携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ケータイ・スマートフォン> 記事

『FF』、『FFII』最新映像公開!2010年もiPhoneアプリの可能性は無限大!

2010/2/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●iPhone向け新作アプリが続々と発表

 

 2010年2月11日、都内にあるApple Store Ginzaで、“I Love iPhone × Apps”というイベントが実施された。このイベントは、いまや16万本以上配信されているiPhone/iPod touch向けアプリケーションの新作を発表する場として、熱烈なiPhoneユーザーである@4001field氏と開発会社のアプリヤが共同で主催した催し。イベントにはスクウェア・エニックスやKONAMI、テクモ、ゲームロフトといったゲームメーカーのほかに、産経新聞アプリのビューアを手掛けているヤッパ、積極的にiPhone向けアプリに取り組む電通らが参加し、自社のアプリをアピールした。
 

data0002
data0000
data0001

 

 前述したように16万本以上のアプリケーションが配信されているApp Store。前年同時期には15000本だったことから考えても驚異的な伸びを見せている。また、前年同時期には“ゲーム”カテゴリがApp Storeのメインとなっていたが、いまでは電子書籍カテゴリのシェアがもっとも大きいんだとか。これはゲームのカテゴリが衰退したということではなく、電子書籍アプリが急成長したということだろう。もちろん、ほかのカテゴリにおいてもいつ爆発的な成長を見せるかわからないという点において、iPhone/iPod touchがいかに汎用性の高いエンターテインメントモバイル端末かがうかがい知れる。今回のイベントでは、そんな状況を踏まえ、ゲームのみならず、じつにさまざまなアプリケーションが紹介されたので、その模様をリポートする。

 

●テクモの完全新作はゾンビリサイクル?

 

 テクモから発表されたのは、2010年2月15日に配信予定の完全オリジナルの新作アプリ『Zombie Recycling Inc:Moldy Green』。このタイトルは、“さまざまなゲームや映画で倒されているゾンビをリサイクルする”というのがコンセプト。上から落ちてくる柔らかいゾンビの頭をステージ下のゾンビの体にうまくくっつけるというのがおもな目的。ゾンビの頭はゴムボールのようにボヨンボヨンとステージを移動するので、iPhone端末を傾けたり、降ったりしながらうまくゾンビの体へ導くという、まさに“iPhoneならでは”のタイトル。公開された映像を観るとじつにステージ構成が多彩で、うまくゾンビの頭を導くためにはけっこうなバランス感覚とテクニックが必要になりそう。配信がじつに楽しみにアプリだ。料金は230円[税込]
 

tecmo0003
tecmo0002
tecmo0000
tecmo0001

 

●バンクーバー級の盛り上がりがiPhoneで

 

KONAMIから発表されたのはすでにファミ通.comで紹介している『ハイパースポーツ ウインター』。ゲームの詳細はその記事に詳しいが、会場で披露されたプレイムービーを観た限りでは、それぞれの種目ともに手軽に楽しめそうな感じだった。が、決して底が浅そうな感じではなく、シンプルな操作だからこそ必死にプレイしないとハイスコアーをはじき出すことは難しそう。バンクーバーを超えるアツイ戦いが楽しることは間違いなさそうだ。配信は明日(2010年2月12日)で、価格は230円[税込]。

 

konami0003
konami0000
konami0001
konami0002

 

●圧倒的な存在感の『FF』、『FFII』

 

スクウェア・エニックスから紹介されたのは、先日発表された『ファイナルファンタジー』、『ファイナルファンタジーII』の2作品。本邦初公開となるムービーが公開(後日ファミ通.comで公開予定)されたほか、iPhone/iPod touchならではの操作感やユーザーインターフェースの改良などが紹介された。たとえば、魔法選択時、強い魔法は最初の画面に表示されないために使いたい魔法がすぐに選べないというストレスがあるが、今作では魔法の使用頻度が高いものがすぐに表示されるように改良されていたりするんだとか。また、ダッシュボタンが導入され、移動もサクサクできるとのこと。グラフィックやサウンドもニンテンドーDSやPSP(プレイステーション・ポータブル)に決して引けをとらないデキで、エクストラダンジョンも収録されており、“しっかりとiPhoneに最適化された『FF』シリーズ”といった印象を受けた。配信は“春になる前”あたりで、価格は未定ということだ。
 

sq0001
sq0002
sq0003
sq0000

 

●全世界5500万ダウンロードを誇るゲームロフトの“つぎの一手”

 

 全世界で有料アプリケーション1000万ダウンロード、有料無料合わせて5500万ダウンロードという驚異的な数字を発表したのがゲームロフト。パリに本社を構えるゲームロフトは、App Storeのサービス開始当初からスポーツやアクション、FPS(ファーストパーソンシューティング)、パズルといったさまざまなアプリを配信している。そして今回ピックアップして紹介されたのは、『GT レーシング:モーターアカデミー』(配信中)、『ブリッジ オデッセイ』(無料体験版のみ配信中)、『ブラザーインアームズ2:Global Front』(2月内配信予定)の3タイトル。この3タイトルを見てもレースゲーム、パズルアクション、FPSとじつに多彩なラインアップ。同社は昨年約50本のアプリを配信したが、今年もそれと同程度の本数を配信する予定とのこと。続報にも期待大!

 

gl0003
gl0002
gl0001
gl0000

 

●『ファミ通iPhone』が2010年3月末発売予定

 

 と、ゲームメーカーのプレゼンテーション終了後、司会者からとある告知が。その告知とは、iPhone/iPod touch向けアプリを紹介する本『ファミ通iPhone』が2010年3月末に発行されるというもの。こちらの詳細は後日お届けするので、お楽しみに! そしてここからはゲームメーカーではなく、書籍やエンタメ系アプリの配信メーカー4社が登場。少し毛色は変わるが、iPhoneユーザーなら気になる情報ばかりのはず。続けてどうぞ。

 

●iPhoneユーザー必携アプリで新スタイルの広告配信

 

 ゲームユーザーにはあまり聞きなれない社名のヤッパ。じつは記者も不勉強で知らなかったのだが、ヤッパは「iPhoneを買ったらとりあえず落としておけ」と言われるほど有名なアプリ『産経新聞』の開発会社。今回はその産経新聞アプリ内で行った次世代広告配信を紹介してくれた。これは通常の新聞をそのままの形で見ることができる『産経新聞』ならではのもので、新聞内の一部である広告がムービーとして見られるようになっており、通常の新聞広告よりも興味を引きやすくなっている。さらにそこからその商品の販売店を捜したり、カタログを請求したりといったことまでできる利便性にも優れたものとなっている。この『産経新聞』を筆頭に、毎日見ることを習慣づけられているニュース系のアプリでは今後このような形の広告形態が増えていくのかもしれない。

 

01
02
03
04

 

●視聴回数60万回以上!話題のアプリがいよいよ登場!?

 

 一般的には広告代理店で知られる電通も、ふたつのエンタメ系アプリで新しいビジネスに取り組んでいる。そのひとつが『iButterfly』。これはiPhoneに搭載されているカメラ機能を活用したアプリで、カメラをとおして画面に映るAR(拡張現実)上に現れる“ちょう”を捕まえてコレクションしていくのが基本的な遊びかたとなるのだが、この“ちょう”が現実世界でクーポンとして使えたり、さまざまな情報を持っていたりするというもの。遊びが自然に広告ビジネスに繋がっている、こちらもまた新しい形でのビジネススキームを確立させている。そして電通のもう1本は、まだ未配信だが先行して公開されたムービーで評判を集めている『Phone Book』。これは本物の絵本にiPhoneやiPod Touchをはめ込んで、絵本とアプリを連動させて楽しむことができるというもの。“モバイルやデジタルを使って親子の時間をつくる”といういままでにないコンセプトから生まれたアプリだ。前述したムービーは、動画配信サイトのYou tubeなどで累計60万回以上視聴されており、公開後は20ヵ国以上から問い合わせがあったと言う。なお、これまで配信時期などが未定だったこの『Phone Book』だが、今回のイベントで講談社より5月ごろ配信予定と発表された。親子でiPhoneを楽しめる注目作だけに今後の動向も気になるところ。

 

-01
-02
-03

 

●iPhoneユーザーの犬飼育率は50%!?

 

 インデックスは、タカラ(現タカラトミー)から発売され話題となった犬のボイス翻訳機『バウリンガル』のiPhone/iPod Touch版を紹介。このアプリを作るにあたってまず初めに行ったリサーチ(2008年8月)では、なんと日本のiPhoneユーザーの50%が犬を飼育していることがわかり、さらにアメリカで行った同様のリサーチ(2008年10月)では78%という高確率で犬を飼育しているという数字が出たとのこと。iPhone/iPod Touch版『バウリンガル』は本家の『バウリンガル』が1万4000円[税込]だったのに対して600円[税込]という低価格であることや、犬のボイス翻訳機能以外に写真の編集機能やtwitter機能を搭載していることを売りとしており、ワンちゃんのオーナーにはたまらないアプリになりそうだ。なお、同社では配信まえにモニターによるテストも予定しているとのこと。 

 

01
02
03
04

 

●自分の写真集をアプリにできちゃう新しいサービス

 

 モノグラムはiPhoneのカメラ機能に着目した取り組みを紹介。デジタルカメラの普及により多くの人がカメラを所有するようになった昨今、カメラがある日常をライフスタイルに取り入れている人たちを同社ではカメラピープル(通称カメピ)と呼び、そういった人たちがさらに気軽に写真を撮るデバイスとしてiPhoneを利用し始めていることを指摘していた。同社ではそういったユーザーの志向をいち早くビジネスとして昇華させ、個人が写真データなどをアプリとして作成して配信できるサービスを展開している。驚くべきことにこのアプリは無料で作成することも可能とのことなのだが、あまりにも自分の趣味に偏りすぎていたり、著作権を侵害するようなものは配信できないようなので、ご注意を。

 

01
02
03
04

 

 新たな可能性を感じさせるアプリが多数紹介された今回のイベント。すでに配信中のものもあるので、iPhoneユーザーはぜひチェックしてみてほしい。もちろん『ファイナルファンタジーI』、『II』のようにゲームファン要注目のアプリも今後配信。2010年、iPhoneの可能性は2009年以上に広がりそうだ。いちiPhoneユーザーとして、ゲームファンとしても大いに期待したい!

 

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『ドラゴンクエストX オンライン』伝説の三悪魔が降臨

Ver.2.3が開始し、さらなる進化を遂げた『ドラゴンクエストX』。『DQ III』より、“伝説の三悪魔”が登場することが判明した。

『信長の野望 Online 〜覚醒の章〜』夢幻から覚醒へ……すべては天下統一のために

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2014年10月16・23日合併号(2014年10月2日発売)にて、2014年12月17日に発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、PC用ソフト『信長の野望 Online 〜覚醒の章〜』の最新情報を公開した。

『モンスターハンター4G』狂竜ウイルスに対抗する新たな力が発覚! セーブデータの引き継ぎも解説!

週刊ファミ通2014年10月9日増刊号(2014年9月25日発売)では、2014年10月11日に発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンター4G』の最新情報を掲載。ドンドルマに建つ狂竜ウイルス研究所の詳細や、セーブデータの引き継ぎ方法にスポットを当てた。

【今週の週刊ファミ通】『パズドラ』2号連続大特集! 『パズドラW』のアバたま付き!(2014年10月2日発売号)

週刊ファミ通2014年10月16・23日合併号(2014年10月2日)は、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの国民的ゲーム『パズル&ドラゴンズ』(以下、『パズドラ』)を大特集! ファミ通オリジナルDLC福袋では、『パズドラW』のファミ通限定“アバたま”がもらえちゃう!!

『仮面ライダー サモンライド!』キミのフィギュアをゲームへ召喚せよ

バンダイナムコゲームスは、週刊ファミ通2014年10月16・23日合併号(2014年10月2日発売)にて、Wii U・プレイステーション3用ソフト『仮面ライダー サモンライド!』の最新情報を発表した。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2014年09月22日〜2014年09月28日

ニンテンドー3DS『大乱闘スマッシュブラザーズ』が3週連続の首位、新作では『英雄伝説 閃の軌跡II』などが好調

Xbox One + Kinectが2014年度グッドデザイン賞を受賞

2014年10月1日、2014年度グッドデザイン賞受賞結果が発表され、日本マイクロソフトのXbox OneとKinectがグッドデザイン賞を受賞した。

『ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印』の発売を記念したAndroid用アプリの無料配信がスタート

アクアプラスは、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印』について、Android用アプリ“ダンジョントラベラーズ2 ブックレット”を本日2014年10月1日より配信開始した。

『すみっコぐらし ここがおちつくんです』 早期購入者を対象とした期間限定キャンペーンが実施決定

日本コロムビアは、2014年11月20日(木)発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『すみっコぐらし ここがおちつくんです』について、早期購入者を対象とした期間限定のキャンペーンの実施をゲーム公式HPで公開した。

『モンスト』“白雪姫リボン”登場!“夢と魔法のファンタジア”10月前半イベント情報公開

『モンスト』公式サイトで、白雪姫やアラジンなどが登場する新イベント“夢と魔法のファンタジア”の情報が公開された。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS