HOME> ニュース> 【CEDEC 2010】CESA フェロー松原健二氏が語るCEDECの価値

【CEDEC 2010】CESA フェロー松原健二氏が語るCEDECの価値

ゲーム
“CEDECとは? -そのもたらす価値の追求-”と題されたCEDECフェロー 松原健二氏の基調講演の模様をリポート。

2010-08-31

●CEDECはゲーム開発に関わるあらゆる人材を対象にゲーム開発力の向上を目指す

 CEDEC(CESAデベロッパーズカンファレンス)2010が、2010年8月31日〜9月2日の3日間にわたって、神奈川県のパシフィコ横浜・国際会議センターにて開催中だ。社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)主催によるCEDECは、ゲーム開発者の技術交流などを目的に開催されている講演会で、今年で12年目。ゲームの知が集結するCEDEC 2010の模様をリポートする。

WA3_1060
WA3_1103
WA3_1112

▲オープニングスピーチ直後に行われた松原氏による基調講演。CESA会長の和田氏からは、「ゲーム作りにはクリエイター、プロデューサー、元締めという3種の人種がいますが、松原氏はそのいずれも経験している 稀有な方」と紹介された。

 CESA会長の和田洋一氏のオープニングスピーチに引き続き行われたのは、“CEDECとは? -そのもたらす価値の追求-”と題されたCEDECフェロー 松原健二氏の基調講演。松原氏による基調講演はCEDECでは3回目となるが、今年3月にCESAの副会長から退き、CEDECフェローという、現場から一歩引いた立場からの講演となった。

 松原氏は現在、コーエーテクモホールディングスの代表取締役社長であるが、マイクロプロセッサを作っていた開発者というエンジニアの経歴があり、今回の基調講演は元エンジニアの立場として伝えたいこと、という趣旨で講演をスタートさせた。

 まず、松原氏は現状の日本のゲーム市場によく言われていることとして、

・海外の市場が伸びて国内はさほど伸びていない
・プラットフォームに関しては据え置きゲーム機、携帯ゲーム機の多様化
・ソーシャル・ブラウザの市場規模はどこまで伸びるのかが不透明

という3つを挙げ、さらに欧米のゲーム開発に劣る点として、進化への対応の遅さを挙げた。

WA3_1080
WA3_1082
WA3_1086
WA3_1089

 ここで松原氏は、自身がマイクロプロセッサを作っていた1980〜1990年代を例に取り、その時代のIT(情報産業)で日本がメインプレイヤーに成り損ねた要因として、危機感や戦略の欠如にあったと分析。さらに、当時から海外では個々の企業だけでなく、広く情報や課題共有の場があったが、日本では開発者が集う場はほとんどなく閉鎖的。だが、企業を超えて広く開発者が関わり、問題を顕在化(共有化)して叡智を呼び起こすことで、ひとりで考えているときよりもいい知恵が出て、解決の糸口が広がる、ということを教えてくれたのが海外の会社だったと振り返り、情報提供とノウハウ保持のバランスを取りつつ、開発者が切磋琢磨する場が必要だと実感したという。

 そういった過去の経験から、ゲーム開発者には“進化の認識”、“危機感の共有”、“進むべき方向性の確認”が必要で、それが自己への研鑽につながると説いた。その“進化の認識”、“危機感の共有”、“進むべき方向性の確認”を共有できるのがCEDECだとし、自身がCEDECにこだわる理由だとした。 

WA3_1091
WA3_1092
WA3_1158
WA3_1161

 つぎにCEDECについて話を転じ、CEDECはゲーム開発に関わるあらゆる人材を対象、ゲーム開発力の向上を目指すイベントとして存在し、決してプログラマーのためのイベントではなく、ゲーム開発はゲームデザイン、グラフィックデザイン、サウンドデザインなどいろいろな感性が必要とされるすべてのゲーム開発者にとってCEDECは有益であるとアピール。また、松原氏がCEDECの3年で目指してきたセッションのクオリティー維持への取り組みを説明、さらにゲーム業界内外での認知への努力がもっと必要だとの意見を述べた。

WA3_1174
WA3_1186

 最後に松原氏は、「モノ作りをする者にとって、その仲間どうしで課題の顕在化すること、人材の研鑽・交流ができるCEDECが貴重な場であるとは間違いありません。CEDECからいろいろな刺激を受け、明日の仕事につなげてCEDECの価値を高めてほしい。そしてそれをCEDECに来てないゲーム開発者に伝え、みんながCEDECに関心を持つようになってほしい」とまとめ、今回の基調講演を終了した。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

8月26日を“パワプロの日”として記念日登録! これを祝し、KONAMIの野球ゲーム内でキャンペーン開催

KONAMIは、パワ(8)プ(2)ロ(6)の語呂合わせから、毎年8月26日を“パワプロの日”として記念日登録したことを発表した。

『実況パワフルサッカー』、『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』のリリースが到着 谷渕弘氏のショートインタビューも

『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』、『実況パワフルサッカー』に関する最新リリースが到着。リリース情報に加えて、谷渕弘エグゼクティブディレクターのショートインタビューをお届けする。

お台場でのモビルスーツどうしの激突から、キミは生き残れるか!?……“ガンダムVR ダイバ強襲”体験リポート!

“実物大ガンダム立像”が目印の、東京都江東区青海にあるダイバーシティ東京プラザ。その3階にある施設“VR ZONE Project i Can”。その施設で8月26日から稼動する“ガンダムVR ダイバ強襲”を、ファミ通のライターが体を張って体験してきた。

“VR ZONE Ploject i Can”の運営データを大発表! VRコンテンツで得られた知見を惜しげもなく開示【CEDEC 2016】

CEDEC 2016、25日のメインホールでは、“「VR ZONE Ploject i Can」の知見、全部吐き出します!”と題された講演が行われた。その模様をリポートしよう。

アニメ『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』パッケージジャケット絵が公開! コラボカフェも開催決定

同週W放送中のテレビアニメ『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』について、パッケージジャケット絵など、新情報が公開された。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

次回零式は「総合的に難度を下げたい」! 『FFXIV』吉田氏インタビュー【gamescom 2016】

ドイツ・ケルンで開催されたgamescom 2016に『FFXIV』が出展。現地の会場でプロモーション活動に励む吉田直樹プロデューサー兼ディレクターに、同作の直近の展開を聞いた。

国内外のゲーム・映像会社のエースアーティスト9名が目の前で作品制作! “スカルプトマイスター2016”リポート【CEDEC 2016】

2016年8月24日〜26日の3日間、パシフィコ横浜で開催されている、日本最大級のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス“CEDEC 2016”。本記事では、2日目となる8月25日に行われたセッション“スカルプトマイスター2016”のリポートをお届けする。

“やり直し”に強いサウンド開発環境の構築。『バイオハザード7』のサウンドコンセプトとそのワークフローとは?【CEDEC 2016】

CEDEC 2016で行われたセッション“BIOHAZARD7 resident evil におけるゲームオーディオワークフローとシステム―コストをかけずにクオリティを高めるために改善したこと”をリポート。

『Splatoon(スプラトゥーン)』が三冠! “CEDEC AWARDS 2016”授賞式が開催【CEDEC 2016】

“CEDEC 2016”会期2日目となる本日8月25日、“CEDEC AWARDS 2016”の授賞式が行われた。