HOME> ニュース> 【PS Move体験会】PS Moveの開発秘話が語られた

【PS Move体験会】PS Moveの開発秘話が語られた

ゲーム プレイステーション3
2010年9月3日に開催されたPlayStation Moveメディア向け体験会。ここで行われた開発者トークショウで、PS Moveの開発秘話が語られた。

2010-09-03

●さまざまな試作のすえに……

 2010年9月3日に都内で、ソニー・コンピュータエンタテイメント(SCE)が“PlayStation Move メディア向け体験会”を実施。10月21日に発売されるプレイステーション3の新しいデバイスであるPS Moveをマスコミに向けて披露したのだ。

 体験会は、11種のPS Move対応ソフトの試遊会と、開発担当者によるトークイベントの2部構成で実施。各ソフトを体験してみたインプレッションは別記事に預けるとして、ここではトークイベントの内容をお届けする。

 トークイベントには、PS Move開発の中枢であるSCEワールドワイドスタジオ プレジデントの吉田修平氏、SCE第二事業部 設計部5課 課長の宮崎良雄氏、SCE商品企画部 企画1課の磯部洋子氏が登場。PS Moveの開発秘話を披露した。

 まずPS Move開発の端緒となったのは、プレイステーション2用ソフト『Eye Toy』のシステムだという。『Eye Toy』が日本で発売されたのは2004年2月だが、これの開発段階からハードの開発チームはカメラで人の動きを取り込んでゲームに反映させることに注目し、研究を続けてきたとのこと。この“モーションコントロール”の思想はプレイステーション3の開発段階でも生き続け、SIXAXIS(プレイステーション3用ワイヤレスコントローラ)の誕生につながる。

「SIXAXISのあとも研究を続けていました。それこそ、磁界を使ったコントローラや超音波を使ってモーションコントロールを実現するものまで、あらゆるものを試作したんです」(吉田)

 しかし、たとえば超音波を使ったものだと「電子レンジを近くで使うと誤作動を起こしてしまった(苦笑)」(宮崎)などひと筋縄ではいかず、最終的に現在の形に落ち着いたそうだ。

 PS Moveの開発体制は、いままでのハード開発のそれとは大きく違ったそうだ。“共同開発”という大前提のもと、ソフトウェア開発チーム、ゲーム開発チーム、そしてハードウェア開発チームがアイデアを持ち寄り、システムをブラッシュアップさせていったという。「いままでは完成したハードをソフト開発に持っていって“こんなのができたのでソフトをお願いします”という流れでした。それを根底から覆した開発体制を敷いたんです」(磯部)と言うように、3部門のプロフェッショナルが意見をぶつけ合って完成まで持っていったそうだ。ゆえに、設計チームがNGを出されることが非常に多く、「ボタン配置ひとつとっても、いろいろな意見があってなかなかまとまりませんでした」(宮崎)というから、産みの苦しみは相当なものがあったようだ。それでも、“高精度、高信頼性”、“リアルタイム性”、“ゲームの取り込みやすさ”を旗印に開発は続けられ、ついにこの日のお披露目会にこぎつけたというわけ。

「PS Moveのシステムは、可能性に満ちています。たくさんのソフトを開発していますが、まだまだこれらはこのシステムを使った楽しさの氷山の一角だと思っています。今後はたとえば、表情筋の動きを読み取ったり、カメラについているマイクを使っての音声認識を対応させることもありうる。新たな3D空間を使ったゲームデザインに、ご期待ください」(吉田)

 そんな苦労の上で完成したPS Move対応ソフトのインプレッションも忘れずにチェックしてくれ。

YOS_8292
YOS_8236

▲左から宮崎氏、吉田氏、磯部氏。いい意味でケンカをしながら、PS Moveを完成させたという。右は、お絵かきツールである『Beat Sketch!』を使い、わずか1時間ほどで描かれた磯部氏の似顔絵。ここまで高精細に描けるとは!

YOS_8297
YOS_8338

▲ソフトウェア、ハードウェア、ゲーム開発の3部門が歩調を合わせ、それぞれの分野からのアイデアを持ち寄って、PS Moveは作られた。右は、モーションコントローラを何に見立てればゲームに使えるのか、というアイデア。すでにゲームに反映されているものもある。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

47都道府県すべての妖怪の声が聴けちゃう 『妖怪百姫たん!』公式サイト更新

現在事前登録受付中のiPhone向け新作RPG『妖怪百姫たん!』の公式サイトで、妖怪たちのサンプルボイスが公開となった。

PS Vita用ソフト『HIDEBOH タップダンス HERO』で3つの企画を実施――東京ゲームショウ2014にタップダンサー・HIDEBOHが来る!

2014年10月9日に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『HIDEBOH タップダンス HERO』。同作の発売に合わせて、3つの企画が実施されることが発表された。

『ドラゴンポーカー』のアソビズムがGamania Digital Entertainmentとライセンス契約を締結

アソビズムは、配信中のアプリ『ドラゴンポーカー』を台湾、香港、マカオで配信すべく、Gamania Digital Entertainmentとライセンス契約を締結したことを発表した

『俺の屍を越えてゆけ2』オリジナルTシャツ2種が予約開始

ニコニコ生放送で放送中の“『俺の屍を越えてゆけ2』〜五十嵐一族の物語2〜”の連動企画、オリジナルTシャツデザイン案決定投票にてユーザーの投票で決定したデザイン案、“そろわないスロット”、“百鬼祭り”の2種のTシャツがエンターブレインのオンラインショッピングサイト“エビテン[ebten]”で予約受付開始。

本格アクションRPG『LINE レヴァナントゲート』が事前登録数10万件を突破!

NHN PlayArtから配信予定のアクションRPG『LINE レヴァナントゲート』。本作の事前登録数が、受付開始から30日で10万件突破!

『黒ウィズ』新エリア“オゥランディ”や“ジェニファーの大冒険”が近日登場

『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』の期間限定イベント“ギルドフェスタ”が本日(2014年9月16日)より開始。

『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』テレビCMが公開 モノクマを大量生産するWEBコンテンツ“モノクマファクトリー”がスタート【動画あり】

スパイク・チュンソフトは、2014年9月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』について、9月19日より放映となるテレビCMを、本日9月16日より先行公開を開始した。また、WEBコンテンツ“モノクマファクトリー”も本日よりスタートしている。

ディースリー・パブリッシャーの“TGS 2014”ステージイベント情報が到着、ゲーム大会から撮影会まで盛りだくさん【TGS 2014】

ディースリー・パブリッシャーは、2014年9月18日(木)〜9月21日(日)に千葉・幕張メッセで開催される“東京ゲームショウ 2014”において、ディースリー・パブリッシャーブースで実施するステージイベント情報を公開した。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』パッケージビジュアル&店舗特典情報を公開!

セガは、2014年11月13日発売予定のプレステーション3/プレイステーションVita用ソフト『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』について、パッケージビジュアルと法人別特典に関する情報を公開した。

『SIMPLEシリーズG4U Vol.1 THE 麻雀』11月27日発売 PS4ならではの高解像度と迫力の演出が実現

ディースリー・パブリッシャーは、プレイステーション4用ソフト『SIMPLEシリーズG4U Vol.1 THE 麻雀』を2014年11月27日に発売する。同ソフトは1080pの高解像度に対応、3D描写による迫力の演出を実現している。価格はパッケージ版が2500円[税抜]、ダウンロード版が1852円[税抜]。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS