HOME> ニュース> 【PS Move体験会】PS Moveの開発秘話が語られた

【PS Move体験会】PS Moveの開発秘話が語られた

ゲーム プレイステーション3
2010年9月3日に開催されたPlayStation Moveメディア向け体験会。ここで行われた開発者トークショウで、PS Moveの開発秘話が語られた。

2010-09-03

●さまざまな試作のすえに……

 2010年9月3日に都内で、ソニー・コンピュータエンタテイメント(SCE)が“PlayStation Move メディア向け体験会”を実施。10月21日に発売されるプレイステーション3の新しいデバイスであるPS Moveをマスコミに向けて披露したのだ。

 体験会は、11種のPS Move対応ソフトの試遊会と、開発担当者によるトークイベントの2部構成で実施。各ソフトを体験してみたインプレッションは別記事に預けるとして、ここではトークイベントの内容をお届けする。

 トークイベントには、PS Move開発の中枢であるSCEワールドワイドスタジオ プレジデントの吉田修平氏、SCE第二事業部 設計部5課 課長の宮崎良雄氏、SCE商品企画部 企画1課の磯部洋子氏が登場。PS Moveの開発秘話を披露した。

 まずPS Move開発の端緒となったのは、プレイステーション2用ソフト『Eye Toy』のシステムだという。『Eye Toy』が日本で発売されたのは2004年2月だが、これの開発段階からハードの開発チームはカメラで人の動きを取り込んでゲームに反映させることに注目し、研究を続けてきたとのこと。この“モーションコントロール”の思想はプレイステーション3の開発段階でも生き続け、SIXAXIS(プレイステーション3用ワイヤレスコントローラ)の誕生につながる。

「SIXAXISのあとも研究を続けていました。それこそ、磁界を使ったコントローラや超音波を使ってモーションコントロールを実現するものまで、あらゆるものを試作したんです」(吉田)

 しかし、たとえば超音波を使ったものだと「電子レンジを近くで使うと誤作動を起こしてしまった(苦笑)」(宮崎)などひと筋縄ではいかず、最終的に現在の形に落ち着いたそうだ。

 PS Moveの開発体制は、いままでのハード開発のそれとは大きく違ったそうだ。“共同開発”という大前提のもと、ソフトウェア開発チーム、ゲーム開発チーム、そしてハードウェア開発チームがアイデアを持ち寄り、システムをブラッシュアップさせていったという。「いままでは完成したハードをソフト開発に持っていって“こんなのができたのでソフトをお願いします”という流れでした。それを根底から覆した開発体制を敷いたんです」(磯部)と言うように、3部門のプロフェッショナルが意見をぶつけ合って完成まで持っていったそうだ。ゆえに、設計チームがNGを出されることが非常に多く、「ボタン配置ひとつとっても、いろいろな意見があってなかなかまとまりませんでした」(宮崎)というから、産みの苦しみは相当なものがあったようだ。それでも、“高精度、高信頼性”、“リアルタイム性”、“ゲームの取り込みやすさ”を旗印に開発は続けられ、ついにこの日のお披露目会にこぎつけたというわけ。

「PS Moveのシステムは、可能性に満ちています。たくさんのソフトを開発していますが、まだまだこれらはこのシステムを使った楽しさの氷山の一角だと思っています。今後はたとえば、表情筋の動きを読み取ったり、カメラについているマイクを使っての音声認識を対応させることもありうる。新たな3D空間を使ったゲームデザインに、ご期待ください」(吉田)

 そんな苦労の上で完成したPS Move対応ソフトのインプレッションも忘れずにチェックしてくれ。

YOS_8292
YOS_8236

▲左から宮崎氏、吉田氏、磯部氏。いい意味でケンカをしながら、PS Moveを完成させたという。右は、お絵かきツールである『Beat Sketch!』を使い、わずか1時間ほどで描かれた磯部氏の似顔絵。ここまで高精細に描けるとは!

YOS_8297
YOS_8338

▲ソフトウェア、ハードウェア、ゲーム開発の3部門が歩調を合わせ、それぞれの分野からのアイデアを持ち寄って、PS Moveは作られた。右は、モーションコントローラを何に見立てればゲームに使えるのか、というアイデア。すでにゲームに反映されているものもある。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

“ゼビウス ファードラウト伝説 ゼビウス3機セット”がワンダーフェスティバル2015[夏]にて50セット限定で先行販売決定

RCベルグは、『ゼビウス』の続編『ゼビウス ファードラウト伝説』(PCエンジン版)より、主人公機体3機種をセットにした“ゼビウス ファードラウト伝説 3機セット”を発売する。本商品は、2015年7月26日に千葉・幕張メッセで開催される“ワンダーフェスティバル2015[夏]”にて50セット限定で先行販売される。

『パズドラ』”七夕の日ダンジョン”のノエルドラゴンを見分ける方法

2015年7月7日のみ登場しているスペシャルダンジョン“七夕の日ダンジョン”でお目当てのプレゼントBOXを見分ける方法を紹介。

『不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ』タイアップアーティストと先行体験版の配信が決定! 

スパイク・チュンソフトは、2015年7月30日に発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ』について、タイアップアーティストとPS plus会員限定での先行体験版配信が決定したことを発表した。

『幻想三国志WEB』男と男の友情が試されるイベント“温泉へ行こう!”開始&日替わりイベントシステム実装

ライオンズフィルムは、サービス中のPC用ブラウザゲーム『幻想三国志WEB』において、本日2015年7月7日よりイベント“温泉へ行こう!”を開始するほか、曜日別の日替わりイベントシステムを実装する。

『ドラゴンズドグマ オンライン』クローズドベータテスト開始! 今後のプレイリポートは要チェック!

 2015年8月31日よりサービス開始予定の、カプコンのオンラインゲーム『ドラゴンズドグマ オンライン』で、2015年7月7日正午よりクローズドベータテスト1が開始された。これにともない、今後CBT1に参加した編集者やライターのプレイリポートをお届けする。

『リトルビッグプラネット3』本編クリアー後のストーリーが楽しめる追加コンテンツ“ゴーイング・ホーム”が配信決定

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『リトルビッグプラネット3』について、本編クリアー後のストーリーを楽しめる追加コンテンツ“ゴーイング・ホーム”の配信が2015年7月9日(木)に決定したことを発表した。

『絶体絶命都市』や『信長の野望・創造』がフリープレイに! “PlayStation Plus”7月のコンテンツ情報をチェック

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアが提供するメンバーシップサービス“PlayStation Plus”について、2015年7月8日(水)配信開始予定のコンテンツが公開された。

『クラクラ』のスーパーセルが新作の開発中止を発表

スーパーセルは、配信を予定していたアクションRPG『Smash Land』の開発中止を発表した。

テーマは“遊べる原作”『クローズ×WORST』新プロジェクト始動

KONAMIは、?橋ヒロシ原作のコミック、『クローズ』が連載開始から25年目を迎えたことを記念し、モバイルコンテンツ『クローズ×WORST』シリーズの新作プロジェクトを始動したと発表。



もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS