HOME> ニュース> 【画像追加】期待感が止まらない! スクウェア・エニックスのシークレットシアターリポート【TGS2010】

【画像追加】期待感が止まらない! スクウェア・エニックスのシークレットシアターリポート【TGS2010】

ゲーム プレイステーション3 PSP
東京ゲームショウブースリポートで、もはや恒例となった感のあるスクウェア・エニックスのシークレットシアターのリポート。今回も上映されている映像の内容を、少しだけ紹介!

2010-09-16

●“ファブラ ノヴァ クリスタリス ファイナルファンタジーXIII カンファレンス”の告知が!

DSC01264

 東京ゲームショウブースリポートで、もはや恒例となった感のあるスクウェア・エニックスのシークレットシアターのリポート。今回も上映されている映像の内容を、少しだけ紹介しよう。発売が発表されたばかりの『キングダム ハーツ バース バイ スリープ ファイナル ミックス』、『ディシディア ディオデシム ファイナルファンタジー』の追加キャラクター、そして最後には衝撃の発表など、サプライズ超・満・載!!

■『キングダム ハーツ』シリーズ 『キングダム ハーツ バース バイ スリープ ファイナル ミックス』公開

 映像は2010年10月7日に発売となる『キングダム ハーツ Re:コーデッド』からスタート。「さよなら」という少女の声とともに始まった宇多田ヒカルの『』に乗せて、序盤のストーリーが綴られる。発売が近いだけあり、ワールドごとの特徴的なバトルや、すれちがい通信が楽しめる“アバターメニュー”など、ゲームの内容を少しずつ見られる内容。とくに、すれちがい通信で交換したフロアを積み重ね、オリジナルのダンジョンを積み重ねる“アバターシステムフロア”が楽しそうだ。『Re:コーデッド』のオリジナル版『コーデッド』と比べ、追加された要素がたくさんあり、やり込みがいもありそう。

 そして、『キングダム ハーツ モバイル』の短い映像を挟み、“更なる秘密の先”というフレーズのあとに流れたのは、発売が公開されたばかりの『キングダム ハーツ バース バイ スリープ ファイナル ミックス』の映像! 海外版をベースとして、追加要素や調整を加えた“ファイナル ミックス”版は、キャラクターボイスが英語になっているのが特徴だ。黒いコートを着て2本のブレードを逆手に持った人物や、モンストロ(『ピノキオ』に登場した巨大なクジラ)とのバトルなどがあり、追加ボスが豊富にいることがうかがえた。映像の最後には、旅立ちの地でキーブレードを構える、鎧姿の男性の姿が……!?

finish_command_01_FIX
100717_AW_oku_scroll_05_FIX
100821_movie_02_FIX
tag_mode_04_FIX

■『ザ・サード バースデイ

eve01_rgb

 ナレーションで、2010年冬に発見されたツイステッドを駆除すべく、未来から過去にオーバーダイブするというアヤの状況が語られる。過去を書き換えられるのはアヤだけで、彼女が行うオーバーダイブ捜査は、ホワイトハウスの切り札でもあるらしい。また、アヤを信頼している様子の青年や、アヤに銃を向けるCTIのボス、ガブリエルと呼ばれる長い金髪を結った女性の姿も。さらには、『パラサイト・イヴ2』に登場したアヤの妹、イヴ・ブレアも登場。しかし、彼女は何者かと立ち去ってしまう……。その人物が残した言葉、「イヴはまた現れる。赤い霧のバベルで会おう」。それは何を意味するのか。謎めいた物語と、美しい映像はかなり魅力的だ。ちなみに、硬質なピアノや、ドラムンベースが疾走感を与える楽曲がとにかくカッコイイ。スピーディーなバトルシステムと相まって、気分を一層盛り上げてくれる。

sen_bl02_rgb
sen_boss01_rgb

■『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー

DDFF_Sep_e-3_FIX

 前作同様、菅原文太によって、コスモスとカオスという二柱の神が争う世界設定が語られた。新たに参戦したライトニングがウォーリア オブ ライトと対峙する様子や、カインがバッツを襲った(?)ように見えるシーンなど、気になる場面が満載。さらに、前作では敵方だったクジャがジタンに話し掛けたり、クラウドがクジャと会話する場面も。前作とは立場が異なるのか、それとも記憶がないからなのか? また、飛空艇らしき場所で語り合うセシルとオニオンナイト、新たなコスチュームに身を包んだクラウド、そして何かを画策する皇帝とゴルベーザ、ダジャレも絶好調なケフカなど、前作に登場したキャラクターたちの健在ぶりも見られた。そして最後には、セフィロスに「あなた、誰?」と語りかけるティファの姿が……!!

