HOME> ニュース> 【CEDEC 2010】スクウェア・エニックス、世界と戦うための新ゲームエンジン“ルミナス”が開発進行中

【CEDEC 2010】スクウェア・エニックス、世界と戦うための新ゲームエンジン“ルミナス”が開発進行中

ゲーム
スクウェア・エニックスが、傘下に収めた旧アイドス系のスタジオで使用されているゲームエンジンを使った開発手法を解説。さらに新世代ゲームエンジン“ルミナス”の開発が進行中であることを明かした。

2010-09-02

●こりゃ記者にもできるかも? と勘違いしてしまうほどの強力なツール群

DSCF3348

▲CEDEC会場でも大きめの部屋が割かれていたが、前方から最後尾までぎっしりの盛況。

 CEDEC(CESAデベロッパーズカンファレンス)2010が、2010年8月31日〜9月2日の3日間にわたって、神奈川県のパシフィコ横浜・国際会議センターにて開催中だ。社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)主催によるCEDECは、ゲーム開発者の技術交流などを目的に開催されている講演会で、今年で12年目。ゲームの知が集結するCEDEC 2010の模様をリポートする。

 スクウェア・エニックスといえば『ドラゴンクエスト』、『ファイナルファンタジー』といったメガヒットシリーズを擁することで、日本的なメーカーと認識している人が多いかもしれない。だが、実際には2009年に『トゥームレイダー』シリーズなどで知られる海外のトップメーカー、アイドスを傘下に収めるなど、グループ全体としては世界各地に開発拠点を持つ国際企業というのが正しいだろう。既報のとおり、アメリカでも新規タイトルの開発が進行中だ。CEDEC最終日となる9月2日に行われたセッション“「Eidosの最新ゲーム詳解」〜Deus Ex, Hitman, Tomb Raider, Kane and Lynchの裏側を覗く〜”では、スクウェア・エニックス ヨーロッパ(旧アイドスグループ)が持つ最新のゲームエンジンG2エンジンとCDCエンジンの紹介のほか、ラストにはサプライズとしてまったく新しいゲームエンジン“ルミナス”が開発進行中であることが明かされた。

DSCF3350
DSCF3354
DSCF3355
DSCF3356

 前半は、IOインタラクティブ(『ケイン アンド リンチ』シリーズなどを開発)で使われているG2エンジンでの“Live Editing”が披露された。スクウェア・エニックスのワールドワイドテクノロジーディレクターを務めるJulien Merceron氏いわく、Live Editingとはデータを可視化して、リアルタイムでシーンやレベル(マップ)を作りこんでいく方法。ツールをきわめて重要視しており、デザイナー(この場合は単なるデザインではなく、ゲームデザインを含む)とコンテンツ制作者が使いやすく、かつ効率的に制作を行えることを目的にしているとのこと。

 次世代ゲームエンジン開発プロジェクトのリードプログラマーを務める岩崎浩氏によって実際のツールの画面を出しながらデモが行われたのだが、「え、これでもう動くの?」というわかりやすさ。各種オブジェクトや設定などが、GUI画面上で一目瞭然。

 オブジェクトや条件などがブロックのようにわかれており、各ブロックを接続していくことで複雑な表現も簡単に作りだすことができる。ものすごくおおざっぱに言ってしまうと、仕組みとしてはマイクロソフトの簡易プログラミングツール『KODU』などと同様。もちろんこれはあらかじめ各ブロックがちゃんと定義されて用意されている必要があるのだが、作業がかなり簡略化され、作り込みに専念できるのは間違いないだろう。記者はまったく専門的なプログラミング知識はなく、ちょこっと3DCGツールと使ったこととBASICの基礎レベルのプログラムならなんとなくわかる程度だが、それでも十分なにをやっているかは理解することができた。

 最終的にできあがったのは、「ドアをあけるとティーポットが煙を吹き出しながらアニメーションし、動き終わるとドラム缶が順に爆発する」というシーン。これは以下のような定義によって成り立っている。

1.プレイヤーキャラクターがドアを開く
2.ティーポットが煙のエフェクトを発生させ、同時にパスに沿って動き出す
3.ティーポットのアニメーションが終わったのに合わせて、ドラム缶が爆発するまでのタイマーが動く
4.タイマーが0になり最初のドラム缶の爆発がオンになり、上方への力が加わる(吹っ飛んだように見える)
5.以下、順にドラム缶が爆発して吹っ飛ぶ

 まさに「風が吹けば桶屋がもうかる」式。ツールと各種アセット(素材)が適切に用意されていれば、このシーンを作るためだけなら、ティーポットのデータ構造や、爆発をプログラム的にどう表現するのかを必ずしも知らなくてもいいのだ。

DSCF3359
DSCF3360
DSCF3362

▲なにもない状態。

▲平面を置く。

▲箱を置く。

DSCF3365
DSCF3376
DSCF3379

▲プレイヤーキャラクターを置く。もう操作可能!

▲ドラム缶を呼び出して、パラメーターを設定するブロックとつなぐ。

▲オンにするとドラム缶が設定どおりに吹っ飛ぶ。

DSCF3372
DSCF3373

▲ドラム缶オブジェクトにさまざまな属性が用意されている。

▲パラメーター、オブジェクト、条件などのブロックを接続していく。

DSCF3381
DSCF3385

▲ドラム缶を爆発させるためのブロック。

▲条件付けなどをブロックをつないで行っていく。

DSCF3388
DSCF3393
DSCF3404

▲「風が吹けば桶屋がもうかる」ではないが、「ドアを開いたらドラム缶が爆発し吹っ飛ぶ」の図。

▲グループ化も可能。言ってしまえば「ドラム缶が吹っ飛ぶやつグループ」

▲タイムラインも設定できる。左から右に流れる時間軸で、何秒のときにどこにどの状態であるかを設定できる。

DSCF3423
ONI_0159

▲さまざまな分野に応用可能。たとえば会話を視覚化してしまえば、ローカライズ(吹き替え・字幕)なども楽になる。

DSCF3425

 次に披露されたのは、CDCエンジンにおけるダイナミックライティングの例。多彩な光源が用意されており、すべてをリアルタイムに変更可能。『Deus Ex(デウスエクス)』では、たくさんの光源を使って、シーンを“塗る”ように演出を行っているそう。Xbox 360の実機を使って、実際にリアルタイムに光源を動かしたり、パラメーターを変更したりするデモを見ることができた。

DSCF3428
DSCF3429
DSCF3430
DSCF3435
DSCF3443
DSCF3445
DSCF3448

 こうしてシーンがリアルなグラフィックで構成されるようになると、次に問題となるのがキャラクターなどのリアルタイムのアニメーションだ。リアルなCGモデルなのに、アニメーションがそれに見合っていないことで起こるいわゆる“不気味の谷”を避けるべく、キャラクターが自然に動きまわれるように物理アニメーションの向上をつねに意識しているそうで、デモではかなりのスピードで動きまわりながらも、足がちゃんと接地して(少し宙に浮かせると、地面と関係に応じたキャラクターアニメーションを多少省略できる)おり、慣性に合わせてキャラクターの体が自然に傾いたりしていた。

DSCF3452
DSCF3455
DSCF3458

 そして今後の展望に入るところで、司会進行を務めていた橋本善久氏から、次世代を見据えたスクウェア・エニックスの新ゲームエンジン“ルミナス”が発表された。ここまで説明されてきたような旧アイドスが持つテクノロジーもすべて盛り込んで開発中で、「世界と本気で真っ向から戦えるゲームエンジン」(橋本氏)を目指しているとのこと。気になるのは実際のゲーム開発に投入される時期だが、エンジンの続報を「遅くても2年後にはお見せできる」とのことなので、そう遠くない未来、“ルミナス”によって開発されたゲームを見ることができそうだ。

 最後にMerceron氏は、スマートフォンやGaikaiやOnLiveといったクラウドゲーミングも含めたプラットフォームの多様化に対応していかなくてはいけない困難や、さらなるグラフィックの進化などに触れつつ、「未来はいまから始まっているのです」と語った。そして橋本氏がセッションを通じてもっとも伝えたかったこととして、「日本はもう(ゲームの技術競争に)負けた」ことを正しく認識することが重要で、そのうえで、欧米のゲーム開発手法から学ぶ姿勢を持って取り組んでいけばふたたび追いつくことができるはず、と締めくくった。

DSCF3463
DSCF3465
DSCF3467
DSCF3469
DSCF3471
DSCF3474

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ひぐらしのなく頃に粋』OPムービー2種や追加要素など最新情報が公開【動画あり】

加賀クリエイトは、2015年3月12日発売予定のプレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『ひぐらしのなく頃に粋』について、公式サイトにてオープニングムービー2種などの最新情報を公開した。

“Windows 入ってるタブレットならもう後悔しない with DMM.com”がスタート Windowsタブレット活用シーン拡大キャンペーンが開始

日本マイクロソフトは、Windowsタブレットの認知向上と拡販、活用シーンの拡大をめざし、Windowsタブレットの利活用方法を提案する施策として入ってるタブレットならもう後悔しない with DMM.com”を、本日(2015年3月2日)より開始することを発表した。

ネコルガに新種発見!?『にゃんこ大戦争』で正体不明の一族登場!

ポノスが配信するスマートフォンゲームアプリ『にゃんこ大戦争』で、本日(2015年2月27日)より新キャラクターを追加したレアガチャイベントが開催される。

『LA-MULANA 2』の発端から、KickStarterのその後までをNIGOROに聞く、2万字超えロングインタビュー【インディーの肖像 Vol.2】

インディーゲームの作り手に焦点をあてたインタビューシリーズの第2弾。KickStarterでのクラウドファンディングを経て開発中のアクションゲーム『LA-MULANA 2』について、その発端から現在までをロングインタビューで直撃。

【にゃんこ大戦争4コマ】わけ

『にゃんこ大戦争』をテーマにした4コママンガをゆる〜く連載。『にゃんこ大戦争4コマ&攻略アプリ にゃんコマ』をダウンロードすれば、スマホで快適にマンガを楽しめるよ。

【ひらブラ vol.55】快適な音ゲーをAndroidでも実現するための試み(Part.2)『遅延の自動推測(ADX2新機能)』

【ひらブラ vol.55】今回のひらブラは、Androidの音声再生レイテンシ問題の話。

野島一成氏の描く人間ドラマが見どころのひとつに――『ドラゴンズドグマ オンライン』開発者インタビュー完全版

カプコンが2015年にサービスを開始する予定の『ドラゴンズドグマ オンライン』。そのシナリオを手掛けるのは、『ファイナルファンタジー』シリーズなどで著名な野島一成氏だという。そこで、野島氏の起用の理由や、本作はどんな物語になるのかなどを、野島氏とプロデューサーの松川美苗氏に直撃した。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 〜ジーラの放浪録〜 第25回(通算125回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険します!

Q-gamesディラン・カスバート氏と17-Bitジェイク・カズダル氏に聞く、母国ではなく京都を拠点に選んだ理由。【インディーの肖像 Vol.1】

インディーゲームの作り手に焦点をあてたインタビューシリーズの第1弾として、海外出身ながら京都で独立系スタジオを運営しているQ-gamesのディラン・カスバート氏と17-Bitのジェイク・カズダル氏に話を聞いた。

不思議な魅力の2Dアクション『TorqueL』が、個人開発にも関わらずコミケからE3まで出たワケ【インディーの肖像 Vol.3】

インディーゲーム開発者に焦点をあてたインタビューの第3弾は、2Dアクションゲーム『TorqueL』(トルクル)を開発したFullPowerSideAttack.comのなんも氏が登場。



もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS