HOME> ニュース> 『ラジアントヒストリア』プレイヤーの選択が未来を変えるRPG

『ラジアントヒストリア』プレイヤーの選択が未来を変えるRPG

ゲーム DS
本作は、『ラジアータ ストーリーズ』のスタッフとアトラスが共同で開発を進めている完全新作のRPG。時空を移動する能力を手に入れた主人公が、現在と過去を行き来して歴史を変え、人類が滅亡しない未来を作り上げていく。

2010-09-24

●過去の歴史を変えて未来を紡ぐ物語

 過去に戻って歴史を変え、あるべき未来を作り上げていく本作。人類が滅亡しない歴史を作るという重責を担うのは、神聖国家アリステルの情報部に属する主人公ストックだ。彼は、レイニーやマルコなどの信頼できる仲間たちとともに、時代を縦横無尽に駆け巡る。そして、歴史上の出来事に介入することで未来を変えていく。

0922rad01

“黒の力”、そして“砂人病”とはストックは、白示録の力を使って時空を超えるが、それとは異なる方法で歴史に介入する力を知ることになる。それは、“黒の力”と呼ばれる謎の力だ。人間が突然砂になってしまう“砂人病”も、この“黒の力”と何かしらの関係があるようだが……?

●ふたつに分かれた歴史を行き来して未来を変える

 ストックが情報部に残るか、軍に転属するか? この選択により、歴史の流れは“正伝”と“異伝”に分かれる。ふたつの歴史は異なる次元にあるが、互いに影響し合うため、ストックは両方の歴史の過去と未来を行き来することになる。ここでは、そんな正伝と異伝の序盤の物語を紹介していこう。

0922rad02

時空を超える
時空移動は、時空のねじれた空間“ヒストリア”を拠点に行う。歴史の各所にある“時の刻印”からヒストリアを訪れ、別の時代にある時の刻印に移動するといった具合だ。

●正伝

【1 エルーカ暗殺指令】

 情報部に残ったストックたちは、バノッサ一座の協力でグランオルグへの潜入に成功。そこで連絡員から伝えられた任務は、敵国の王女エルーカの暗殺だった。グランオルグの実権を握っているのは女王プロテアのはず。なぜエルーカを暗殺の標的にするのだろうか?

0922rad03

【2 巧妙に仕組まれたワナ】

 ストックたちは、エルーカの部屋と思われる場所に踏み込む。しかし、そこには敵兵の姿が! どうやら、これは仕組まれたワナだったようだ。退却を余儀なくされるストックたち。侵入口でもあった地下水路をふさがれ、窮地に陥った彼らを救ったのは、グランオルグのレジスタンスのメンバーだった。

0922rad04

【3 王女エルーカとの出会い】

 レジスタンスとはいえ、なぜ敵国の人間を救うのか? いぶかしむストックに、レジスタンスのメンバーは「ある人物の頼みで救出にきた」と言う。その人物とは、なんと暗殺対象のエルーカ……!

0922rad05

●異伝

【1 砦を守った英雄たち】

 情報部からロッシュ隊に転属したストックたちは、砂の砦に侵入したグランオルグ軍を撃退する。この勝利をきっかけに、アリステルは“魔動兵”を投入し、本格的にグランオルグ領内に攻め入ることになる。

0922rad06

【2 魔動兵投入計画】

 魔動兵は大量のエネルギーを必要とするため、敵の位置を把握してピンポイントに投入しなければならない。そこで、ロッシュには索敵、ストックにはロッシュたちの退却を援護する任務が、それぞれ課される。

0922rad07

【3 ロッシュ隊の危機】

 ロッシュ隊に遅れて出動したストック、レイニー、マルコの3人。彼らは、遭遇した味方の兵士からロッシュ隊が壊滅の危機に瀕していると聞かされる。合流地点へと急ぐストックたち。しかし、彼らの眼前に広がった光景は……!

0922rad08

●多彩なクエストとパラレルシナリオ

 本作には、ストーリーに直接影響しないクエストも多数用意されている。また、物語の分岐も正伝、異伝のふたつだけではない。ストックの選択によって、歴史はいくつにも拡散していくのだ。そして拡散した未来では、“パラレル”という結末を迎えることもある。ここでは、そんなクエストとパラレルの一部を紹介していく。

【クエスト 究極の料理】

 世界一の料理人を目指すグランオルグの若者から、イノシシの肉を調達してほしいと頼まれる。イノシシの肉はアリステルでしか調達できないため、入手が困難なようだ。宮廷料理人の父をうならせる料理を作りたいという若者の熱意がストックを動かす?

0922rad09

【クエスト 「動」のレイニー】

 ある兵士から、各地に散らばった武芸書を持ってくればレイニーとマルコに新しいスキルを教えると持ちかけられる。借金の返済のため、武芸書を売り払ったらしい。都合のいい依頼だが、新スキルを教えてくれるならば、引き受けるメリットは大きい。

0922rad10

【クエスト 人と獣人】

 グランオルグの兵士に、リーズを呼び出してほしいと頼まれる。そのことをリーズに伝えると、ふたりはかつて恋人どうしだったが、人と獣人という種族の違いに苦悩した結果、もう会わないと決めたらしい。しかし、兵士はまだあきらめていないようだ。

0922rad11

【パラレルシナリオ 首都陥落】

敵の強襲部隊がアルマ鉱山に侵入した際、入り口で待ち伏せを選択したストックたち。撃退には成功したが、あまりにも時間がかかり過ぎてしまう。敵は同時に砂の砦も攻めており、そのままアリステルの首都も制圧していた。結果、首都奪還という絶望的な戦いを強いられることに……。

0922rad12

※詳しくは週刊ファミ通2010年10月7日号(2010年9月22日発売)をチェック!

ラジアントヒストリア
メーカー アトラス
対応機種 ニンテンドー DS
発売日 2010年11月3日発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:平田弥、原案/世界観設定:屋敷哲、キャラクターデザイン/アートワーク:こにしひろし、音楽:下村陽子、開発:アトラス
(C)ATLUS CO.,LTD. 2010 ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【BRZRKのうるせー洋ゲーこれをやれ】最凶銃乱射ゲーム『Postal』がリマスターになって復活! したけど……。

お脳がアレな男が街中で銃乱射するゲーム『Postal』がリマスター版『Postal Redux』となって復活! 少し綺麗に、遊びやすくなった……が、しっくりこないふたりがクロストーク。

アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE(クロスビーツレヴ サンライズ)』の稼動記念イベント開催! 多くのゲストとファンが駆けつけた

2016年5月21日に行われた、アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE』の稼動記念イベントの模様をリポートする。

【先出し週刊ファミ通】『オーバーウォッチ』21人のヒーローのワンポイントレッスンをお届け(2016年5月26日発売号)

世界同時発売&サービスが開始されたオンライン専用のチーム対戦型アクションシューティング『オーバーウォッチ』。21人のヒーローの特徴をわかりやすく解説。

『オーバーウォッチ』コミュニティページ公開! 発売記念キャンペーンも実施

スクウェア・エニックスは、米国ブリザード・エンターテインメント社が制作し、本日発売日を迎えた『オーバーウォッチ』日本語版の公式ホームページにて、コミュニティページを公開。また、同ページにて発売記念キャンペーンを実施する。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で、『プロ野球 ファミスタ リターンズ』と『モンスターハンター フロンティアG』のお役立ちアイテムをお届け!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『オーバーウォッチ』がついに全世界同時発売! 本日20時から急遽ニコニコ生放送を実施【ファミ通EE】

ブリザード・エンターテイメント社のチーム対戦型シューター『オーバーウォッチ』(PS4向け日本語吹替版はスクウェア・エニックスが発売)が本日(2016年5月24日)全世界同時発売! 本日20時からはニコニコ生放送、YouTubeのスクウェア・エニックスチャンネルでライブ配信も行われる。

【先出し週刊ファミ通】ビビも登場!『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の世界をおびやかすバハムート軍とは?(2016年5月26日発売号)

グリモワルと呼ばれる世界を冒険する『ワールド オブ ファイナルファンタジー』。さまざまな『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターが参戦する本作に、『IX』よりビビが登場! また、主人公たちの前に立ちはだかるバハムート軍の情報もお伝えしよう。 

『ドラゴンクエストX』中国でのサービスが決定、日本サーバーとは別でサービス予定

スクウェア・エニックスよりサービス中のオンラインRPG『ドラゴンクエストX オンライン』について、中国でのサービスが決定したことが発表された。

【先出し週刊ファミ通】『クラシックダンジョン 戦国』で有名武将と探索しよう!(2016年5月26日発売号)

ドット絵のグラフィックとレトロなサウンドが特徴の『クラシックダンジョン』シリーズ。最新作の序盤のポイントをチェックしよう。

【先出し週刊ファミ通】編集者が選ぶ思い出のゲーム 第3弾はここ10年に出たハードから!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)では、ファミ通30周年企画がスタート。編集者が選ぶ思い出のゲームを紹介します。