HOME> ニュース> 『うみねこのなく頃に』プレイステーション3でリリース決定

『うみねこのなく頃に』プレイステーション3でリリース決定

ゲーム プレイステーション3
『ひぐらしのなく頃に』を手掛けた07th Expansion・竜騎士07氏の最新作『うみねこのなく頃に』がプレイステーション3でリリースされる。

2010-09-14

●魔女との戦いがプレイステーション3で描かれる!

umineko01
umineko06

 『ひぐらしのなく頃に』を手掛けた07th Expansion・竜騎士07氏の最新作『うみねこのなく頃に』がプレイステーション3でリリースされる。発売日は2010年12月16日発売予定。価格は8379円[税込]。

 『うみねこのなく頃に 〜魔女と推理の輪舞曲〜』は、4つのエピソードを順番に読み進める形で進行するアドベンチャーノベル。途中に選択肢は一切なく、ただただ自分のペースで読み進めて、ストーリーを楽しむ作品となっている。収録エピソードは2010年9月現在、原作PC版で発売されている7つのエピソードのうち、1〜4までのエピソード。

 フルHDに完全対応しており、キャラクター、背景、演出ムービーなどを高画質で楽しむことができる。キャラクターデザインを務めるのは、原作の肖像画やパッケージイラストを担当した江草天仁氏と、FFCのふたり。立ちグラフィックはベアトリーチェだけで500パターン以上と、膨大なバリエーションが用意されている。

■プロローグ

伊豆諸島、六軒島。
全長10キロにもおよぶこの島が、観光パンフに載ることはない。
なぜなら、大富豪の右代宮家が領有する私的な島だからである。

年に一度の親族会議のため、親族たちは島を目指していた。
議題は、余命あと僅かと宣告されている当主、金蔵の財産分割問題。
天気予報が台風の接近を伝えずとも、島には確実に暗雲が迫っていた……。

六軒島大量殺人事件(1986年10月4日〜5日)

速度の遅い台風によって、島に足止めされたのは18人。
電話も無線も故障し、隔絶された島に閉じ込められた。
彼らを襲う血も凍る連続殺人、大量殺人、猟奇の殺人。
台風が去れば船が来るだろう。警察も来てくれる。
船着場を賑わせていたうみねこたちも帰ってくる。

そうさ、警察が来ればすべてを解決してくれる。
俺たちが何もしなくとも、うみねこのなく頃に、すべて。

うみねこのなく頃に、ひとりでも生き残っていればね……?

貴方に期待するのは犯人探しでも推理でもない。
貴方が“私”をいつ信じてくれるのか。
ただそれだけ。

推理がしたければすればいい。
答えがあると信じて求め続けるがいい。

貴方が“魔女”を信じられるまで続く、これは永遠の拷問。

umineko75
umineko76
umineko77
umineko78
umineko79

▲膨大な物量のグラフィックが用意されているという本作。イベントグラフィックやカットインなども多数挿入され、物語を盛り上げる。

umineko02
umineko03

■Episode1 Legend of the golden witch
1986年10月4日。18歳の右代宮戦人は親族たちとともに6年ぶりに六軒島を訪れることになった。目的は、毎年恒例で開かれている親族会議に参加するため。久しぶりに顔を合わせた親戚や屋敷の使用人たちとも懐かしく語らう彼らだったが、その一方で大人たちにとっては、今年のその会議にはもうひとつ重要な目的が。それは、余命まもないとされる当主金蔵の遺産相続のことだった。そんな中、戦人は六軒島に住まうとされる魔女、ベアトリーチェの話を聞かされる……。

■Episode2 Turn of the golden witch
身分違いの殿方への恋に思い悩む紗音と、自由で解放された世界に強い憧れを抱く嘉音。そんなふたりの使用人の前に魔女ベアトリーチェが姿を現し、人を愛することの幸せを説いて甘言を囁きかける。魔女の力を得て、願いを叶える紗音。しかし、嘉音はその中に潜む邪悪な真意を察し、その誘いをはねのける。その選択の行方はいったいどこに向かうのだろうか……? 一方、魔女の存在を否定する戦人はベアトリーチェに勝負を挑み、惨劇の謎を解き明かしてみせると宣言する。赤い真実の推理バトルの火蓋が、ここに切って落とされた……。

umineko04
umineko05

■Episode3 Banquet of the golden witch
親族会議のため六軒島へと向かう船の中、絵羽が夢の中で見たのはかつての記憶。父の後継者として認められたいと努力し続けながらも、“女”ということだけでそれを肯定されなかった悲嘆と失望。しかし、若き日の“彼女”は語りかける。「願いは叶う。そう信じ続けることこそが、“私たち”の魔法」だと……。そして、夕食の席上で披露されたベアトリーチェからの手紙。そこに記されていたのは莫大な量の黄金の在処。それを最初に手に入れた者が右代宮家の後継者の資格を得る、とのことだった。「黄金は、私が見つけてみせる……!」絵羽はそう心に誓って、謎の解明に乗り出す……。

■Episode4 Alliance of the golden witch
六軒島の最後の親族会議が開かれてから、10数年後。成長した縁寿は兄の戦人や真里亞たちの記憶を掘り起こしながら、かつての親族会議の席上でいったい何があったのか、思いを馳せていた。太平洋の孤島で起きた謎の事故と、消えた親族たち。そこから戻ってきたのは、叔母の絵羽ただひとりだけ。両親と兄を一度に失った縁寿は彼女の庇護のもと育ったが、本当に知りたい真実は何も知らず、何も知らされないままだった。縁寿は慕っていた真里亞の日記帳をひもときながら、彼女がつねに口にしていた魔法の存在について考え始める。使う人に幸せをもたらすとされながらも、怪しげで信じがたい謎の力。そして、そんな彼女の命と財産を狙って暗躍する者たちがいた……。

umineko07
umineko08

■右代宮 戦人(うしろみや ばとら)
(声:小野大輔)
留弗夫と前妻、明日夢の息子。6年前、母との死別と同時に後妻の籍を入れた父に反発。母方の祖父母宅に身を寄せていた。だが、祖父母が相次いで死去し、6年ぶりに右代宮の家に戻ってきた。今回の親族会議では、いとこたちとの6年ぶりの旧交を温めあう。

umineko09

■右代宮 金蔵(うしろみや きんぞう)
(声:麦人)
右代宮家の老当主。余命わずかと宣告されながらも、意気軒昂。莫大な財産を築いたが、相続について何も明かしておらず、息子兄弟たちをやきもきさせている。西洋かぶれにして、大のオカルトマニア。書斎は怪しげな魔術書で溢れかえっている。

umineko10
umineko11
umineko12

■右代宮 蔵臼(うしろみや くらうす)
(声:小杉十郎太)
金蔵の第1子。息子4兄弟の長男として、親族会議をリードする立場にある。しかし、他の兄弟たちには、財産を独り占めしようとしていると思われており、兄弟の対立は激化している。不動産投資家で、リゾート開発に莫大な投資をしている。だがその成果は酷評されている。

■右代宮 夏妃(うしろみや なつひ)
(声:篠原恵美)
蔵臼の妻。家庭を顧みない夫に代わり、右代宮家を切り盛りしている。今回の親族会議の準備や手配もすべて、彼女が取り仕切っている。責任感が強くプライドが高い。しかし、夫にもその兄弟たちにも理解されず、境遇はあまりいいとは言えない。

■右代宮 朱志香(うしろみや じぇしか)
(声:井上麻里奈)
蔵臼と夏妃の娘。順当に行けば、やがては右代宮家の跡継ぎ(厳密にはその夫)になると考えられている。ただし本人は関心がないようである。生まれつき気管支が弱く、突発的に喘息発作を起こすことがある。

umineko13
umineko14
umineko15

■右代宮 絵羽(うしろみや えば)
(声:伊藤美紀)
金蔵の第2子。兄の蔵臼を敵視しており、財産問題から当主跡継ぎ問題まで、あらゆる面で対立する立場を取っている。本来は結婚時に右代宮家の籍を失うところを、入り婿を認めさせることによって強引に留まった経緯がある。

■右代宮 秀吉(うしろみや ひでよし)
(声:広瀬正志)
絵羽の夫。絵羽の婿養子として右代宮家に迎えられた。そのため、右代宮家の陰湿な遺伝子を持たず、そのほがらかな笑顔は親族会議においてとても貴重である。裸一貫から起業し、いまでは中堅外食チェーン運営会社の社長を務めている。業績は右肩上がりで極めて好調とか。

■右代宮 譲治(うしろみや じょうじ)
(声:鈴村健一)
絵羽と秀吉の息子。人当たりのいい好青年で、親類の誰からも好かれている。父の会社で見習いをしており、やがては独立する夢を持っているらしい。いとこ4人組の最年長として、彼らのまとめ役もしている。

umineko16
umineko17
umineko18
umineko19

■右代宮 留弗夫(うしろみや るどるふ)
(声:小山力也)
金蔵の第3子。姉の絵羽ともども、長兄の蔵臼が父の財産を独占することがないよう、親族会議での追求を強めている。前妻の明日夢を6年前に失い、その後、すぐに後妻の霧江を籍に入れた。

■右代宮 霧江(うしろみや きりえ)
(声:田中敦子)
留弗夫の妻。後妻。仕事のパートナーとして長い付き合いがあり、前妻の逝去により、晴れて正妻の座を射止めた。留弗夫が手掛ける胡散臭い仕事の数々で右腕を務め、成功に導いてきた。頭の回転が速く、留弗夫の信頼も厚い。

■右代宮 楼座(うしろみや ろーざ)
(声:小清水亜美)
金蔵の第4子。息子4兄弟の末っ子で、ほかの兄弟たちと大きく歳が離れている。そのため、親族会議では発言力がだいぶ劣るようである。デザイン会社を運営しているが、道楽の域を出てはおらず、それほど芳しい経営状況ではないようである。

■右代宮 真里亞(うしろみや まりあ)
(声:堀江由衣)
楼座の娘。父親は知らない。幼児言葉が抜けず、よく怒られている。勉強にも友人にもまったく興味がないが、オカルトや黒魔術などには強い関心を示し、逸脱した数々の知識を天才的暗記力で記憶している。

umineko20
umineko21
umineko22

■源次(げんじ)
(声:船木真人)
右代宮家に仕える使用人を束ねる使用人頭。金蔵にもっとも長く仕えており、最大の信頼を得ている。金蔵直属の使用人であるため、蔵臼夫妻には、金蔵のスパイのように思われている。

■紗音(しゃのん)
(声:釘宮理恵)
若いが年季のある使用人。ふだんは落ち着いていて仕事をそつなくこなすが、焦るとミスが多くなる。なお、紗音はあくまでも勤務時間中の仮の名で本名ではない。

■嘉音(かのん)
(声:小林ゆう)
若い使用人。寡黙に仕事をこなすが、愛想が悪く評価は高くない。音の仮名を持つ使用人はほかにも数人いる。たまたまこの日は、彼と紗音が当番だった。

umineko23
umineko24
umineko25

■郷田(ごうだ)
(声:上別府仁資)
料理人として雇われた使用人。年季は短いが、前職で培われた接客術は洗練されており、評価は高い。蔵臼夫妻が雇用した使用人であるため、金蔵のスパイと思われている古参の使用人たちより、信頼されているらしい。

■熊沢(くまさわ)
(声:羽鳥靖子)
途中で何度か退職しているが、総じれば長い年季を持つパートタイマーの老女である。要領がよく、使用人としての技量は決して低くないのだが、噂好きでおしゃべりなため、いい評価を受けていない。

■南條(なんじょう)
(声:石住昭彦)
金蔵の主治医であり、長年の友人。新島の開業医だったが、息子に病院を譲り、穏やかな老後を過ごしている。猜疑心に凝り固まった金蔵が心を許す数少ない人物のひとり。非常に大らかな性格で、すぐに激昴する金蔵にも動じず、長く交流している。

umineko26
umineko27

■ベアトリーチェ
(声:大原さやか)
六軒島に棲む伝説の魔女、また、右代宮家顧問錬金術師ともいわれているが……。はたして、その正体は……?

■煉獄の七姉妹(れんごくのななしまい)

 ベアトリーチェの手による上級家具。みずからの意思でも行動できるが、術者の命令には逆らえない。人間の姿でも強力な力を持つが、本来の姿である煉獄の七杭に戻り、高速飛翔して敵に襲い掛かるときにこそ、その恐ろしい真価を発揮する。

umineko28
umineko29
umineko30

■ルシファー
(声:斉藤佑圭)
魔女・ベアトリーチェが召喚する“上級家具”の長女。“七つの大罪”の“傲慢”の特徴を持つ。
非常に真面目だが、スペックとしては七姉妹の中でいちばん劣るため本人は長女ぶって姉妹をまとめようとするが、妹たちからはバカにされ、いじめられることが多い。“潜在的いじめられっこ”。

■レヴィアタン
(声:米澤 円)
魔女・ベアトリーチェが召喚する“上級家具”の二女。“七つの大罪”の“嫉妬”の特徴を持つ。非常に粘着質で、ねちっこい。だがふだんは鈍くさく要領が悪いので、何かあるたびにいつもメソメソ・シクシクとしている。

■サタン
(声:日笠陽子)
魔女・ベアトリーチェが召喚する“上級家具”の三女。“七つの大罪”の“憤怒”の特徴を持つ。怒りんぼで、いつもプリプリしているが、本当は誰かに怒ってもらいたい願望がある。(が、誰も怒ってくれない)ルシファーやレヴィアタンと同様に、よく妹たちに出し抜かれてしまうこともしばしば。

umineko31
umineko32
umineko33
umineko34

■ベルフェゴール
(声:吉田聖子)
魔女・ベアトリーチェが召喚する“上級家具”の四女。“七つの大罪”の“怠惰”の特徴を持つ。ふだんからつねに冷静で、取り乱したりすることはない。律儀で義理堅く勤勉で、武士道を重んじる“侍”のような印象。ストイック。

■マモン
(声:新名彩乃)
魔女・ベアトリーチェが召喚する“上級家具”の五女。“七つの大罪”の“強欲”の特徴を持つ。どちらかというとアウトローで、群れるのがキライ。そのため姉妹たちからはどこか距離を置くこともある。

■ベルゼブブ
(声:山岡ゆり)
魔女・ベアトリーチェが召喚する“上級家具”の六女。“七つの大罪”の“暴食”の特徴を持つ。食いしん坊で、口を開けば「お腹すいた」ばかり言う。姉妹随一のいやしキャラ(?)かと思って侮るとイタい目を見るかも(郷田的な意味で)。七女のアスモデウスととくに仲がよく、いつもコンビで行動している。

■アスモデウス
(声:豊崎愛生)
魔女・ベアトリーチェが召喚する“上級家具”の七女。“七つの大罪”の“色欲”の特徴を持つ。実体験はほとんどないものの、色恋事に対して興味津々らしい。幼い印象だが、幼さゆえの残酷さも併せ持っており、獲物を仕留める際に見せる表情は邪悪な印象である。六女のベルゼブブととくに仲がよく、いつもコンビで行動している。

umineko35
umineko36
umineko37
umineko38
umineko39
umineko40
umineko41
umineko42
umineko43
umineko44
umineko45
umineko46
umineko47
umineko48
umineko49
umineko50
umineko51
umineko52
umineko53
umineko54
umineko55
umineko56
umineko57
umineko58
umineko59
umineko60
umineko61
umineko62
umineko63
umineko64
umineko65
umineko66
umineko67
umineko68
umineko69
umineko70
umineko71
umineko72
umineko73
umineko74

▲音声はアニメ版とほぼ同じキャスティングでフルボイスとなっている。さらに、原作のBGMをそのまま採用しているため、原作ファンも納得! 15組の作曲家による110曲ものBGMはリマスターされ、クオリティーもアップしているとのことだ。

■主題歌は志倉千代丸プロデュース

 『うみねこのなく頃に 〜魔女と推理の輪舞曲〜』の主題歌をプロデュースするのは、原作のエピソード05の主題歌制作も担当した志倉千代丸。タイトルは『誓響のイグレージャ』。歌うのは、AsrielのKOKOMIが担当する。

■誓響のイグレージャ
作詞・作曲:志倉千代丸/編曲:真下正樹/歌:KOKOMI(Asriel)

■原作・竜騎士07氏よりのコメント

 コンシューマーの皆さん、こんにちは。竜騎士07です。『うみねこのなく頃に』は連続殺人幻想ノベル。嵐の孤島で起こる不気味な連続密室殺人事件のミステリーと、ベアトリーチェと名乗る謎の魔女による魔法殺人というファンタジーが入り混じる、複雑奇怪な世界です。つぎつぎに起こる不可能犯罪に、あなたはミステリーとして挑むこともできます。しかし魔女は、そんなことは考えるだけ無駄だとばかりに、あなたと推理を撹乱し、この物語をファンタジーで侵食しようと企んできます。ミステリーとファンタジーという、相反する要素を同時に楽しむことが出来る奇怪なる物語、『うみねこのなく頃に』。あなたと魔女の、推理と幻想の物語を、どうか心行くまでお楽しみいただければ幸いです。あなたは最後まで、魔女に屈することなく、ミステリーを貫くことができるのか……? いいえ、恐らくは屈し、魔女の靴を舐めることになるでしょう。原作(PC版)では、ほとんどの方がそうでしたから。コンシューマー版での新しい挑戦者の皆さんが、魔女に屈して靴を舐めるところを、私はこの高みより、のんびりと見物させてもらうつもりです。ようこそ、『うみねこのなく頃に』の世界へ……。


※『うみねこのなく頃に』公式サイト

(C)竜騎士07・07th Expansion/Alchemist ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

ニトロプラス・虚淵玄氏の手掛ける布袋劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』続編の制作が決定!

ニトロプラスの虚淵玄氏と台湾布袋劇の制作会社・霹靂社がタッグを組んで制作し、2016年7月よりテレビ放送されている『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』。本作の続編が制作されることが決定した。

オープン前日のSQUARE ENIX CAFEから『FFXV』ATRが放送! ゲストにルーナ役の北川里奈さんも登場

2016年9月30日配信のATRは、10月1日(土)にグランドオープンする“SQUARE ENIX CAFE”(以下、スクエニカフェ)の“こけら落としスペシャル”として、カフェに事前応募に当選したユーザーを招いて開催された。

『仮面ライダーエグゼイド』の変身ベルト“DXゲーマドライバー”の体験イベントが10月2日にヨドバシAkibaにて開催!

『仮面ライダー』シリーズ最新作『仮面ライダーエグゼイド』に登場する変身ベルト“DXゲーマドライバー”の販売&試遊イベントが2016年10月2日にヨドバシAkibaにて開催される。

『ソニック』シリーズ25年の歴史を見て、聞いて、食べて体感できる “ソニック25周年カフェ”メディア向け試食会リポート!

セガゲームスは、『ソニック』シリーズの生誕25周年を記念して、10月1日(土)から11月13日(日)の期間限定で、“スイーツパラダイス 上野ABAB店”にて、コラボレーションカフェ“ソニック25周年カフェ”をオープンする。本記事では、オープンに先駆けて行われたメディア向け試食会の模様をお届けする。

1号からエグゼイドまで、全30人の仮面ライダーから選べるデザインスマホグッズが発売開始

新旧30人の“仮面ライダー”をモチーフとしたスマホケースとスマホリング、モバイルバッテリーが発売開始された。

“池袋ハロウィンコスプレフェス2016”10月29日(土)〜10月30日(日)に開催決定、街ごとコスプレ会場に

2016年10月29日(土)・10月30日(日)の2日間にわたり、コスプレイヤーが池袋エリアに集合する大規模イベント“池袋ハロウィンコスプレフェス2016”が開催される。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第130回 提督と準備万端! ブンタン沖

『艦これ』の世界を漫画で追体験! 期間限定イベント『迎撃!第二次マレー沖海戦』編突入!! 輸送作戦に抜擢されたあきつ丸は……。

『サガ スカーレット グレイス』4人の主人公や、主人公に深く関わるキャラクター、バトルシステムなどを改めて紹介

ト『サガ スカーレット グレイス』に関し、4人の主人公と、彼らに縁のあるキャラクター、新登場となる“フリーワールドシステム”などの情報が到着した。

『無双☆スターズ』キャラクターやステージ、アクションなどの最新情報を公開!

コーエーテクモゲームスは、2017年の発売を予定しているプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『無双☆スターズ』の最新情報を公開した。