【システム[フィールド]】オープンワールドの世界

公開日時:2016-03-29 12:00:00

 『ファイナルファンタジーXV』は、シームレスにつながる広い世界を乗り物などを駆使して旅することができる“オープンワールド”であることも魅力のひとつ。広大でリアリティ溢れる世界の移動手段のメインはクルマとなる。クルマは自分で運転するもよし、イグニスに運転してもらうもよし。また、船で移動する必要がある場所もある。

[関連記事]
『FFXV』の世界にメテオが&『FFX-2』ばりのオープニング曲の要望!? ステージイベントまとめ【gamescom 2015】

continent
drive
ffxv_001_ad

▲広大なフィールドでは、ときに巨大なモンスターが闊歩しているところに遭遇することも。

ffxv_008_moon
caem

▲カエムと呼ばれる場所は、海を見たわす高台に古めかしい灯台がそびえ立っている。花が咲き乱れカモメが舞うこの美しい場所には、アコルドへ渡るための船があるというが……。

チョコボも登場

 もちろん、シリーズおなじみのチョコボも登場。チョコボに騎乗すると、全力疾走からのスライドなど、躍動感溢れるアクションが楽しめる。また、クルマでは入っていけないような場所に進ときなどもチョコボの出番となる。ちなみに、チョコボはレンタル制で、笛で呼び出せる。

chocobo_ride

ノクト、世界を釣る

 湖や沼地などでは、ルアーフィッシングも可能。ルアーによるアクション性の高い釣りとなっており、魚がヒットすると、魚の動きに合わせて竿を操り、魚のHPが減ったら釣り上げることができるという仕組み。釣り上げた魚は料理の材料にすることもできる。また、ルアーにはさまざまな種類があり、コレクション要素になっているとのこと。

fishing

キャンプのよる食事でステータスが変動、レベルアップも

 ノクトたち旅の途中でキャンプを行う。
 キャンプは、仲間との語らいや食事によるステータス変動、経験値精算によるレベルアップなど、ゲームの根幹を形作るもっとも重要なシステムのひとつだ。料理の食材は、モンスターから得たり、魚を釣ったりして手に入れる。料理担当はイグニス。

キャンプ
55013fd54b42a 55013fd50b8a8

 ちなみに、キャンプの際に主人公たちが使用するキャンプ用品すべてに、コールマン社製のアウトドアグッズが採用。テントをはじめとして、テーブルやチェアー、食器に至るまで実在するコールマン社製のアイテムが使用され、ファンタジーでありながらもリアルに表現された世界観に説得力を与える重要なパーツとなっている。

coleman_02
coleman_01

この記事の個別URL

『ファイナルファンタジーXV』ファミ通.com 特設サイト

最新動画エントリー