HOME> ニュース> Xbox 360はさらに進化する、Kinectの国内展開やタイトルラインアップの詳報【Xbox 360 Media Briefing 2010】

Xbox 360はさらに進化する、Kinectの国内展開やタイトルラインアップの詳報【Xbox 360 Media Briefing 2010】

Xbox 360
マイクロソフトの年末商戦に向けての施策を明らかにする“Xbox 360 Media Briefing 2010”が2010年9月8日に開催。マイクロソフトの泉水敬氏が登壇して、数々の新情報が明らかに。ここではその詳報をお届けしよう。

2010-09-08

●Kinectは2010年11月20日に3つのパッケージで発売

 マイクロソフトの年末商戦に向けての施策を明らかにする“Xbox 360 Media Briefing 2010”が2010年9月8日に開催。マイクロソフト 執行役 常務 ホーム&エンターテイメント事業本部長の泉水敬氏が登壇して、数々の新情報が明らかになった。

ONI_0014

▲Kinectの詳細を発表する泉水氏。

 Xbox 360本体のリリースからはや5年。“ユーザーの皆さんに最高のラインアップを”、“充実したオンラインサービスを”、“よりよいハードウェアを”の3つをテーマに戦略を展開してきたという泉水氏だが、「ユーザーの方に喜んでいただけるハードになったのでは」と語った。そんなXbox 360を「誰でも楽しめるエンターテインメントプラットフォームに進化」(泉水)させるべく満を持して投入されるのが、コントローラーなしで体を使って直感的に遊べるKinect。発表会ではまずは制作されたプロモーション映像や、泉水氏とちびっ子による『ソニック フリーライダーズ』のデモプレイなどでその楽しさをアピール。そしてついに、Kinectの発売日が2010年11月20日に決定したことがアナウンスされた。Kinectに関しては、3種類のラインアップが用意されており、Xbox 360 4GBとセンサーをセットにしたXbox 360 4GB+Kinectが29800円[税込]で、Xbox 360 Kinect センサー単体が14800円[税込]で、Xbox 360 250GB本体とセンサーがセットになったXbox 360 250GB+Kinect(スペシャル エディション)が39800円[税込]が初回生産限定でそれぞれリリースされることが明らかにされた。いずれも『Kinect アドベンチャー!』が同梱される。

TN2_8718
ONI_0061
ONI_0411

▲2010年11月20日に発売が決定したKinect(左)。泉水氏がちびっ子のKaitoくんと『ソニック フリーライダーズ』をプレイ(中央、右)。まるで親子のように仲よくプレイするふたりだが、結果は泉水氏が後塵を拝することに。

Xboc_360_4GB + Kinect_console&sensor
Xbox_360_4GB + Kinect_Box_right
Xbox_360_4GB + Kinect_family

▲Kinect普及に向けてマイクロソフトがもっとも注力するXbox 360 4GB+Kinect。29800円[税込]だ。ちなみにXbox 360 4GB本体は2010年9月9日発売。

Kinect_Adventures_package_right
Kinect_Sensor_side angle
Xbox_360_Kinect_sensor_box_front

▲こちらはXbox 360 Kinectセンサーに『Kinect アドベンチャー!』をセットにしたパック。Xbox 360ユーザーにオススメ。14800円[税込]

Xbox_360_250GB + Kinect_console&sensor
Xbox_360 250GB + Kinect_box_right
Xbox_360_250GB + Kinect_family

▲初回生産限定となるXbox 360 250GB+Kinect(スペシャル エディション)。本体はプレミア リキッド ブラック。

TN2_8723

 また、ソフトラインアップとしては、センサー同梱の『Kinect アドベンチャー!』を含む6タイトルが、2010年11月20日にリリースされることがアナウンス。現時点で合計10タイトルのKinect専用ソフトが発売されることが発表された。なお、ロンチタイトルとなるKONAMIのボードゲーム『クロスボード7』とダンスゲームの『DanceEvolution(ダンスエボリューション)』2010年12月9日発売のユービーアイソフトの『ユアシェイプ フィットネス・エボルブ』、そしてハドソンから2010年12月16日発売予定の『DECA SPORTA FREEDOM(デカスポルタ フリーダム)』の国内発売決定は今回が初めてのアナウンスとなる。

TN2_8763

▲バンダイナムコゲームスの西本氏。

 また、Kinect専用タイトルとしてバンダイナムコゲームスの『体で答える新しい脳トレ』が会場で発表。「日本のユーザーから強い支持を集めているジャンルで、日本人のプレイスタイルにマッチしています。日本市場でKinectを広めるひとつの起爆剤になるのでは」と泉水氏の期待も厚い同作は、“脳トレ”と言えばこの人の、東北大学、川島隆太教授の監修・指導になるもの。発表会では、制作プロデューサーを務めるバンダイナムコゲームスの西本泰大氏が登壇し、開発の経緯を説明。「マイクロソフトさんからKinectの話があったときに、Kinectがターゲットにしているファミリー層に訴求するために“誰でも親しめるルール”と“体を動かす”という要素に着目しました。そこで体を使って“脳トレ”にたどり着いて、川島教授に企画を持ち込んだところ、ちょうど川島教授も体を動かすことと脳との関係を研究しているところで、企画に応じてくれたんです」(西本)とのこと。川島教授自身、コントローラーを使わずにゲームを遊べるKinectには興味津々で、さまざまなアイデアを提案してくれたという。

 『体で答える新しい脳トレ』には、計算、反射、判断、記憶、動作の5つのジャンルの20種類の問題を収録。毎日楽しく継続して遊べるようになっているという。会場では、デジタルで表示された時間に対して、体を時計の針に見立てて表示するという判断力を鍛える問題や、数字が表示された風船を、数の小さい順から消していくという反射を鍛える問題などのデモプレイが披露。『体で答える新しい脳トレ』の楽しさがアピールされていた。ひとりはもちろん、最大4人で脳年齢を競い合える本作は「激しい運動を必要としないので、小さなお子さんからお年寄りまで楽します」(西本)とのこと。Kinectセンサー発売と同日の2010年11月20日にリリースされる本作はKinectの牽引役として期待される。

ONI_0462
ONI_0463
ONI_0477
ONI_0480

 なお、Kinect専用タイトルに関しては「家族や友だちと楽しめる多彩なラインアップを今後も続々と発表していきます」(泉水)とのことだ。

【Kinect対応ソフトラインアップ一覧】

・2010年11月20日発売予定
Kinect アドベンチャー!』(マイクロソフト)※Kinectと同梱
Kinect スポーツ』(マイクロソフト)
クロスボード7』(KONAMI)
DanceEvolution(ダンスエボリューション)』(KONAMI)
ソニック フリーライダーズ』(セガ)
体で答える新しい脳トレ』(バンダイナムコゲームス)

・2010年12月9日発売予定
Kinect アニマルズ』(マイクロソフト)
ユアシェイプ フィットネス・エボルブ』(ユービーアイソフト

・2010年12月16日発売予定
DECA SPORTA FREEDOM(デカスポルタ フリーダム)』(ハドソン)

・2011年初頭発売予定
Kinect ジョイライド』(マイクロソフト)

ONI_0378
ONI_0391
ONI_0395
ONI_0396

▲Kinectのプロモーション用に制作された“FUTURE REPORT 特集:キネクトの衝撃”の一部も公開。ドキュメンタリータッチでKinectの衝撃を語るというものだが……。映像には見たことのある人も(笑)。

●豪華特典満載の『ファイナルファンタジーXIII アルティメット ヒッツ インターナショナル』も!

 もちろん、2010年のXbox 360の年末商戦はKinectだけ……というわけではない。「この秋から来年にかけていいラインアップが揃っています。この9月以降年末にかけて約100本のリリースを予定しているのですが、その数字は昨年同時期の2倍になります。いずれも熱心なファンの方に納得してもらえるものばかりです」とアピールした泉水氏は、マイクロソフトの『Halo(ヘイロー): Reach』や『Fable III(フェイブルIII)』、カプコンの『デッドライジング2』などをはじめとする今後発売予定のタイトルラインアップを改めて紹介した。

ONI_0265

▲2011年4月7日、全世界同時期発売の『ギアーズ オブ ウォー 3』も紹介された。

 そのうえで、「強力な助っ人に来てもらっています」として登壇したのが、マイクロソフト関連の発表会では日本初登壇となるスクウェア・エニックス・ホールディングの専務執行役員である橋本真司氏。橋本氏は壇上に姿を見せるや、いきなり欧米ではアナウンス済みだった『ガン★ロコ』を、日本国内市場に向けても2011年に発売することを発表した。スピード感溢れる“スプリントアクションシューティング”と銘打たれた本作は、惑星すべてが監獄という世界を舞台に、囚人たちの脱出劇が描かれている。本作は最大12人が参加してのマルチ対戦モードを搭載しており、Xbox 360オンリーのタイトルとして開発中だ。

TN3_7470
TN3_7480
ONI_0309

▲スクウェア・エニックスの橋本氏が国内のXbox 360関連のイベントでは初登壇。『ガン★ロコ』など豊富なタイトルラインアップを紹介。

 橋本氏は引き続き、今後Xbox 360に向けてリリース予定の豊富なタイトルラインアップを紹介。中でも力が入っていたのが、“字幕版”と“吹き替え版”がリリースされることが発表されたばかりの『コール オブ デューティ ブラックオプス』。会場では、2010年12月16日に発売予定の『コール オブ デューティ ブラックオプス(吹き替版)』のトレイラーが世界初公開。さらには、同作のダウンロードコンテンツに関しては、2012年まではXbox 360が先行配信されることも発表された。

TN2_8649

 そして、スクウェア・エニックスによるプレゼンでは最後に大きなサプライズが! 超美麗な映像が流された後で、屈指の人気を誇るRPGシリーズの最新作『ファイナルファンタジーXIII』が国内市場に向けて発売予定であることが発表されたのだ。「日本でなぜ出さないのか?」というファンの要望などに後押しされる形で発売を決定したとのこと。音声などは英語の『ファイナルファンタジーXIII アルティメット ヒッツ インターナショナル』としてリリースされる。DVD3枚組で、2010年12月16日発売予定。価格は4980円[税込]となる。

TN3_7492

▲スクウェア・エニックスの北瀬氏。

 発表会ではプロデューサーを務める北瀬佳範氏が登壇。『ファイナルファンタジーXIII アルティメット ヒッツ インターナショナル』の概要が紹介された。それによると、同作ではバトル全体のシステムを見直して、“イージーモード”を搭載。北瀬氏は「物語の途中で行き詰まったユーザーさんにも再挑戦してほしいです」とのこと。さらに同作には、“FINAL FANTASYXIII‐corridor of memory-“と名付けられたブックレットを同梱。こちらにはビジュアルアート集や泣く泣くカットした未公開シーンを収録。さらに物語のエンディング後のキャラクターたちを綴った書き下ろし短編小説も収められているという。「ライトニングのその後は?」など、ファンなら気にならずにはいられない内容になっているようだ。

ONI_0362
ONI_0368
ONI_0371

▲『ファイナルファンタジーXIII』がXbox 360に! 特典なども明らかに。会場ではマイクロソフトが制作した“特命課“のテレビCMも公開された。

 一方、マイクロソフトからはRPG『Mass Effect 2(マスエフェクト 2)』がリリースされることも発表された。銀河系を舞台に、壮大なスケールのSFドラマが展開される同作。もともと3部作構想で開発されている同シリーズは、『1』の発売後に、開発元のバイオウェアがエレクトロニック・アーツ傘下に収まったという経緯がある。海外では『Mass Effect 2(マスエフェクト 2)』はエレクトロニック・アーツから発売されたわけだが、国内ではマイクロソフトから発売されることに。続編の展開をやきもきしていたファンには朗報となった。『Mass Effect 2(マスエフェクト 2)』は今冬発売予定だ。

FPSopenhouse5
Garrus
HeavyMech
Grunt
LongLead3
MASS2x360SCRNassaultRifle2
MASS2x360SCRNmissilelauncher2
MASS2x360SCRNshortLead6
screenshot-065-o
screenshot-091-o
screenshot-103-o

●Zuneビデオもいよいよ今秋配信開始へ!

 Xbox LIVEのサービスでもうれしいニュースが。オンデマンドによる動画配信サービスの“Zuneビデオ”が、日本国内で今秋より正式にサービスインすることが決定したのだ。海外18ヵ国ではすでに展開されており、好評を博しているZuneビデオ”だが、日本でもついに1080pのフルHD画質と5.1chサラウンドで映像が楽しめるようになる。発表会で明らかにされた提携企業は、バンダイチャンネル、ユニバーサル、パラマウントピクチャーズの3社。この3社も含み、今後は約100本の映画の配信が予定されているとのことだ。

 発表会では、KinectによるZuneビデオのデモプレイも披露。音声認識による操作もアピールされ、泉水氏が「Xboxポーズ」と話すと映像が一時停止し、「Xboxプレイ」と口にすると映像がスタートする様子が紹介された。Zuneビデオはマイクロソフトが独自で開発したシステムを採用しており、オンデマンドでありながら、以前見たシーンから再生できるとのことだ。日本国内でも待望されていた映像配信サービスだけに、満を持してのスタートとなった。

 Kinectの詳細判明やタイトルラインアップの披露など、年末に向けての施策を明らかにしたマイクロソフト陣営。さらには、東京ゲームショウ 2010の初日にあたる2010年9月16日に行われる基調講演でも新たな発表を予定しているとのことで、今後のXbox 360にも期待が集まるところだ。

ONI_0495
TN2_8797
ONI_0174
(C) 2010 EA International (Studio and Publishing) Ltd. Mass Effect, Mass Effect logo, BioWare and BioWare logo are trademarks or registered trademarks of EA International (Studio and Publishing) Ltd. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved. EA and EA logo are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『電波人間のRPG FREE!』新規ユーザーにうれしい“新冒険者歓迎!キャンペーン”がスタート

ジニアス・ソノリティは、好評配信中のニンテンドー3DS用ソフト『電波人間のRPG FREE!』にて“新冒険者歓迎!キャンペーン”を実施することを発表した。

ニコニコ“自作ゲームフェスステージ”最終日リポート 有名ゲーム実況者が挑む【TGS 2014】

東京ゲームショウ 2014の最終日にニコニコブースで行われた“自作ゲームフェスステージ2”の模様をお届け。有名ゲーム実況者が投稿作品3タイトルに挑む。

【随時追記あり】『DQM スーパーライト』のニコ生“らいなま”第3回リポート

2014年9月23日(火)午後9時から放送となる、“『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』生放送”、略して“らいなま”第3回をリポート。

【先出し週刊ファミ通】『幕末Rock 超魂(ウルトラソウル)』、『チェインクロニクルV』、『ファイナルファンタジー アギト』らのDLCをゲット!(2014年9月25日発売号)

週刊ファミ通2014年10月9日増刊号(2014年9月25日発売)のダウンロードコンテンツ付録では、『幕末Rock 超魂(ウルトラソウル)』、『チェインクロニクルV』、『ファイナルファンタジー アギト』、“ファミ通のデジタル付録”の豪華4アイテムを収録!

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝 極』無料アップデートで追加される3体の新“鬼”の詳細をチェック!(2014年9月25日発売号)

2014年9月25日発売の週刊ファミ通2014年10月9日増刊号では、プレイステーション Vita&プレイステーション・ポータブル用ソフト『討鬼伝 極』の最新情報をお届け!

【先出し週刊ファミ通】名作RPGを作り上げたスタッフが集結『レジェンド オブ レガシー』(2014年9月25日発売号)

2014年9月25日発売の週刊ファミ通では、フリューから発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『レジェンド オブ レガシー』の情報を掲載。

『モンスターハンター4G』狂竜ウイルスを鎮静化!? セーブデータ引き継ぎの詳細も明らかに! (2014年9月25日発売号)

2014年9月25日発売の週刊ファミ通では、2014年10月11日に発売予定のニンテンドー3DS用タイトル『モンスターハンター4G』の最新情報を掲載! 狂竜ウイルスへの対抗手段が明らかに!?

【先出し週刊ファミ通】『英雄伝説 閃の軌跡II(センノキセキII)』など、4タイトルの発売記念特集を掲載(2014年9月25日発売)

週刊ファミ通10月9日増刊号では、2014年9月25日発売のプレイステーション Vita&プレイステーション3用ソフト『英雄伝説 閃の軌跡II(センノキセキII)』、プレイステーション Vita用ソフト『幕末Rock 超魂(ウルトラソウル)』、プレイステーション3用ソフト『神様と運命覚醒のクロステーゼ』、プレイステーション Vita用ソフト『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』の発売記念特集を掲載。

【先出し週刊ファミ通】『絶対絶望少女 ダンガンロンパ』発売記念合計42ページ特集! 小松崎類氏描き下ろし表紙に、神田沙也加さん、本郷奏多さん、内田彩さんインタビュー!(2014年9月25日発売号)

スパイク・チュンソフトから2014年9月25日に発売される、『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』。週刊ファミ通2014年10月9日増刊号では、本作の発売を記念して、合計42ページの大ボリューム特集を掲載! その見どころをピックアップして紹介しよう。

【先出し週刊ファミ通】『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』や『オメガクインテット』など、発売直前の注目タイトル5つが目白押し!(2014年9月25日発売号)

週刊ファミ通2014年10月9日増刊号(2014年9月25日発売)は、発売直前となる5つの注目タイトルを合計27ページにわたって紹介しています!



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS