HOME> ニュース> 会場に出展されたKinect対応7タイトルの体験リポート【Xbox 360 Media Briefing 2010】

会場に出展されたKinect対応7タイトルの体験リポート【Xbox 360 Media Briefing 2010】

ゲーム Xbox 360
Xbox 360 Media Briefing 2010の発表会終了後には、会場内にてKinect対応タイトルの体験会も実施。ここでは、そのプレイリポートをお届けしよう。

2010-09-08

●一部タイトルは動画も合わせてお届け

 2010年9月8日、マイクロソフトは都内でXbox 360 Media Briefing 2010を開催した。ほかの記事でもお伝えしたとおり、『ファイナルファンタジーXIII』の発売決定や、Kinectの発売日が2010年11月20日に決定など、ビッグニュースが相次いだ。発表会終了後には、会場内にてKinect対応タイトルの体験会も実施。こちらの記事では、そこに出展された各タイトルのリポートをお届けしよう。

TN2_8902
TN2_8890
ONI_0180
ONI_0185

DECA SPORTA FREEDOM(デカスポルタ フリーダム)
■発売日:2010年12月16日予定 ■メーカー:ハドソン ■価格:6090円[税込]

KSl1UHJT2V1y6l34Q23911dN64v9xu68

Wiiの定番パーティーゲームとしておなじみの『デカスポルタ』がKinectでも登場。さまざまなスポーツを体を動かしながらお手軽に楽しめるというコンセプトは、Kinectとの相性が抜群だ。今回の体験プレイではフィギュアスケート、モーグル、アーチェリーの3種目を遊ぶことができた。操作はどれも、実際の競技をイメージしてそのまま体を動かす……に近い印象。フィギュアスケートなら指定されたポイントでジャンプしたり体を捻ったり、ときには両手を足を上げるといった具合で、アーチェリーなどは本物の競技まんまと言ってもいいくらい。そして、3種目の中で記者がいちばんグッときたのはモーグル。斜面のコブをヒョイヒョイと乗り越えていく姿と豪快なエアーがバッチリ再現されているのだ。操作方法は、コブに合わせて足元を左右に……などと説明するのが野暮なくらい直感的。ちなみに記者は、3種目を立て続けにプレイしたあとしっとりと汗をかいていた。運動不足な人にとってもありがたいソフトになりそう。

ソニック フリーライダーズ
■発売日:2010年11月20日発売予定 ■メーカー:セガ ■価格:6090円[税込]

sega_press_001

ソニック・ザ・ヘッジホッグやテイルスなど、おなじみのキャラクターたちが登場するボード系のレースゲーム。基本的に画面に対して垂直に立ち、体を前後に倒してボードを操縦する。スケートボードなどで見られるキック(足漕ぎ)をするとスピードがアップしたり、アイテムを使って超高速にターボがかかったりと、Kinect対応タイトルになってもソニックシリーズのスピード感と爽快感は健在。また、ジャンプ台に来たときにタイミングよくジャンプすると、谷間をカッ飛んでいくダイブをくり出せる。これは快感! コースにはそれぞれ固有のギミック(水中で泳ぐ、トロッコに乗るなど)があり、それに対応したジェスチャーで乗り切る場面もあった。発表では泉水氏が泳ぐ動作をしていたというのはコレ。別の面では、トロッコを操作して障害物を避けるというものもあった。カジュアル系のレースゲームよろしく、コース上のスロットからは、さまざまなアイテムが手に入る。墨のようなものを相手の画面にブチ撒けたり、爆弾を投げたりと妨害アイテムも多いのだが、これらは固有のジェスチャーで発動できる。となれば、対戦がアツくなるのは当たり前だよね!

DanceEvolution(ダンスエボリューション)
■発売日:2010年11月20日 ■メーカー:KONAMI ■価格:5980円[税込]

XL66l9Q1wnQ1fdx2ByVe6225783Xj921

ダンスダンスレボリューション』のKONAMIからやってきたKinectタイトルは、全身を使って踊る究極のダンスゲーム。画面上のキャラクターに合わせてダンスして、バチッとポーズを決めていくと高得点。というわけで、リズム感が皆無の記者にはチョイとつらかったことを正直に告白しておこう。音から入る派なので、サウンドが聞こえづらかった会場が悪い、とアーティスト気取りで言ってしまいたいが、週刊ファミ通編集部のふじのっちは結構踊れてたしな……。踊れるようになると絶対楽しいのは間違いない。「本物のダンサーでも連れてきたんじゃないの?」とばかりに華麗にダンスしていたお姉さんを撮っておいたので、ぜひチェックしてみてほしい。球技以外の運動性能は最低の記者の意見など参考にせず、本作の本質を知るにはこっちを見たほうがいいです。ケレン味たっぷりの演出に合わせて踊るのとか、絶対楽しいハズなんだよ。でも体がついていかねぇんだ、チクショー! 発売時にはこっそりトレーニングしたいものである。月並みですが、パラパラか『ダンスダンスレボリューション』あたりのダンスにハマったことがある人は絶対にチェックすべきタイトルです。

クロスボード7
■発売日:2010年11月20日 ■メーカー:KONAMI ■価格:5980円[税込]

Cd44kWaP2JOj7XSYQ8J6WjDZ9gyoJs5w

こちらも『ソニック フリーライダーズ』と同様、体を傾けたりジャンプすることでコースを進んでいくボード系のレースゲーム。ゲームのテンポが早い『ソニック フリーライダーズ』と異なり、こちらはもうちょっと本当に滑っているぐらいの、また違ったプレイ感を受けた(決して遅いわけではない)。大ジャンプ中に両手を開くと滑空ができるのだが、この最中の浮遊感もいい感じ。コースは、雪山や峡谷といったおなじみのシチュエーションだけでなく、激流を滑り降りることもできる。また、コース上のバルーンを取った数を競うといった、スピードを競う以外のゲームモードもあった。ふたりまでプレイ可能で、画面分割の対戦にも対応。重心移動と簡単な動作だけでプレイできるので、ひとまずKinectらしいゲームを楽しみたいという人にもオススメできるかも。

ユアシェイプ フィットネス・エボルブ
■発売日:2010年12月9日 ■メーカー:ユービーアイソフト ■価格:5880円[税込]

xFm8Ryf38j2iK4cA96mk9n6EjmdNaB82

自分の体がコントローラーになったら何がしたい!? フィットネスだ! と言わんばかりにKinectらしいタイトルとなっている。ゲームの内容は非常にシンプル。太極拳、エアロビクスなどのフィットネスに関連したミニゲームで、体を動かして健康的に遊ぼうというもの。ヨガとエアロビクスはインストラクター的なCPUの動きに合わせて、ポーズやアクションを決めていく。動きが合っているかどうかを採点する機能もついているので、やり込めばそれぞれの腕前(?)も上達していくだろう。今回プレイしたのは上で紹介した太極拳、エアロビクスに加えて、出現するブロックを素早く破壊していくボクササイズのようなミニゲーム。パンチだけでなくキックも使うことになるので大忙しだ。こういったタイトルではレスポンスのよさが重要となるが、今回遊んだ限り『ユアシェイプ』はほとんど問題なし。ストレスなく遊ぶことができた。

最後に余談だが、プレイ中は遊ぶ人の輪郭をかたどったシルエットが画面に登場するのだが、その再現精度がけっこう高い。若干太り気味の記者仲間は、ふっくらしたシルエットにショックを受けていたようだ。

体で答える新しい脳トレ
■2010年11月20日発売予定 ■メーカー:バンダイナムコゲームス ■価格:6279円[税込]

pap (12)

脳トレで有名な東北大学の川島隆太教授が監修・指導したソフト。記憶や計算、反射神経などのカテゴリーに準じた問題が出題されて、それに答えることで脳を鍛えることができる。すでにおなじみとなった感のある内容だが、本作での回答は、すべて体を動かして行うのだ。具体的には、正解の選択肢を選ぶために手を動かしたり、指定されたポーズを取ったりする。

まず、いくつかの数字の中から足して2になる組み合わせを素早く選ぶという問題に挑戦。選びたい数字の位置に合わせて両腕を上げる角度を変えるだけなので、激しい運動ではないが、頭の中では「あれとこれ!」と答えが出ているのに、それに腕の動きが瞬時に連動しない。継続してプレイすれば、脳と手の連動がスムーズになりそうだ。
 つぎに何人かのポーズを記憶して、指定された人のポーズをまねるという記憶を試す問題にチャレンジ。ひとりひとりをじっくり見て覚えるよりは、全員をなんとはなしに見てパターンを目に焼きつけておく感じでプレイしたほうが、うまく回答できた。

最後にプレイしたのが、右手と左手で、それぞれパックマンとディグダグを動かして、『パックマン』のモンスターに触れないようにするというもの。右手と左手を別々に動かす必要があって、これは脳をすごく使っている感が高かった。ひとつ難を言えば、細かい制御があまり利かず、ギリギリでモンスターをかわすのが難しかった点。ただ、これは余裕を持って早めに避けるようにすれば問題ないだろう。

Kinect スポーツ
■2010年11月10日発売予定 ■メーカー:マイクロソフト ■価格:5880円[税込]

BowlingTeenGirl

サッカー、ビーチバレー、ボウリング、卓球、陸上競技、ボクシングの6種類のスポーツが楽しめるスポーツゲーム。もちろん、自分の体を使ってプレイする。

今回体験したのは陸上競技とボウリング。陸上競技ではハードル走にチャレンジしたが、その場で一生懸命足踏みして、ハードルが近づいたらジャンプという、本物さながらの運動になった。実際にプレイ後は、軽く息が荒くなったほど。倒れてしまうほどのハードな運動ではないが、対戦プレイで相手がすごい高速で足踏みしていると、つい自分もがんばってしまう。おかげでプレイが終わるころには、すっかり息も絶え絶えに(笑)。つぎはボウリングをプレイ。ちゃんとボールを取るところからアクションして、立ち位置を調整して構え、投げる。印象としては、ボールを持っていないだけで、やっていることは本物のボウリングとまるで変わらなかった。手首に角度を付けると、ちゃんとスピンがかかることには驚愕。Kinectがそんな細かいところまで認識できるとは! どちらもKinectがどのようなデバイスなのかがよくわかるゲーム内容で、ほかのスポーツも早く遊んでみたいと感じた。

(C)HUDSON SOFT adidas, the 3-Stripes trade mark and the 3-Bars logo are registered trade
marks of the adidas Group, used with permission.
(C)SEGA
(C)2010 Konami Digital Entertainment
(C)2010 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Your Shape logo, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.
(C)2010 NBGI
(C)2010 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, the Microsoft Game Studios logo, Rare, the Rare logo, Kinect, Xbox, Xbox 360, Xbox LIVE, and the Xbox logos are trademarks of the Microsoft group of companies.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

ファンイベント 名古屋F.A.T.E.の詳細が発表に 『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』

 XIVの年である2014年の1年間にわたって日本全国の都市をめぐる『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』ファンイベントの第3回、“FINAL FANTASY XIV: Full Active Time Event in NAGOYA”の2014年5月24日開催が決定した。

無料コミック新連載! 新連載開始!『CODE OF JOKER』第0話

思考型デジタルトレーディングカードゲーム「CODE OF JOKER」コミカライズがプレ公開! あるモノを探して飛び回る探偵・緋神仁の活躍をぜひご覧ください!

無料コミック更新! 迷宮で待つもの『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』第2話

エトリアの街の人々を悩ます怪異、その原因を探るべく迷宮に足を踏み入れたファーン。魔物が闊歩する遺跡の中でファーンは謎の少女と出会う。

無料コミック更新! 夜会へのいざない――『天動のシンギュラリティ』第1話後編

高度な科学文明の中、「パドヴァ啓明魔導団」と自分たちを称し魔法の存在を提唱する天童カイト。弟子と共に「ほころび」でアイリスを待つ彼らの元にモンスターが現れる――。

無料コミック更新! 走り出したピアイ才節は止まらない!『デカ盛り閃乱カグラ ごっくんっ!』第3話前編

紅蓮隊の活躍を聞きつけた蛇女学園の面々は、悪忍に道を極めるため決起式(?)を開催! しかし、1本の「一回戦」なる飲料が決起式を混乱の渦へと巻き込んでいく!

無料コミック更新! 愛おしきこの世界で『まおゆう魔王勇者』第47話前編

人間界に戻った魔王を待っていたのはすさまじい激動とその渦の中のメイド姉、商人子弟、軍人子弟、貴族子弟――教え子たちの成長だった。

無料コミック更新!吹雪型、集合!『艦隊これくしょん -艦これ-』第37話

吹雪型の駆逐艦たちが集まって交流会を開催! 賑やかな艦娘たちに北上先輩もたじたじです。叢雲さんだって吹雪型なんです!

無料コミック更新! 地獄の遊具にはご注意を!『地獄ようちえん』第17話

遊具の不具合によってサキュバちゃん、ねこまたんと共に見知らぬ場所に迷い込んでしまったキイチ先生。地獄らしい地獄に大ピンチ!!

『ワンピース アンリミテッドワールド R』新キャラクターや冒険の拠点となる街などの情報をお届け

バンダイナムコゲームスから2014年6月12日に発売が予定されているプレイステーション3/プレイステーション Vita/Wii U用ソフト『ワンピース アンリミテッドワールド R』。本記事では新キャラクターや険の拠点となる街“トランスタウン”の情報を紹介する。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS