HOME> ニュース> 【画像追加】CEDEC AWARDS 2010発表、『デモンズソウル』がゲームデザイン部門で最優秀賞に

【画像追加】CEDEC AWARDS 2010発表、『デモンズソウル』がゲームデザイン部門で最優秀賞に

ゲーム
日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2010”(CESAデベロッパーズカンファレンス2010”にて、“CEDEC AWARDS 2010”の発表授賞式が開催された。

2010-09-01

●CEDEC AWARDSならではの受賞内容に

YOS_7305

 2010年9月1日、日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2010”(CESAデベロッパーズカンファレンス2010”にて、“CEDEC AWARDS 2010”の発表授賞式が開催。全7部門の表彰が行われた。

 CEDEC AWARDSは2008年より実施されている制度で、ゲーム制作に用いられている技術にフォーカスし、技術面からの開発者の功績を称え表彰することで、ゲーム開発技術の普及・啓蒙と産業の発展を目的としたもの。特別賞と著述賞は2010年8月24日に受賞者が告知されており、今回新たにそれ以外の5部門(プログラミング・開発環境部門、ビジュアル・アーツ部門、ゲームデザイン部門、サウンド部門、ネットワーク部門)の最優秀賞受賞が発表となった。受賞者と選考理由は以下のとおりとなっている。

■各部門の最優秀賞受賞者と選考理由

<プログラミング・開発環境部門>
【受賞者】元『マイコンBASICマガジン』編集部とプログラム投稿者
(代表者 同誌元編集責任者 大橋太郎)
(株式会社電波新聞社)
【選考理由】インターネット普及まえの紙メディアのみの時代に、巨大なサンプル集として、多くのプログラマーの貴重な情報源となる。良心的な編集内容を通じて、ゲームプログラマーの育成に多大に貢献し、ゲーム業界の発展につなげた。


<ビジュアル・アーツ部門>
【受賞者】Infinity Ward Team(Activision, Inc / Infinity Ward, Inc.)
【選考理由】『Call of Duty 4 モダン・ウォーフェア』では、まるで戦場にいるかのような雰囲気と臨場感が当然の様に表現されている。人物のリアルな動きから空気感のあるエフェクトまで、ゲームという分野でのビジュアル開発において“新たなクオリティ”を確立している。

<ゲームデザイン部門>
【受賞者】『デモンズソウル』開発チーム(フロム・ソフトウェア)
【選考理由】コミュニケーション必須の高難易度なゲームでありながら、ストレスの少ないさまざまな非同期コミュニケーションが用意されている点。海外でも高く評価される、新たなゲームデザインに挑戦した。

<サウンド部門>
【受賞者】『DS-10』シリーズ開発チーム(AQインタラクティブ)
【選考理由】高機能なソフトシンセサイザーとDSならではのすぐれたインターフェースを持ち、従来のDTM音源のはんちゅうに留まらず、ネットワーク対応とワイヤレスでの同期を可能としたことによりユーザーどうしのコミュニケーションツールにまで発展させた。
<ネットワーク部門>
【受賞者】『セカイカメラ』開発チーム(頓智・株式会社)
【選考理由】ARをだれもが理解しやすい形で実装し、ARという技術を広くユーザに認知させた。ネットワークを利用し、リアルな世界での情報をネットワークを通じて共有できるようにした。

<特別賞>
中村雅哉氏(バンダイナムコゲームス ナムコ 名誉相談役)
日本のゲーム業界における、始祖のひとつであるナムコ社の創立、数々のヒットゲームを通じてゲームを楽しまれる方々の広がりをもたらされたこと、また、多くのすぐれた開発者の育成などにつき多大なる貢献をされた。

<著述賞>
株式会社ボーンデジタルおよび川西裕幸氏(マイクロソフト株式会社)
“Game Programming Gemsシリーズ”日本語版他多数の出版により、ゲーム業界のみならず日本のソフトウェア産業全体に多大なる貢献をもたらした。

YOS_7413
YOS_7384

▲のちのナムコとなる有限会社中村製作所を設立した中村雅哉氏が長年の功績をたたえられ特別賞を受賞。バンダイナムコゲームス社長の石川祝男氏が代理出席し、コメントを読み上げた。

YOS_7557
YOS_7653

▲“ベーマガ”と投稿者たちを代表して受賞した大橋氏。インターネットもない時代、雑誌がアマチュアプログラマーの活躍・育成の場だったのだ。

▲『デモンズソウル』で受賞のフロム・ソフトウェア宮崎英高氏。「企画開始当初から半信半疑でつくっていたことが懐かしい」と振り返り、「フロックじゃないよう精進していきます」と語った。

YOS_7728
YOS_7774

▲「社外で評価されて嬉しいです」と語ったAQインタラクティブの古林雅俊氏。佐野信義氏が同社退社後に発表した新作『KORG M01』についても触れた。

▲『セカイカメラ』の井口尊仁氏は「世界中をもっと可能性のある世界にしたい」とコメント。

YOS_7832
YOS_7825

■各部門のノミネーションリスト(優秀賞)

<プログラミング・開発環境部門>
・『ラブプラス』開発チーム(KONAMI)
・三宅 陽一郎氏(フロム・ソフトウェア)
・『キルゾーン 2』開発チーム(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・『ボーカロイド』開発チーム(ヤマハ)

<ビジュアル・アーツ部門>
・『ラブプラス』開発チーム(KONAMI)
・『龍が如く』開発チーム(セガ)
・『ベヨネッタ』開発チーム(プラチナゲームズ)
・『428』開発チーム(チュンソフト)

<ゲームデザイン部門>
・『甲虫王者ムシキング』『オシャレ魔女 ラブ and ベリー』開発チーム(セガ)
・『ドラゴンクエスト\』開発チーム(スクウェア・エニックス)
・『トモダチコレクション』開発チーム(任天堂)
・『コロニーな生活☆PLUS』開発チーム(コロプラ)

<サウンド部門>
・『ファイナルファンタジーXIII』サウンドチーム(スクウェア・エニックス)
・『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』開発チーム(バンダイナムコゲームス)
・株式会社カプコン 制作部 サウンド制作室(カプコン)
・『リトルビッグプラネット』開発チーム(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
<ネットワーク部門>
・『ブラウザ三国志』開発チーム(AQインタラクティブ)
・オンライン制作チーム(KONAMI)
・『torne(トルネ)』開発チーム(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・『デモンズソウル』開発チーム(フロム・ソフトウェア)

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【インタビュー追加】前回大会優勝者が貫録を見せつけた! 『Splatoon(スプラトゥーン)』全国大会“第2回Splatoon甲子園 2017”九州地区大会リポート

本日2016年12月3日に福岡県のイオンモール大牟田にて開催された、『Splatoon(スプラトゥーン)』全国大会“第2回Splatoon甲子園 2017”の予選、九州地区大会をリポート

『ストリートファイターV』公式世界大会“カプコンカップ2016”TOP8に日本人選手6人が進出! かずのこ選手は2連覇の可能性を残す【PSX 2016】

人気対戦格闘ゲーム『ストリートファイターV』の公式世界決勝大会“Capcom Cup 2016(カプコンカップ2016)”の1日目をリポート。

【ウォッチドッグス2特設サイト】『ウォッチドッグス2』プレイインプレッション――舞台サンフランシスコ・ベイエリアのふたつの顔

ユービーアイソフトのシリーズ最新作『ウォッチドッグス2』の特設サイト“インサイド ウォッチドッグス2”を更新。

PlayStation Experience 2016が間もなく開幕! どんな新情報が飛び出すのか?【PSX 2016】

2016年12月3日〜4日(現地時間)にアメリカ・カリフォルニアで開催されるゲームイベント“PlayStation Experience 2016”が、もう間もなく開幕となる。

いよいよ公開間近! 映画『バイオハザード・ザ:ファイナル』の公開を記念した展示ブースが東京コミコン会場に登場

2016年12月2日〜4日の期間、千葉・幕張メッセにて開催される“東京コミックコンベンション”(通称コミコン)に、映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』のブースが登場。普段見ることのできない小道具などが大量に展示されているブースの模様をお届け。

日本よ、これが真のエンタメだ! 天野喜孝氏が描く“火の鳥”のイラストも初公開されたコミコン会場のリポートをお届け

2016年12月2日〜4日まで、千葉・幕張メッセにて開催される“東京コミックコンベンション”(通称、東京コミコン)。ここでは、会場内のブースや展示品などをまとめて紹介していこう。

アメコミ界のレジェンドも降臨! 世界最大のポップカルチャーイベント“コミコン”が日本初上陸!! オープニングリポート

2016年12月2日〜4日の期間、千葉・幕張メッセにて開催される“東京コミックコンベンション”(通称、東京コミコン)。会場ではマンガ、アニメ、ゲーム、映画など、さまざまなエンターテインメントに関する展示やイベントなどが行われていた。ここで、開催初日のプレビューナイトの模様をお届けする。

『とびだせ どうぶつの森 amiibo+ ずっとずっと遊ぶ本』お詫びと訂正

2016年12月1日発売の『とびだせ どうぶつの森 amiibo+ ずっとずっと遊ぶ本』につきまして、「オートキャンプ場データ( 144〜148ページ)」に掲載しているキャラクターの“来訪条件amiibo”と“ミュージック”の記載に誤りがございました。