HOME> ニュース> 【PS Move体験会】PS Moveの開発秘話が語られた

【PS Move体験会】PS Moveの開発秘話が語られた

ゲーム プレイステーション3
2010年9月3日に開催されたPlayStation Moveメディア向け体験会。ここで行われた開発者トークショウで、PS Moveの開発秘話が語られた。

2010-09-03

●さまざまな試作のすえに……

 2010年9月3日に都内で、ソニー・コンピュータエンタテイメント(SCE)が“PlayStation Move メディア向け体験会”を実施。10月21日に発売されるプレイステーション3の新しいデバイスであるPS Moveをマスコミに向けて披露したのだ。

 体験会は、11種のPS Move対応ソフトの試遊会と、開発担当者によるトークイベントの2部構成で実施。各ソフトを体験してみたインプレッションは別記事に預けるとして、ここではトークイベントの内容をお届けする。

 トークイベントには、PS Move開発の中枢であるSCEワールドワイドスタジオ プレジデントの吉田修平氏、SCE第二事業部 設計部5課 課長の宮崎良雄氏、SCE商品企画部 企画1課の磯部洋子氏が登場。PS Moveの開発秘話を披露した。

 まずPS Move開発の端緒となったのは、プレイステーション2用ソフト『Eye Toy』のシステムだという。『Eye Toy』が日本で発売されたのは2004年2月だが、これの開発段階からハードの開発チームはカメラで人の動きを取り込んでゲームに反映させることに注目し、研究を続けてきたとのこと。この“モーションコントロール”の思想はプレイステーション3の開発段階でも生き続け、SIXAXIS(プレイステーション3用ワイヤレスコントローラ)の誕生につながる。

「SIXAXISのあとも研究を続けていました。それこそ、磁界を使ったコントローラや超音波を使ってモーションコントロールを実現するものまで、あらゆるものを試作したんです」(吉田)

 しかし、たとえば超音波を使ったものだと「電子レンジを近くで使うと誤作動を起こしてしまった(苦笑)」(宮崎)などひと筋縄ではいかず、最終的に現在の形に落ち着いたそうだ。

 PS Moveの開発体制は、いままでのハード開発のそれとは大きく違ったそうだ。“共同開発”という大前提のもと、ソフトウェア開発チーム、ゲーム開発チーム、そしてハードウェア開発チームがアイデアを持ち寄り、システムをブラッシュアップさせていったという。「いままでは完成したハードをソフト開発に持っていって“こんなのができたのでソフトをお願いします”という流れでした。それを根底から覆した開発体制を敷いたんです」(磯部)と言うように、3部門のプロフェッショナルが意見をぶつけ合って完成まで持っていったそうだ。ゆえに、設計チームがNGを出されることが非常に多く、「ボタン配置ひとつとっても、いろいろな意見があってなかなかまとまりませんでした」(宮崎)というから、産みの苦しみは相当なものがあったようだ。それでも、“高精度、高信頼性”、“リアルタイム性”、“ゲームの取り込みやすさ”を旗印に開発は続けられ、ついにこの日のお披露目会にこぎつけたというわけ。

「PS Moveのシステムは、可能性に満ちています。たくさんのソフトを開発していますが、まだまだこれらはこのシステムを使った楽しさの氷山の一角だと思っています。今後はたとえば、表情筋の動きを読み取ったり、カメラについているマイクを使っての音声認識を対応させることもありうる。新たな3D空間を使ったゲームデザインに、ご期待ください」(吉田)

 そんな苦労の上で完成したPS Move対応ソフトのインプレッションも忘れずにチェックしてくれ。

YOS_8292
YOS_8236

▲左から宮崎氏、吉田氏、磯部氏。いい意味でケンカをしながら、PS Moveを完成させたという。右は、お絵かきツールである『Beat Sketch!』を使い、わずか1時間ほどで描かれた磯部氏の似顔絵。ここまで高精細に描けるとは!

YOS_8297
YOS_8338

▲ソフトウェア、ハードウェア、ゲーム開発の3部門が歩調を合わせ、それぞれの分野からのアイデアを持ち寄って、PS Moveは作られた。右は、モーションコントローラを何に見立てればゲームに使えるのか、というアイデア。すでにゲームに反映されているものもある。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『僕のヒーローアカデミア バトル・フォー・オール』八百万百と耳郎響香のプレイ動画が公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2016年5月19日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『僕のヒーローアカデミア バトル・フォー・オール』の人気キャラクター、八百万百と耳郎響香のプレイ動画を公開した。

『世界樹の迷宮V』職業“ウォーロック”と新システム“二つ名”の紹介動画が公開

『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』(2016年8月4日発売予定)の公式サイトが更新され、“ウォーロック”の紹介動画などが追加された。

『クラシックダンジョン 戦国』体験版を使ったドット絵コンテストが開催!

日本一ソフトウェアは、2016年5月2日(月)より、プレイステーション Vita用ソフト『クラシックダンジョン 戦国』の体験版配信を記念したドット絵コンテストを開催する。

カプコンオンラインゲームズGWキャンペーンの特典が追加 『MHF-G』や『DDON』を遊んで特典をゲット

カプコンは、2016年4月27日より開催している“カプコンオンラインゲームズ 3大タイトルでGWキャンペーン”について、特典を追加した。

舞台『「戦国無双」〜四国遠征の章〜』第三弾キャラクタービジュアルが公開! 毛利元就役に猪野広樹、長宗我部元親役には渡辺和貴が決定

今年6〜7月にAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演される舞台『「戦国無双」〜四国遠征の章〜』の第三弾キャラクタービジュアルとして、毛利元就役の猪野広樹、長宗我部元親役の渡辺和貴の出演が発表された。

『ガンスリンガー ストラトス3』5月14日に稼働記念イベントを開催! 最新PVも公開

スクウェア・エニックスは、2016年5月12日(木)より、全国のアミューズメント施設にて稼働開始する『ガンスリンガー ストラトス3』の稼働記念イベントを、5月14日(土)に新宿ステーションスクエアにて開催することを決定した。合わせて、プロモーショントレーラーと稼働予定店舗の公開。

虚淵玄×霹靂社の『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』がTOKYO MX・BS11にて7月より放送開始!

ニトロプラスの虚淵玄氏と台湾布袋劇で随一の知名度とクオリティを誇る制作会社・霹靂社との日台合同映像企画作品『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の国内放送が2016年7月よりTOKYO MX毎週金曜23時、BS11にて毎週金曜23時30分からに決定した。

『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』アーケード版にもついにミュウツーが参戦!

アーケードで稼動中の『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』にWii Uでも好評のミュウツーが本日2016年5月2日より参戦! このミュウツー参戦を記念してバトルチャレンジイベントもスタートした。

よく知っている“あのゲーム”の初体験者が続出!? PC・自作ゲームブースレポート【ニコ超2016】

2016年4月29日・30日、千葉県・幕張メッセにて開催されたニコニコ動画最大のイベント“ニコニコ超会議2016”。ここでは超ゲームエリアに設置されたPC・自作ゲームブースの模様を紹介する。

エクスペリエンスがXbox One用ソフト『黄泉ヲ裂ク華』、PS Vita用ソフト『新釈・剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜』を発表

2016年5月1日、エクスペリエンスが同社の創設10周年記念イベントを開催し、新作タイトルを発表した。