HOME> ニュース> 新作の発表も! 『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』のチャンピオン大会が開催【TGS2010】

新作の発表も! 『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』のチャンピオン大会が開催【TGS2010】

ゲーム DS
東京ゲームショウ2010最終日となる2010年9月19日、ステージイベント“第1回『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』チャンピオン大会“Great Master's GP””が行われた。

2010-09-19

●予選をくぐり抜けてきたプレイヤーたちの激しいバトル

 東京ゲームショウ2010最終日となる2010年9月19日、ステージイベント“第1回『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』チャンピオン大会“Great Master's GP””が行われた。これは、発売中のニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』(以下、ジョーカー2)の最強プレイヤーを決める、スクウェア・エニックスの公式大会。出場選手は、東京、名古屋、大阪で行われた地区予選を勝ち抜いてきた6名に、Vジャンプ(集英社)の大会で優勝した1名と、会員制サイト“スクウェア・エニックス メンバーズ”での予選を勝ち抜いた1名を加えた合計8名のプレイヤー。全国から集まった強豪たちが、モンスターマスターの頂点を目指しハイレベルなバトルをくり広げた。大会はトーナメント形式になっており、準々決勝は2試合が同時に進行。ステージ正面の巨大スクリーンに各バトルの様子が映し出され、来場者はバトルの様子をじっくりと楽しむことができた。

YOS_6435
YOS_6481
YOS_6496
YOS_6572
YOS_6416

▲解説を行ったのは、本作のプロデューサー犬塚太一氏と、ゲスト解説として登場した声優の安元洋貴。

 「もっと使うモンスターが偏るかと思ったんですけど、個性豊かなモンスターが揃っていますね」と犬塚氏が語るとおり、おにこんぼうやメタルキングなどのいわゆる“鉄板”のモンスターだけでなく、神鳥レティスや海王神などのギガモンスター(強力だが、3匹ぶんの枠が必要なモンスター)の姿もちらほら。ここまで勝ち進んできたプレイヤーだけあって、クセの強いモンスターを自在に使いこなしていた印象だ。“アストロン”で時間を稼いで判定勝ちに持ち込んだり、“くろいきり”で補助効果を消してから“もろば斬り”で大ダメージを与えたりと、バトルで展開される戦術も非常にハイレベルなものだった。

 そんな強者揃いのトーナメントを勝ち抜いて決勝戦まで勝ち上がったのは、名古屋地区代表のはる選手と、スクウェア・エニックス メンバーズ予選代表のいぶさん選手。はる選手が“くろいきり”で相手の隙を作りはぐれメタルを倒すと、いぶさん選手もつぎのターンにおにこんぼうのしっぷうづきで相手のはぐれメタルを倒すなど、一進一退の攻防が続く。

6723
6732

 やがていぶさん選手がはる選手のモンスターを倒していき、最後はいぶさん選手の最強キメラ、おにこんぼう、メタルキングの3体と、はる選手のスラキャンサーがにらみ合うという状況に。スラキャンサーが“しゃくねつ”や“ギガブレイク”で相手を一掃しようとするも、メタルキングが“みがわり”を使ってパーティーへのダメージをゼロに軽減。このあいだに最強キメラとおにこんぼうが一斉攻撃をしかけ、スラキャンサーのHPを一気に削った。もうここまでか……と誰もが思ったそのとき、スラキャンサーの持つ特性“くじけぬ心”(やられてしまう場合でも、HP1で生き残ることがある)が2回連続で発動! これには「愛ですよ! スラキャンサーへの愛ですよこれは!!」と実況のお姉さんも大興奮。しかし幸運が続いたのもここまでで、最後はおにこんぼうがしっぷうづきでスラキャンサーにダメージを与え、いぶさん選手が見事に勝利を収めた。

YOS_6772
YOS_6753

▲優勝したいぶさん選手は「相手のパーティーとの相性がよかったので有利に戦えました。運がよかったですね」と勝因を分析。

▲準優勝したはる選手は、相棒であるスラキャンサーへのこだわりを「でかいのにかわいいところが好きですね!」と語った。

YOS_6825
YOS_6831

▲『ドラゴンクエスト』シリーズのゲームデザイナー、堀井雄二氏から賞状と賞品が渡された。準優勝の賞品は“ドラゴンクエスト ソフビモンスター”のセットと、『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』のオリジナル刻印入りiPod touch!

YOS_6841
YOS_6850

▲優勝賞品は同じく“ドラゴンクエスト ソフビモンスター”のセットと、ハイビジョンデジタルビデオカメラ! うらやましい!!

YOS_6859

 イベントの最後には、堀井氏がユーザーに向けてコメント。堀井氏も『ジョーカー2』をたくさんプレイしていたようで、「すれちがい通信でモンスターを集めて、“勝つぞ!”と思ってがんばって育てたのに、社内で行われた大会で負けてしまいました(笑)。ホントに悔しかったなあ。(犬塚氏のほうを見て)大会って次回もあるのかな?」と大会への思いを語った。すると犬塚氏は「第2回大会ですか? ……(絶妙な間)どうでしょうかね〜。あるかもしれませんね〜。ちょっとこちらを見てもらえますか」と語り、ステージ上の大画面には『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル』の文字が映し出された! そう、こちらの記事で速報としてお伝えしたとおり、『ジョーカー2』のパワーアップ版となる『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル』が緊急発表されたのだ。このサプライズには、来場者からも驚きと歓喜の声が上がっていた。「現時点でお話できるのはここまですが、がんばって制作していますのでご期待ください!」と犬塚氏が語り、イベントは幕を閉じた。必ずや開かれるであろう第2回大会に向けた新たな戦いが、また今日から始まった!

YOS_6863
YOS_6868

▲『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル』は、ユーザーからの意見や感想を参考に、登場モンスターが大量に追加されるなど、要素をさらに充実させたものになるという。2011年春にニンテンドーDSシリーズで発売予定だ。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『テイルズ オブ ゼスティリア』 木村良平さん&小松未可さんも驚いたコラボ&最新情報の一気発表! 馬場Pのミニインタビューもお届け【TGS 2014】

2014年9月21日、“東京ゲームショウ 2014”、バンダイナムコゲームスブースにて行われた“YAPPARI!「テイルズ オブ」スペシャルステージ@TGS2014”の模様&馬場Pのミニインタビューをお届け!

LJ League 2015の概要も発表! “League of Legends JapanLeague”ALL STAR戦開催!【TGS 2014】

千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2014。最終日となる9月21日にロジクールブースで、同社がスポンサーを務める『League of Legends』のプロリーグ、“League of Legends JapanLeague” のALL STAR戦が開催された。

『劇場版 零〜ゼロ〜』“ニコニコ超“零”祭”撮影現場の雰囲気が語られたトークと、PS2版『零 〜zero〜』ラストプレイの様子をお届け

2014年9月26日より『劇場版 零〜ゼロ〜』が公開されることを記念して、“ニコニコ超“零”祭”が5回にわたり開催中。ここでは、第弐夜である9月22日のゲーム『零 〜zero〜』ゲーム実況付き完成披露イベントの公式リポートをお届けする。

『討鬼伝 極』実機プレイで思わぬハプニングも! 小野坂昌也さん&竹本英史さんがくり広げるコーエーテクモスペシャルステージをリポート【TGS 2014】

2014年9月18日から9月21日まで、千葉・幕張メッセで開催されていた東京ゲームショウ 2014のコーエーテクモブースにて、スペシャルステージが開催された。

『シャイニング』シリーズの特別アンケート、締切迫る! あなたの思い出を教えてください

2014年9月26日(金)正午まで、『シャイニング』シリーズに関するアンケートを実施中。ぜひお答えください!

『TAMAGOTCHI 4U』を先行体験! 女性記者がたまごっち育成にチャレンジ【その1】

2014年9月27日に発売となる、大人気玩具『たまごっち』の最新機種『TAMAGOTCHI 4U』が編集部にやってきた! たまごっちファンの女性記者が、さっそく育成に挑戦。どんなたまごっちに育つのでしょう?

アイ・オーデータが超解像技術ギガクリアエンジンIIを搭載した、プレミアムディスプレイを先行公開【TGS 2014】

 東京ゲームショウ2014のビジネスデイ期間となる9月18日、19日、アイ・オーデータは同社初のブースを設置。超解像技術ギガクリアエンジンIIを搭載した、プレミアムディスプレイを先行公開した。

【ドラポ部】ノーペアうすいのデッキ相談室 次回のお題は“神鏡のアマテラス”

『ドラゴンポーカー』運営に太いパイプを持つというノーペアうすいによるデッキ相談室。あなたのデッキ構成を教えてください。

『三国テンカトリガー』サービス開始記念キャンペーンにさらに3つのイベントが追加

『三国テンカトリガー』で本日(9月22日)から新たなキャンペーン・イベントなどが開催された。

『バトルフィールド ハードライン』のクリエイティブ・ディレクターにちょっとコアな質問をぶつけてみた【TGS 2014】

『バトルフィールド ハードライン』の開発元であるVisceral Gamesのクリエイティブ・ディレクター、イアン・ミルハム氏にインタビューを敢行。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS