HOME> ニュース> 【PS Move体験会】PS Moveの開発秘話が語られた

【PS Move体験会】PS Moveの開発秘話が語られた

ゲーム プレイステーション3
2010年9月3日に開催されたPlayStation Moveメディア向け体験会。ここで行われた開発者トークショウで、PS Moveの開発秘話が語られた。

2010-09-03

●さまざまな試作のすえに……

 2010年9月3日に都内で、ソニー・コンピュータエンタテイメント(SCE)が“PlayStation Move メディア向け体験会”を実施。10月21日に発売されるプレイステーション3の新しいデバイスであるPS Moveをマスコミに向けて披露したのだ。

 体験会は、11種のPS Move対応ソフトの試遊会と、開発担当者によるトークイベントの2部構成で実施。各ソフトを体験してみたインプレッションは別記事に預けるとして、ここではトークイベントの内容をお届けする。

 トークイベントには、PS Move開発の中枢であるSCEワールドワイドスタジオ プレジデントの吉田修平氏、SCE第二事業部 設計部5課 課長の宮崎良雄氏、SCE商品企画部 企画1課の磯部洋子氏が登場。PS Moveの開発秘話を披露した。

 まずPS Move開発の端緒となったのは、プレイステーション2用ソフト『Eye Toy』のシステムだという。『Eye Toy』が日本で発売されたのは2004年2月だが、これの開発段階からハードの開発チームはカメラで人の動きを取り込んでゲームに反映させることに注目し、研究を続けてきたとのこと。この“モーションコントロール”の思想はプレイステーション3の開発段階でも生き続け、SIXAXIS(プレイステーション3用ワイヤレスコントローラ)の誕生につながる。

「SIXAXISのあとも研究を続けていました。それこそ、磁界を使ったコントローラや超音波を使ってモーションコントロールを実現するものまで、あらゆるものを試作したんです」(吉田)

 しかし、たとえば超音波を使ったものだと「電子レンジを近くで使うと誤作動を起こしてしまった(苦笑)」(宮崎)などひと筋縄ではいかず、最終的に現在の形に落ち着いたそうだ。

 PS Moveの開発体制は、いままでのハード開発のそれとは大きく違ったそうだ。“共同開発”という大前提のもと、ソフトウェア開発チーム、ゲーム開発チーム、そしてハードウェア開発チームがアイデアを持ち寄り、システムをブラッシュアップさせていったという。「いままでは完成したハードをソフト開発に持っていって“こんなのができたのでソフトをお願いします”という流れでした。それを根底から覆した開発体制を敷いたんです」(磯部)と言うように、3部門のプロフェッショナルが意見をぶつけ合って完成まで持っていったそうだ。ゆえに、設計チームがNGを出されることが非常に多く、「ボタン配置ひとつとっても、いろいろな意見があってなかなかまとまりませんでした」(宮崎)というから、産みの苦しみは相当なものがあったようだ。それでも、“高精度、高信頼性”、“リアルタイム性”、“ゲームの取り込みやすさ”を旗印に開発は続けられ、ついにこの日のお披露目会にこぎつけたというわけ。

「PS Moveのシステムは、可能性に満ちています。たくさんのソフトを開発していますが、まだまだこれらはこのシステムを使った楽しさの氷山の一角だと思っています。今後はたとえば、表情筋の動きを読み取ったり、カメラについているマイクを使っての音声認識を対応させることもありうる。新たな3D空間を使ったゲームデザインに、ご期待ください」(吉田)

 そんな苦労の上で完成したPS Move対応ソフトのインプレッションも忘れずにチェックしてくれ。

YOS_8292
YOS_8236

▲左から宮崎氏、吉田氏、磯部氏。いい意味でケンカをしながら、PS Moveを完成させたという。右は、お絵かきツールである『Beat Sketch!』を使い、わずか1時間ほどで描かれた磯部氏の似顔絵。ここまで高精細に描けるとは!

YOS_8297
YOS_8338

▲ソフトウェア、ハードウェア、ゲーム開発の3部門が歩調を合わせ、それぞれの分野からのアイデアを持ち寄って、PS Moveは作られた。右は、モーションコントローラを何に見立てればゲームに使えるのか、というアイデア。すでにゲームに反映されているものもある。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『FFXV』5月31日配信アクティブタイムレポート――次回はE3前日放送、『ブラザーフッド FFXV』EP2はE3タイミングで配信など

『ファイナルファンタジーXV』をピーアールする特別生放送“ミッツー&タジー突撃!アクティブタイムレポート〜コミュニティの質問をぶつけますSP!”が5月31日に放送された。

『大航海時代 Online』6月7日実施のアップデート内容が公開 “ガトリングガン”や“火炎放射器”の強化型が登場

コーエーテクモゲームスは、サービス中のプレイステーション4、プレイステーション3、PC向けオンライン海洋冒険ロールプレイングゲーム『大航海時代 Online』について、2016年6月7日実施の“6月アップデート”の内容を公開した。

ポケモン史上最大規模の投票企画“ポケモン総選挙720結果発表セレモニー”をLINE LIVEで配信!

LINEは、同社が運営するライブ配信サービス“LINE LIVE”にて、720匹のポケモンの中から1位を選出するポケモン史上最大規模の投票企画“ポケモン総選挙720結果発表セレモニー”を、2016年6月7日18時10分より配信すると発表した。

“ペルソナストーカー倶楽部”5月5日のニコ生特番の再編集版を本日配信開始

2016年5月5日に放送された“『ペルソナ5』ニコ生特番「東京タワーを頂きます」”を再編集してプラスαを加えた内容が、本日5月31日より“ペルソナストーカー倶楽部”にて配信されている。

映画『ウォークラフト』19の国・地域でNo.1ヒットの好発進!

日本公開に先駆けて各国で公開を迎えた映画『ウォークラフト』(日本公開:2016年7月1日)が、19の国・地域で週末興収ランキング1位を獲得。大ヒットスタートダッシュを決めた。

ミュージカル『刀剣乱舞』刀剣男士team三条with加州清光2ndシングル『キミの詩』フルPVを公開!

2016年7月6日に発売されるミュージカル『刀剣乱舞』刀剣男士team三条with加州清光の2ndシングル『キミの詩』のフルバージョンPVが公開された。

『バトルフィールド1』日本初となる海外コレクターズエディションがエビテンにて数量限定で販売!

『バトルフィールド』シリーズファン待望の海外コレクターズエディション(プレイステーション4、Xbox One)がエビテンにて登場!

『V.D.-バニッシュメント・デイ-』ストーリーイベント“オートマトンはつらいよ 〜特隊生対抗・大運動会!?〜”が本日より開催

DMM.com POWERCHORD STUDIOは、サービス中のタクティカルバトルRPG『V.D.-バニッシュメント・デイ-』において、ストーリーイベント“オートマトンはつらいよ 〜特隊生対抗・大運動会!?〜”を本日2016年5月31日のメンテナンス終了後より開催する。

『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰 学園-』未来編、絶望編の放送局とスケジュールが発表 先行上映会も決定!

2016年7月より同週W放送の完全オリジナルアニメ『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰 学園-』について、放送スケジュールの詳細が発表された。

『ONE PIECE BURNING BLOOD』仲間とともに世界制覇を目指す追加モード“海賊旗攻防戦”が配信開始

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『ONE PIECE BURNING BLOOD(ワンピース バーニングブラッド)』について、本日2016年5月31日より追加モード“海賊旗攻防戦”を配信開始した。