HOME> ニュース> 【CEDEC 2010】CESA フェロー松原健二氏が語るCEDECの価値

【CEDEC 2010】CESA フェロー松原健二氏が語るCEDECの価値

ゲーム
“CEDECとは? -そのもたらす価値の追求-”と題されたCEDECフェロー 松原健二氏の基調講演の模様をリポート。

2010-08-31

●CEDECはゲーム開発に関わるあらゆる人材を対象にゲーム開発力の向上を目指す

 CEDEC(CESAデベロッパーズカンファレンス)2010が、2010年8月31日〜9月2日の3日間にわたって、神奈川県のパシフィコ横浜・国際会議センターにて開催中だ。社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)主催によるCEDECは、ゲーム開発者の技術交流などを目的に開催されている講演会で、今年で12年目。ゲームの知が集結するCEDEC 2010の模様をリポートする。

WA3_1060
WA3_1103
WA3_1112

▲オープニングスピーチ直後に行われた松原氏による基調講演。CESA会長の和田氏からは、「ゲーム作りにはクリエイター、プロデューサー、元締めという3種の人種がいますが、松原氏はそのいずれも経験している 稀有な方」と紹介された。

 CESA会長の和田洋一氏のオープニングスピーチに引き続き行われたのは、“CEDECとは? -そのもたらす価値の追求-”と題されたCEDECフェロー 松原健二氏の基調講演。松原氏による基調講演はCEDECでは3回目となるが、今年3月にCESAの副会長から退き、CEDECフェローという、現場から一歩引いた立場からの講演となった。

 松原氏は現在、コーエーテクモホールディングスの代表取締役社長であるが、マイクロプロセッサを作っていた開発者というエンジニアの経歴があり、今回の基調講演は元エンジニアの立場として伝えたいこと、という趣旨で講演をスタートさせた。

 まず、松原氏は現状の日本のゲーム市場によく言われていることとして、

・海外の市場が伸びて国内はさほど伸びていない
・プラットフォームに関しては据え置きゲーム機、携帯ゲーム機の多様化
・ソーシャル・ブラウザの市場規模はどこまで伸びるのかが不透明

という3つを挙げ、さらに欧米のゲーム開発に劣る点として、進化への対応の遅さを挙げた。

WA3_1080
WA3_1082
WA3_1086
WA3_1089

 ここで松原氏は、自身がマイクロプロセッサを作っていた1980〜1990年代を例に取り、その時代のIT(情報産業)で日本がメインプレイヤーに成り損ねた要因として、危機感や戦略の欠如にあったと分析。さらに、当時から海外では個々の企業だけでなく、広く情報や課題共有の場があったが、日本では開発者が集う場はほとんどなく閉鎖的。だが、企業を超えて広く開発者が関わり、問題を顕在化(共有化)して叡智を呼び起こすことで、ひとりで考えているときよりもいい知恵が出て、解決の糸口が広がる、ということを教えてくれたのが海外の会社だったと振り返り、情報提供とノウハウ保持のバランスを取りつつ、開発者が切磋琢磨する場が必要だと実感したという。

 そういった過去の経験から、ゲーム開発者には“進化の認識”、“危機感の共有”、“進むべき方向性の確認”が必要で、それが自己への研鑽につながると説いた。その“進化の認識”、“危機感の共有”、“進むべき方向性の確認”を共有できるのがCEDECだとし、自身がCEDECにこだわる理由だとした。 

WA3_1091
WA3_1092
WA3_1158
WA3_1161

 つぎにCEDECについて話を転じ、CEDECはゲーム開発に関わるあらゆる人材を対象、ゲーム開発力の向上を目指すイベントとして存在し、決してプログラマーのためのイベントではなく、ゲーム開発はゲームデザイン、グラフィックデザイン、サウンドデザインなどいろいろな感性が必要とされるすべてのゲーム開発者にとってCEDECは有益であるとアピール。また、松原氏がCEDECの3年で目指してきたセッションのクオリティー維持への取り組みを説明、さらにゲーム業界内外での認知への努力がもっと必要だとの意見を述べた。

WA3_1174
WA3_1186

 最後に松原氏は、「モノ作りをする者にとって、その仲間どうしで課題の顕在化すること、人材の研鑽・交流ができるCEDECが貴重な場であるとは間違いありません。CEDECからいろいろな刺激を受け、明日の仕事につなげてCEDECの価値を高めてほしい。そしてそれをCEDECに来てないゲーム開発者に伝え、みんながCEDECに関心を持つようになってほしい」とまとめ、今回の基調講演を終了した。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

ラムザ丸見せ&立花慎之介さんの濃いトークに加え『シアトリズム』シリーズの新作ポロリもあった『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送♯2リポート

2016年2月3日に配信された公式生放送、『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#2 ラムザ参戦SP』。そちらの模様を、視聴者のコメントにも注目しつつ、ニコニコ生放送から切り出した画像とともに振り返っていこう。

【緊急アンケート】俺に(私も)語らせろ! “ファミリーコンピュータ ディスクシステム”徹底調査!

週刊ファミ通2016年3月10日号(2月25日発売)では、今年で生誕30周年を迎える“ファミリーコンピュータ ディスクシステム”(以下、ディスクシステム)を大特集。そこで、ディスクシステムの魅力を振り返るアンケートを実施します。ぜひとも皆さんの声をお聞かせください!

【毎週土曜日のこの時間に更新!】『ガンスリンガー ストラトス3』門井P&尾畑Dを直撃インタビュー後編!!

2016年春に稼動を予定しているスクウェア・エニックスのアーケードタイトル『ガンスリンガー ストラトス3』。今回の“ストラトス通信”では、門井プロデューサーと尾畑ディレクターにインタビューを実施! その後編をお届けする。

『三極姫4 天華繚乱 天命の恋絵巻』がPS4、PS Vita用ソフトとして5月26日発売決定!

システムソフト・アルファーは、人気美少女ゲーム『三極姫』シリーズの最新作となる『三極姫4 天華繚乱 天命の恋絵巻』を2016年5月26日に、プレイステーション4、プレイステーション Vitaの2機種を同時発売することを発表。

『真・女神転生IV FINAL』“塩田信之の真4Fと神話世界への旅”第15回“テンカイと江戸曼荼羅”が公開!

アトラスは、2016年2月10日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『真・女神転生IV FINAL』について、作品の世界を読み解く連載企画“塩田信之の真4Fと神話世界への旅”第15回を公開した。

『ファイアーエムブレムif』BACKGROUNDコーナーにて支援会話シーン暗夜王国篇を公開 オーディン&ラズワルドなど3種類

『ファイアーエムブレム』公式サイト内“ファイアーエムブレムif BACKGROUND”コーナーが更新され、支援会話シーン暗夜王国篇が公開された。

『進撃の巨人』2月11日に開催される完成発表会の生中継が決定 さらに2月6日には鯉沼Pみずからゲームをプレイする生放送を配信!

コーエーテクモゲームスより、2016年2月18日に発売予定のプレイステーション Vita、プレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『進撃の巨人』。2月11日に開催される本作の完成発表会の生中継が決定。さらに明日2月6日には、鯉沼Pみずからがゲームをプレイする生放送が配信される。

虚淵玄氏が台湾の人形劇“布袋劇”を王道ファンタジーで描く! 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』発表会リポート

虚淵玄氏の新プロジェクトを公開する発表会にてお披露目された、2016年夏放送開始予定の日台合同映像企画『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルトファンタジー)東離劍遊紀』。本記事では、発表会の模様と作品の詳細をお届けする。

『ファイナルファンタジーポータルアプリ』のリリース1周年を記念してスマホ版『ファイナルファンタジーII』が期間限定で無料配信!

『ファイナルファンタジー』シリーズのスマートフォン用総合情報アプリ『ファイナルファンタジーポータルアプリ』が配信開始から1周年を迎えたことを記念して、アプリ内から通常は有料(iOS版/960円、Android版/800円)で配信されているゲームアプリ『ファイナルファンタジーII』が2月14日まで無料配信!

『シャリーのアトリエ Plus 〜黄昏の海の錬金術士〜』紹介動画“新規エピソード編”が公開

コーエーテクモゲームスは、2016年3月3日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『シャリーのアトリエ Plus 〜黄昏の海の錬金術士〜』の紹介動画“新規エピソード編”を公開した。