HOME> ニュース> 『New スーパーマリオブラザーズ Wii』が日本ゲーム大賞を受賞【TGS2010】

『New スーパーマリオブラザーズ Wii』が日本ゲーム大賞を受賞【TGS2010】

ゲーム
幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2010で、2010年9月16日、CESA(社団法人コンピューターエンターテインメント協会)による日本ゲーム大賞の経済産業大臣賞・年間作品部門の表彰式が開催された。

2010-09-16

●クリエイターが選ぶ作品は『HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-

TAK_2078

▲CESA会長の和田洋一氏(スクウェア・エニックス代表取締役)は、「ゲーム大賞の発表授賞式は今年の総決算。受賞作を讃え、その作品をつぎの目標になる。授賞式は、スタートでもある、とスピーチした。

 幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2010で、2010年9月16日、CESA(社団法人コンピューターエンターテインメント協会)による日本ゲーム大賞の経済産業大臣賞・年間作品部門の表彰式が開催された。

年間作品部門の各賞は、一般投票と選考委員による審査で優れた作品が決定されるが、今回からクリエイターによる審査会で優秀なゲームを選出するゲームデザイナーズ大賞が新設され、クリエイターから見た優れたゲームも表彰された。

●経済産業大臣賞

 この賞は、近年の日本の家庭用ゲーム産業の発展に寄与された人物若しくは、団体を対象に選考、表彰を行うもので、今年は国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズを手掛け、ゲーム業界に多大な功績を残し、いまもなおゲームクリエイターとして活躍する堀井雄二氏が受賞した。

 堀井氏は「すごくうれしいです。ゲームを作ってきて23〜4年くらいになります。そのころ、ゲームを作っている言うと石を投げられそうになる(笑)、というくらいの仕事だったんですけど、最近は開発もだんだんとい規模が大きくなってきて、僕自身もスタッフに支えれて続けられてきました。本当に感謝しています」と受賞の喜びを語った。

TAK_2062

▲今年も司会進行役を務めたのは、タレントの伊集院光。

●年間作品部門

 年間作品部門は、2009年4月1日から2010年3月31日のあいだに日本国内でリリースされた作品を対象に選考、表彰を行うもの。まず、グローバル賞として、日本作品部門では『Wii Sports Resort』、海外作品部門では、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』が受賞。ベストセールス賞には『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が輝いた。

TAK_2116
TAK_2127
TAK_2219

 今年、新設されたゲームデザイナーズ大賞選考は、日本ゲーム大賞選考委員会とは別にクリエイターによる審査会を設置。審査対象作品に対し、各審査員が持ち点10点によって作品を評価し、ポイントの集計結果によって授賞作品を選出する。著名クリエイターたちが作り手の視点から、高い独創性を持ち、かつゲームの歴史にその名を刻むべき革新的な作品を選出し、称える賞だ。ゲームデザイナーズ大賞の審査員には、桜井政博氏(ソラ)、飯田和敏氏(グラスホッパー・マニファクチュア)、イシイジロウ氏(レベルファイブ)、上田文人氏(ソニー・コンピュータエンタテインメント)、三上真司氏(Tango)などそうそうたるクリエイターが名を連ねている。ゲームデザイナーズ大賞の概要などの説明にあいさつに立った同賞の実行委員長の桜井政博氏(ソラ)は、「日本ゲーム大賞の審査会には参加させていただいていましたが、どうにもやるせなさが残ることもありました。日本ゲーム大賞はユーザーの方々からの投票がベースという性質上、市場で売れたソフトが強いんです。ユーザーの方々からの支持を得たのですから、それはそれでいいのだけれど、ゲームを作るうえでいちばん大切な要素が欠けているんです。それはひと言で言うと独創性ですね。革新性、イノベーションなんてことも言われますが、それが評価軸に乗っていない」という理由から、ゲームデザイナーズ大賞を新設した経緯を語った。

 そのゲームデザイナーズ大賞の記念すべき第1回目の受賞作は……『HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-』! 桜井氏は壇上で同作のデモンストレーションを行い、作品の魅力について日常のこともまで操作させるという体験が主人公との一体感を生むこと、こういう形で体感させるゲームはいままでになかったと賞賛した。

TAK_2255
TAK_2231

▲『HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-』の脚本・監督を務めたデヴィッド・ケイジ氏は「ゲーム大国の日本でこのような賞をもらえて光栄。日本のユーザーの皆さんに感謝したい」とコメント。

 そしていよいよ、日本ゲーム大賞の発表へ。その前にまず、発表されたのは優秀賞11作品。この11作品の優秀賞の中から大賞が選ばれることになる。

■優秀賞(11作品)

イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード
Wii Sports Resort
トモダチコレクション
ドラゴンクエストIX 星空の守り人
New スーパーマリオブラザーズ Wii
ファイナルファンタジーXIII
BAYONETTA(ベヨネッタ)
ポケットモンスター ハートゴールド/ソウルシルバー
モンスターハンター3(トライ)
ラブプラス
龍が如く4 伝説を継ぐもの


 この11タイトルの中から、最終選考を経て、栄えある大賞に輝いたのは

New スーパーマリオブラザーズ Wii! 

 壇上に上がった同作のプロデューサー手塚卓志氏は、「大賞はちょっと驚きました。投票してくださった方のコメントを見てみると、1歳から80歳までの方々からコメントを寄せてくださっていて、1歳はおかしいと思いますが(笑)、我々が目指していたのは幅広い年齢層に遊んでもらうことでしたので、それに近いユーザーががいるんだな、とあらためて思いました。この喜びスタッフに伝えたいと思います」(手塚氏)

 ユーザーからの評価とクリエイターからの評価という、それぞれの視点で優秀なゲームが選ばれた今回の表彰式。今後、ゲーム大賞とゲームデザイナーズ大賞をダブル受賞するゲームの誕生にも期待して、また来年!

TAK_2524
TAK_2531
TAK_2559

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『ひぐらしのなく頃に粋』OPムービー2種や追加要素など最新情報が公開【動画あり】

加賀クリエイトは、2015年3月12日発売予定のプレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『ひぐらしのなく頃に粋』について、公式サイトにてオープニングムービー2種などの最新情報を公開した。

“Windows 入ってるタブレットならもう後悔しない with DMM.com”がスタート Windowsタブレット活用シーン拡大キャンペーンが開始

日本マイクロソフトは、Windowsタブレットの認知向上と拡販、活用シーンの拡大をめざし、Windowsタブレットの利活用方法を提案する施策として入ってるタブレットならもう後悔しない with DMM.com”を、本日(2015年3月2日)より開始することを発表した。

ネコルガに新種発見!?『にゃんこ大戦争』で正体不明の一族登場!

ポノスが配信するスマートフォンゲームアプリ『にゃんこ大戦争』で、本日(2015年2月27日)より新キャラクターを追加したレアガチャイベントが開催される。

『LA-MULANA 2』の発端から、KickStarterのその後までをNIGOROに聞く、2万字超えロングインタビュー【インディーの肖像 Vol.2】

インディーゲームの作り手に焦点をあてたインタビューシリーズの第2弾。KickStarterでのクラウドファンディングを経て開発中のアクションゲーム『LA-MULANA 2』について、その発端から現在までをロングインタビューで直撃。

【にゃんこ大戦争4コマ】わけ

『にゃんこ大戦争』をテーマにした4コママンガをゆる〜く連載。『にゃんこ大戦争4コマ&攻略アプリ にゃんコマ』をダウンロードすれば、スマホで快適にマンガを楽しめるよ。

【ひらブラ vol.55】快適な音ゲーをAndroidでも実現するための試み(Part.2)『遅延の自動推測(ADX2新機能)』

【ひらブラ vol.55】今回のひらブラは、Androidの音声再生レイテンシ問題の話。

野島一成氏の描く人間ドラマが見どころのひとつに――『ドラゴンズドグマ オンライン』開発者インタビュー完全版

カプコンが2015年にサービスを開始する予定の『ドラゴンズドグマ オンライン』。そのシナリオを手掛けるのは、『ファイナルファンタジー』シリーズなどで著名な野島一成氏だという。そこで、野島氏の起用の理由や、本作はどんな物語になるのかなどを、野島氏とプロデューサーの松川美苗氏に直撃した。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 〜ジーラの放浪録〜 第25回(通算125回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険します!

Q-gamesディラン・カスバート氏と17-Bitジェイク・カズダル氏に聞く、母国ではなく京都を拠点に選んだ理由。【インディーの肖像 Vol.1】

インディーゲームの作り手に焦点をあてたインタビューシリーズの第1弾として、海外出身ながら京都で独立系スタジオを運営しているQ-gamesのディラン・カスバート氏と17-Bitのジェイク・カズダル氏に話を聞いた。

不思議な魅力の2Dアクション『TorqueL』が、個人開発にも関わらずコミケからE3まで出たワケ【インディーの肖像 Vol.3】

インディーゲーム開発者に焦点をあてたインタビューの第3弾は、2Dアクションゲーム『TorqueL』(トルクル)を開発したFullPowerSideAttack.comのなんも氏が登場。



もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS