戦するキャラクター・エースの紹介や既存キャラクターの調整情報、公式全国大会の優勝チーム“@rumblePlaza”をゲストに、盛りだくさんの内容となった。本記事ではその詳細リポートをお届け!

国内配信の遅さは計画通りだった!? 『ポケモンGO』開発者が明かす“リリースまでの歩み”

『ポケモンGO』を手掛けるナイアンティックとポケモン両社のキーマンに制作秘話とこれからの展望を聞いた 

リオ競泳メダリストの松田丈志さんが“東京ジョイポリスVR大使”に就任! VRアトラクションの魅力を伝えるイベントを開催

セガ・ライブクリエイションが運営する東京・台場の屋内型テーマパーク、東京ジョイポリスにて、セガサミーグループ所属のリオ競泳メダリスト・松田丈志さんが、“東京ジョイポリスVR大使”に就任。2016年9月27日に、VRアトラクションの楽しさを伝えるイベントが開催された。

【先出し週刊ファミ通】『モンスターハンター ストーリーズ』発売直前! 南国風の“クプニ村”をチェック!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、 いよいよ発売が目前に迫った『モンスターハンター ストーリーズ』の最新情報をボリューム増の8ページのお届け。

『ファイナルファンタジーXIV』Patch 3.4“魂を継ぐ者”が公開 “ダブルクロスホットバー”機能などが追加

スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』において、大型アップデートとなるPatch3.4“魂を継ぐ者(Soul Surrender)”を公開開始した。

【先出し週刊ファミ通】『RPGツクール フェス』自分だけの冒険を作って配信しよう!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、『RPGツクール フェス』の最新情報をお届け。

【先出し週刊ファミ通】東京ゲームショウ2016来場者の期待作は? よかったブースは? TGS来場者に聞く、“ゲームファン意識調査”特集(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、特集“東京ゲームショウ2016来場者に訊いた! ゲームファン意識調査”をお届け! 

週刊ファミ通の誌面企画用にプレイステーション VR(PS VR)を体験してくれる方を募集!

週刊ファミ通2016年10月27日号(2016年10月13日発売)でプレイステーション VR発売記念特集を掲載予定。この特集記事の中で、老若男女さまざまな世代のユーザーの皆さんにプレイステーション VRを実際に体験していただき、その感想コメントとお写真を掲載させていただく企画を行います。こちらの企画にご協力いただける方を募集!

『大航海時代 Online』がYahoo!ゲームでサービス開始! 初回半額キャンペーンも

コーエーテクモゲームスは、サービス中の海洋冒険オンラインRPG『大航海時代 Online』について、ヤフーが運営するオンラインゲームサービス“Yahoo!ゲーム”にて、2016年9月27日よりWindows版のサービスを開始したことを発表した。