DDFF_Sep_b-A_FIX
DDFF_Sep_e-6_FIX
DDFF_Sep_b-I_FIX

■ファブラ ノヴァ クリスタリス ファイナルファンタジーXIII

versus_

 『ファイナルファンタジー アギトXIII』(以下、『アギト』)と、『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』(以下、『ヴェルサス』)は、ごく短い映像を公開。

 『アギト』は進軍する白虎軍の様子(虎を連れてたのでそう予想)など、戦争の様子を描写。建物の壁に取り付くサソリのような形態の足と尾を持つ戦車や、操作キャラクターが地面に魔法陣を展開する様子などから、機械文明とファンタジーが融合している印象を受けた。バトルでは常時3人分のステータスが表示されていることや、△ボタンにファイア、□ボタンにウォールなど、ボタンにコマンドが割り振られているという基本的な構造は以前から変わらず。ちなみに、チョコボでフィールドを移動する場面も。

 そして『ヴェルサス』は、E3 2010時に公開された主人公ノクトとベヒーモスとのバトル画面を動画で公開。新宿を思わせる路上で展開するバトルは、本当にこれが操作できるのか信じられないほどのクオリティー。ベヒーモスから飛び散る血、その鋭い爪をかいくぐって斬り付けるノクトの挙動、すべてがファンタジーでありながらリアルな質感を持っている。

 また、最後に衝撃の情報が! 2011年1月11日に、“ファブラ ノヴァ クリスタリス ファイナルファンタジーXIII”に関するカンファレンスが開催されるとの告知があったのだ。詳細は不明だが、ここで『アギト』や『ヴェルサス』に関する重要な発表があることは間違いない!

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】『オーバーウォッチ』21人のヒーローのワンポイントレッスンをお届け(2016年5月26日発売号)

世界同時発売&サービスが開始されたオンライン専用のチーム対戦型アクションシューティング『オーバーウォッチ』。21人のヒーローの特徴をわかりやすく解説。

『オーバーウォッチ』コミュニティページ公開! 発売記念キャンペーンも実施

スクウェア・エニックスは、米国ブリザード・エンターテインメント社が制作し、本日発売日を迎えた『オーバーウォッチ』日本語版の公式ホームページにて、コミュニティページを公開。また、同ページにて発売記念キャンペーンを実施する。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で、『プロ野球 ファミスタ リターンズ』と『モンスターハンター フロンティアG』のお役立ちアイテムをお届け!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『オーバーウォッチ』がついに全世界同時発売! 本日20時から急遽ニコニコ生放送を実施【ファミ通EE】

ブリザード・エンターテイメント社のチーム対戦型シューター『オーバーウォッチ』(PS4向け日本語吹替版はスクウェア・エニックスが発売)が本日(2016年5月24日)全世界同時発売! 本日20時からはニコニコ生放送、YouTubeのスクウェア・エニックスチャンネルでライブ配信も行われる。

【先出し週刊ファミ通】ビビも登場!『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の世界をおびやかすバハムート軍とは?(2016年5月26日発売号)

グリモワルと呼ばれる世界を冒険する『ワールド オブ ファイナルファンタジー』。さまざまな『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターが参戦する本作に、『IX』よりビビが登場! また、主人公たちの前に立ちはだかるバハムート軍の情報もお伝えしよう。 

『ドラゴンクエストX』中国でのサービスが決定、日本サーバーとは別でサービス予定

スクウェア・エニックスよりサービス中のオンラインRPG『ドラゴンクエストX オンライン』について、中国でのサービスが決定したことが発表された。

【先出し週刊ファミ通】『クラシックダンジョン 戦国』で有名武将と探索しよう!(2016年5月26日発売号)

ドット絵のグラフィックとレトロなサウンドが特徴の『クラシックダンジョン』シリーズ。最新作の序盤のポイントをチェックしよう。

【先出し週刊ファミ通】編集者が選ぶ思い出のゲーム 第3弾はここ10年に出たハードから!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)では、ファミ通30周年企画がスタート。編集者が選ぶ思い出のゲームを紹介します。

【先出し週刊ファミ通】『プラスティック・メモリーズ』がプレイステーション Vitaでリリース決定(2016年5月26日発売号)

2015年に放送されたテレビアニメ『プラスティック・メモリーズ』がプレイステーション Vita用ソフトとなってリリースされることが明らかになった。

【先出し週刊ファミ通】『Caligula -カリギュラ-』やり込みプレイヤー必見のハック&スラッシュ要素も明らかに(2016年5月26日発売号)

フリューが贈り出す、プレイステーション Vita用の完全新作RPG『Caligula -カリギュラ-』。2016年5月26日発売の週刊ファミ通では、プレイヤーに用意されたやり込み要素のひとつ“スティグマ”や、新たに判明したキャラクターについて紹介している。